ロクでなし魔術講師と禁忌教典(ロクアカ)の名言・名セリフまとめ

Drvftzqv4aafzzm

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』とは羊太郎によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ・漫画等のメディアミックス作品。
暗示特化専用言語のルーン言語を用いた魔法能力を持つ人間がいる異世界が舞台で、主人公のグレンは前職を辞めて以来、育ての親であるアルザーノ帝国魔術学院教授セリカの下で、一年に渡り引きこもり生活を送っていた。しかし業を煮やしたセリカに脅され、嫌々ながら同学院の非常勤講師として勤める所から物語は始まる。
生徒と教師、互いに学び合いながら成長する過程で様々な名言が生まれている。

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』 の概要

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』(ロクでなしまじゅつこうしとアカシックレコード)とは、羊太郎によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ等のメディアミックス作品。
原作のライトノベルは羊太郎が当初「ニートなボクが魔術の講師になったワケ」のタイトルで投稿していた作品で、後に「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」と改題され第26回ファンタジア大賞において大賞を受賞した。
アニメーション制作は『山田くんと7人の魔女』などを手掛けたライデンフィルムが行い、監督は和ト湊(わとみなと)が務めた。
魔術言語のルーン言語を用いた魔術能力を持つ人間が存在する異世界が舞台で、主人公のグレン・レーダスは前職を辞めて以来、育ての親でありアルザーノ帝国魔術学院の教授であるセリカ・アルフォネアの下で、一年に渡り引きこもり生活を送っていた。
しかし働きもしないグレンに業を煮やしたセリカから、アルザーノ帝国魔術学院の非常勤講師に就くか、私の攻撃魔術の餌食にされるか、どちらか選べと脅され、嫌々ながら講師となる事を選択し、同学院に講師として赴任する所から物語は始まる。
成績上位者が多く、エリート揃いの一組と相反し、個性の強い問題児ばかりの二組を担任する事になったグレンであったが、クラスの生徒達に問題があるか否か以前に、無理矢理非常勤講師にさせられた事で、生徒に自習をさせつつ居眠りしたり、生徒が授業に関する質問をしても自分で調べさせたりと、全くやる気がない。
講義を受ける生徒達は怒りを通り過ぎて呆れ、失望し、グレンとの溝は深まっていったが、そんな中、学園にテロリストが侵入して一人の生徒が連れ去られてしまう。
テロリストから受けた魔術攻撃で傷だらけになりながらも、学園内に侵入したテロリストを撃退し、連れ去られた生徒を取り戻すグレン。
そんな姿を目の当たりにした生徒達は、次第にグレンとの関係を改善していき、全てにおいてやる気を失っていたグレンの心にも変化が起き始める。
生徒と教師、互いに足りない所を学び合いながら人間として成長していく関係性の中からは、様々な名言が生まれている。

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』の名言・名セリフ

本物のロクでなしだ

%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%ab %e5%90%8d%e8%a8%801

第一話からギイブル・ウィズダンのセリフ。
アルザーノ帝国魔術学院の二年次生二組を担任する事になったグレンであったが、赴任初日から遅刻。担当授業も時間の半分を過ぎてから教室に入り、待っていた生徒達には自習をさせ、自身は眠いからと教卓で眠り始める始末。
クラスのリーダー的存在のシスティーナ・フィーベルが怒って辞書を投げつけると頭に直撃。目覚めたグレンは仕方なく授業を開始するが、やはりやる気がなく、仕舞いには授業に関する質問をした女子生徒に対し、自分で辞書を使って調べる様にとまで言い出した。名言は、男子生徒のギイブルが呆れて呟いた一言。
全ての物事においてやる気を失っていたグレンを、端的に言い表した一言である。

あれ? 何か約束したっけ? 僕何のことだかわかんなぁい

%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%ab %e5%90%8d%e8%a8%802

第一話かグレンのセリフ。
グレンのあまりのやる気ない授業態度に我慢の限界を超えたシスティーナは貴族としての家名と、魔術を学ぶ者としての誇りを懸け、グレンに決闘を挑む。「教師」対「生徒」と言う前代未聞の決闘に、色めき立つクラスメイト達。
そんな中、余裕を見せるグレンであったが、いざ決闘が始まると、システィーナの魔術攻撃にあっさり敗北。挙句の果てに「三本勝負だった筈だ」、「五本勝負だった筈だ」と負ける度に言い出し、更には不意を突いた卑怯な手段で勝ちを得ようとするが、あっさり見破られて負け、最後には上記名言を言って勝負自体を無かった事にしようとし始める。
グレンのダメ男加減が分かる一言である。
ネット上にもグレンのあまりのダメ男ぶりに、視聴者から呆れ声が多数投稿されていた。

悪かった。嘘だよ。魔術はすげー役に立っているさ。人殺しにな

%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%ab %e5%90%8d%e8%a8%803

第二話からグレンのセリフ。
相変わらずやる気は見せないものの、システィーナに負けた手前、仕方なく講義だけは開始するグレン。
しかしグレンは授業の中で、魔術師の講師でありながら、魔術を勉強し、努力する事に対し否定的な発言をする。
そんなグレンに対し、システィーナは魔術を学ぶことで「世界の理」に近づく素晴らしさを訴え、二人は持論をぶつけ合うが、グレンは上記名言でシスティーナの心を傷つけ、怒らせた。
グレンが魔術に対し、心に深い闇を持っている事を感じさせるセリフである。

私は魔術を真の意味で人の力にしたいなって思ってるんです。そのために今は魔術を深く知りたい。恩返ししたい人がいるんです

%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%ab %e5%90%8d%e8%a8%804

第二話からルミア・ティンジェルのセリフ。
グレンのクラスの女子生徒であり、家の都合でシスティーナの屋敷に身を寄せ暮らすルミア。
ルミアの魔術授業の復習の手伝いをしたグレンは、学校から二人で歩く帰り道、ルミアから三年前にシスティーナの家に押しかけて来た悪い魔術師」達に連れ去られ、殺されそうになったところを、「正義の魔術師」に救われた経験があるとの話を聞かされる。
魔術に対して拒否反応にも似た態度を示すグレンに対し、ルミアが辛かった体験談を用いて魔術に対する想いを語った一言であるが、グレンはルミアの言葉で何かを思い出し、次の日から授業態度を改める。
グレンの心境にどの様な変化が起きたか不明であるが、グレンの心に変化をもたらすきっかけとなった一言である。

魔術は世界の真理を追い求める者、なんてお前ら言うけどな。そりゃ間違いだ魔術はな。人の心を突き詰めるものなんだ

%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%ab %e5%90%8d%e8%a8%805

第二話からグレンのセリフ。
授業を開始する前に、今日までの態度を生徒達に謝罪するグレン。
教科書には書かれていない実戦的な魔術の運用方法を次々披露するグレンに驚く生徒達。
そんな生徒達にグレンが教えた、魔術上達の為の秘訣と言うより、心構えの一言。
グレンが魔術と生徒に対し、真摯に向き合う気持ちに変わった事が感じられるセリフである。

ここで諦めたら俺の人生は一体何だったんだ! 正義の魔法使いに懸けた人生、無意味だったのはわかってる。だが、無価値にだけはしたくないんだ! 文句あるかこんちくしょう!!

%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%ab %e5%90%8d%e8%a8%806

第三話からグレンのセリフ。
学園に侵入したテロリストに連れ去られるルミア。配下の者達を倒し、深手を負いながらもルミアの下に辿り着いたグレンを待っていた首謀者は、魔術学院2年次生2組の前任担当講師であり、行方不明となっていた筈のヒューイであった。
彼は元々アルザーノ帝国と敵対する、帝国内最古の魔術結社「天の智慧研究会」に所属し、学園を監視する為に潜入していたスパイであったが、組織から「ルミアの拉致」の命令が下り、その準備の為に姿を隠していたのだった。
「天の智慧研究会」へ転送される魔方陣の中央に座らされるルミア。
ヒューイは自身が人間爆弾である事をグレンとルミアに語り、十分後にルミアが転送されると同時に爆発し、学園ごと消し飛び、それを阻止するにはルミアを取り巻く五重の魔法陣を一つずつ解除して行くしか方法が無いと言う。
魔術を用いて解除に取り掛かるグレンであったが、一つ解除するにも時間を要し、制限時間は刻々と迫り、ルミアは逃げる様に訴えるが、上記名言を以って逃げない理由を叫び、解除作業を続けた。
幼少期に読んだ童話の中に出て来る「正義の魔法使い」に憧れ、セリカから魔術を教わり、帝国宮廷魔導師団に入れるほどの魔術師として成長したグレンであったが、魔導士団の同僚を守れず失った経緯を持つ。
無力感に苛まれ、赴任当初は魔術に対して嫌悪感さえ滲ませていたグレンであったが、それは魔術に対して強い思い入れがあったからこそである事が分かる名言である。

ただの凡人のくせにアイツは、何故かいつも予想外の事をやってくる

%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%ab %e5%90%8d%e8%a8%807

第四話からセリカのセリフ。
アルザーノ帝国魔術学院で行われるクラス対抗の魔術競技祭に向け、誰がどの競技に参加するか、割り振りを考えるグレンのクラスの生徒達。しかも今回はアルザーノ帝国の現女王アリシア七世が競技祭を叡覧されるとあって、他のどのクラスも気合が入る。
競技祭は魔術の成績優秀者だけを各競技に割り振る事が通例であり、グレンのクラスの生徒達からも同様の声が上がるが、グレンは生徒一人一人の個性と、本人も気付いていない得意分野を解説した上で、各競技の割り振りを一方的に決めて行く。
二年次生二組の全生徒の個性を把握していたグレンに感動するシスティーナ達であったが、通例通り成績優秀者だけを配する他のクラスと競う事に、疑心暗鬼を拭えずにいた。
しかしいざ競技が始まってみると生徒達が抱えていた不安を余所に、グレンのクラスは、それぞれグレンに気付かされた特技をいかんなく発揮して学園内の下馬評を覆し、どの競技においても好成績を収めて行く。
エリートたちを次々打破して行くグレンのクラスの生徒達の姿に、グレンを非常勤講師として学院に推薦したセリカが、旧知の仲であるアリシア女王に嬉しそうに言った一言。
全てにおいてやる気を失っていたグレンを罵ったり、足蹴にする育ての親のセリカであったが、セリカがグレンの人間性を買っていたと分かるセリフである。

aki4gure
aki4gure
@aki4gure

Related Articles関連記事

LOST SONG(ロスト ソング)のネタバレ解説まとめ

『LOST SONG』(ロスト ソング)とは、LIDENFILMS・ドワンゴ共同制作によるアニメ作品。 緑豊かな辺境の村に住む元気な女の子・リンと、王宮の奥深くで孤独な毎日を過ごす歌姫・フィーニス。生まれも育ちも異なる彼女達は『歌』を歌うことによって、傷を癒し、水を生み出すという、さまざまな奇跡を呼び起こす不思議な力を持っていた。それは彼女達の、そしてこの星の、運命すら揺り動かしてしまうものだった。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のネタバレ解説まとめ

「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば、KonoSuba)」とは文・暁なつめ、絵・三嶋くろねによる小説。もとはWEB小説であり、文庫化に際してはリメイクが行われている。またアニメ作品も2016年1月~3月に第1期、2017年1月~3月に第2期としてそれぞれ10話ずつ放送された。不慮の事故で命を落とした和真が異世界に転生、そこで繰り広げる賑やかな日常を描いている。

Read Article

LOST SONG(第7話『終滅の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

コルテの計らいによって、一緒に逃げることを決意するフィーニスとレオボルト。 しかしルード王子の謀略によって、それは儚い夢となって消え失せてしまう。 レオボルトを失って絶望したフィーニスは、全てを終わらせるために「終滅の歌」を歌う。 一方リン達は、フィーニスと出会うために訪れた「灰の街」で、世界を作り滅ぼしたという女神の伝説を知ることになる。 今回は「LOST SONG」第7話『終滅の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第11話『無響の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

リン達はレオボルト率いる傭兵団と共に、一時ドクター・ヴァイゼンの研究所に身を寄せる。 そこでフィーニスの過去と、彼女の本当の目的をポニー達に明かし、なんとしても阻止してみせるとリンは決意を新たにする。 アルは自分の非力さを痛感し、それに共感したレオボルトはある女性について語り始める。 そしてリンの方でも、ドクターにしか打ち明けられなかった悲しい真実を胸に秘めていた。 今回は「LOST SONG」第11話『無響の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第4話『堕ち行く歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

リン達三人は、ひょんなことからアリューとモニカという二人の姉妹に出会う。 いつか宮廷楽団に入って演奏をすることが夢である彼女達は、母の病気を治すために軍属である律動士をしていた。そのことを聞かされたリンは、彼女達のために「癒しの歌」を歌う。 一方フィーニスはルード王子から、今度は歌によって敵軍を殲滅せよという命令を下されて愕然とする。 今回は「LOST SONG」第4話『堕ち行く歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第8話『悠久の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

禁忌とされる「終滅の歌」を歌ってしまったことで、フィーニスは有限の命を失ってしまう。 それは世界が始まり終わるという歴史を、何度も繰り返し一人で見続けるという呪いだった。 気の遠くなる歴史の中で、彼女はある目的を果たすために「星歌祭」と「太古の歌姫」という二つの伝説を創り上げる。 そして空に浮かぶ星がもっとも近付くその日は、目前に迫っていた。 今回は「LOST SONG」第8話『悠久の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第1話『癒しの歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

辺境の村で、遥か遠い王都への憧れを抱いていたリンとアルは、ある日森で怪我を負った王都の騎士・レオボルトと出会う。一方、王都では歌姫として慕われる少女・フィーニスは、王都軍を前にその姿を現していた。リンは瀕死のレオボルトを救うため、フィーニスは戦地に向かう兵士達のために、「癒しの歌」を歌う。 今回は「LOST SONG」第1話『癒しの歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第12話『始まりの歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

星歌祭の日、満を持してフィーニスは「終滅の歌」を歌う。それは空に浮かぶ星に届き、その星はゆっくりとリン達の住むエテルジオイドへと迫って来る。そしてついに、リンはフィーニスの元へと辿り着く。リンのまっすぐな言葉は、次第にフィーニスの心を解きほぐしていく。星が目前に迫った時、リンとフィーニスの歌は世界に響き渡り、本当の奇跡を生み出す。 今回は「LOST SONG」第12話『始まりの歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第5話『邂逅の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

レオボルトに想いを馳せながら、本意ではない歌の力で敵軍を制圧していくフィーニス。 一方リン達は、村の森で知り合ったレオボルトと再会するが、王都軍によって全員拘束されてしまう。 自分達の村や家族に起こった悲劇の真相を聞かされる中、リンはついに自分と同じ歌の力を持つフィーニスの存在を知ることになる。 今回は「LOST SONG」第5話『邂逅の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第9話『郷愁の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

フィーニスを救うために、ポニー達は歌奏兵器を奪取することを思い付く。 リンは一人馬車に戻って彼女達を待つことになるのだが、その途中、黒い精霊に導かれてレオボルトの剣へと導かれる。 そこでフィーニスの過去と彼女の目的を知り、思わぬ真実に遭遇する。 その頃ポニー達は危機に陥るが、レオボルトを筆頭にして集まった、王都軍に反旗を翻す者達に救われる。 今回は「LOST SONG」第9話『郷愁の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第2話『旅立ちの歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

たった2人だけになってしまったリンとアルは、辿り着いた村でかつて王都に仕えていた宮廷吟遊詩人だと名乗る女性・ポニーと出会う。 そして王都では、久しぶりの散歩を許されたフィーニスが、ひょんなことから剣術大会で出会ったレオボルトと再会する。 リンはポニーから「精霊の歌」のことを尋ねられ、フィーニスはレオボルトとの縁をより一層深いものにしていく。 今回は「LOST SONG」第2話『旅立ちの歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Phantom in the Twilight(第1話『黄昏に生きるもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

親友のムー・シンヤオとともにロンドンにきたバイルー・トンは、到着早々、盗難の被害にあう。犯人を追いかけて迷い込んだ店『カフェ・フォービドゥン』は、なんとトンの曽祖母が設立したカフェだった。カフェの店員であるヴラッド、ルーク、トウリュウの3人と犯人を捜すトンは、彼らの正体である吸血鬼、人狼、キョンシーという人ならざる者に変貌する所を目撃する。 今回は「Phantom in the Twilight」第1話『黄昏に生きるもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第6話『別れの歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

ようやくレオボルトと再会したフィーニスだったが、その肉体は既に限界を迎えていた。 そんな彼女を救うため、レオボルトは歌の力を使わずして前線基地の戦闘を終わらせようとする。 一方、リン達は、レオボルトに教えられたドクター・ヴァイゼンという人物の研究所を訪れていた。 そこで歌の力と、王都軍が有している兵器についての真実を聞かされることになる。 今回は「LOST SONG」第6話『別れの歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第10話『覚悟の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

フィーニスの過去によって、自身の出自を知ることになったリン。 同時に、祖父のタルジアや姉のメルが自分に惜しまない愛情を注いでいてくれていたことに涙する。 そして過去のフィーニスが自分になにかを訴えていることを悟り、繰り返し彼女の声を聴こうと奮闘する。 一方レオボルトはフィーニスと出会うが、バズラ将軍によって阻まれ絶体絶命の危機に陥る。 今回は「LOST SONG」第10話『覚悟の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

LOST SONG(第3話『愛慕の歌』)のあらすじと感想・考察まとめ

王都軍による「吟遊詩人狩り」によって、囚われの身となってしまうリン達。 そこで起死回生の一手として、リンは奇跡を起こすと呼ばれる精霊の歌の一つ、「風の理」を歌う。 一方フィーニスは何者かによる襲撃を受けるが、身を挺して守ってくれたレオボルトへのお礼として、「炎の鼓動」を歌う。しかし精霊の歌を歌うことには、ある曰くが付きまとっていた。 今回は「LOST SONG」第3話『愛慕の歌』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)のスキル・魔法まとめ

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)は角川スニーカー文庫より発売されているライトノベル作品。現代社会に生きる引きこもりの佐藤和真(カズマ)が突然、女神アクアによって異世界に転移した。彼と女神アクアは地球へ帰還するため、異世界の美少女達と一緒に敵である魔王軍と戦う異世界ファンタジー。一般的な英雄像ではない個性的すぎるキャラクターやこのすばの世界観などを掘り下げ解説していきます。

Read Article

はねバド!の名言・名セリフまとめ

『はねバド!』とは、濱田浩輔によって『good!アフタヌーン』にて連載されている高校女子バドミントン漫画、およびそれを原作としたアニメ・小説などのメディアミックス作品。 神奈川県の公立高校である北小町高校バドミントン部を舞台にインターハイを目指す部員達の成長を描いた作品であり、インターハイを目指す部員同士の本音のぶつかり合いの中から数多くの名言が生まれている。

Read Article

目次 - Contents