ブラック・レイン(Black Rain)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・レイン』とは、1989年公開のアメリカ映画。リドリー・スコット監督によるポリス・アクション・ムービー。マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作といった豪華な日米キャストの共演や、大阪での長期にわたるロケーション撮影が話題となった。ニューヨークで逮捕した男を日本に護送した2人の米国の刑事が、日本の警察と文化やスタイルの違いから対立しながらもお互い協力してヤクザと戦う物語を、大阪の街を舞台に描く。

冒頭のニューヨークでのシーン。ニックがオートバイで賭けレースをする相手の元締めの男。

手打ちの場のヤクザの組長(演:林彰太郎)

ブドウ畑の農家で菅井と佐藤が手打ち式を行う場で取り仕切っていたヤクザの組長。

指詰めの刀を持ってくる組長(演:小幡利城)

ブドウ畑の農家で菅井と佐藤が手打ち式を行う場で佐藤が指を詰める為の刃物を運んできたヤクザの組長。

ニックにうどんの食べ方を教える女性(演:津島道子)

ニックと松本が2人で張り込み中に入った大衆食堂でうどんを食べいた際、うどんを上手く掴めないニックに見かねて箸の持ち方をレクチャーした店の女将。

大橋の部下(演:阿波地大輔/佐々五郎/伊吹太郎)

大阪府警察本部の大橋警視の部下の刑事たち。大橋の登場シーンのほとんどに出演。

『ブラック・レイン』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「ダサいネクタイは締めるな!ニューヨークっぽいタイを締めろ。」

チャーリーは、ニックと松本の関係を修復しようとクラブ・ミヤコに2人を誘う。だが2人は言い争うばかり。「仲直りしようぜ」というチャーリーのいう事も聞かずにニックは席を立ってしまう。仕方なくチャーリーは松本と2人で乾杯をする。そこでチャーリーが「ニューヨークのデカと付き合うならひとつ守れ。」と言って松本に忠告した言葉。

チャーリーの気さくな人柄を表した名セリフであり、彼は自分のネクタイを外して「チャーリーから君へ」と松本に渡す。松本は、反抗してばかりのニックとは対照的な終始笑顔のチャーリーに好感を持ち「君はいい男だ!」と彼を誉める。その後、2人でレイ・チャールズの歌を歌うシーンに発展するが、悲しいかなそれが松本と過ごしたチャーリーの最後の姿となってしまう。

チャーリーの死

チャーリーがニックと松本との仲を取り持とうと2人を誘って飲んだクラブ・ミヤコからの帰り道。ニックとチャーリーが大阪の地下街を歩いていると、後方から走ってきたバイクに乗った男にチャーリーがコートをひったくられた。そのコートにはパスポートが入っていたため必死にバイクを追いかけるチャーリー。ニックはどんどん走っていくチャーリーとはぐれてしまう。そしてようやくチャーリーを見つけた時、彼は数台のバイクに囲まれていた。それは佐藤と子分たちだった。拳銃を所持せず「やめろ!」と叫ぶだけのニックをあざ笑うかのように、佐藤はチャーリーをナイフで惨殺するとそのままバイクで去って行った。

佐藤はニューヨークで自分を逮捕したニックへの復讐のため、日本での彼らの行動を密かに追っていたのだ。ニックではなくチャーリーを狙った佐藤の極悪非道なこの惨殺シーンは、ニックの悪夢であると同時に映画を観るものにとっても最大のショッキング・シーンとなっている。

「彼はいい警官だった…盗みは彼を汚すことだ…君自身を汚し、私まで汚す。」

ニックは来日してから事あるごとに松本と反発し合っていたが、チャーリーの死をきっかけに2人で佐藤の捜査を進めていく。その張り込み中に入った大衆食堂でうどんを食べながら、松本はニックに、ニューヨークでの売上金横領の嫌疑の件について尋ねた。松本がその件を知っていたことに驚いたニックだったが、彼は松本に「金を受け取った」と渋々告白する。それを聞いた松本は死んだチャーリーを想ってニックを批判したセリフ。

ニックは売上金横領の嫌疑の件についてチャーリーにさえ事実を言っていない。ニューヨークでは審議官からの尋問に必死に潔白を証明しようとしていたニックが松本の問いに対して初めて事実を明かす。チャーリーの死がニックの心を変え、同時に松本のセリフはニックの心を捉えた名セリフとなった。反省した表情でビールを注いでくれる松本に「ありがとう」と答えるニックが印象的だ。

黒い雨(Black Rain)

ジョイスから、菅井が良く顔を出す場所だと聞き出したゴルフ練習場へ単独で乗り込んだニックは、菅井に接近するとそのまま菅井の大邸宅へ連れて行かれた。そこでニックは菅井に「あんたの求めているものは金か、それとも愛か」と聞く。すると菅井はニックに向かって英語で話し出す。「ワシが10の時や、B29がやってきおった。ワシらはみんな防空壕の中で暮らさにゃならんかった。外に出てみたら町は消えてしもうてた。そして雨が降り出した、黒い雨や。己らは黒い雨を降らせ、己らの価値観をワシらに押し付けよった。己らの作り出した家や、佐藤のような外道とな…わしはそのお返しをしとるんじゃ」と。

このシーンは、本作のタイトルである『ブラック・レイン(Black Rain)』、日本語で「黒い雨」という言葉が唯一登場するシーンであり名シーンでもある。菅井はアメリカが戦後日本人にもたらした個人主義が、義理人情の価値観を喪失した佐藤のようなアウトローを産んだのだと暗にアメリカ人(ニックを含めて)を批判し、「黒い雨」という言葉を象徴的に用いている。「黒い雨」とは原爆の投下および空襲によって起こる煤の混じった黒っぽい雨のことであるが、本作は映画『黒い雨』のような反戦ストーリーの映画ではない。

ニックVS佐藤、最後の戦い

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

オデッセイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『オデッセイ』は、2015年にリドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。原作は2011年に出版されたアンデイ・ウィアーのヒット小説『火星の人』。 過酷な状況に置かれながらも人間性を失わず、生存の危機に立ち向かう宇宙飛行士。そして、彼を助けようと奮闘する人々を描いた。NASAが全面的に協力し、惑星科学部門の責任者、ジェームズ・グリーンが科学技術面のアドバイザーとして雇用されている。

Read Article

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

エイリアン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エイリアン』とは、1979年に公開された『ブレードランナー』や『ハンニバル』などで知られるリドリー・スコット監督の、SFホラー映画の元祖ともいえる作品だ。監督の出世作でもあるが、主人公のリプリーを演じたシガニー・ウィーバーの名を、世界中に広めた映画でもある。 宇宙船に入り込んだ姿を見せないエイリアンが、次々と乗組員を襲っていくホラーSF映画で、エイリアンという名称を定着させたことでも知られる。 その後もシリーズ化されるなど、映画界に衝撃を与えた作品だ。

Read Article

ハンニバル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハンニバル』とは、2001年の米英伊合作によるサイコ・スリラー映画である。原作はトマス・ハリスの同名小説で、大ヒット作『羊たちの沈黙』の続編に当たる。監督はリドリー・スコットが務め、主人公レクター役は前作から引き続きアンソニー・ホプキンスが担当した。元精神科医で狂気の連続殺人鬼「ハンニバル・レクター博士」を巡る、極めて猟奇的な物語。FBI捜査官クラリスは彼を追うのだが、その先には身も凍る恐ろしい惨劇が待っていた。息を飲むスリリングな展開と、絵画のような映像によるコントラストは必見である。

Read Article

探偵物語(Tantei Monogatari)のネタバレ解説・考察まとめ

「探偵物語」は、ハードボイルド作家・小鷹信光の原案をもとに、1979年9月から1980年4月にかけて日本テレビ系列で全27話が放送されたTVドラマ。私立探偵の工藤俊作(松田優作)が、様々な依頼を引き受け、刑事たちに邪魔者扱いされながらも街の仲間たちと事件の解決に乗り出す。主演の松田優作は、それまでのハードボイルドなヒーロー像から一変、コミカルな演技と独特のスタイルで、彼の伝説的な作品となった。

Read Article

目次 - Contents