ニセコイの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ニセコイ』とは、ジャンプNEXT2011年WINTERに読切掲載後、週刊少年ジャンプで4年9ヵ月間連載された古味直志のラブコメ作品。2018年に実写映画が公開。幼い時に交わした約束が作品の軸で、『”10年前の約束の女の子”は私だ!』と偽物の彼女と恋の争いが展開される。最近では珍しく青春・思春期・初恋を描いた「王道のラブコメ作品」として人気を博し、若年層の恋愛に響くセリフが中高生を中心に評価を得ている。

そんだけ誰かの為に一生懸命になれる奴なら お前の事 好きになる奴は絶対いると思うぜ?

千棘を側で守るため、ビーハイブ幹部・クロードから命を受けた鶫誠士郎。頼りない恋人である楽に決闘を申し込むが、逃げ回る楽と共にプールに落ちた。
気を失った鶫をそのままにしておけなかった楽は、風邪を引いてはいけないと鶫の服を脱がせていたところで、鶫が目を覚まし、鶫が女だということに気付く。
3階からプールに飛び込んだ楽と鶫を心配して千棘やギャラリーたちが捜している声が聞こえ、思わずロッカーに隠れる楽と鶫。
狭いロッカーの中で鶫にいろいろと質問をする楽。
男子制服を着ている理由⇒『動き易いからに決まっているだろう あんな女子のヒラヒラした物を着用していては いざという時に対応できん…!』
”誠士郎”は偽名なのか?⇒『…私は拾われた身でな 拾い主が名付けてくれたのだが… 日本人の名前事典をパラパラめくってテキトーに名付けてしまったのだ』
この”拾い主”はクロードのことなのだが、クロードは10年経っても鶫が女であることに気付いてないそうだ。

鶫が転校してきて3日、あっという間にクラスに溶け込んでいた。
楽と千棘は飼育係の仕事をしていた。楽は『先生が 飼育係のエサ買ってこいってよー 』と買い出しを言いつけらていることを千棘に告げる。
二人で買い出しに行こうとするが、茂みから鶫が顔を出し『お嬢…! そのような買い出しなら この私が!!』と申し出た。楽と鶫で買い出しに行くことになったのだが、千棘に『女の子らしくしなさいって言ったでしょ?』と、武器も全て取り上げられた上に、”女の子”の服装をさせられた鶫。
買い出しも終わり帰ろうとするが、慣れないヒールに足を痛めていた鶫が転びそうになり、それを助けた楽。
足を痛めた鶫に『我慢する必要ねー事 ガマンしてんのはただのアホだ!!』と楽は言い、鶫をおんぶして帰ることにした。

帰り道、楽の優しさに顔を赤らめて動揺する鶫に『お前と桐崎って一緒に育ったんだよな いつから一緒にいるんだ?』と質問する楽。
千棘の”初コイ”の話になり、『オレには恋愛したことないとか言ってたのに…』と言う楽に、『信頼されてない証拠なんじゃないのか?』と鶫に笑われる。
楽は『じゃあ お前の初コイは?』と鶫の”初コイ”について質問を続けた。
『…無いよ そんなものは 今までも… そして これからも』『私はお嬢にお仕えする事が使命だし それが私の幸せだ』『それに言ったろう? 私は女を捨てた身だと… 私はお嬢が幸せなら それで…』と、鶫は「お嬢を守ることが第一」というお嬢への思いを楽に話す。
それを聞いた楽は、恋に臆病で恋愛を諦め、「女を捨てた」と言う鶫の背中を優しく押す見出しの名セリフを言った。

鶫はこのセリフで楽に恋をしたようである。

今日くらいは 見逃してあげるわ…

小咲と思って握った手は千棘の物で、千棘も手を握られ動揺を隠せない

楽が風邪を引いた。鶫との決闘でプールに飛び込んだ事が原因と考え『今日一日くらい いつもより 優しくしてやろうかな』と、千棘がお見舞いに訪れる。

千棘が『何か手伝おうか?』と訊けば、『…んだよ 気持ちわりーな…』と楽。
今度は『(持ってきたリンゴを)あんた むいたら食べる?』と訊けば、『…お前 本当に桐崎か?』と楽。
「落ち着け」と自分に言い聞かせながらリンゴをむく千棘だが、芯だけになったリンゴを楽に渡すのだった。いつものやり取りとなり、そこへ小咲もお見舞いに訪れる。
小咲のお見舞いに舞い上がる楽に、ちょっと嫉妬する千棘。
小咲がおかゆを作ろうとするのだが、そこに千棘も『それ 私も作る!!』と二人で作ることになった。

千棘は料理が苦手で、それを心配した楽は台所で聞き耳を立てる。
千棘『…えーと おかゆだからまずはお米よね?』
小咲『元気が出るようなおかゆにしたいよね』
千棘『そーね! 食べたら一発で風邪が吹き飛ぶような…!』
小咲『青汁とか入れると元気出るかな?』
千棘『いいね 元気出そう! そういえば塩ってどのくらい入れるの?』
小咲『さぁ… この袋の半分くらい入れればいいのかなぁ…』
千棘『わかった! あ ゴメン全部入れちゃった』
千棘『そうだ! 私 栄養ドリンクも入れちゃおう…!』
小咲『他に体に良いのってなんだろう… 黒酢もいいな あとレバーと納豆とひじきとめんたいこと…』
千棘『このサプリって入れても平気かな?』
小咲『あー!体に良いよね…!』
千棘『あ! お味噌なんてどう!?』
小咲『うん いいかも』
千棘と小咲の会話に恐怖を覚え、逃げようとする楽だが、そこへおかゆを持って千棘と小咲が現れるのだった。

完成したおかゆを見た楽の感想は、千棘のおかゆには『魔界の底なし沼みてーな料理ができるんだ!?』、小咲のおかゆには『なんで小野寺のはこんなにキレイなの…!!? 逆にコエーよ!! 黒酢とかレバーとかどこ行った!!?』であった。
そこへ集英組の若い衆もおかゆを作ったと顔を出し、追い詰められた楽は腹をくくり千棘のおかゆを一気に食べるのだった。
『う… うマ゛い…!!』と楽は涙を流しながら、感想を言い、そのまま倒れてしまうのだった。
寝てしまった楽の様子をもうしばらく見ようということにするのだが、二人は多い、ということで千棘は小咲に『公平にジャンケンで決めましょ』とジャンケンをして決めた。

しばらくして目を覚ました楽だが、熱が上がっているようでぼやけた視界で”誰か側にいる”ことを感じ取り、視線を向けると人影が見えた。それを小咲と思い込み『ありがとな 心配してくれて… さっきのおかゆ 美味しく食ってやれなくて ワリ…』と布団から手を伸ばし、その手を握ったのだが、楽が小咲と思って握った手は、千棘の手であった。ジャンケンの結果、千棘が勝ったため、千棘が残り小咲は帰っていたのだ。

突然、手を握られ激しく動揺した千棘は慌てて手を引っ込めるが、思い直し楽の手を握り『今日くらいは 見逃してあげるわ…』と、照れながらも優しくしようと努めた名セリフである。

その後、楽の顔に落書きをして帰った千棘であった。

仕方ねぇんだよ 人間好きになっちまったもんは たとえ認めたくなかろーが きっとそいつは想いを伝えるしか出来なかったんだよ

遅刻に慌てる千棘と鶫。鶫が靴箱を開けるとラブレターが入っていた。
千棘達はそのことで盛り上がっていた。ラブレターの送り主は”鈴屋透”という名前の、サッカー部の勉強もスポーツもできる(小咲談)、顔も良くて超モテる(るり談)人物らしい。
『ラブレターってなんですか?』と鶫が楽たちに質問をすると、るりが耳打ちして教えるのだが「無条件で相手に従わないといけない」と嘘も教えていた。
人生初のラブレターに困惑する鶫は『結局 これはどうすればいいのでしょうか…』と訊くと、『あなたなりに 考えて返事してあげれば?』と千棘は答える。

朝から悩む鶫は、屋上にいた。
「今まで この手の事を考えた事は一度もないし 異性に好意を向けられる事なんて――」と鶫が考えていると、そこへ『なんだ まだ悩んでんのかよ ハニーは小野寺達とメシ食うって お前の事も捜してたぞ?』と楽が現れた。
楽を足蹴にする鶫だが、『邪魔したな』と楽が去ろうとすると、『この”好きな男性のタイプ”というのは どういう意味なのだ?』と楽に質問をする。
”好きなタイプ”とは、どういう男を好きかということだと教える楽に『貴様はどういう女性がタイプなのだ?』と鶫は楽の好みを訊ねる。
『(やっぱり小野寺かなぁ…)えーと… 黒髪でショートで…』『(…っていけね! こいつの前では桐崎がオレの好みでないと…!)そんで気が強くて 腕っぷしが良くて あとちょっと怖がりで…』と答えた楽だが、”黒髪ショートで気が強く腕っぷしが良い”というのが鶫にも該当していて、「それって私の事なのか!?」と激しく動揺するのだった。
激しく動揺しながらも『この「付き合って欲しいです 放課後 体育館裏で待ってます」というのは 何に付き合うという意味なのだ?』と質問を続ける鶫。
『交際してくださいって意味だよ』と楽に教えられると、さらに困惑する鶫。

『… 出来るわけないだろう 交際など… 私にはお嬢を守るという使命が…』
『だって… 会って何を話せばいいのか分からないんだ それでは会っても意味がないだろう? それに… 返事をする義務なんてないのだし だいたいなぜ こいつは私なんか…!』
鶫の考えを聞いた楽は、”初コイ”に戸惑う鶫へ、恋愛や恋を説くような見出しのセリフで真剣に答えるのだった。
『…好きなんだろ お前の事が』
『仕方ねぇんだよ 人間好きになったもんは たとえ認めたくなかろーが きっとそいつは 想いを伝えるしか出来なかったんだよ』
『ちゃんと応えてやれよ お前の気持ちはどうあれ そいつはそいつなりに真剣にお前の事を想ってソレを書いたんだろうから』
『相手の気持ちも考えてやれよ』

この名セリフを聞いた鶫は『もし貴様が私からラブレターを貰ったとしたら どうする?』と「嬉しいのか 嬉しくないのか」と質問をすると、『そりゃ多分 嬉しいけど…』と素直な気持ちを楽は答える。

鶫はラブレターをくれた鈴屋透と会って『すまない』と返事をする。鈴屋は『他に好きな人がいるんですか?』と訊かれ、『バッ… 別にそんな奴は…!!』と否定する鶫だが、その顔は真っ赤で、その顔を見た鈴屋は全てを察し『ありがとう』と失恋するのであった。
そんな様子を覗き見ていた楽・千棘・小咲・集・るりたち。楽は『よぅ… 頑張ったんだな…』と鶫に声を掛けた。
『ああ 助かった』と鶫は素直に感謝を示す。そう答えた鶫の顔は実に清々しい顔であった。

…おごってやるよ …頑張ったんじゃねーの? お前なりに

また楽のクラスに転校生が来た。今度は九州から来た”橘万里花”という警視総監の娘で、楽の許嫁だという。楽を巡る女の子が増えてしまうのだった。
万里花の家に招待され、警視総監である万里花の父と対峙した楽。万里花の父に千棘の事を知られ焦る楽だが『オレには今 好きな人がいるんです 万里花さんでは無く…』と正直に話すと、『ようやっと腹ば 割りよったか』と万里花の父も許してくれた。

小咲の家は和菓子屋なのだが、従業員の急用で「料理上手」ということで楽にお声がかかり、小咲の家業をお手伝いすることになった。
小咲の所でバイトをしていたが、台風接近のニュースも流れてきた。外は暴風雨で『…帰らせるの危ないから 一条君には泊まって貰え』と小咲の母から電話があった。小咲の部屋で過ごしていると、台風は去って行った。しかしそのチャンスを活かした楽は、小咲とメールアドレス交換をしたのだった。楽は小咲と一歩前進したことに大喜びであった。

楽と千棘が”定期デート”をしていると、千棘が捨て犬を見つけた。
※定期デート:私とあのもやしがヤクザ(集英組)とギャング(ビーハイブ)にニセモノの恋人だとバレないようにするため定期的に行うデートの事(千棘談)
『初見の動物に好かれた試しがない』という楽だが、この捨て犬はすぐに楽になつくのだった。しかし千棘が抱こうとすると、ガブリと手を噛まれてしまう。
全然なつかない捨て犬を”ポンチ”と名付ける千棘、「クソ犬、バカ犬」と腹を立てるものの、飼ってくれそうな友人の家を回ることにした楽と千棘。
まずは小咲を訪ねたのだが、『食べ物扱ってるしお母さんが許してくれないと思う』との事。小咲に飛びつきなつくポンチ。
次に鶫にお願いに行った。ポンチの愛くるしさにメロメロとなった鶫。鶫になつくポンチ。しかし鶫は『私は任務で家を空ける事が多い』という理由で飼えないとの事であった。
万里花にも訊きに行くと、ここでもすぐになつくポンチ。万里花は『ウチはマンションなのでお力になれませんわ』との事。
ポンチに餌をあげるがあまり食べない。千棘の食べている物が欲しかったようで、ヨダレを垂らして見つめている。仕方ないとポンチにあげた千棘の側に寄ってきたポンチだが、千棘の足に噛みつく。
集やるりも飼えないようで、その後もクラスメイトを中心に訪ね回るが断られる楽と千棘。チラシを作り、集英組の若い衆に配布までさせる。しばらくは千棘がポンチのお世話をすることとなった。
1週間経過するが、ポンチの貰い手は見つからない。楽は『最悪オレが無理言って引き取るよ 夏休み中だけって条件で あとは学校で面倒みるさ』と考えるが、そこへ集から電話があった。ポンチも千棘に慣れたようで噛みつくこともなくなっていた。千棘もまた『…どうする? いっその事ウチに…』とポンチに声を掛けている。その時『おーい 千棘―― 見つかったぞ ポンチの貰い手』と楽から知らされた。
ポンチは捨て犬ではなく、飼い犬で”小太郎”という名前だった。隙を見て家から逃げ出し、段ボールに入っていたのは偶然だったようだ。元の飼い主とじゃれるポンチだが、千棘に近寄り『クゥ~ン…』と見上げている。
そんなポンチに『…何よ さっさと行けば? えーと… 小太郎だっけ? 良かったんじゃない 元の飼い主が見つかってさ』、『私ももう あんたの顔見ないで済むかと思うとせいせいするわ』とそっぽを向く千棘。さらに『だからほら さっさと行きなさいよ …行きなさいってば!!』とポンチに悪態をつく千棘に、ポンチは千棘の足を舐め、元の飼い主の元へ行くのだった。
隣で黙って見ていた楽は、千棘に『ラーメンでいいか?』と声を掛ける。千棘は『何の話?』と言う。そんな千棘に『…おごってやるよ …頑張ったんじゃねーの? お前なりに』と褒めるのだった。
1週間と短い期間ではあったが、ポンチに情の湧いていた千棘は精一杯強がって、ポンチを突き離した千棘の顔は涙で溢れていた。そんな千棘の様子を見て、楽は『お前なりに頑張った』と褒め、ラーメンを奢るという”ご褒美”をくれたのだ。

この後ラーメン屋で『チャーシューメン 大盛りに肉ダブルで トッピングにコーンともやしほうれんそうと白菜煮卵メンマネギ… あと替え玉一つ』と千棘は大食いっぷりを見せつけるのだった。

私達が本当に恋人だったら 私達 上手くいってたと思う…?

夏休みということもあり、海へ来た楽達。メンバーは楽・千棘・小咲・るり・集・鶫・万里花と万里花の付き人”本田忍”の8人。
女性陣は美人揃いで注目を集める中、千棘がナンパされたりするが『オレのツレなんで』と撃退する楽。近くの民宿が安く取れたので、泊りで遊びに来ていた楽達。翌日、様子のおかしい千棘に小咲が声を掛けた。千棘は『これは私の話じゃないんだけど…』と友達の事として小咲に相談をした。
小咲『その千棘ちゃんの友達は そのある人の前では急に胸がドキドキしたり 苦しくなったりして 前みたいに普通に話せなくなった…って事?』
千棘『最近 急にそうなっちゃったみたいでさ 自分でもよく分かんないだって』

小咲は「つぐみさんの事かな」と考えるのだが、もちろん千棘自身の事である。
『それは端的に申し上げますと… 恋ではないかと思われます』と小咲が教えると激しく動揺する千棘。
夜になり、一同が花火を楽しんでいる時、千棘がいないことに気付く楽達。『あいつ またいなくなったのか?』と楽は千棘を探しに行くのだった。
皆から離れ、岩場で一人線香花火をしている千棘を見つけた楽は、『こんな所で何やってんだよ お前は』と千棘に声を掛ける。

『なれなれしくしないでよ…? 私達はニセの恋人同士でしょ? だいたいあんた私の事嫌いじゃなかったわけ…?』と千棘は顔を赤らめ楽に言う。『…まぁ 最初ほどでは無いっつーか…』と答える楽は、『…じゃあお前は? 今でもオレの事 嫌ってんのか?』と訊き返す。
それに千棘は『… もちろん嫌いよ…』、『嫌いも嫌い 嫌い嫌い嫌い 嫌い嫌い嫌い 嫌い嫌い嫌い 大っっ嫌いよ』と連呼し、楽に『…そうか さすがに少しヘコむものがあるな…』と言わせるのだった。
この後、楽を好きになってしまった千棘は『私達が本当に恋人だったら 私達 上手くいってたと思う…?』と告白するかのような名セリフを言う。

いつもと様子の違う千棘にドキドキする楽はつい、『そんなもん 上手くいくわけねーだろバーカ …だいたいお前はオレの好みと違いすぎるしな がさつだし暴力的だし かわい気もないし… どーせ今と同じケンカばっかになると思うぜ そもそもお前はもうちっとおしとやかっつーか 女らしさってものをだな…』と言ってしまうのだった。
楽は照れ隠しのつもりもあったのだろうが、その言葉に傷ついた千棘は『うるっさいわね!! 分かったからもう黙っててよ!!!』と千棘も大声を出してしまう。

ここから夏休みが終わるまで、楽と千棘は一度も言葉を交わさなかった。

…お前はニセモノの恋人だけど もし何かあってもちゃんとオレが守ってやっから だから安心しろって

定期デートの日がエイプリルフールということで千棘は楽を騙そうと画策する。

『今日もテキトーに済ませようぜ』と言う楽に、千棘は『実は今日 重要な報せがあるの…!!』と話し出す。
『今日はビーハイブの皆がね 500人態勢で 私達を監視に来てるの』と楽を驚かせるのであった。
楽を騙そうとした理由は”エイプリルフール”だからだけではなく、楽を好きになってしまったからだった。千棘は『ただダベって帰るだけになっちゃって 監視がないと手ぇつないだりとか恋人らしい事は一切ない』ことを物足りなく感じており、”エイプリルフール”をダシにして『たまにはあいつとこう… 皆の監視の無い所で 手とか繋いで良い雰囲気になってみたいな――』と考えたのである。
しかし、千棘の「500人態勢の監視」をすっかり信じ込んだ楽は、待ち合わせたその場所で千棘の肩を抱くのだった。完全に想定外の千棘は、楽を背負い投げてしまう。”恋人アピールできること”を考えた結果、千棘は『あれでも飲まない…!? ほら… 恋人専用って書いてあるし…』と恋人専用と書かれた飲み物を提案するが、楽は『そんなんじゃダメだ!!』と”ポッキーゲーム”をやることに決めるのだった。
人目につく場所に座り、早速ポッキーゲームをしようと楽はポッキーをくわえ『…いいからほれ!早く来い…!!』と千棘にも食べるように促す。千棘は思い切ってポッキーをくわえるが、瞬間的に楽を殴り飛ばすのだった。

散歩していると、千棘のヒールがはずれ易くなってるらしく、『肩を貸してくれる その方が恋人っぽいし』と楽にお願いするのだが、『そんなんじゃダメだな』と”お姫様抱っこ”をする。恥ずかしさのあまり、千棘は楽の腕から降りて、楽の顔を掴み背負い投げた。「何 その技の冴え!!!」と楽に言わせてしまう。

千棘の”エイプリルフール”をすっかり信じ込んでいる楽に対し、『全部ウソだったなんて言ったら 私…嫌われちゃいそうな…』と罪悪感を抱いていると、『…不安なのか?』と楽は千棘を心配する。
『大丈夫だって 心配する事はねぇよ』と言う楽に、キョトンとしている千棘。楽は続けて『… ウチの家訓にな ”男なるぁ百ヶ条”ってのがあってよ その中に「てめぇの女は死んでも守れ」ってのがあってな』と家訓を話す。そして『…お前はニセモノの恋人だけど もし何かあってもちゃんとオレが守ってやっから だから安心しろって』と名セリフを言う。それを聞いた千棘は『すみませんでした――!!!!!』と即座に土下座で謝る。怒られると思っていた千棘だが、楽は『エイプリルフールなら仕方ねぇか 恥ずかしい思いしたのはお互い様だろうしな』と怒ることはなかった。

…隠すだろうな その想いは誰にも言わず その相手にも言わず きっとその恋がいつか終わるまで 隠し続けるのだろうな――…

”楽への想い”として答える鶫であった

二年生になった楽たち。楽・千棘・小咲・るり・集・鶫・万里花たちは揃って同じクラスになっていた。
るりと日直となった楽は、日直の仕事をしながら「集に好きな人がいる」とるりに聞かされて驚いていた。そこに集が通りかかり”好きな人”について質問される集。いつもの調子で茶化しているが、『そんな事より楽 たまには屋上に男と男の話でもしに行かないか!?』と楽を屋上に連れて行くのだった。

屋上で改めて集に”好きな人”を訊く楽。
楽『お前バレンタインにチョコ二つ貰ったとか言ってたろ そのどっちかとか…』
集『ピンポンピンポン大正解~~!!』
楽『じゃあお前がたまに話してるD組の田中は?』
集『ピンポンピンポン大正解~~!!』
そこでも茶化す集に呆れている楽だが、集はいたって真面目らしい。集曰く『楽には楽の恋愛のやり方があるように オレにはオレのやり方があるってだけで』と言い、『それにオレの場合 相手は手の届かない高嶺の花だから』と去って行った。入れ替えで鶫が屋上に来たのだが、鶫に『好きな奴ができたらどうする?』と質問する楽。楽に恋をしている鶫は激しく動揺するが、『…隠すだろうな その想いは誰にも言わず その相手にも言わず きっとその恋がいつか終わるまで 隠し続けるのだろうな――…』と名セリフで答えた。
これを聞いた楽は『経験豊富な大人の意見みたいだったぞ』と感心するのだった。

集の言う”高嶺の花”は1年からの担任である”キョーコ先生”のことだった。キョーコ先生は結婚を機に、教師を辞めることにしたらしく、集は想いを告げることなく失恋するのだった。

あんたがいなきゃさびしいでしょバカ!!!

楽に呼ばれ壁を蹴り壊して現れた千棘

ある日の事。部屋の掃除をしていた鶫は”金平糖”と思われるモノを見つける。それを登校しながら食べる鶫は『優しい甘さだな お嬢にも分けてあげよう』と考えていた。
教室へ入ると、万里花が楽に抱きついていた。『こらー!!何をやっとるか一条楽!! 貴様という奴はお嬢がいながらいつもいつもイチャコラと…!!』と怒りながら楽に詰め寄る鶫。『問答無用…!!』と楽を殴る鶫だが、『今日は随分と優しいんだな』と楽。鶫はボコボコにするのだが楽は『くすぐってーって…!』と全く効いていないようである。鶫自身「な…なんだ?なんだか力が…」と不思議に思っている。
そんな鶫の電話が鳴る。相手はクロードで『私の部屋にあった 金平糖型の薬品を見ていないか?』というものだった。鶫は知らないとシラを切り『ちなみにそれはどういった薬なので…』と質問をした。クロード曰く『あれはビーハイブが開発した”筋力抑制剤”でな 口にした者の筋力をか弱い乙女と同程度にまで落とすという危険な代物なのだ』と言う。それを食べてしまった鶫は顔面蒼白になりながらも『それを食べた者はどうしたら力が戻るのですか?』と訊くが、『おそらく力が戻る事は無い 一生な』と答えるクロード。

千棘は”力が出なくなったのか”を確かめるために鶫と『因みにオレは以前 鶫と腕ずもうして勢い余って天井に突き刺さったという経緯があるんだが?』という楽に腕相撲をさせるのだった。
『…んっ… くふぅ…!!』と全力でやる鶫だが、楽はビクともしない。あっさりと楽に『ぁあん』とクラスメイト達が”キュン”とする声を出して負けてしまう鶫であった。
「認めない」と鶫は、『私は手強いですわよ?なんと言っても学年中でも私 ダントツで運動オンチなのですから』と胸を張る万里花に50m走を挑むのだった。結果、鶫も万里花もゴール直前で倒れこむ。『私にはまだ銃がある!!』と銃を構える鶫だが、1kgの銃が重く持ち上げられなかった。あまりのショックに泣きながらその場を逃げ出した鶫。しかし『あまりにノロかったんで…』と楽に追いつかれるのだった。

鶫は『ハァ… 私はもう終わりだ 力を失くした私に存在価値は無い 私はもうお嬢の側には…』と楽に弱音を吐くと、『…んなワケがあるかよ お前に力が失くなったって 千棘にとってお前が必要なのは変わんねーよ クラスの皆だって オレだってそーだ』と楽は声を掛ける。それでも鶫は『…テキトーな事を言うな 私はビーハイブのヒットマンなんだぞ 力が無くて何を成せる 力が無くてはお嬢の事も守れない… お嬢だって 今の私なんかより他に腕の立つ者が側にいた方が…』と弱気になり、卑屈になっている。それを聞いて鶫に呆れた楽は『…もしもしハニー? 鶫の奴が力が失くなった私はお嬢に必要ないからアメリカに帰るっつってんだけど?』と千棘に電話をした。

学校の壁を蹴破り現れた千棘は、『バカ言ってんじゃないわよ つぐみ!!!』『私があんたをただの便利なボディーガードとして 側に置いていると思ってるつもり!!? 二度とそんな事言うんじゃない!!』『あんたがいなきゃ さびしいでしょバカ!!!』と鶫に見出しのセリフで喝を入れるのだった。

放課後、楽は鶫を見かけ『…帰らねーのか?』と声を掛けた。千棘を待っていた鶫は、追ってきてくれた楽にも感謝を伝えながら『…貴様は先程 自分も私が必要だと言ったな あれはどういう意味だ?』と質問した。楽は照れつつも『鶫ってオレの知ってる中じゃ 一番勉強教えんの上手だからよ』と茶化して言う。
鶫は『本気で殴ってやる!!』と迫るが、『へへーん 今のお前に殴られたって痛くもかゆくも…』と余裕を見せる楽。しかし楽は吹っ飛んでしまう。
『その薬は女の子には効かない? 時間経過で戻る? なんじゃそりゃ』と千棘とクロードが電話で話していた。鶫は「女の子なので時間経過で力が戻った」のだった。
力の戻った鶫が最初にしたのは、力がないと分かった時にハグを迫ってきた事を理由に『許さん あと百回はしばく』と集をボッコボコにするのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

3月のライオン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『3月のライオン』とは、『ヤングアニマル』(白泉社)にて2007年から連載している羽海野チカによる漫画作品である。 将棋を題材としており、中学生でプロ棋士になった少年・桐山零を主人公に、プロ棋士の厳しい世界を描く。 同時に、彼と彼を取り巻く様々な人々が傷つき、失った何かを取り戻していくラブストーリーでもある。将棋の監修は棋士・先崎学が行っている。 2016年にアニメ化、2017年に実写映画化、2015年にスピンオフ作品がメディア展開され、ファンブック2冊が出ている。

Read Article

傷物語(物語シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『傷物語』とは、西尾維新によるファンタジー小説、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品「<物語シリーズ>」の第2作目である。小説は2008年に刊行され、劇場版アニメーションが2016年に公開された。出来事の時系列は第1作目「化物語」の前にあたる。主人公の阿良々木暦が、高校生2年生から3年生の間の春休みに「吸血鬼」と巡り合うことで体験した出来事を描く。アニメーション制作はシャフト、監督は新房昭之。

Read Article

化物語(物語シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『化物語』とは、西尾維新によるファンタジー小説、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。アニメ版は2009年7月から放送された。主人公・阿良々木暦と、彼に出会った少女たちが織りなす「怪異」に関する物語である。サブタイトルは「メインキャラクター+怪異」の名前で構成されており、「化物語」は「ひたぎクラブ」「まよいマイマイ」「するがモンキー」「なでこスネイク」「つばさキャット」の5編から成り立っている。

Read Article

偽物語(物語シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『偽物語』とは、西尾維新によるファンタジー小説、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品「<物語シリーズ>」の第3作目である。「偽物語」は「<物語>シリーズ」の主人公・阿良々木暦の妹たちをヒロインとしている。「偽物語(上)」は上の妹・阿良々木火憐に纏わる怪異を描いた「かれんビー」(アニメ1話〜7話)、「偽物語(下)」(アニメ8話〜11話)は下の妹・阿良々木月火の出生の秘密を明かした「つきひフェニックス」の話となっている。

Read Article

〈物語〉シリーズ(化物語シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『戯言シリーズ』や『めだかボックス(漫画原作)』を代表作に持つ人気小説家・西尾維新(にしおいしん)が趣味全開で手がけたライトノベルシリーズ、およびそれらを原作としたアニメ、ゲーム作品。女吸血鬼に魅入られた少年・阿良々木暦と、超常的現象〈怪異〉に取り憑かれた少女たちがとある田舎町で巻き起こす、可笑しくも不気味な青春の物語。

Read Article

魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法少女まどか☆マギカ』とは、蒼樹うめの描くポップで可愛らしいキャラクターと虚淵玄の描くハードで重いストーリー展開が特徴のダークファンタジー。願いを叶えた代償として「魔法少女」となり、人知れず人類の敵と戦うことになった少女たち。優れた魔法少女となれる可能性を持ちながらも傍観者として関わることになった中学生・鹿目まどかを中心に、少女たちの希望と絶望を描く。

Read Article

猫物語(物語シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『猫物語』とは、西尾維新によるファンタジー小説、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品「<物語シリーズ>」の第4作目。主人公・阿良々木暦の同級生である羽川翼がメインヒロインとなる。「猫物語(白):つばさファミリー」「猫物語(黒):つばさタイガー」の二部構成。「猫物語(白)」は翼がストレスにより生み出した怪異と暦の対決について書かれ、「猫物語(黒)」は翼が嫉妬により生み出した怪異と向き合う出来事を描く。アニメーション制作はシャフト、監督は新房昭之。

Read Article

3月のライオン 第23話(第2シリーズ第1話)のあらすじと感想・考察まとめ

高校生プロ棋士の桐山零は1年の時の担任林田のアイディアで「将科部」を作り、部員の一員となって勝つためのアドバイスをする。桐山は部の活動を通し、普通の高校生として活動していることを実感するのだった。 今回は「3月のライオン」第23話(第2シリーズ第1話)『Chapter.46 西陽 / Chapter.47 ラムネ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第30話(第2シリーズ第8話)のあらすじと感想・考察まとめ

桐山からひなたの現状を聞いた林田は、ひなたの先生に対して怒りを覚えた。一方、準決勝で負けた二階堂が対局中に倒れ入院したことを知った桐山は、島田から幼少期の二階堂の話を聞かせてもらうのだった。 今回は「3月のライオン」第30話(第2シリーズ第8話)『Chapter.60 真昼の月 / Chapter.61 冒険者たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第33話(第2シリーズ第11話)のあらすじと感想・考察まとめ

新人王となった桐山は神宮寺から祝いの言葉をもらうと、宗谷との記念対局を盛大に行いたいと聞かされる。学校でも将科部の部員たちから祝福される。一方、柳原との棋匠戦を行うために、島田と櫻井とが対局する。 今回は「3月のライオン」第33話(第2シリーズ第11話)『Chapter.66 陽のあたる場所 / Chapter.67 小さな世界』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第36話(第2シリーズ第14話)のあらすじと感想・考察まとめ

神宮寺会長が宗谷と零の記念対局に集客の期待をかける中、矢面に立つことが苦手な宗谷と零のことを島田は案じる。そして対局前日、桐山は盛岡で緊張しながら宗谷との初の記念対局の前夜祭に出席をする。 今回は「3月のライオン」第36話(第2シリーズ第14話)『Chapter.72 流れていくもの / Chapter.73 白い嵐①』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第40話(第2シリーズ第18話)のあらすじと感想・考察まとめ

柳原と島田による棋匠戦最終局も終盤となって、島田が優勢となる一手を指してきた。柳原は、将棋を引退した仲間たちから託されたタスキを背負い、その思いにがんじがらめになりながらも指し続けていく。 今回は「3月のライオン」第40話(第2シリーズ第18話)『Chapter.81 焼野が原③ / Chapter.82 焼野が原④』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第42話(第2シリーズ第20話)のあらすじと感想・考察まとめ

夏休み中のひなたは新しいお菓子のアイデアが次々と浮かぶ一方、学校の勉強や高校受験に対して前向きになれないでいた。 零はそんなひなたを、モモ、あかりとともに、自分の通う駒橋高校での流しそうめんに誘う。ひなたは、野口たち将科部の面々や林田たちとふれあううちに、駒橋高校に進学することを考え始める。 今回は「3月のライオン」第42話(第2シリーズ第20話)『Chapter.85 夏休み② / Chapter.86 あたらしい年』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第28話(第2シリーズ第6話)のあらすじと感想・考察まとめ

桐山は、子どもの頃孤独だった自分がひなたの言葉によって救われたと感じ、恩を返していくことを約束する。桐山は川本家でひなたと駒落ち将棋をしながら、ひなたが話してくれる学校でのことに耳を傾けていた。 今回は「3月のライオン」第28話(第2シリーズ第6話)『Chapter.56 小さな世界 / Chapter.57 手紙』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第25話(第2シリーズ第3話)のあらすじと感想・考察まとめ

桐山は、子どもの頃よく見ていたテントウムシがとまっていた木を見つけて、深い影を落とす過去のことを思い出す。そんなある日、桐山は川本家でひなたが学校から泣きながら帰ってきたのを目撃するのだった。 今回は「3月のライオン」第25話(第2シリーズ第3話)『Chapter.50 六月 / Chapter.51 てんとうむしの木①』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第39話(第2シリーズ第17話)のあらすじと感想・考察まとめ

棋匠戦最終局の前夜祭が行われる会場には、柳原の旧知の仲である記者や関係者たちが大勢集まっていた。挑戦者である島田は気後れしながらも、初タイトルを何が何でも獲ってやると意気込んだ。 今回は「3月のライオン」第39話(第2シリーズ第17話)『Chapter.79 焼野が原① / Chapter.80 焼野が原②』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第31話(第2シリーズ第9話)のあらすじと感想・考察まとめ

桐山は、京都への修学旅行前日のひなたたちと夕食をとっていた。ひなたは胃痛を訴えるが、後悔しないために行くという。桐山は大阪で新人戦決勝に挑み、対局後に修学旅行で京都を訪れているひなたのもとに駆けつけるのだった。 今回は「3月のライオン」第31話(第2シリーズ第9話)『Chapter.62 王国① / Chapter.63 王国②』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第34話(第2シリーズ第12話)のあらすじと感想・考察まとめ

ひなたのクラスでは、修学旅行から戻ると担任への嫌がらせが始まって心労で倒れ入院してしまう。学年主任の国分が担任を務め、問題解決に向けて動き出す。ひなたから事情を聞いたあかりは学校へ向かう。 今回は「3月のライオン」第34話(第2シリーズ第12話)『Chapter.68 黒い霧 / Chapter.69 光』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第38話(第2シリーズ第16話)のあらすじと感想・考察まとめ

台風で仙台に足止めになった桐山の元に、神宮司会長から連絡が入り宗谷の秘密を知る。東京に戻った桐山は、島田から二階堂が退院し玉将戦の1次予選から復帰すると伝えられる。 今回は「3月のライオン」第38話(第2シリーズ第16話)『Chapter.76 白い嵐④(承前) / Chapter.77 白い嵐⑤ / Chapter.78 再始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第44話(第2シリーズ第22話)のあらすじと感想・考察まとめ

桐山は、育ての親のいる家へと久しぶりに訪問する。後日、高橋が進学で四国へと旅発つ前に、桐山はひなたと高橋を誘ってもんじゃ焼きを食べに行く。ひなたは、高橋と話す場を設けてくれた桐山に感謝し、自分はこの町で頑張るのだと気持ちを新たにする。 今回は「3月のライオン」第44話(第2シリーズ第22話)『もうひとつの家 / Chapter.89 三月町の子』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第41話(第2シリーズ第19話)のあらすじと感想・考察まとめ

夏祭りに出店した三日月堂は、冷やし白玉シロップを販売する。その中には、転校したちほが作った梅シロップを使ったものもあった。 夏休みに入ってすぐ、ひなたはちほに会いに行くが、ちほは今もいじめで受けた心の傷を抱えていた。ひなたは、梅シロップを皆が食べる写真を送り、また会いに行こうと思うのだった。 今回は「3月のライオン」第41話(第2シリーズ第19話)『Chapter.83 ここにいること / Chapter.84 夏休み①』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第27話(第2シリーズ第5話)のあらすじと感想・考察まとめ

桐山は、ひなたのいじめ対策の方法を聞くために林田の元を訪れる。林田は、桐山にひなたからよく話を聞くことだと助言する。一方あかりは、ひなたを励ますことができなかったことを悔いていた。 今回は「3月のライオン」第27話(第2シリーズ第5話)『Chapter.54 想い / Chapter.55 告白』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第24話(第2シリーズ第2話)のあらすじと感想・考察まとめ

桐山は、宗谷名人と隈倉の名人戦最終局の中継を見るべく将棋会館へ訪れる。そこへ後藤が顔を出し、帰り際に桐山の義姉にある買い物を頼み、妻が入院する病院へと向かう。 今回は「3月のライオン」第24話(第2シリーズ第2話)『Chapter.48 混沌 / Chapter.49 隈倉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第29話(第2シリーズ第7話)のあらすじと感想・考察まとめ

怒りで鼻血を出してひなたは自宅の居間で横たわっていた。担任に呼び出されて協調性がないと言われたからだ。桐山は不安がるあかりに「ぼくもいます」と宣言する。新人戦準決勝では、桐山は蜂谷すばるとの対局が始まる。 今回は「3月のライオン」第29話(第2シリーズ第7話)『Chapter.58 梅雨の始まり / Chapter.59 蜂谷』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第32話(第2シリーズ第10話)のあらすじと感想・考察まとめ

山崎はレース鳩に夢中になっていたが、レースから鳩の「銀」は戻らず、プロ棋士としての実力の無さにも悲観し、もがいていた。一方ひなたは、修学旅行先の京都で桐山と出会ったことをあかりたちに話して聞かせていた。 今回は「3月のライオン」第32話(第2シリーズ第10話)『Chapter.64 銀の羽根 / Chapter.65 川景色』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第35話(第2シリーズ第13話)のあらすじと感想・考察まとめ

学校側がいじめ問題の解決に向けて動き出した。口先だけの謝罪をする高城に、教師の国分は対話を続けていく。ひなたは以前のように友人たちと笑いあえるようになった。そして転校したちほから初めて手紙が届く。 今回は「3月のライオン」第35話(第2シリーズ第13話)『Chapter.70 小さな手のひら / Chapter.71 日向』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第37話(第2シリーズ第15話)のあらすじと感想・考察まとめ

桐山と宗谷の記念対局が始まった。宗谷相手に奮闘する桐山の将棋を、記者たちが議論しながら見守っていた。宗谷と同じ新幹線に乗り合わせた桐山は、宗谷のある行動に気付く。 今回は「3月のライオン」第37話(第2シリーズ第15話)『Chapter.74 白い嵐② / Chapter.75 白い嵐③ / Chapter.76 白い嵐④』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン 第43話(第2シリーズ第21話)のあらすじと感想・考察まとめ

ひなたは、憧れの同級生・高橋が遠方に進学することを知りショックを受ける。いつまでも身近にいると思っていた人々が離れていくことに落ち込んだひなた。さらに入試直前にして熱を出してしまう。 そんな中迎えた試験の日。ひなたは、迎えに来た零とともに受験会場に向かった。 今回は「3月のライオン」第43話(第2シリーズ第21話)『Chapter.87 経る時 / Chapter.88 春が来る』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

3月のライオン(アニメ第2シリーズ全話)のネタバレ解説まとめ

羽海野チカ原作の『3月のライオン』は、将棋を舞台にした大人気原作コミックを、新房昭之監督、アニメーション制作シャフトにてアニメ化された作品である。東京の下町で一人暮らしをする、高校生にしてプロ棋士の桐山零。心のよりどころとしている川本家の3姉妹など、それぞれ出会った人々と共に心の温かさを取り戻し成長していく。戦いと優しさあふれる物語である。

Read Article

3月のライオン 第26話(第2シリーズ第4話)のあらすじと感想・考察まとめ

友人のちほがいじめられ、ひなたが相談しても先生は取り合わず、ちほは転校してしまう。いじめの矛先はひなたに向けられたが、自分は絶対間違っていないと桐山に話す。 今回は「3月のライオン」第26話(第2シリーズ第4話)『Chapter.52 てんとうむしの木② / Chapter.53 てんとうむしの木③ / Chapter.54 想い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

〈物語〉シリーズ セカンドシーズンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

〈物語〉シリーズ セカンドシーズンは、西尾維新による「化物語」「偽物語」の続編にあたるアニメ作品である。 怪異と呼ばれる怪奇現象にまつわる事件に、主人公「阿良々木暦」や周囲の人間が巻き込まれ、解決していく物語。時系列で言えば夏休み明けにあたり、暦の夏休みを描いた「偽物語」の直後である。原作小説「猫物語(白)」をはじめとして、「傾物語」「花物語」「囮物語」「鬼物語」「恋物語」の全六篇が収録されている。 各物語でそれぞれ印象的な名言が多くあり、作品における重要なファクターの一つとなっている。

Read Article

化物語の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「化物語」は、西尾維新によるファンタジー小説、及びそれを原作としたアニメ作品。 主人公の「阿良々木暦」が、クラスメイト「戦場ヶ原ひたぎ」に始まり、色んな少女たちの関わった「怪異」にまつわる事件を解決していく物語である。 ギャグ、パロディ、メタ発言など遊びの多い物語であると共に、西尾維新らしい奥深く尖った作品であり、そのどちらの側面からも多くの名言が排出されている。

Read Article

【アニメ】化物語から始まる西尾維新の「物語シリーズ」視聴順まとめ

西尾維新プロジェクトと称されるアニメ化真っ最中の【物語シリーズ】は、現代の怪異に出会った少年少女の姿を描いた作品です。その多さ故、視聴前は混乱必至ですが各シリーズの放送順を知ることでスムーズに楽しむことができます。今回は各シリーズの大まかなあらすじ/放送順/時系列順でご紹介。

Read Article

魔法少女リリカルなのは(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法少女リリカルなのは』とは、2004年に全13話が放送されたテレビアニメ作品であり、『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の第1期作品。 平凡な小学3年生の高町なのははある日、異世界からやってきた少年ユーノを保護しジュエルシードの封印を手伝う事になる。やがて、同じ目的の少女・フェイトと出会い、自分の運命を大きく変えていく。

Read Article

目次 - Contents