お姉ちゃんが来た(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『お姉ちゃんが来た』とは安西理晃による漫画作品。2014年にはアニメ化もされている。父親の再婚によって新しく出来た姉の過剰な愛情に振り回される主人公、水原朋也の日常を描いた作品である。日本ではまだ理解の浅いステップファミリー(子連れ再婚家庭)が題材となっており、新しい家族と壁を作っていた朋也が徐々に心を許し打ち解けていく反面、これまで見ず知らずの他人だった人間と「家族」になる難しさも描いており、テーマの深さも垣間見える作品となっている。

早坂孝喜(はやさかこうき / CV:富樫美鈴)

ルリの弟で、成績優秀なイケメン。

バレンタインには大量のチョコを貰う人気者だが、彼自身は姉のルリ以外の異性に興味はなくバレンタインのチョコも差出人が特定出来る範囲で返している。

自身は認めていないが、それなりに重いシスコン(口コミで聞いた姉が攻略対象の恋愛ゲームをプレイした結果見事にはまり、朋也に対してゲームと姉の魅力を熱く語り、朋也にも姉の魅力を分かって貰うためゲームを貸そうとしたが、姉への熱意が強すぎる余り朋也から引かれ「もぉいいです」と断られるレベル)である。
また、殴る蹴るなどの暴行(彼らにとってのコミュニケーションの一部)をルリから日常的に受けた結果マゾになり、色々な意味で危険な姉との関係を朋也から心配されているが、暴行も姉とのスキンシップと捉えており、全く気にしていない。
他者に対しても、喧嘩をしている=仲がいいと認識しているため顔を合わせては喧嘩をする一香と藤咲を仲がいいと思っており、公共の場で周囲の人間に迷惑が掛からない限り二人の喧嘩を止めようとしない。

自分と姉の関係を理想の姉弟関係と思っているため、姉から暴行を受ける事なく甘やかされている朋也に対していい感情を持っておらず、仲良くしてあげてというルリのお願い(命令)で仕方なく朋也や美鶴と友達になるが、彼らと一緒に遊ぶうちに打ち解け、良好な友人関係を築いている。

水原夕子(みずはらゆうこ / CV:森沢芙美)

一香の実母で、正也と再婚した事により朋也の新しい母親となる。

常に笑顔で温和な雰囲気の女性だが、怒ると恐く、明らかに普段とは雰囲気が変わる。

ニンジンが嫌いで頑なに食べようとしなかった一香と朋也に意地でもニンジンを食べさせるため、ルリにお願いしてニンジン入りクッキーを作って差し入れに持って来て貰い二人に食べさせるなど、彼女を怒らせると恐いエピソードも少なくない。

正也とすぐに打ち解けた一香とは対照的に、未だに敬語で接するなど自分との間に壁を作っている朋也との接し方に悩んでいる。

水原正也(みずはらまさや / CV:浜田賢二)

朋也の実父で、美容院の店長をしている。

仕事柄帰りが遅く、朋也は一人で食事をしたり、美鶴の家にお世話になったりするなど父親が側におらず淋しい思いをしており、正也自身朋也に対して申し訳ないとも思っていた。

人望はあるようで、クリスマスでは家族と過ごして欲しいというスタッフの強い希望から早く帰らせて貰い、久し振りに家族と過ごすクリスマスを楽しんでいた。

藤総一郎(ふじそういちろう / CV:髙橋孝治)

マリナが恋している再従兄の青年。

ロシア人と日本人のハーフで金髪のイケメン。
マリナから話を聞いていた友人の一香を街で見掛け英語で話し掛けた事で接点を持つが、流暢な英語で返す一香と違い英語は苦手で、自分がハーフである事を明かしてからは日本語で普通に話している。

優しい性格のイケメンで異性の注目を一身に浴びる(今日こそ告白しようと狙っている女子が多数いる)が、2次元に生きる重度のオタクで、総一郎が友人とのアニメトークで盛り上がる様子を見た瞬間に告白しようとしていた女子は引いて彼から去っていく。

また、一香に興味を持ったきっかけは、彼女が『アイドルプリンセス(通称アイプリ)』というゲームに登場する「みのり」というキャラクターに似ていたからで、一香に対してみのりのコスプレをして欲しいとお願いするも即答で拒否された。

オタクになったきっかけは、ハーフで目立つ外見故に「外人」といじめられ、その逃げ場として心の拠り所としたのがアニメだったためである。
その結果重度なアニメオタクとなり、アニメの魅力を根気強く周囲に語り続けた結果、朋也もアイプリにはまり、総一郎とコアなアニメトークに興じるなど「布教」に成功している。

朋也の母(CV:小林ゆう)

朋也の母は朋也が幼稚園児の頃に亡くなっており、名前も顔も出ていない。

母親を亡くした当初を回想した朋也の発言によると「父さんに当たり散らしていた」との事で、当時はかなり荒れており、3度も家出をしたらしい。

正也の再婚に対しても表面上は受け入れていたが、本音では「新しい家族なんて俺は認めない」と、新しい母親と姉が出来るのを嫌がっていた。

村瀬純(むらせじゅん)

7巻から登場した朋也達のクラスメイトで、アニメには登場しない。

男子に対していい顔をしているが故に女子の間で嫌われ孤立している藤咲をかわいそうと思っており、何かと気に掛けるようになる。

藤咲が同性の友人を欲しがっている事を本人に向かって堂々と指摘するなど、相手に対して思っている事をはっきり言う性格だが、言葉がストレートすぎて毒舌と取られる事も少なくない。

コミュニケーションとして藤咲の背中を叩く事が多いが、力が強いようで、彼女に叩かれた藤咲は「バカ力」と本気で痛がっている。
藤咲に対して、本人が気にしている女友達がいない事を指摘した上にかわいそうと言って怒らせるなど、一見すると良好な友人関係には見えないが、ある意味喧嘩仲間である一香を除けば藤咲に出来た初めての女友達であり、いい意味でも悪い意味でも裏表のない性格のため男女関係なく人気もある。

『お姉ちゃんが来た』の用語

アイドルプリンセス

最近大人気のゲームで、アニメ化もされている。

総一郎はこのゲームの大ファンで、一香がキャラクターのみのりに似ていた事から興味を持って近付いた(一香にみのりのコスプレをして欲しいというだけで彼女に対して恋愛感情がある訳ではない)。

なお、総一郎の「布教」によって朋也、美鶴も『アイプリ』にハマるなどファンは更に増えている。

ステップファミリー

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

ひとりぼっちの○○生活(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ひとりぼっちの○○生活』とは、カツヲによる漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 極度の人見知り少女・一里ぼっちは、小学校までの唯一の友達・八原かいと交わした「中学卒業までにクラス全員と友達になること。できるまで絶交する」という約束のために友達を作ろうとする。しかし、コミュ障のぼっちには前途多難だった。約束から逃げてばかりのぼっちだったが、教室の前の席の少女・砂尾なことの出会いが、次第にぼっちを変えていく。脱ぼっち系日常コメディ。

Read Article

ひとりぼっちの○○生活(第1話『はじめての告白』)のあらすじと感想・考察まとめ

極度の人見知り少女・一里ぼっちは小学校時代の親友・八原かいと「中学卒業までにクラス全員と友達になること。できるまで絶交する」という約束をする。しかしコミュ障のぼっちは、入学式の日の最初の自己紹介から失敗してしまう。落ち込むぼっちだが、教室の前の席の少女・砂尾なこになんとか声をかけることに成功する。なこはぼっちの「友達になりたい」という真っすぐな思いを受け、ぼっちの最初の友達になった。 今回は「ひとりぼっちの○○生活」第1話『はじめての告白』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はるかなレシーブ(Harukana Receive)の名言・名セリフまとめ

『はるかなレシーブ』とは、如意自在(にょいじざい)の漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。 英語の苦手な大空遥は親の海外赴任について行かず、祖父母と従姉妹の比嘉かなたが暮らす沖縄の家に引っ越す事にする。引越し当日、祖父母に着いた遥は沖縄の海の美しさに感動して海へ向かい、そこでビーチバレーと出会い楽しさを知る。 ビーチバレーを通して出来た仲間やライバル達と競い合い、競技者としてだけでなく、人としても刺激し合い成長して行く彼女達からは様々な名言が生まれている。

Read Article

目次 - Contents