エガオノダイカ(The Price of Smiles)のネタバレ解説まとめ

『エガオノダイカ』とはタツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。
ソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユとグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いている。
戦闘ロボットによる戦争ものという人気の高いテーマで期待も高かったが、主人公であるユウキとステラの活躍は数えるほどしかなく、戦争も消化不良のまま終わり、名作になる要素を持ちながら不発に終わった「惜しい」作品として話題になった。

Twitterでは人気のアニメが放送される時間になるとその作品のタイトルやハッシュタグがトレンド入りするのが恒例となっており『エガオノダイカ』も放送中は度々トレンド入りしていた。

2018年10月にアニメの放送が発表された時は、原作となる作品がなく、世間的な知名度という点からPR面で不利になりがちなオリジナルアニメでありながら早速Twitterで『エガオノダイカ』というワードがトレンド入りする快挙を果たしている。

その一方で、タイムラインを賑わせる『エガオノダイカ』というワードだけを見て新種のイカが発見されたと勘違いしたTwitterユーザーも多く、タイムラインは作品に対する期待と、新種のイカ発見というツイートが入り乱れるカオスな空間になっていたという「伝説」も作っている。

ユウキのぬいぐるみの名前

ユウキがヨシュアから誕生日プレゼントとして受け取って以降大事に持っているぬいぐるみだが、元はゲームセンターの対戦ゲームで10人抜きしたユーザーに贈られる景品である。

『エガオノダイカ』のニコ生特番では番組内で行われるゲームとしてこのぬいぐるみのイラストをキャストが描く事が恒例となっており、特徴を捉えた上手なものからいわゆる「画伯」と呼ばれる類のものまで個性溢れるイラストを楽しむ事が出来る。

ぬいぐるみのデザインを見るとライオンのように見えるが、番組で語られた話ではひまわりのようで、ひまわりをモチーフにしたライオンが最も適切な表現であるように見えるがライオンではないとの事である。

なお、作中でも番組でも一度も触れられていないがこのぬいぐるみには名前があり、ぬいぐるみがゲームの景品としてモニターに表示された時に「HARUKA」と名前が出ている。
なので、ユウキが大事にしているぬいぐるみの名前は「ハルカ」である。

2028年のTOKYOでヨシュア達が戦っていた場所

1話の模擬戦闘ではユウキが使った地盤破壊という反則技によってヨシュアがユニとルネに対して勝利を収めている。

初見ではスルーしてしまうが、戦闘の舞台は「AD 2028 JAPAN TOKYO」とモニターに表示されており、レイラは「トクヨー」と発音しているが、正しくは2028年の東京である。

ここで気になるのは東京の何処でヨシュア達が戦ったかという事だが、ニコ生特番でそれが明かされており、模擬戦闘の舞台となったのは渋谷駅~代々木駅の区間とのである。

また、作中で登場する建物はNTTドコモ代々木ビル(ドコモタワー)と渋谷スクエアビルを参考にしたという事も番組内で明かされている。

ヨシュアの死を感じ取っていた松岡禎丞

僅か2話で「退場」となり、全ての人に衝撃を与えたヨシュア・イングラムだが、ヨシュア役を演じた松岡禎丞はオーディションの時点でそれを感じ取っていたようである。

アニメの役は基本的にオーディションで決まり、当然ながら『エガオノダイカ』も配役はオーディションで決められている。(原作者や制作側のオファーを受けて決まる例はごく僅かである)

松岡禎丞が明かしたオーディションの裏話によると、まずはヨシュア用の台本を渡され、台本に書かれてある「第○話より抜粋」と実際にヨシュアのセリフを演じるよう言われた。

だが、台本に書かれたセリフは「どう見ても生きている人間のそれ」ではなく、そのセリフが何だったのかは明かしていないが、松岡禎丞自身も自分がオーディションを受けているヨシュアというキャラクターが死ぬ事を予感していたらしい。

オーディションの結果、松岡禎丞は見事にヨシュア役を手にしたが、収録現場に入ると何かを言いたそうにしている音響監督を初めとするスタッフの松岡禎丞に対する態度が明らかにおかしく、違和感を感じながら収録をしていたら、それがヨシュア・イングラムの僅か2話という早すぎる「退場」だった。
オーディションの時点でヨシュアが死ぬ事は予想していたが、それが2話とは夢にも思っておらず、ヨシュアの死を一番驚いていたのは松岡禎丞自身だった。

1月に放送された『エガオノダイカ』のニコ生特番に出演した松岡禎丞はヨシュアの死をネタに他の出演者からいじられていたが、番組内で松岡禎丞がこの先もヨシュアの出番はある事を示唆する発言をしたためユウキの回想シーンなど、何らかの形でヨシュアは登場すると視聴者は期待していた。
だが、3話以降ヨシュアが登場したのは4話と6話の2回のみ(しかも登場したのは一瞬だけ)で、期待された出番は非常に短いものだった。

細かい描写に隠されていたピアース除隊の理由

6話のハロルドとの戦闘で負った負傷により軍を除隊となったピアースだが、誰もピアースがどの程度の負傷をしたのか話しておらず、車椅子生活になった理由も語られていない。

車椅子が必要である以上彼が相当な重傷である事は分かるが、ステラ達隊員が語らなかったピアース除隊の理由は関係者のTwitterで語られている。

ピアースは車椅子に毛布を掛けてあるが、注意深く彼の脚を見ると、右足側に何故かブーツの形をした皺が出来ている。
これはピアースが脚を失った事を示唆する描写であり、作中で言葉として語られる事はなかったが、件の戦闘で彼の身に何が起きたかは「言葉ではないかたちで伝える表現」としてはっきりと描かれていた。

また、車椅子のデザイン担当には製作側から「ブーツが折れ曲がって、布にシワが出来ているように描いてください」というオーダーがあったとの事である。
重要なシーンに於いて登場人物の言葉による「説明」が少なく、説明不足でスッキリしないという声もあるが、細かいところを見ると言葉では語られていない情報が隠されており、実は作り込まれた作品である事が分かる。

ソレイユ王国の登場人物の名前の秘密

王国側の主要人物の大半が命を落とすという、ユウキにとって辛い結末を迎えた『エガオノダイカ』だが、彼女達のファミリーネームを並び替えると、ある英単語になる、いわゆるアナグラムになっている。

答えから言うと"S"oleil、"M"iller、"I"ngram、"L"angford、"E"toire(正しいフランス語表記は"Étoile")で"SMILE"となるが、この5人の中で最終的に生き残ったのはユウキだけで、大切な人を4人も失った事により彼女から本当の意味での"smile"が失われたのも皮肉な話である。

これはニコ生特番のクイズコーナーで明らかにされた小ネタであるが、出演したキャストは自分達が出演している作品とキャラクターの名前に隠された事実に驚いていた。

墓石のメッセージ

最終話でヨシュア、レイラ、ハロルド、イザナの墓が映されるカットがあるが、彼らの墓石に刻まれたメッセージと意訳は以下の通りである。

ヨシュア・イングラム"EXCITING SPIRITS FOREVER"(気合いと根性は永遠に)
レイラ・エトワール"WITH LOVE, THE OTHER MOM"(もう一人のお母さまに愛を込めて)
ハロルド・ミラー"WE GOT YOUR BACK"(私達が着いています)
イザナ・ラングフォード"DON'T WASTE YOUR DEATH"(あなたの死を無駄にしない)

『エガオノダイカ』の主題歌・挿入歌

OP(オープニング): Chiho feat. majiko 『エガオノカナタ』

作詞 - 牧野圭祐、H△G / 作曲・編曲 - 宮田“レフティ”リョウ / 歌 - Chiho feat. majiko
※第1話ではEDとして使用された。

ED(エンディング): キミノオルフェ『この世界に花束を』

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

超時空要塞マクロス(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

夜ノヤッターマン(Yattarman Night)のネタバレ解説まとめ

『夜ノヤッターマン』とはタツノコプロによって製作された、ヤッターマンを原作としたスピンオフアニメ作品。主人公であるレパードがエレパントゥスやヴォルトカッツェと共に新たなドロンボーとしてヤッターマンの支配するヤッターキングダムに立ち向かう物語となっている。ヤッターキングダムが支配しているデッカイドーを舞台にしている。

Read Article

Infini-T Force(第1話『ISOLATED FLOWER』)のあらすじと感想・考察まとめ

『Infini-T Force』(インフィニティ フォース)は、タツノコプロ55周年を記念して制作されたアニメ作品。 ガッチャマンこと鷲尾健は悪の組織ギャラクターに占領された空母の救出に向かう。しかしそこにいたのはロボット兵士を従える謎の人物だった。 今回は「Infini-T Force」第1話『ISOLATED FLOWER』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents