エガオノダイカ(The Price of Smiles)のネタバレ解説まとめ

『エガオノダイカ』とはタツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。
ソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユとグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いている。
戦闘ロボットによる戦争ものという人気の高いテーマで期待も高かったが、主人公であるユウキとステラの活躍は数えるほどしかなく、戦争も消化不良のまま終わり、名作になる要素を持ちながら不発に終わった「惜しい」作品として話題になった。

クレーエIの重装甲タイプで、重装甲パーツを装備した事により外見がごつくなった。

メインウェポンのロングライフルに加え、右肩部のキャノン砲、腕部のスモークディスチャージャーなど装備も多彩である。

隊長機として両肩部を赤く塗った機体も存在する。

強襲空母

帝国軍の量産型陸上空母。

平たい双胴型の船体が特徴で、テウルギアは艦首のハッチから出撃する。

なお、ゲイル達ビュルガー分隊は常に自分達の移動用車両を使って移動していたため、作中では一度もこの空母を利用していない。

『エガオノダイカ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

ヨシュア・イングラム「気合と根性」

正確には名言というよりも彼の短い登場期間で何度も使われた口癖だが、ユニ、ルネ、そしてユウキと彼の身の周りにいた人物が使うようになるなど「伝染」しており、彼の仲間への影響力が伺える。

終盤でユウキやユニが彼の口癖を使うのを見ると、この言葉を使わせたいがためにヨシュアを「退場」させたのではないかという穿った見方になってしまうが、監督のインタビューによるとヨシュアの早すぎる死は「戦争で人は呆気なく死んでしまう、大事な人を簡単に奪ってしまうという事を伝えたかった」というメッセージであるらしい。

ユウキ・ソレイユ「でも、本物の戦争ってルール通りにいきませんよね」

教育の一貫としてレイラとチェスを行っていたユウキはルールを無視した駒の動きを行い、チェックメイトと無邪気に喜ぶ。

勿論反則だが、ユウキは実際の戦争はチェスのようにルールはないと主張し、ルールで決められた動きしか出来ないチェスよりもルールのない模擬戦闘の方が自分に向いていると笑顔を見せる。

その後、実際に戦闘を指揮する立場になるユウキは「戦争は決して遊びではありません」というレイラの言葉の意味を嫌というほど思い知る事になるが、王女ではなく12歳の子供の立場で考えるとゲーム画面でしか見た事のない戦争は「面白い」ものであり、次はどうやって相手を倒そうか、どうやって国を滅ぼそうかと考えるのが自然である。

作中でも経験不足というよりも子供である彼女の甘さから王国の被害を拡大させる場面が多々あり、その度にユウキを批判する声が目立っていた。
ユウキの判断の悪さと見通しの甘さによって王国を窮地に追いやっていたのは事実であり、それを根拠に彼女を「無能」と批判するのは簡単だが、戦争をゲーム感覚で考えていた認識の甘さを含め、彼女は世間の事を何も知らない12歳の子供である。
ステラ達ビュルガー分隊のように辛い戦場を生き延びて来た「叩き上げ」とは経験値が違いすぎる事を忘れてはならない。

そして、その「子供」が僅かな期間で帝国軍を手玉に取るまでに成長しているのだから、ユウキが本気で戦闘を指揮する姿が見たかったという声は今でも多い。

ステラ・シャイニング「どうせ死ぬなら、同じでしょう?」

登場してから作り笑いしか見せなかったステラだが、街で出会った子供達を逃がすため、彼らを銃で脅して自分達に従わせた時はこれまで見せた事のない冷たい表情と声を見せている。

『エガオノダイカ』のPV公開時から「どうせ死ぬなら、同じでしょう?」というワードが登場しており、この言葉がいつ登場するか注目されていたが、これまで感情らしい感情を見せなかったステラの豹変ぶりと、早見沙織の演技が最高のバランスで重なっており、一見の価値がある。

その後、ラナに謝罪を拒絶されてショックを受けている自分の心を見せないよういつもの作り笑いで感情を隠しているステラとの対比が面白いシーンである。

なお、3話の時点では「どうせ死ぬなら、同じでしょう?」と言っていたステラだが、ゲイルやピアースの死を経験してからは「もう誰も死なせない」と語るなど、ある意味人間自体が変わっており、初期のステラと終盤のステラは文字通り全くの別人である。

ハロルド・ミラー「次に会う時は酒に付き合え」

公式サイトに書かれてあるだけで作中では一度も出ないが、イザナには酒が苦手という設定がある。

1話では、自分の部屋で一人黙々と仕事をするイザナを見ながらハロルドが酒を飲んでいるシーンがあるが、酒が苦手である事と職務優先という事もあり、イザナは一人で酒を飲むハロルドに一切付き合おうとしない。
一方8話では、彼の死を覚悟したハロルドから「次に会う時には酒に付き合え」と、別れの言葉を送られている。

騎士団総長としてユウキと国を守るため作中通して厳しい表情が目立つハロルドだが、イザナとの別れのシーンで親友の顔に戻った時は、本来は優しい彼の「素」の表情が見られる貴重なシーンである。

また、この2つのシーンはどちらもイザナがハロルドから酒に誘われているところが共通しており、ハロルドが1話で酒に付き合ってくれないイザナに嘆くシーンは、8話で親友であるイザナとの別れの言葉として酒に誘うシーンに繋がる伏線とも取れる。

銃撃を受けて薄れゆく意識の中、いつものように酒に誘うハロルドに対してイザナが何を伝えようとしていたのか、そしてハロルドはどのような言葉を期待していたのか(いつものように断るのか、それとも乗ってくれるのか)は、本人達だけが知る秘密である。

ヒューイ・マルサス「たまたま拾っちまってな、お守りみてえなもんだろ。縁起でもねえお前に先に死なれちゃ目覚めわりーんだよ」

11話でユウキがヨシュアの形見のぬいぐるみと、5人で撮った写真を残して最後の戦場へと向かう描写があったように、ステラも最後の戦いに向かう前にバッテリーが切れた金魚のホログラムをベースキャンプに置いて来ていた。

それを何処かのタイミングで発見したヒューイが最後の戦場まで持って来ており、12話の決戦前にステラに渡しているが、わざわざ外に置いて来たものを「たまたま」拾うはずがなく、終盤は喧嘩が絶えなかったもののヒューイがステラを気に掛けていた証拠であり、憎まれ口ばかり叩いていた彼が本当は仲間思いの性格である事が分かる名言である。

ちなみに、ステラが旧ベルデ皇国のクラルス研究施設に突入する際にこのホログラムは戦場となった海か湖の中に落ちてしまい、現在は底に沈んでいる。

『エガオノダイカ』の裏話・トリビア・小ネタ

Twitterのトレンドを賑わせたカオスすぎるタイムライン

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

超時空要塞マクロス(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

夜ノヤッターマン(Yattarman Night)のネタバレ解説まとめ

『夜ノヤッターマン』とはタツノコプロによって製作された、ヤッターマンを原作としたスピンオフアニメ作品。主人公であるレパードがエレパントゥスやヴォルトカッツェと共に新たなドロンボーとしてヤッターマンの支配するヤッターキングダムに立ち向かう物語となっている。ヤッターキングダムが支配しているデッカイドーを舞台にしている。

Read Article

Infini-T Force(第1話『ISOLATED FLOWER』)のあらすじと感想・考察まとめ

『Infini-T Force』(インフィニティ フォース)は、タツノコプロ55周年を記念して制作されたアニメ作品。 ガッチャマンこと鷲尾健は悪の組織ギャラクターに占領された空母の救出に向かう。しかしそこにいたのはロボット兵士を従える謎の人物だった。 今回は「Infini-T Force」第1話『ISOLATED FLOWER』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents