Sa・Ga2 秘宝伝説(Final Fantasy Legend II)のネタバレ解説まとめ

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。サガシリーズの第2作目。
基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、さらに遊びやすくなるようシステムに変更や追加がなされている。
古の神々の遺産「秘宝」は手に入れるとすばらしい力が得られるという。主人公は、その「秘宝」を追って行方不明になった父親を探して、仲間たちと共に旅に出る。

エスパー

エスパー男女。(リメイク版イラスト)

人間に近い特徴を持ち、戦闘を重ねることで成長する点は前作と同じだが、どのステータスが上がるかは戦い方で決定する。
エスパーは、魔力・防御が上がりやすく、力は上がりにくい。
8つのアイテム装備欄のうち1~4つを特殊能力欄として使用でき、特殊能力を覚えることができる。
前作では特殊能力欄が4つと固定されていたが、今作では1~4個までを任意に調整できるようになった。
また、習得済みの特殊能力を忘れて、新しい特殊能力を習得する場合、入れ替わる欄は必ず特殊能力欄の一番下のものになる。
特殊能力の覚え方は、前作同様に戦闘後の突然変異を起こして習得するが、今作では敵のレベルに応じて覚えられるものが増えていく。
特殊能力の使用回数は、モンスターの特殊能力と同様に宿屋やコテージあるいはエリクサーで回復可能。

メカ

メカ(リメイク版イラスト)

今作から登場する種族。
ロボットのような機械の種族。
戦闘では成長せず、アイテムを装備することでステータスが上昇する。
また、装備品によって上昇するステータスの値は人間やエスパーとは異なる独自の値が採用されている。
魔力だけは上昇しないため、魔力を上げたい場合は、秘宝「魔力のマギ」を装備する。

特殊能力は、メカの特性である「マヒ/毒」のみ習得可能。
また、防具は同じ部位の物を複数装備することができる。
アイテムを装備した場合、使用回数が半減し、装備から外す際にさらに半減する。
また、装備中のアイテムは使用回数が0になっても消滅せず、宿屋などで使用回数を回復することができるが、回復する上限は、最大使用回数の半分にとどまる。
技に分類される武器や使用回数制限がない武器は、付け外ししたり宿屋に泊まっても使用回数が変わらない。装備品の脱着によりHPを回復することも可能。
また、弓や銃に分類される武器を装備して攻撃すると、ダメージが増加する。
全種族の中で最も攻撃が強い。

モンスター

モンスター(リメイク版より)

そのまま、モンスター。
戦闘では成長せず、敵を倒した際に敵が落とす肉を食べて別のモンスターに変身することで成長する。
変身後にどのモンスターになるかには一定の法則があるが、肉を食べる前より強くなることも、逆に弱くなることもある。
敵として登場するモンスターと同じモンスターに変身した場合は、変身後のステータスや特殊能力も、敵として出現する同名のモンスターと同じである。
また、敵の肉を食べて変身することでのみ出現する専用のモンスターもいる。
基本的には装備品を装備することはできないが、秘宝だけは装備することができる。
戦闘時は、モンスターごとにそれぞれが持つ特殊能力で戦う。
一部の例外として、モンスター「だいあくま」はアイテムを標準装備している。また、「アンサラー」などの持つ特殊能力「カウンター」は、なぜかアイテム扱いになっており、取り外しが可能。
ただし一度取り外すと再度装備することが不可能となってしまい、外した状態で宿屋に泊まるとハングアップしてしまうことから、この仕様はバグであると思われる。
アイテムを取り外してしまった場合のハングアップを防ぐ方法は、アイテムを取り外したモンスターを宿屋に泊まる前に別のモンスターへ変身させることである。

パラメータ

HP

耐久力。
敵からの攻撃でダメージを受けると減り、0になると気絶して行動不可能になる。
行動不能のまま戦闘が終了すると、HP1となっている。
減ったHPはアイテムや魔法などで回復することができる。
その場合の宿屋の料金は、減少した数値分になる。

剣や斧などの白兵戦用武器を使用した時のダメージに関わる数値。
銃の場合は命中率に関わる。

防御

敵からの物理攻撃を受けた際のダメージの数値に関わる。
防御力が高ければダメージが減らせる。

素早さ

戦闘時、先制攻撃できる確率や敵の物理攻撃の回避率などに関わる。
レイピアなどの小剣類のダメージや弓の命中率にも関わる。

魔力

魔法での攻撃力や回復力に関わる。
また、敵からの魔法攻撃を受けた時のダメージ軽減にも関わる。

『Sa・Ga2 秘宝伝説』のゲームシステム

基本システムは前作とほぼ同じだが、今作ではそれに加え、アイテムでステータスの上限を上げられるようになったり、敵がアイテムを落とすシステムが追加されたりしている。
モンスターの種類や出現数も増加している。

特殊能力

主にエスパーとモンスターの種族が持つ特殊な能力。
通常のRPGでいうところの魔法にあたる能力。
通常の武器とは違い、使用回数が切れても消滅せず、宿屋やアイテムで回復が可能。
攻撃以外にも補助や回復に役立つ能力などがある。

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

サガ フロンティア2(サガフロ2、SaGa Frontier 2)のネタバレ解説まとめ

『サガフロンティア2』とは、現スクウェア・エニックスが1999年に発売したプレイステーション用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズとしては8作目、『サガフロンティア』シリーズでは2作目に当たる。 シリーズの特徴であるフリーシナリオは、今作では年代順にシナリオを追っていく「ヒストリーチョイス」システムとして採用されている。術が一般化している世界を舞台に、術が使えないギュスターヴ13世と時代の影で起こる災いに立ち向かうウィリアム・ナイツとその一族を主人公に、約100年に及ぶ物語が描かれる。

Read Article

ロマンシング サ・ガ(ロマサガ1、Romancing SaGa)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ』とは、1992年1月28日に現スクウェア・エニックスから発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 ゲームボーイ用ソフト『Sa・Ga』シリーズのスタッフが新たに手掛けた意欲作。最大の売りは、当時まだ珍しかった自由度の高い「フリーシナリオシステム」を採用したこと。それぞれ異なる事情を抱えた8人の主人公から1人を選んで自由に世界を冒険するうち、伝説の邪神と戦うこととなる。

Read Article

魔界塔士 Sa・Ga(The Final Fantasy Legend)のネタバレ解説まとめ

『魔界塔士Sa・Ga』とは、1989年12月15日に現・スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)専用ソフト。ジャンルは当時、携帯機のGBでは不可能といわれた初のRPGで、当社初のミリオンソフトとなった。 サガシリーズの記念すべき第1作目。経験値やレベルの概念がなく、キャラクターの種別によって成長方法が異なるという斬新なシステムで注目された。舞台は1本の塔によって結ばれた4つの世界。その塔の頂上には楽園があるという。その楽園を求めて主人公は塔への冒険に旅立つ。

Read Article

ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3、Romancing SaGa 3)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ3』とは、1995年に現スクウェア・エニックスより発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。サガシリーズの6作目にあたり、ロマサガシリーズの3作目にしてシリーズの集大成との呼び声も高い。シリーズの特徴であるフリーシナリオの他、ミニゲームも充実。グラフィックや演出、音楽などの点で特に評価が高い。8人の主人公から1人を選び、「死食」がもたらす数々の謎を解き明かす冒険の旅に出る。

Read Article

時空の覇者 Sa・Ga3(Final Fantasy Legend III)のネタバレ解説まとめ

『時空の覇者 Sa・Ga3』とは、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ専用ソフト。サガシリーズの完結編。今作がGB最後の作品となった。システムは前2作とは異なり、経験値でレベルアップするというオーソドックスなものに変更され、武器や魔法の使用回数制限も撤廃された。滅びの未来を変えるため過去へ送られた3人の若者たちが、仲間と共に時空を超えて異次元の神と戦う物語。

Read Article

サガ フロンティア(サガフロ、SaGa Frontier)のネタバレ解説まとめ

『サガ フロンティア』とは、現:スクウェア・エニックスが1997年7月11日に発売したプレイステーション用ソフトで、ジャンルはRPG。サガシリーズの7作目にあたる。主人公は7人の中から1人を選び、それぞれ違ったストーリーが展開する。今作ではこれまでのファンタジー路線に加えSF要素も盛り込まれている。また今作より「連携」システムが搭載された。多数の小世界「リージョン」を舞台に、7人の主人公たちがそれぞれの物語を紡いでいく。

Read Article

ロマンシング サ・ガ2(ロマサガ2、Romancing SaGa 2)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ2』とは、スクエア(当時)が開発したSFC用のRPGである。特徴は、決まった流れを追うのではなく、フリーシナリオを採用している点と、レベルに関係なく技を習得する閃きシステムが挙げられる。プレイヤーはバレンヌ帝国の皇帝となり、かつて世界を救った「七英雄」と対峙していくこととなる。その戦いは世代を超えて続き紡がれる。

Read Article

目次 - Contents