お姉ちゃんが来た(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『お姉ちゃんが来た』とは安西理晃による漫画作品。2014年にはアニメ化もされている。父親の再婚によって新しく出来た姉の過剰な愛情に振り回される主人公、水原朋也の日常を描いた作品である。日本ではまだ理解の浅いステップファミリー(子連れ再婚家庭)が題材となっており、新しい家族と壁を作っていた朋也が徐々に心を許し打ち解けていく反面、これまで見ず知らずの他人だった人間と「家族」になる難しさも描いており、テーマの深さも垣間見える作品となっている。

総一郎は『アイプリ』愛を存分に語り、一香を圧倒する。

ちなみに、総一郎が一香達に声を掛けた理由だが、総一郎はド級のオタクであり、最近流行っている『アイドルプリンセス』というゲームに登場するみのりというキャラクターに一香が似ているからであった。

二次元に生きる総一郎は今のところリアルな女性に興味はなく、一香に興味を持ったのもみのりのコスプレをして欲しいというだけで、彼女に対して恋愛感情はなかった。

総一郎が好きなマリナは、総一郎に対して完全拒否(朋也以外の男性に興味がない)の姿勢を見せる一香と、みのりのコスプレをして欲しいだけで一香に対して恋愛感情がない総一郎が付き合う事はないとある意味安心する。

重度のオタクである事を隠そうとしないどころか二次元に生きる事を公言する、色々な意味でキャラが濃すぎる総一郎の何処を好きになったのか一香と朋也は理解出来ず「マリナっち(さん)趣味悪」と、マリナにも総一郎にも少々失礼な印象を抱いていた。

『看病キター!』 - 変な姉とこれからも

熱を出した朋也に対し一香は寝ずの看病をする。

正也と夕子が旅行に出掛け、水沢家は一香と朋也の二人きりになっていた。

一香は二人だけになった事を喜び朋也に抱き着くが、朋也は風邪を引いて具合が悪く、倒れてしまう。

まさかの事態に軽いパニックを起こしながらも、一香はルリとマリナに助けを求める。
お姉ちゃんの先輩として尊敬するルリから適切なアドバイスを貰うと、一香は朋也を付きっ切りで看病する。

深夜になって朋也が目を覚ますと、手を握りながら「治れ治れ」と念じる一香の姿があった。
一香の献身的な看病と、悪化する前にしっかり休ませた事もあって程なくして朋也の風邪はすぐに良くなるが、今度は一香が風邪を引いてしまうというオチが待っていた。

一香の風邪が治ると、朋也は一香の好物であるシフォンケーキを作る。
自分が好きなシフォンケーキを朋也が作ってくれた事を知ると、一香は朋也に抱き着いて感謝の気持ちを示すのだった。

『お姉ちゃんが来た』の登場人物・キャラクター

水原朋也(みずはらともや / CV:愛美)

13歳の男子中学生で本作の主人公。
親の再婚で出来た新しい姉の一香が調べたデータによると、双子座のA型との事である。

父の再婚によって新しい母親と姉が出来るが、亡くなった母親を今でも忘れる事が出来ず「新しい家族なんて俺は認めない」と壁を作っており、夕子に対して敬語で接し、一香の事は「お姉ちゃん」と呼ばず「あの人」と呼ぶなど上手く馴染めていない。

クラスメイトの藤咲美奈に片思いをしており、一香による妨害に双方苦労しながらも何とか友人となる。
朋也は藤咲と接する機会が増えて喜んでいるが、彼女にとって朋也は「友達」という位置付けであるため恋愛感情はない。

歌う事が好きだがかなりの音痴であり、何も知らず朋也と一緒にカラオケに行くと彼の歌声の「犠牲」になり、藤咲に至っては体調を崩して翌日の学校を休んでいる(そのため美鶴は朋也が歌う順番になると部屋から出て避難している)。

音痴は更にエスカレートしているようで、音楽の授業では別の教室で授業を受けていた孝喜が「遠くの教室まで騒音が聞こえて来た」と証言している。

水原一香(みずはらいちか / CV:長妻樹里)

母親の夕子の再婚によって朋也の新しい姉になった17歳の女子高校生。旧姓名は野山一香。

夕子が早いうちに離婚していたため母子家庭であり、弟や妹が欲しいと常々思っていた。
一人で遊んでいる子供の面倒を見るため一緒に遊ぼうとして逆に子供から泣かれるなど、好意的に解釈すれば世話焼きな性格ではあったが、その分暴走しがちで良くも悪くも「やりすぎ」な部分が治らないまま現在に至っている。

母親の再婚により弟となった朋也を一目で気に入り、趣味、血液型などの個人情報を調べ上げたり、更にはストーキングで朋也の写真を撮りまくったりというアグレッシブを通り越した異常な行動を取るようになる。

人にあだ名を付けるのが好きで、友人であるルリとマリナは勿論、藤咲と美鶴にも彼らへの第一印象から「朋くんを好きな女子略して好子ちゃん」に「ふつ男くん」と勝手にあだ名を付けている。

特技である裁縫や編み物はかなりの腕前であり、自分の部屋にある朋也のぬいぐるみや、朋也にプレゼントした自分のぬいぐるみは全て一香の手作りである。

口の形が特徴的で、開いている時は△、閉じている時はΛの2パターンである(なお、これは離婚した実父からの遺伝のようで、一香の父親の写真から一部だけ見えた口の形は△だった)。

巷で人気のゲーム『アイドルプリンセス(アイプリ)』の登場人物であるみのりに似ており、朋也の気を引くためみのりの物真似の練習をしたら熱中するあまり、人格までみのりになってしまった事がある。
その時は口の形が普通になり、朋也に対して「朋也くん」と呼ぶなど「普通の人間」になって周囲を困惑(夕子曰く「性格が変わった以外は正常なんだけど」と言わしめるレベル)させていた。

藤咲美奈(ふじさきみな / CV:木戸衣吹)

朋也のクラスメイト。
学年一の美少女で、朋也は彼女に片思いをしている。

朋也が弁当を忘れたため教室まで届けに来た一香にクラスの人気を奪われた事で敵対意識を持ち、一香が大好きな朋也に近付いて自分に気を向かせるよう仕向けるなど一香に対して嫌がらせを行うようになる。
なお、その行動が一香にとって彼女は朋也に好意を抱いていると誤解される結果になり、一香からは「朋くんを好きな女子」の略称で「好子ちゃん」と呼ばれている。

かつて同級生に外見を理由に拒絶された過去があり、外見を磨く事で人気者となった。

自身の水着姿を自慢するため男子を引き連れてプールに現れるなど、異性に対して「いい顔」を見せているが、基本的に自分がチヤホヤされたいという欲求を満たす事にしか興味がないため、男子には心を許していない(朋也、美鶴、孝喜は数少ない例外である)。
一方、男子からの人気を得る事にしか興味のない態度や振る舞いによって女子からは嫌われており、サンタへのクリスマスプレゼントのお願いとして「同性からの支持が欲しい」と密かに願うなど、心の奥では孤独感を抱えている。

学校やプールと自分のいるところに現れては男子の人気を奪う「邪魔」しかしない一香に対して怒りを爆発させるが、普段見せないような自分の表情や態度を見ても朋也が態度を変えなかった事で、彼へに対する態度を改め「水原にはもっと優しくしてあげようかな」と、本当の友達になることを目指している。
朋也経由で知り合った美鶴に関して、自分に一切興味を示さない(美鶴は年上好きで同年代の女子に興味がない)事にイラつきながらも、それなりに親しい付き合いをしている。
早坂孝喜の事が好きであり、朋也と友人になった彼に近付くため朋也達と行動を共にする事が増えている。

肝心の孝喜からは「朋也の友人」程度にしか認識されていないものの、これまで友達らしい友達が一切いなかった事もあって朋也達と一緒に遊ぶ時は嬉しそうにしている。

早坂ルリ(はやさかルリ / CV:南央美)

一香の友人で、孝喜の姉。あだ名好きの一香に命名されたあだ名の「ルリルリ」で普段は呼ばれている。

大人しそうな外見だが、弟の孝喜に対して殴る蹴るの暴行を加えるなど完全に武闘派で正義感も強い。

孝喜が姉(ルリ)に対する愛情を隠さない、いわゆるシスコンであるように、彼女もそれなりにブラコンであり、買い物のため帰りにコンビニなどに立ち寄った際はお互いに姉(弟)のためにお土産を買って帰るなどお互いに世話を焼いている。

名前の由来は、アニメ『機動戦艦ナデシコ』の登場人物のホシノ・ルリであり、声優もホシノ・ルリと同じ南央美が担当している。

望月マリナ(もちづきマリナ / CV:井上麻里奈)

一香の友人で、あだ名好きの一香に命名されたあだ名の「マリナっち」で普段は呼ばれている。

胸が大きく、何気ない会話や男子の視線など本人が悪くないところでマリナの胸に嫉妬した一香やルリに胸を引っ叩かれる(通称「乳ビンタ」)など、理不尽な扱いを受ける事が多い。

容姿端麗な金髪だが、ロシア人とのクォーターであり、再従兄弟(はとこ)の総一郎に恋をしている。

なお、その総一郎はアニメの世界に生きる事を公言する重度のオタクであり、いわゆる「残念なイケメン」だったため、マリナから総一郎を紹介された朋也と一香は、総一郎がイケメンである事を認めつつも「マリナっち(さん)趣味悪」と、マリナにも総一郎にも若干失礼な印象を抱いていた。

花園美鶴(はなぞのみつる / CV:小林ゆう)

朋也の隣の家に住む幼馴染で、朋也とはお互いに親友と呼び合う関係。

クリスマスには親のいない朋也を自分の家のパーティに誘うなど付き合いはかなり前からあるようで、朋也は母親を亡くして泣いていた自分の心の支えになってくれた事を強く感謝している。

お世辞にもイケメンとは言えず、むしろ地味な外見で一香からは普通だから「ふつ男くん(仮)」と命名されている。最初は仮称だったが、すぐに(仮)は消え、一香が美鶴を呼ぶ際のあだ名として「ふつ男くん」が定着するようになった。
なお、彼の母親は見た目が若く、全く美鶴に似ていないが、彼の母方の祖母はかなり美鶴に似ており、親を飛ばして祖父母から外見が遺伝した、いわゆる隔世遺伝である。

イケメンとは程遠いルックスにも関わらず、自分のことを美少年と呼ぶなどキザな性格で、当然ながら周囲の女子からは相手にもされていないが、成績優秀(学年20位以内)で、運動もそれなりに得意という文武両道の人間である。
また、気難しい性格の孝喜や藤咲とも馴染んでおり、コミュニケーション力も高いなど、顔は地味だが相当に高いスペックを持っている。

誰とでも仲良く出来るコミュニケーション力の高さからどんなキャラクターとも絡ませられるだけでなく、文武両道というスペックの高さからどんな場面で出しても活躍してくれる万能キャラであるため、作者の目線で見れば非常に使い勝手がいいキャラクターである。
そのため、美鶴を登場させる事で話を動かしやすくなり出番も多い。

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

ひとりぼっちの○○生活(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ひとりぼっちの○○生活』とは、カツヲによる漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。 極度の人見知り少女・一里ぼっちは、小学校までの唯一の友達・八原かいと交わした「中学卒業までにクラス全員と友達になること。できるまで絶交する」という約束のために友達を作ろうとする。しかし、コミュ障のぼっちには前途多難だった。約束から逃げてばかりのぼっちだったが、教室の前の席の少女・砂尾なことの出会いが、次第にぼっちを変えていく。脱ぼっち系日常コメディ。

Read Article

ひとりぼっちの○○生活(第1話『はじめての告白』)のあらすじと感想・考察まとめ

極度の人見知り少女・一里ぼっちは小学校時代の親友・八原かいと「中学卒業までにクラス全員と友達になること。できるまで絶交する」という約束をする。しかしコミュ障のぼっちは、入学式の日の最初の自己紹介から失敗してしまう。落ち込むぼっちだが、教室の前の席の少女・砂尾なこになんとか声をかけることに成功する。なこはぼっちの「友達になりたい」という真っすぐな思いを受け、ぼっちの最初の友達になった。 今回は「ひとりぼっちの○○生活」第1話『はじめての告白』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

はるかなレシーブ(Harukana Receive)の名言・名セリフまとめ

『はるかなレシーブ』とは、如意自在(にょいじざい)の漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。 英語の苦手な大空遥は親の海外赴任について行かず、祖父母と従姉妹の比嘉かなたが暮らす沖縄の家に引っ越す事にする。引越し当日、祖父母に着いた遥は沖縄の海の美しさに感動して海へ向かい、そこでビーチバレーと出会い楽しさを知る。 ビーチバレーを通して出来た仲間やライバル達と競い合い、競技者としてだけでなく、人としても刺激し合い成長して行く彼女達からは様々な名言が生まれている。

Read Article

目次 - Contents