ゴッド・オブ・ウォー 2018(God of War 2018)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴッド・オブ・ウォー 2018』とは、2018年4月20日にソニー・インタラクティブエンタテインメントより発売されたPS4のアクションゲームである。
2005年に第一作目が発売された『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズの四作目であり、圧倒的に美麗なグラフィックと爽快感溢れるアクション性で高い評価を受け続けている。
クレイトスとその息子であるアキレウスは、クレイトスの妻であるフェイの遺灰を蒔くために世界を股にかけて旅をしていく。その先で様々な事件に巻き込まれていく。

ゴッド・オブ・ウォーシリーズを代表する武器。
クレイトスの腕に巻きついた鎖の先に小剣がついており、それを振り回して攻撃する。
ゲームの中盤から使用可能となり炎属性である為氷属性のリヴァイアサンでは倒せない敵に効果的。

守護者の盾

普段は左腕の篭手に収納されているが敵の攻撃を受ける際に使用するのは勿論、リヴァイアサンを投げた際にこの盾と素手で殴りつける事も可能。
また敵の攻撃が当たると同時にガードする事によって盾で攻撃を弾き返す事も出来る。

かぎ爪の弓(Talon Bow)

アトレウスが放つ弓矢。
クレイトスの武器に比べてダメージは少ないが敵をスタンさせる為のスタン値の上昇に役立つ。
またアトレウスが弓を放つ事で敵の注意を引き付ける為敵の隙を突く事が出来る。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents