ジョジョ・ラビット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョジョ・ラビット』とは第二次世界大戦下のドイツを舞台にした珠玉のヒューマン・ドラマである。
主人公のジョジョは10歳の少年。空想上の友達であるアドルフの助けを借り立派な兵士になろうと奮闘するが、心優しいジョジョは、訓練でウサギを殺すことができず「ジョジョ・ラビット」とあだ名を付けられてしまう。そんなある日、自宅にユダヤ人の少女が匿われていることに気づく。
戦争への辛口のユーモアをきかせたハートフルなコメディの形を取りながら、困難な環境にあっても輝く希望を失わない人々の物語である。

『ジョジョ・ラビット』の概要

『ジョジョ・ラビット』(原題『Jojo Rabbit』)は、2019年のトロント国際映画祭で、大本命『ジョーカー』を抑え観客賞を受賞したことで一躍脚光を浴びた作品だ。
2020年の第92回アカデミー賞でも脚色賞を受賞している。
他にも、第73回英国アカデミー賞でも脚色賞を受賞しており、サウンドトラックは第63回グラミー賞で最優秀ビジュアルメディア向けコンピレーション・サウンドトラック賞を受賞した。
初公開は2019年のトロント国際映画祭。その後、アメリカで2019年10月に公開、日本では2020年に公開された作品だ。

監督・脚本は『マイティ・ソー バトルロワイヤル』を手がけたことで有名なタイカ・ワイティティ。
子役たちの名演技はもちろん、スカーレット・ヨハンソン、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソンと実力派のトップスターたちの共演も見逃せない。

物語の舞台は、第二次世界大戦下のドイツ。
主人公は、少年らしいまっすぐで素直な気持ちを持つ10歳の少年ジョジョ。カッコよくて強い男の代表である『アドルフ・ヒトラー』に憧れている。
しかし心優しいジョジョは、訓練でウサギを殺すことすらできず「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名を付けられてしまう。
家の中の隠し部屋に住む、強く聡明なユダヤ人の少女との出会いをきっかけに、大人たちによって吹き込まれた話が本当ではないと気がつき、価値観を変えていく。

子供の素直な目を通して描かれている本作は、大人たちの語る「事実」がいかに不確実かということを、ブラックジョークを交えながら鮮やかに描き出している。
「認められたい」「早く大人になりたい」「かっこいい」という少年たちの無知や純粋さが利用され、洗脳されていたことに気が付くことができる映画だ。
同じく第二次世界大戦下を舞台にした、強制収容所におけるユダヤ人親子の愛を描いた映画『ライフ・イズ・ビューティフル』に次ぐ名作との呼び声が高い。

なお原作はクリスティン・ルーネンズの『Caging Skies』。映画化する過程で、監督脚本のタイカ・ワイティティによって脚色が加えられている。

『ジョジョ・ラビット』のあらすじ・ストーリー

憧れのヒトラー・ユーゲントの合宿へ

憧れのヒトラーユーゲントの合宿に参加して笑顔のジョジョ。横には親友のヨーキー。

時は第二次世界大戦下、ドイツ。10歳のジョジョはひどく緊張していた。今日から憧れの青少年集団ヒトラーユーゲントの合宿が始まるのだ。
「僕にはムリかも」と弱音を吐くが、空想上の友達のアドルフに「お前はひ弱で人気もないが、ナチスへの忠誠心はピカイチだ」と励まされ、気を取り直して家を出る。

合宿でジョジョたち青少年を待つのは、戦いで片目を失ったクレッツェンドルフ大尉や、教官のミス・ラームらの指導によるハードな戦闘訓練だった。
合宿1日目を終えたジョジョは、唯一の現実の友達であるヨーキーとテントで眠りにつく。
翌日、ウサギを殺せと言われたジョジョは、その命令をこなすことができなかった。教官から父親と同じ臆病者で「ジョジョ・ラビット」だなと馬鹿にされる。
父親は2年前から音信不通で、ナチスの党員たちは脱走したと決めつけていたのだ。

森の奥へと逃げ泣いていたジョジョは、「ウサギは勇敢で狡賢くて強い」とアドルフから励まされる。
ジョジョは元気を取り戻し、張り切って手榴弾の投てき訓練に飛び込むが、失敗して大怪我を負ってしまう。

ジョジョの母親ロージーは勇敢で聡明な女性だ。
広場で反ナチの疑いで絞首刑になった人々を見て思わず目を逸らすジョジョに、目を背けさせないようにするロージー。
「この人たちは何をしたの?」と聞くジョジョに、ロージーは「できることをしたのよ」と返す。
ロージーがユーゲントの事務所に抗議に行った結果、ジョジョは怪我が治るまで奉仕活動をすることになったのだった。

ジョジョ、自宅に隠れ住む少女を発見

ジョジョに見つかってしまったエルサ。壁の隠し部屋から出て、「通報すれば?あんたもお母さんも協力者だと言うわ。全員死刑よ」とジョジョを脅す。

その日、帰宅したジョジョは亡くなった姉のインゲの部屋で隠し扉を発見する。中にはひとりのユダヤ人の女の子が匿われていた。
驚くジョジョを、少女は「通報すれば?あんたもお母さんも協力者だと言うわ。全員死刑よ」と脅した。

少女の名前はエルサ。インゲの友人である彼女を隠し扉の中に匿ったのは、ジョジョの母親ロージーだった。

予測不能の事態にパニックになるジョジョだったが、考え抜いた末にエルサに「ユダヤ人の秘密を全部話す」と、住み続けるための条件を持ちかける。
ユダヤ人を壊滅させるための本を書けば、ナチスのためになると考えたのだ。
ヒトラーに送って認められれば、親友にもなれるかもしれない。
その日から、エルサによる「ユダヤ人講義」が始まった。

ジョジョ、ユダヤ人少女と秘密の交流を開始

ジョジョのためにユダヤ人に関する講義をするエルサ

学校やキャンプで「ユダヤ人は下等な悪魔だ」と習っているジョジョは、その考えに基づいてエルサに質問をする。
「ツノはどこにあるの?」「コウモリのように逆さで眠るの?」というように。
しかし聡明で教養とユーモアを持つエルサによってジョジョの洗脳された考えはやがて解け、真実を知ることになる。
ユダヤ人も暖かい肌をもち、赤い血が流れ、愛を知る、同じ人間であるという事実。
大人たちから教えられていたのは、子供を騙すための都合の良い嘘だったことにジョジョは気がついていく。

「世界で一番強いのはミサイル、次がダイナマイトで、その次が筋肉」と語る10歳のジョジョは、戦争と戦争ごっこの違いすら分かっていないのだ。
実際に街が戦場になるその時まで、ジョジョには分からない。
そんなジョジョに母とエルサは愛の強さと大切さを教える。
「恋をした時には分かるわ。感じるのよ、痛みを。(略)お腹によ。まるでチョウチョでいっぱいになったみたいになるの」と語るロージー。
また、ドイツが負けて戦争が終わることを待ち望んでいるロージーは、ジョジョともダンスを踊る。
「人生は贈り物よ。楽しまないとダメ。神に生きていることの感謝を捧げるためにダンスを踊るのよ」
「ダンスは自由な人のすることよ。全てから解放されるの」

母に内緒で交流を続けていく中で、エルサの話とエルサ自身に次第に惹かれていくジョジョ。
自分は顔に傷ができて醜いため、キスのチャンスもないだろうと語るジョジョに、エルサは「キスしてあげようか?」とからかう。
「ナチスとユダヤ人のキスは禁じられている」「同情のキスはいらない」と焦って断るジョジョ。
そんなジョジョに、「あんたはナチスじゃない。カギ十字と軍服と戦争ごっこが好きな10歳の男の子」とエルサは諭すのであった。

秘密警察のゲシュタポが突然ジョジョの家の家宅捜索に訪れた時も、持ち前の機転で「インゲ」になりすましてなんとかその場を誤魔化すことに成功。
ジョジョとエルサの絆は強まっていく。

そんな中、母ロージーの反ナチス運動がバレ、彼女は処刑されてしまった。

ジョジョ、自分のできることをする

ジョジョから聞いた「勝ったのはドイツ」は嘘だったと知り、思わずジョジョの頬を叩くエルサ。

たった一人の家族を失ったジョジョは街を回って食べ物を探し、家ではエルサと絵を描いたりして過ごす。
ある日、鉄屑を探すために歩いていたところ、大きな爆発音が聞こえた。アメリカ軍の襲撃が来たのだ。
人の流れに沿っていると親友ヨーキーと再会する。そこでジョジョは、たくさんの戦闘機と兵士が襲ってきていることと、ヒトラーが自殺したことを知った。

街は戦場になっていく。必死に逃げるジョジョは建物の地下に身を潜め、全てが終わるのをじっと待った。
物音が収まりジョジョが外へ出てみると、世界は変わり果てていた。家にエルサが一人でいることを思い出したジョジョは急いで帰宅する。

外で鳴り響く音に、一人怯えていたエルサ。
エルサにどちらが勝ったのか聞かれ、「ドイツ」と嘘をつくジョジョ。そしてエルサにパリへの脱出計画があると告げる。
鏡の中の自分に「ジョジョ・ベッツラー。10歳半。今日、僕はできることをする」と語りかけるジョジョ。
エルサと家を出るために支度をするジョジョをアドルフは止めるが、ジョジョはアドルフを思い切り蹴飛ばして外へ放り出し、玄関で待っているエルサの元へ行く。
嘘がバレて怒られるかもしれない、愛するエルサも失って一人ぼっちになるかもしれないという不安もあるが、自分のできることをすると決めたのだ。

おそるおそる外に出るエルサが見たのは、アメリカ国旗と大量のアメリカ兵だった。
ジョジョが嘘をついていたことに気がつき、思わず彼の頬を叩くエルサ。
一変した街の中で戦争の終わりを感じた二人は、自由の象徴であるダンスをゆっくりと踊り出すのであった。

『ジョジョ・ラビット』の登場人物・キャラクター

主要人物

ヨハネス・”ジョジョ”・ベッツラー(演:ローマン・グリフィン・デイビス)

画面右側がジョジョ。想像上の友達であるアドルフに励まされている

吹替版:山崎智史

ナチスが支配する古風で趣のある町フォルケンハイムに暮らす10歳の少年。
夢だったヒトラーユーゲントに入隊するも、合宿2日目に「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名を付けられてしまう。
エルサとの出会いで、価値観を変えていく。

アドルフ・ヒトラー(演:タイカ・ワイティティ)

画面中央 アドルフがコミカルな様子でジョジョとジャンプしている

吹替版:間宮康弘

ジョジョの空想上の友達(イマジナリー・フレンド)
ジョジョが不安になるたびにいつでも叱咤激励してくれる存在。
エルサと次第に仲良くなるジョジョに苦言を呈する。

ジョジョの関係者

osu16gc1
osu16gc1
@osu16gc1

Related Articles関連記事

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

マイティ・ソー バトルロイヤル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

マイティ・ソー バトルロイヤル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

2017年に公開された、マーベルコミックスのヒーローである雷神ソーを主役としたシリーズの第3作品目。人気ヴィランのロキもソーと共に故郷アスガルドのために戦うことから、トレイラーの公開時から大きな話題になっていた。ソーの姉である死の女神ヘラが復活したことでアスガルドは大きな混乱に陥った。アスガルドを守るため、ソーは無敵の怪物ハルクと自分の弟であるロキと協力して戦いに身を投じる。

Read Article

私がクマにキレた理由(The Nanny Diaries)のネタバレ解説・考察まとめ

私がクマにキレた理由(The Nanny Diaries)のネタバレ解説・考察まとめ

『私がクマにキレた理由』とは、ベストセラー小説である『ティファニーで子育てを』を原作とした2007年のアメリカ映画。小説版では続編もある。人気ハリウッド俳優のスカーレット・ヨハンソンが主役を務める。就職活動がうまくいかず、なりゆきで上流階級家族のナニー(子守)になってしまったアニーはその家族に振り回される。自分のなりたいものも分からなかったアニーは、子守を通して目標を考えていく。

Read Article

グリーンマイル(The Green Mile)のネタバレ解説・考察まとめ

グリーンマイル(The Green Mile)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリーンマイル』とはホラー小説家スティーヴン・キングのファンタジー小説が原作で、1999年にアメリカで公開されたフランク・ダラボン監督の映画。トム・ハンクスなどの豪華キャストで製作された感動傑作で、2000年度のアカデミー賞で4部門にノミネートされている。物語は1935年のある刑務所の死刑囚棟が舞台で、主人公は看守主任のポール。そこに死刑囚として送られてきた不思議な力を持つ大男の黒人ジョンと、他の看守や死刑囚、ネズミのMr.ジングルスたちとの交流を描いたファンタジーヒューマンドラマである。

Read Article

ジョン・ウィック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョン・ウィック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョン・ウィック』とは、2014年に公開されたアメリカのアクション映画。 監督はチャド・スタエルスキとデヴィッド・リーチ。 主演を務めたキアヌ・リーブスが製作総指揮も行っている。 引退した殺し屋が、大切なものを奪われたことで、たったひとりロシアン・マフィアに戦いを挑む復讐劇を描いており、R15+指定作品となっている。 ジョン・ウィックのアクションシーンが売りである。 日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「見惚れるほどの、復讐。」となっている。

Read Article

ピッチ・パーフェクト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ピッチ・パーフェクト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト』とは、2012年アメリカで公開され、大ヒットしたミュージカルコメディ映画。 トニー賞のミュージカル演出賞にノミネートされたこともあるジェイソン・ムーアが監督を務めた。 孤独を抱えて大学に入学した主人公ベッカはひょんなことからアカペラサークル「バーデン・ベラーズ」に入部する。個性溢れるアカペラガールズが、ヒットチャートを賑わせた大ヒットナンバーをカバーし、大学アカペラ選手権を目指す。彼女たちの葛藤、友情、恋、成長をコメディタッチに描いた青春サクセスストーリー。

Read Article

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』とは、2014年にアメリカで製作された、コメディドラマ映画である。『アベンジャーズ』シリーズなどで知られるジョン・ファブローが監督から主演まで務めている。一流レストランでシェフを務めていたカールは、オーナーと意見が合わないだけでなく、ネットの晒し者となり店を辞めてしまう。そこで心機一転、フードトラックで移動販売を始め、旧友のマーティンや息子パーシーと共にアメリカを縦断することになる。料理を通して、家族の絆の再生を描く心温まる作品。

Read Article

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』とは2017年にアメリカで製作された青春アカペラミュージカル映画。 2012年の映画『ピッチ・パーフェクト』、2015年の映画『ピッチ・パーフェクト2』の続編。 前作で世界アカペラ選手権で優勝し、大学を卒業した「バーデン・ベラーズ」メンバーだったが、実社会の厳しさに揉まれる毎日を送っていた。しかしひょんなことから再結成し、米軍慰問団ツアーに参加することになる。ポンコツぶりを発揮しながらも突き進み、いよいよベラーズは感動の「ラストステージ」を迎える。

Read Article

ピッチ・パーフェクト2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ピッチ・パーフェクト2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト2』とは、2015年にアメリカで大ヒットした青春ミュージカルコメディ映画。 2012年公開『ピッチ・パーフェクト』の続編で、前作で大学アカペラ選手権優勝に輝いたアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」が、数々の失態を乗り越えながら、今度は世界アカペラ選手権優勝を目指す。アカペラへの情熱や将来の夢、不安を抱えながら突き進むポンコツアカペラガールズのその後をコメディタッチで描いている。

Read Article

バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』は2012年にアメリカで公開されたコメディ映画。高校時代の仲良し4人組グループ、通称Bee軍団。卒業してからも付き合いが続いていた彼女達だったが、仕事や恋愛で上手くいかない日々を送っていた。そんな時、内心「ブタ顔」と呼んでバカにしていた仲間の1人から、結婚するという衝撃の告白を受ける。笑顔で祝福しつつも、内心はドロドロの嫉妬心を抱えたガールズ達はドタバタの大暴走を繰り広げる。NYを舞台に、恋に仕事に友情にと奮闘する女性達を描いたブラックコメディだ。

Read Article

目次 - Contents