のみじょし(漫画)のネタバレ解説まとめ

『のみじょし』とは、迂闊によって描かれる4コマ漫画である。竹書房のまんがライフオリジナルにて隔月連載されている。連載開始は2014年だが、読み切りが2013年に発表されていた。三十路の仲良し女子3人組が中心となって、季節のイベントで飲み会をしたりするオムニバス形式の漫画。タイトルどおり、お酒をおいしく飲みながら物語が進んでいく。

「みっちゃん!ソノちゃん!辛いものが食べたいのーーー!!」

ゆきが、辛いものが食べた過ぎて爆発したときのセリフ。普段は模範的な主婦だが、子供がまだ小さいので刺激物はあまり家で食べられないゆき。主婦を忘れ、自分の食べたいものを食べたいという素直な気持ちを吐露した瞬間。

「もっとうちの長男を立ててもらわないと困る」

父親が弟をけなしたときにソノさんが反論したセリフ。自分は家を出ているので、家を守ってくれている弟を敬っている気持ちが現れている。こんなかっこ良い姉なので、弟も姉のことをかなり好き。

『のみじょし』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

のみじょしというタイトルは、なりゆきでつけた

のみじょしというタイトルは、読み切りの”サシ呑みじょし”の略。その略称を使い担当さんとのやりとりをするうち、題はそのままに連載会議にかけてもらうことになった。連載が決定した際に作者は正式タイトルは別になると予想していたのだが、担当さんの認識としては正式タイトルのつもりだったらしく名前はそのまま”のみじょし”に決定した。

他の漫画家さんの応援イラストが単行本に掲載されている

様々な出版社の漫画家さんの応援イラストが寄稿されているので、他の漫画家さんが描いたのみじょしの登場人物を見ることができる。
2巻にはコトヤマ先生(小学館週刊少年サンデーにて「だがしかし」を連載中)、3巻には鳴見なる先生(竹書房まんがライフSTORIAにて「ラーメン大好き小泉さん」を連載中)、4巻には小鳩ねねこ先生(少年画報社ヤングコミックにて「肉女のススメ」を連載中)、5巻には紙魚丸先生(集英社ウルトラジャンプにて「惰性67パーセント」を連載中)がイラストを寄稿している。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents