グレムリン(Gremlins)のネタバレ解説まとめ

『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

キングトン・フェールズの保安官。グレムリンの存在を話したビリーを信用しなかった。その後、グレムリンの被害者となる。

ブレット保安官補佐(演:ジョナサン・バンクス、日本語吹替:小野健一)

キングトン・フェールズの保安官補佐。フランク保安官と同じくビリーの話を信用しなかった。勤務中だが、クリスマスイブという事もあり飲酒をしていた。のちに、グレムリンの被害者となる。

ハリス(演:ベリンダ・バラスキ、日本語吹替:さとうあい)

キングトン・フェールズの住人。夫はずっと失業しており、やっと仕事を見つけた事をディーグル夫人に告げている。子供を2人抱え、貧しい暮らしをしており、縫物の内職をしている。ディーグル夫人に家賃の返済を待って貰えるように頼みに行ったが、きっぱりと拒否されてしまう。ビリーが勤める銀行の、コーベン頭取にも直訴しに行っている。

チャイナタウンの住人

ミスター・ウィング(演:ケイ・ルーク、日本語吹替:石井敏郎)

チャイナタウンにある骨董店の店主。モグワイ(ギズモ)を店頭で飼育していた。ビリーの父親ランダルに売ってくれと金を積まれても断固として拒否していた。グレムリンがキングトン・フェールズ街を襲い、ビリー、ギズモ、ケイトがグレムリンを退治したあと、ペルツァー家にひょっこりと訪れ、ギズモを元のチャイナタウンへと連れ帰る。

チャイナタウンの骨董店店主ミスター・ウィングに飼われていたが、ランダル・ペルツァーが骨董店に立ち寄り、一目で気に入ってしまう。ランダルは息子ビリーのクリスマスプレゼント用にミスター・ウィングに買い取りを申し出るが、飼うのは無理だと無下に断られる。しかし、ミスター・ウィングと共に生活する少年が、生活するお金欲しさにランダルに売り渡してしまう。ビリーの手に渡った際、ランダルの提案で「ギズモ」という名前を付けて貰う。
モグワイは珍しい生き物で、知能が高く、人間のように歌をうたったり、片言で話す事ができる。見た目は、ふさふさの毛で覆われ、目と耳が大きいのが特徴である。人間がモグワイを飼う場合『光に当ててはいけない』『水をかけたり、濡らしてはいけない』『真夜中AM0:00以降に、食べ物を与えてはいけない』という3つのルールがある。この3つのルールのうちの”真夜中AM0:00以降に食べ物を与えてはいけない”というルールを破ると、蛹となり、孵化して、グレムリンという凶悪な生物へと変態する。
ノベライズされた際に追加設定された記述では、”何世紀も前、遥か彼方の科学が高度に発達した惑星で、モグターメンという博士が、どんな環境にも適応し繁殖可能な、性格温和で知的生物「モグワイ」を創り出した。モグターメン博士は試しにこれを1匹地球に送り込み、到着した場所が台湾だった。そこに中国人の老人に拾われて飼われることになった。”とある。

その他

ストライプ(モグワイ)

ギズモに水がかかり、生まれ出た5匹のモグワイのリーダー。ペルツァー家でのイタズラも、全てストライプが主犯格となる。

ストライプ(グレムリン)(声演:フランク・ウェルカー)

ギズモに水がかかった際に、生まれ出たモグワイ5匹のうちのリーダー。知能が高く、頭から背中にかけて白い線が入っている。AM0:00以降にチキンを食べ、蛹となり、その後グレムリンへと変態する。ずる賢く凶悪で、全てのグレムリンを率いてキングトン・フェールズの街を襲う。最期にはギズモによって、倒される。

『グレムリン』の用語

モグワイ

グレムリンになる前の姿を指す。毛がふさふさした可愛らしい姿で知能が高く、好奇心が旺盛。言葉を理解し、片言で会話する事が出来る。個体によって、性格が違う。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

トランスフォーマー(Transformers)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年にアメリカ合衆国公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

目次 - Contents