エガオノダイカ(The Price of Smiles)のネタバレ解説まとめ

『エガオノダイカ』とはタツノコプロの創設55周年記念作品として制作されたオリジナルアニメ。
ソレイユ王国の王女ユウキ・ソレイユとグランディーガ帝国の軍人ステラ・シャイニングという対局的な人生を送って来た二人の主人公が出会うまでを描いている。
戦闘ロボットによる戦争ものという人気の高いテーマで期待も高かったが、主人公であるユウキとステラの活躍は数えるほどしかなく、戦争も消化不良のまま終わり、名作になる要素を持ちながら不発に終わった「惜しい」作品として話題になった。

ソレイユ王国の兵器

ガルド

王国軍の主力量産型テウルギアで、作中ではハロルド、ヨシュア、ユニが乗っている。

作中では真っ先に新型クラルスを搭載され、新型クラルスによって火力の上がった姿を披露している。

ガンランスとシールドを装備しており、搭載されている新型クラルスによってスピードなど更にパワーアップしている。

スクワイア

近接戦闘型テウルギア。

前衛でガルドのサポートをするのが主な役割であり、マシンガンと小型の斧を持つ。

作中ではユニのサポートを主任務とするルネが乗っている。

クリバノフ

後方支援型テウルギア。

キャノン砲による長距離砲撃が主体で、こちらもサポートが主任務である。

主要人物が誰も乗っていないため作中で目立った活躍は見られなかった。

陸上空母

王国軍の量産型陸上空母。

旗艦空母であるエクセスアルカとは色の違いによって差別化されているが、終盤にエクセスアルカに装備された移動砲台以外の基本装備はほぼ同じであり、両者のスペックの違いは不明である。

エクセスアルカ

ジェイムズが艦長を務める、王国軍の旗艦空母。

中盤以降ユウキ達が移動のため利用しており、登場する機会も名前を呼ばれる機会も多い。

旗艦空母という事もあり、色も赤で他の空母との差別化がされている。

移動砲台

新型クラルスを利用した試作兵器。

ユウキによるデモンストレーションで山を吹き飛ばしているが、まだまだ試作品であり、戦闘では示威行為にしか使えない。

当然ながら非公式な呼称だが、作品名と合わせて視聴者からは「エガオキャノン」なる呼び名で親しまれていた。

グランディーガ帝国の兵器

クレーエI(クレーエアインス)

帝国軍の主力量産型テウルギア。

マシンガンと円形のシールドが主な装備だが、近距離戦闘用の装備を着けるも可能で、幅広く戦える。

クレーエII(クレーエツヴァイ)

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

超時空要塞マクロス(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『超時空要塞マクロス』とは、タツノコプロ・アニメフレンド制作の日本のロボットアニメ。 1982年10月から毎日放送(MBS)製作、TBS系列で放送された「超時空シリーズ」および「マクロスシリーズ」の第一作。 飛行機好きのごく普通の少年一条輝が、突如襲来してきた異星人との戦いの中で二人の女性との恋に生き、友情に生き、成長していく物語である。

Read Article

夜ノヤッターマン(Yattarman Night)のネタバレ解説まとめ

『夜ノヤッターマン』とはタツノコプロによって製作された、ヤッターマンを原作としたスピンオフアニメ作品。主人公であるレパードがエレパントゥスやヴォルトカッツェと共に新たなドロンボーとしてヤッターマンの支配するヤッターキングダムに立ち向かう物語となっている。ヤッターキングダムが支配しているデッカイドーを舞台にしている。

Read Article

Infini-T Force(第1話『ISOLATED FLOWER』)のあらすじと感想・考察まとめ

『Infini-T Force』(インフィニティ フォース)は、タツノコプロ55周年を記念して制作されたアニメ作品。 ガッチャマンこと鷲尾健は悪の組織ギャラクターに占領された空母の救出に向かう。しかしそこにいたのはロボット兵士を従える謎の人物だった。 今回は「Infini-T Force」第1話『ISOLATED FLOWER』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents