ゴッド・オブ・ウォー 2018(God of War 2018)のネタバレ解説まとめ

『ゴッド・オブ・ウォー 2018』とは、2018年4月20日にソニー・インタラクティブエンタテインメントより発売されたPS4のアクションゲームである。
2005年に第一作目が発売された『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズの四作目であり、圧倒的に美麗なグラフィックと爽快感溢れるアクション性で高い評価を受け続けている。
クレイトスとその息子であるアキレウスは、クレイトスの妻であるフェイの遺灰を蒔くために世界を股にかけて旅をしていく。その先で様々な事件に巻き込まれていく。

『ゴッド・オブ・ウォー 2018』の概要

『ゴッド・オブ・ウォー 2018』とは、2018年4月20日にソニー・インタラクティブエンタテインメントより発売されたPS4のアクションゲームである。
2005年に第一作目が発売された『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズの四作目。
前作までの『ゴッド・オブ・ウォー』はナンバリング作品で、ギリシャ神話を舞台にした3部作であった。しかし、前作で完結し、今作からは新たな世界での冒険が繰り広げられる。その為に今作のタイトルがナンバリングではなくなっている。
ゲーム性もクオリティが高くThe Game Awards 2018ではゲーム・オブ・ザ・イヤー、ベストゲームディレクションを受賞しメディアの評価も非常に高い。

ギリシャ神話の神たちへ復讐を終えたクレイトスは家族と一緒に平和な暮らしをしていた。しかし、ある日、妻のフェイが死亡してしまう。フェイは「遺灰を九界で一番高い山の山頂から撒いてほしい」と遺言を残した。クレイトスは息子のアキレウスと共にフェイの遺言を果たすべく旅に出る。

『ゴッド・オブ・ウォー 2018』のあらすじ・ストーリー

ギリシャ神話での神々との戦い終えたクレイトスは北欧の地にいた。

神殺しと恐れられ暴虐の限りを尽くしてきた彼だが最愛の妻フェイと息子アトレウスと共に平穏な生活を送っていたクレイトス。
しかしその平穏な生活も束の間、妻のフェイを病により亡くしてしまう。
亡き妻の最後の願いは遺灰をこの世で一番高い山から撒くこと。
この遺言を果たす為クレイトスはアトレウスと共に最も高い山であるミズガルズの山頂を目指す。

ミズガルズの山頂に辿り着いたクレイトスとアトレウスは、途中で遭遇した賢者ミーミルから、この世で一番高い山はミズガルズではなくヨトゥンヘイムの山頂である事を告げられる。
賢者ミーミルを連れヨトゥンヘイムの山頂を目指す。

道中自分達を狙うマグニとモージに亡き母親を侮辱されアトレウスは怒りに我を忘れそうになる。
その姿を見てクレイトスは怒りに我を忘れる事の愚かさを説く。
なぜなら父親である彼自身もまた復讐と怒りに塗れた過去がある為、息子も同じ道を踏む事はどうしても避けたかった。

過酷な戦いを繰り返し、少しづづ不器用ながら親子の絆を深めていくクレイトスとアトレウス。
遂に旅の目的であるヨトゥンヘイムに辿り着く。

しかしここで不死身の男バルドルが立ちはだかる。
怒りに駆られ執拗にクレイトスとアトレウスを付け狙うバルドル。
彼は女神フレイヤの息子でありその母親に不死身の体にさせられていた。
息子を失う事を恐れる余り不死身になる術をバルドルに施すフレイヤだったが、彼はそれにより五感を全て失い母親への復讐に燃える男と化す。
自らの過ちを受け入れバルドルの復讐を受け入れようとするもそれを止めるクレイトス。
自らもまた復讐により親であるゼウスを手にかけた過去を持つ事からバルドルに自分の姿を重ねてしまう。
力ずくでもフレイヤへの殺意と暴走を止める為激闘の末バルドルを殺すクレイトス。

息子の死に悲しみクレイトスへの怒りに震えるフレイヤ。
だがバルドルが彼女を殺せばさらに凶器に染まり、自分と同じように血と暴力に駆られた狂人なってしまう事から止むを得ない決断だった。

バルドルを倒したクレイトスとアトレウスはようやくヨトゥンヘイムの山頂に辿り着く。
そこで親子は見つけた壁画に書かれた事実を知り驚愕する。
その壁画には自らの遺灰をヨトゥンヘイムの山頂から撒くよう遺言を残したフェイの正体が巨人ラフウェイであった事。
また彼女には予知能力があり、親子が過酷な旅の末お互いの協力の末ヨトゥンヘイムの山頂へ辿り着くのを予言していた事。
そしてアトレウスは本来「ロキ」と名付けられるはずであった事実が記されていた。

ロキは本来大規模な終末戦争であるラグナロクにおいて神々を駆逐する暴君である事からクレイトスと同じ運命を辿ってしまうはずだった・
だからこそこの旅を通じてロキであるアトレウスの運命を変え「良い神様」になる為の試練を与え、クレイトスには一人の戦士としてではなく息子と旅に出る事で父親としてアトレウスを見守る役割を与えた・

最後に遺灰を二人で撒き帰路に就く道中何故息子にアトレウスと名付けたかをクレイトスから語られる。
残酷な運命を辿るスパルタ人の中でも笑顔を絶やさず幸福に包まれていた戦士、その名がアトレウスであった。
戦場で自らの命を投げ打って犠牲になり多くの命を救った英雄の名を息子に授けたのだ。

旅の目的を果たした親子が我が家に戻り床につくとアトレウスは奇妙な夢を見る。
数年後アトレウスとクレイトスの前に雷神トールが表れるという現実味を帯びた夢だった。
この夢はフェイの予知能力を継いだアトレウスが見た未来なのか。
真相が見えぬまま親子は新たな旅に出る。

『ゴッド・オブ・ウォー 2018』のゲームシステム

歴代の『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズは見下ろし型俯瞰視点であったが、今作からクレイトスの背中越しのカメラワークへと変更されている。
またアクションシーンとムービーシーンの繋ぎにカットを挟まずシームレスに繋がる点も今作の大きな特徴。
このワンカットでの演出の構成によってプレイヤーに強い没入感を生み出す事に成功している。

ルーンアタック

魔法のような特殊能力。ボス戦の後や、伝説の宝箱から新たなルーンアタックを獲得することができる。
ルーンは『ノーマルルーン』と『ヘヴィルーン』の二つがあり、武器ごとにその二つを装備することができる。XPを使ってルーンアタックを強化することができる。

スキル

XPを使用することで様々なスキルを習得することができる。
スキルは、各武器のスキル、強力な徒手格闘を行う『スパルタン・レイジ』の時に使用できるスキル、アキレウスとの連携攻撃を行うスキルなど、色々な種類がある。

タスク

戦闘や、ストーリーの進行するにあたって定められた目標を達成することでXPを取得することができる。

『ゴッド・オブ・ウォー 2018』の登場人物・キャラクター

主人公と協力者

クレイトス

本作の主人公。
かつてはギリシャ人から「スパルタの亡霊」として恐れられたスパルタ最強の兵士。
強さを追い求める余り軍神アレスに利用され前妻とその間の子供を殺めてしまった過去を持つ。
屈強な怪物もなぎ倒す怪力の持ち主で目的の為なら手段を択ばない冷酷な男。
しかし本作ではそんなクレイトスの父としての側面も描かれており、いくらか人間らしさも垣間見えるようになっている。

アトレウス

クレイトスとフェイの一人息子。
無口で無骨なクレイトスに比べて好奇心旺盛でよく喋る少年。
ゲーム序盤では幾分頼りなさげではあるがストーリーが進むにつれ困難を乗り越え逞しく成長していく。
ルーン文字という特殊な言語の解読が得意。

フレイヤ

様々な知識を持った魔女でミズガルズの森でクレイトスとアトレウスと出会う。
かつては神殺しとして君臨していたクレイトスの正体に気づいており、その事実を知らないアトレウスの身を案じている。
作品の序盤に登場する強敵バルドルの母親である事がゲームの中盤で明かされる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents