女神候補生(杉崎ゆきる)のネタバレ解説・考察まとめ

『女神候補生』とは、杉崎ゆきるによって『月刊COMIC GUM』にて連載されていた漫画作品である。2000年にXEBEC制作でアニメ化され、NHK BS2の『衛星アニメ劇場』枠で全12話が放送された。2001年に突如休載になって以降、杉崎本人が連載そのものを放棄している。人類最後の希望の星、惑星ZION(シオン)を襲う犠牲者(ヴィクティム)という名の巨大生物を倒す為、人類も女神(イングリッド)という名の巨大人型兵器を作り上げた。主人公ゼロはパイロットになる為、仲間と共に日々訓練を重ねていく物語。

『女神候補生』の概要

主人公のゼロ(左)とリペアラー整備士のキズナ(右)。

『女神候補生』とは、杉崎ゆきるによって『月刊COMIC GUM』にて連載されていた漫画作品である。宇宙空間の中で、犠牲者(ヴィクティム)と呼ばれる巨大生物から、自分達の住む惑星ZION(シオン)を守る為、女神(イングリッド )と呼ばれる巨大人型兵器に乗り人類は戦う。主人公のゼロはまだパイロット訓練生。新しい仲間と出会い、正規のパイロットになる為、厳しい訓練を積み重ねていく。

アニメ版女神候補生はロボットの様な女神(イングリッド )の巨大人型兵器を3次元グラフィックにより立体化していた為、機体のフォルムは美しく戦闘シーンはリアルに表現されていた。パイロットにはそれぞれリペアラーと呼ばれる機体を整備する女性のバートナーがおり、コンビを組んで、パイロットのサポート役としてリペアラーは機体調整をし、共にイングリッドを動かしている。パイロットとリペアラー内での信頼関係は戦闘にも影響してくる。パイロットとリペアラーの恋愛関係や心情の変化などもストーリーの中に組み込まれている。

1997年10月にワニブックスより女神候補生1巻発売、2000年にXEBEC制作でアニメ化され、NHK BS2の『衛星アニメ劇場』枠で全12話が放送された。読者からは「女神(めがみ)」と呼ばれ親しまれていた。当初は26話放送される予定だったのだが、予算関係の諸事情により途中で打ち切りとなり、多くの伏線が回収されないまま物語は終了した。そして2001年に突如休載になって以降、杉崎本人が連載そのものを放棄している。

『女神候補生』のあらすじ・ストーリー

星歴4088年、人類は戦争などの争いにより4つの惑星を失い、住む場所を失った人類は現在スペースコロニーと呼ばれる宇宙空間にある施設での暮らしを余儀なくされていた。人類自らの過ちにより起きた危機的なこの現象を星系危機と呼び、これを解消する為に人類は最後の希望の星、惑星ZION(シオン)に移住する計画を立てていたのだが、未だに出来ずにいた。
宇宙空間にあるスペースコロニーは人工的に作られた惑星で、見た目は大きな半球型のカプセルの様になっている。外部からの攻撃や衝撃などを防ぐ為にこのカプセル状になっており、もし地球に似た惑星ZIONを手に入れる事が出来れば、人類は自由に住める様になる。

宇宙空間の中では人類とは全く違う謎の巨大生命体「犠牲者(ヴィクティム)」も惑星ZIONを自分達の者にしようと狙っていた。惑星ZIONを狙う人類に対しても攻撃を仕掛けてくるようになっていた。ヴィクティムの体格や形状、そして能力などは様々で何故彼らは惑星ZIONを狙い、そして人類にまで攻撃を仕掛けてくるのかは解明されていない。
人類に対し攻撃をしてくるヴィクティムに対抗する為に「女神(イングリッド)」と呼ばれる5体の巨大人型兵器を創りあげた。このイングリッドを操縦する為には、厳しい条件がある。条件として、人類が持つ4種類の血液型のAA型、AB型、OX型、EO型の中で極めて数の少ないEO型である事、14歳から16歳までにEXと呼ばれる特殊能力に目覚めた一般男性のみとなっている。この二つの条件を持ち合わせていなければ、試験すら受けれないのだ。女性の場合はどちらの条件にも当てはまる事があまりない為、試験を受ける事は出来ない。
EXの特殊能力には空間時間を止める能力、敵の場所を探知する能力、戦闘能力が上がるなど人それぞれ色んな能力を持っている。

だが条件をクリアすればすぐにパイロットになれる訳ではない。試験に合格した者の訓練や育成を行う「G・O・A(ゴア)」と呼ばれる宇宙船型の施設が存在している。
「G・O・A」はGODDESS OPERATOR ACADEMYの略称で女神のパイロット育成機関の呼び名になっている。

5名の候補生の入学式。
左から、ヒイード、クレイ、真ん中にいるのが主人公のゼロ、ルズ、ヤマギ、そして右端にいるのがアズマ教官。

星歴5030年、主人公のゼロはパイロットになる事を夢見て「G・O・A」の試験を受けて見事合格した。ゼロの他にヒイード、クレイ、ルズ、ヤマギが候補生として選ばれ入学した。養成施設では学校と同じで、実技や教育指導を行う教官が存在しており、今回の候補生を指導するのはアズマ教官になった。

養成機関「G・O・A」に入学した者は「女神候補生」と呼ばれ、3年間でパイロットになる為の戦闘知識やEXの特殊能力をコントロールする訓練などを受け、候補生3000名の中から最終的に選ばれし5名だけが現役のイングリッドのパイロットになれる。これは女神の機体が5体のみでそれぞれに現役のパイロットが存在する為、入れ替わりがない限り新しくパイロットにはなれない様になっている。ただEXの能力は使えば使うほど消耗し無くなっていく為、短期間しかパイロットとして活躍出来ない。

食堂でゼロがパイロットになると大声で発言した時に、先輩達から嫌な視線を浴びてしまった。

パイロット養成施設「G・O・A」の施設で候補生達は共同生活をしており食堂などもある。学校の授業と同じでカリキュラムと呼ばれるパイロットになる為の基礎知識の勉強や実技訓練等をしている。入学後初めてゼロが仲間達と食堂で食事している時に「パイロットになる」と大声で発言してしまい、先輩達から注目を浴びる事となった。
ゼロは今まで自分がパイロットになる事しか考えておらず、周りの目など気にした事がなかったのだ。皆パイロットになる為にここでの生活をしている。
3000名もいる候補生の中、皆がライバルである事を思い知り、そして自分の置かれている立場を自覚した。ゼロは今まで自分の住んでいた故郷では経験した事のない環境の中、同期の仲間との共同生活や訓練、そして先輩達との出会いにより、考え方や言動が少しずつ変化し精神的にも成長していった。

パイロット候補生となった(左からルズ、ヤマギ、クレイ、ヒイード、ゼロ)

リペアラー整備士(左から、キズナ、イクニ、サキ、ツカサ、レッカ)

ゼロ達候補生も含め、現役のパイロットも本人達だけでは機体を動かすことが出来ない。リペアラーと呼ばれる女性の整備士が居て、機体を調節したり、動作の補助や機体の整備する役割を担っている。リペアラーはパイロットと2人1組でコンビを組み、実技の訓練などを一緒に行う。
それぞれのコンビとして、ゼロとキズナ、ヒイードとイクニ、クレイとサキ、ヤマギとツカサ、ルズとレッカの組み合わせになった。
パイロットとリペアラーはお互いの性格を理解し合い、信頼関係が生まれてくると実力を発揮しやすくなる。相手の事をよく理解しコミュニケーションを取りながら、信頼関係を築けるかが大きな鍵となってくる。

キズナには猫耳がついていた。

ゼロとキズナは初めて一緒に実技の訓練を受ける事になった。訓練を受ける際、手首に刻字されてあるバーコードを読み込まなければならないのだが、ゼロは早く機体に乗りたいとせっかちな態度をとり、機体の方に走り出そうとしていた。
自己紹介の挨拶もロクにしないゼロに対し、キズナは足払いをして厳しく怒った。ゼロは少しイライラしながらも早くしてくれと言わんばかりに手首を差し出した。
バーコードを読み込む際にキズナの帽子がゼロの顔にあたってしまう。これを邪魔に思ったゼロが帽子をとると、キズナの頭にはなんと猫耳がついていた。
耳の形の事を気にしていたキズナは、ゼロの無神経さに怒りと混乱のあまり、その場から飛び出して行ってしまう。
慌てるゼロは、アズマ教官に5分以内にキズナを呼び戻して来なければ訓練を受けさせないと言われ、急いでキズナを追いかける。
キズナを探し出したゼロは、耳の形などは関係ない、パイロットになる為にはキズナが必要だという事を伝えて二人はアズマ教官の元へと戻る。
実技訓練中に飛び出したキズナに対し、アズマ教官は頬をビンタで叩き反省するように指導した。それを見たゼロは自分にも責任があるからと同じ罰を与えてくれと申し出る。ゼロの潔い申し出にアズマ教官は容赦無くグーで殴りかかった。キズナはゼロのパイロットになりたいという心意気に感銘を受け、少しずつ心を開いていく。
キズナの猫耳についての詳細はまだ明かにされていない。

PRO-ING(プロイング)と呼ばれる小型の練習機に乗り戦闘訓練を行う。

リペアラーと一緒にバーチャル空間で訓練を繰り返し行い、慣れてきた頃、パイロット訓練用のPRO-ING(プロイング)と呼ばれる小型の戦闘機に乗り、基本操作を覚える実技訓練を行うことになった。2対2の対決でゼロはトップ候補の上級生のアーツとコンビを組み模擬戦を行う事になった。
最初はゼロの身体能力の高さから、動作が早すぎて間に合わず機械が不具合を起こしていた。キズナはそれに気づきゼロの能力に合わせ機体のレベルを上げようとしていた。
これを見ていたアズマ教官は「機体を調整するのではなく、自分が機体に合わせろ」と言われる。最初は思うように動けなかったゼロだが、次第に動きを把握し、上級生とも互角に戦えるようになって行った。このプロイングの訓練を繰り返し行う事により、戦闘での感覚を掴み女神のパイロットへの道が近づいていく。
訓練の最中、アズマ教官は校長に呼び出され、候補生の強化を急ぐように指示される。現役で活躍するイングリットのパイロット達の中から近く欠員が出る可能性があると聞かされたのだ。世代交代を示唆するかのように、候補生達は新しい能力が開花されていた。

現役パイロットとリペアラー。

現役のパイロットはティーラ、ガルイース、アーネスト、リオリート、ユウの5人で、リペアラー整備士はリーナ、チューン、フィルフレイラ、カズヒの4人。
パイロットに慣れる資格を得るのが男性が多い中、ティーラは唯一女性でありながら血液型もEO型で、EX能力も2つ持っている。
そしてティーラは何故か歳を取らない、専属のリペアラーもついていないなど謎が多い人物だ。男性に負けずトップリーダーとしての役割を果たし、長期間パイロットを続けている。
パイロットの機体には役割があり、攻撃に特化した機体、防御系の機体、探知や分析能力のある機体に分かれている。

ガルイース(左)に無茶な行動は良くないと説得するアーネスト(右)。

ゼロが訓練に励んでいる最中、現役のパイロット達にも変化が訪れていた。ヴィクティムとの戦いは次第に苦戦を強いられるようになっていった。
攻撃担当のガルイースの動きに問題があり、能力の衰えを自覚するが故に戦闘中に無理な行動を重ね、他のパイロット達に負担をかけチームワークを乱していたのだ。
仲間達からは危険な行動は良くないと指摘されたガルイース、駄目だと分かりながらも不安や焦りからか、その行動を抑えられずにいた。
アーネストにはテレパシー能力があり、ガルイースの誰にも言えない心の不安を読み取っていた。

ヴィクティムのボスを捕獲する為にアーネストは必死に抑えつけようとする。

不安を抱える状況の中、ヴィクティムの大群が惑星ZIONに向かってきているという報告を受ける。5人のパイロットはすぐに戦闘に向かう。
大群で襲ってくるヴィクティムに苦戦する中、ガルイースは群れを率いるボスがいる事に気づく。ボスが支持を出し、大群のヴィクティムを操っていたのだ。
このボスを倒すしか残滅させる方法はないと分かったのは良いが、肝心のボスの姿を見失ってしまう。
焦るガルイースは防御シールド超え、一人で群れの中に突っ込んでいってしまう。EX能力の衰えを恐れるガルイースが焦っている事をアーネストは感じていた。
このままではまた無謀な行動に出ると思ったアーネストはガルイースを追いかけていく。

そこで先にボスを見つけたのはアーネストだった。アーネストはボスであるヴィクティムを捕獲しようと必死にしがみつく。アーネストの機体は主に探知や分析能力を得意とし攻撃能力があまりない。その為、ボスを逃さないように必死にしがみついていたのだが、ヴィクティムも振り払おうと必死に攻撃を仕掛けてくる。
このままではマズいと思ったアーネストは自分の機体を目印にボスを攻撃をしてくれとガルイースに指示する。
目印にする事により、ボスを倒せる同時にそれはアーネストの機体を巻き込んでしまう恐れがある。何度もヴィクティムから激しい攻撃を受けたアーネストは動けなくなり遂に捕まってしまう。
これ以上アーネストを傷つける訳にはいかないと、ガルイースが攻撃を仕掛けようとした瞬間、ティーラのEX能力が発動し空間の時間を止めて瞬間移動しヴィクティムにとどめを刺した。この時、アーネストの機体は酷い損傷を受けていた。ヴィクティムは倒したのだが、悔しさからガルイースは泣きながら乱射攻撃を続ける。この様子を見たティーラはガルイースの機体を操り、強制的に動きを止め戦闘を終わらせた。

戦闘中に負傷して死んでしまったアーネスト。

sorakage
sorakage
@sorakage

Related Articles関連記事

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2010年12月に公開された「蒼穹のファフナー」の劇場版。舞台はTVアニメシリーズの2年後、西暦2148年。平和は守られたはずだった。人々は多くの犠牲を払い、取り戻した平和な日々を過ごしていた。そんな生活の中真壁一騎は皆城総士との約束が果たされる日を待っていた。一隻の船が竜宮島へ打ち上げられたその日、束の間の平穏は破られ再び少年少女たちは戦いの渦へと巻き込まれていく。

Read Article

武装錬金(和月伸宏)のネタバレ解説・考察まとめ

『武装錬金』(ブソウレンキン)とは2003年から2005年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていた和月伸宏による漫画及びアニメ・ゲーム作品。 ホムンクルスによって命を落とした少年・武藤 カズキ(ムトウ カズキ)が錬金術の力によって蘇り、激闘に身を投じる様を描く王道少年漫画である。 またヒロインである津村 斗貴子(ツムラ トキコ)との出会いから始まるボーイミーツガールものでもある。

Read Article

クレヨンしんちゃん(クレしん)のネタバレ解説・考察まとめ

1990年に臼井儀人が『漫画アクション』で連載を開始した漫画、および同作を原作に据えたアニメ作品。埼玉県春日部市にすむ、破天荒な「嵐を呼ぶ園児」野原しんのすけと、周囲の人間が巻き起こすドタバタギャグを描く。2009年に臼井儀人の逝去により絶筆。翌年、臼井儀人のアシスタントらによる「UYスタジオ」が『新クレヨンしんちゃん』と題して連載を引き継いだ。

Read Article

蒼穹のファフナー EXODUS(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2015年に制作された「蒼穹のファフナー」シリーズの続編。TVアニメシリーズの2期にあたり、劇場版までの流れを踏まえている。西暦2150年、人類とフェストゥムの戦いは新たな局面を迎えていた。19歳となった一騎たち第一世代のファフナーパイロットたちは引退し、新たな道を進んでいた。一機の人類軍輸送機が竜宮島を訪れたその日、最後の時間が動き出した。

Read Article

蒼穹のファフナー Dead Aggressor / RIGHT OF LEFT(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にXEBECにより「島・ロボット・群像劇・少年少女」をキーワードに企画・制作されたオリジナルアニメ。舞台は未知の生命体「フェストゥム」によって侵略された近未来の世界。西暦2146年、唯一の楽園だった孤島・竜宮島にフェストゥムが侵攻する。真壁一騎は皆城総士に導かれ「思考制御・体感操縦式」有人兵器「ファフナー」のパイロットとなり、人類存亡をかけた激しい戦いの渦に巻き込まれていく。

Read Article

機動戦艦ナデシコ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦艦ナデシコ』とは、宇宙を題材としたリアルロボットSFアニメである。突如現れた敵「木星蜥蜴」と、地球連合宇宙軍やネルガル重工の戦いを描いたものである。題材は虐殺や歴史修正主義など重厚なものを取り扱っているが、恋愛やコメディー要素を多く取り入れ、SFファンからも支持を集めている。劇中劇として登場するアニメ『ゲキ・ガンガー3』など細かい設定にもこだわりが詰め込まれている作品である。原作は月刊少年エースにて1996年から1999年まで連載された、麻宮騎亜の漫画作品『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』である。

Read Article

クレヨンしんちゃん(クレしん)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『クレヨンしんちゃん』とは、埼玉県春日部市を舞台とした臼井儀人による漫画作品。5歳の幼稚園児・野原しんのすけとその家族を中心に、友達や周囲の人を巻き込んだドタバタコメディー作品である。 青年漫画として連載開始したが、アニメ化により子供に人気が出た結果、原作漫画も子供を意識した内容にシフト。家族や仲間の大切さを描くようになった。 親子で楽しめる作品となっており、大人の心にも響く名言・名セリフが多いことも、作品が愛され国民的アニメとなった要因である。

Read Article

To LOVEる -とらぶる-【基本情報】

「ToLOVEる -とらぶる-」(以下TL)は、作画・矢吹健太郎先生、原作・原案・脚本・長谷見沙貴先生による、学園ハーレムSFラブコメディ漫画。『週刊少年ジャンプ』にて2006年21・22号~2009年40号まで、また『ジャンプSQ.』にてスピンオフ漫画「ToLOVEる -とらぶる-ダークネス」として2010年11月号~2017年7月号まで、2誌通じて通算11年間連載された。

Read Article

目次 - Contents