ソードアート・オンライン アリシゼーション(第10話『禁忌目録』)のあらすじと感想・考察まとめ

%e8%a6%8b%e5%87%ba%e3%81%97%e7%94%bb%e5%83%8f

キリトとユージオの側付きであるロニエとティーゼの姿が見当たらず、キリトは2人を探すために外に出た。入れ違いにならないように部屋に残ったユージオの元に来たのは、ティーゼの同室の初等練士であるフレニーカだった。彼女からロニエとティーゼに危険が迫っていることを知らされたユージオは、1人でウンベールとライオスの部屋へと駆けつける。
今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第10話『禁忌目録』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第10話『禁忌目録』のあらすじ・ストーリー

ロニエとティーゼに迫る危機

1

右にいる少女がフレニーカ。

ある日の夕方、側付きのティーゼとロニエが日課である掃除をするために現れない。キリトとユージオは、遅刻をしたことがない2人を心配し、キリトは雨が降っている外へ2人を探しに行った。ユージオは行き違いにならないように、部屋で待機していた。
キリトが窓から外に出て少し経った頃、部屋のドアをノックする音がした。ユージオはティーゼとロニエが来たと思い、安心した表情を浮かべながらドアを開けた。しかし、そこに居たのはティーゼとロニエではなく、見慣れない1人の少女だった。
少女「あの…、ユージオ上級修剣士殿でしょうか?」
ユージオ「あ…、うん。君は?」
少女「私はフレニーカ・シェキス初等練士です。ご、ご面会の約束もなしにお尋ねして、申し訳ありません。」
少女はティーゼと同室の初等練士・フレニーカだったのだ。
フレニーカ「でも私!どうしていいか分からなく…。」
ユージオ「君がフレニーカか…。」
フレニーカ「あの、ユージオ修剣士殿にはこの度、私とウンベール・ジーゼック殿とのことでご尽力を賜り、心より感謝してます。ですが、ジーゼック殿は本日の夜間に私に…、その…、この場では少々説明の難しいご奉仕を命じておられまして…。わ、私…、このようなご命令が続くくらいなら、い…いっそ学院を辞めようと思って…、そう…、ティーゼとロニエに打ち明けたのです。それを聞いた2人は直接ジーゼック殿に嘆願すると言って寮を出て行ったのですが…、待っていても戻って来なくて…。」
ユージオ「何だって…!」
フレニーカの歯切れの悪い説明を聞いたユージオは、嫌な予感がして青ざめた。ユージオはフレニーカをその場に残して、ライオスとウンベールの部屋へと急いで向かった。
ユージオ「最初からそれが目的だったのか!僕じゃなくティーゼたちを!」

2

捕らわれたティーゼとロニエ。

ユージオがライオスとウンベールの部屋に入室すると、部屋には何やら怪しげな香が焚かれており、ティーゼとロニエの姿は見当たらなかった。
ユージオ「本日、この部屋に僕の側付きであるティーゼ・シュトリーネン初等練士とキリト修練士の側付きであるロニエ・アラベル初等練士が尋ねて参りませんでしたか?」
ライオス「ふーん、あの2人はユージオ殿とキリト殿の側付きであったか。全生徒の頂点に立つ首席および次席の修剣士に突然の面会を求めるとは、実に勇敢な初等練士たちだなあ。流石、2人の側付きだ。ただ、気をつけなければならないよ。威勢の良さは時として非礼になり、不敬ともなる。そうは思わないか?ユージオ修剣士殿。」
ユージオ「ご高説はまたの機会に拝聴します。ティーゼとロニエは今どこにいるのです!」
ユージオの声を荒げた質問に、ライオスとウンベールは何かを企んでいる笑みを浮かべた。黙ったまま2人は部屋に隣にある寝室のドアを開け、ユージオを招き入れた。ユージオが寝室に入ってみると、ベッドの上に縛り上げられて猿ぐつわを噛まされたティーゼとロニエの姿があった。
ユージオはティーゼとロニエの姿に絶句した後、怒りを込めて「一体どういうことですライオス殿!」と抗議の声を上げた。ライオスとウンベールは冷静な声でユージオに説明を始めた。
ライオス「これはやむを得ない措置なのだよ、ユージオ殿。シュトリーネン初等練士とアラベル初等練士は、我らに甚だしい非礼を働いたのだからな。」
ユージオ「…非礼とは!」
ウンベール「あの下級貴族の娘どもは、こともあろうに4等爵氏のこの私が自分の側付きを理由なく虐げ、欲望を満たしてるなどと侮辱してくれたのよ。次席上級修練士としてフレニーカを正しく導こうとしてるこの私をだぞ?」
ライオス「それだけではないのだよ、ユージオ殿。あの2人は、ウンベールと同室の私にも責任があるなどと道理の通らぬことを言ってくれてね。よもや6等爵家の娘ごときに3等爵家の長子たるこの私が、貴族の誇りはないのですかなどと言われようとは。」
ユージオ「ですがライオス殿、仮にそのようなことがあったとしても、縄で縛り上げ寝室に閉じ込めるなど修剣士懲罰権を甚だしく逸脱した行いでしょう!!」
ライオスはユージオの言葉を聞くと、「修剣士懲罰権?」とバカにしたような笑みを浮かべた。
ライオス「学院規則にはこう記してあるのをお忘れかな?『なお、全ての懲罰において上級法の規定を優先する』と。上級法とは禁忌目録!そして帝国基本法のことだ!つまり、3等爵家の長子たる私は6等爵家のあの娘たちに修剣士懲罰権ではなく貴族裁決権を行使できるということなのだよ!」
ライオスがこの言葉を言い終わらないうちに、ライオスとウンベールはベッドに座り、ティーゼとロニエを凌辱しようとし始めた。
ユージオは「止めろー!」と言って2人を止めようとしたが、「動くな平民!これは帝国基本法および禁忌目録に則った正当厳粛な貴族の裁決である。そして、裁決権の妨害もまた重大な違反行為!そこから1歩でも動いたら、お前は法を破った罪人となるのだ!」とユージオを指さして言ったライオスの言葉に足が止まってしまった。
ユージオ「そんな…!足が…!」
ユージオの足は、アリスが連行された時と同じように動かなくなってしまったのだ。

破れた封印

3

ユージオの右目に再び何かの封印に関する文字が浮かび上がる。

ユージオに助けを求めるティーゼとロニエの声が聞こえ、ユージオは必死に足を動かそうと力を込めた。ユージオの脳裏には、「例え法で禁じられていなくとも、してはいけないことは存在するし、また逆に法で禁じられてたとしても、しなきゃいけないこともあるかもしれない。」というキリトの言葉が蘇っていた。
ユージオ「友だちのために勇気を振り絞って行動を起こしたティーゼとロニエに、これだけの残酷な罰を与える法…!その彼女たちを罠にかけ、辱めようとしてるライオスとウンベールを止められない法!そんな法を守ることが善だというなら…、僕は…僕は…!」
ユージオが青薔薇の剣を抜こうと右手に力を込めた時、ユージオの右目が赤くなり、何かの文字が浮き上がった。
ユージオ「何だ…、これは!これは…、あの時と同じ…!許せない…、絶対に…!」
ユージオの右目に浮かんだ文字は、アリスが連行されるのを止めようとした時に同じ右目に浮かんだのと同じ文字のようだ。アリスを救えなかったようにティーゼとロニエを救うことも出来ないのかと感じたユージオは、ライオスとウンベールだけでなく、2人を救うことが出来ない自分も許せなくて怒りが迸った。ユージオは叫びながら剣を抜き、ウンベールの左腕を切り落とした。ユージオが剣を抜いた瞬間、何かの封印が解かれたようにユージオの右目が潰れ、血が噴き出した。

5

イメージの力を込めて対峙するライオス(左)とキリト(右)。

左腕を切られたウンベールは悲鳴を上げ、ライオスに神聖術で治してほしいとお願いする。しかしライオスはウンベールの言葉を聞こうとせず、ユージオの顔を見ると壁にかけられていた自分の剣を手に取った。
ライオス「素晴らしい!こんな!ここまでの禁忌を犯す人間を、私は初めて見た!貴族裁決権の対象は原則として下級貴族と私領地民だけだが…、禁忌を犯した大罪人とあらば、その限りではない!ククク…、私は剣で人の首を落とすのは初めてだ。これで私はさらに強くなる!ユージオ修剣士、いや、大罪人ユージオ!3等爵家嫡男たるこのライオス・アンティノスが、汝を貴族裁決権により処刑する!」
ライオスはユージオの首に剣を振り落すが、ユージオは先ほどウンベールの左腕を切り落とした際に気力を使い果たしてしまい、動くことができない。しかし、ライオスの剣を受け止めてユージオを救った人物がいた。それは、外から部屋に戻ってフレニーカから話を聞き、急いでライオスとウンベールの部屋に駆けつけたキリトだった。
キリト「剣を引けライオス!お前にユージオは傷つけさせない!」
ライオス「ようやくお出ましか、キリト修剣士殿!しかし少々遅すぎたぞ!そこの田舎者は、禁忌目録に背いた大罪人だ!お前こそそこで下がって見ていろ。いつぞやの花のように、この罪人の首が落ちる様をな!」
キリト「禁忌だの貴族の権利だの知ったことか!ユージオは俺の親友だ!そしてお前は、闇の国のゴブリンにも劣るクズ野郎だ!」
ライオスはキリトの言葉に衝撃を受けた表情を浮かべるが、すぐに他人をバカにしたような笑みの表情に戻り、キリトに言い返した。
ライオス「ククク!辺境の田舎者同士、仲良く大逆の罪を犯してくれるとはな…!これで、私は揃ってお前たちを処分できる訳だ。なんという良き日か!これぞステイシア神の導きというものだ!」
ライオスはキリトから一旦剣を引くと、イメージの力で剣を長くしてキリトに切りかかろうとした。キリトはユージオを庇うように立ち、「大丈夫だ。」とユージオに語りかけた。キリトも剣を構え、イメージの力を剣に込めた。すると、キリトの周りの空間に緑の光が迸った。一方、ライオスの周りには赤い光が迸っている。
ライオス「ククク!そんな代物は我が秘奥義で打ち砕いてくれるわ!」
キリト「来い、ライオス!」
その言葉を合図にライオスはキリトに切りかかり、キリトは再びライオスの剣を受け止める。ライオスはそのまま押し倒そうと力を込め、キリトは押されて左膝を床についてしまった。しかしキリトは力を込めてライオスの剣を押し返すと、ライオスの剣を弾き飛ばした勢いのままライオスの両腕を切り落とした。
ライオスは悲鳴を上げた。
ライオスはウンベールに助けを求めたが、ウンベールも左腕を切られていたためライオスを救うための行動は取れなかった。ライオスは混乱したまま仰向けで床に転がり、「天命!血!禁忌!天命!禁忌!天命!禁忌~!」と狂ったように叫んだ。
キリトは衣服を脱がされかけた姿になっているティーゼとロニエにシーツをかけると、2人を縛っていた縄を2本取り、ライオスの所へ向かった。「これで止血を…。」とキリトはライオスに言いかけたが、ライオスは「天命!禁忌!天命!禁忌!天命!ききき!」と機械がエラーを起こしたような不自然な話し方になっており、キリトは異常を感じて言葉を飲み込んだ。するとライオスの姿が突然歪み始め、周囲が呆気に取られて見つめているうちに歪みは収まったが、同時にライオスは何も叫ばなくなり、微動だにしなくなった。
キリトはライオスの様子を見て、「今のは一体…?フラクトライトに何かあったのか?」と冷静に分析した。一方ウンベールは「人殺し!化け物!」とキリトを罵りながら、助けを求めて部屋を飛び出した。

7

再び現れた謎の白い顔。

8

ユージオとキリトは、ティーゼとロニエの耳を塞いだ。

自由になったティーゼとロニエはユージオに近づき、「ごめんなさい…。」と謝罪した。2人は不安と恐怖で押しつぶされそうになっていたため、ティーゼはユージオに、ロニエはキリトに縋りついて涙を浮かべた。
ティーゼ「ごめんなさい、ユージオ先輩…。私、私のせいで…。」
ユージオ「違うよ。ティーゼのせいじゃない。僕の…、僕の考えが足りなかったからだ。ティーゼには何の責任もない。」
ティーゼ「でも…、でも…。」
ユージオ「いいんだ。ティーゼとロニエは無事だったんだから。僕の方こそ謝らなきゃ。ごめん、怖い思いをさせてしまって。」
ユージオはティーゼの頭を撫でると、安心させるように抱きしめた。キリトもロニエを安心させるために、ロニエの背中に手を回して抱きしめていた。
するとキリトの視線の先で突然空間が歪み、人形のような白い顔が現れた。その顔を見た時、ユージオは「前にどこかで…、僕はずっと昔、どこかであいつを見ている…。」と考えて、どこでその顔を見たのか思い出そうとしたが思い出せない。
謎の白い顔が何かを話そうとして口を開いた時、キリトは咄嗟に「ティーゼたちに聞かせるな!」とユージオに注意して、2人はティーゼとロニエの耳を塞いだ。謎の白い顔は「シンギュラーユニット、ディテクティド、IDトレーシング、コーディネート、フィックス、リポート、コンプリート。」と謎の言葉を告げて、現れた時と同じように突然消えた。
その後、ユージオは気づいたように「そうだ…、僕はもう…、あのゴブリンたちと同じだ…。」と小さな声で呟き、俯いた。ユージオは「他人の天命を奪ってはいけない」という禁忌を破った。禁忌を破った者は、人界に住む者とは認められず、罪人となる。ユージオはそのことに気づき、自分は暗黒界に住むゴブリンと同じ存在になってしまったと感じ、後悔の念が芽生えてしまったのだ。
キリトはそんなユージオの肩に手を置き、ユージオの目をまっすぐ見ながら断言した。
キリト「お前は人間だ、ユージオ。俺と同じ。いくつも間違いを犯しては、その今を探してあがき続ける人間なんだ!」
ティーゼはハンカチを取り出し、ユージオの右目から流れ落ちる血を拭った。キリトの言葉とティーゼの行為に、ユージオは少しだけ救われたように感じた。

思わぬ再会

10

アリス・シンセシス・サーティ。

キリトとユージオはその後、学院内にある懲罰房に入れられ、一夜を過ごした。次の日の朝、アズリカ先生が2人の独房を訪れ、「出なさい。」と告げた。キリトとユージオが独房の入り口に行くと、アズリカ先生はユージオの右目に手を当て、「システムコール。ジェネレート・ルミナス・エレメント。リコンストラクト・ロスト・オーガ。」と唱えた。するとユージオの右目が元通りに治った。ユージオはアズリカ先生に頭を下げ、「ありがとうございます、アズリカ先生!」とお礼を言った。
アズリカ先生「いえ。それより、ユージオ修剣士、そしてキリト修剣士。あなたたちを迎えの者に引き渡さねばなりません。その前に、これだけは言っておきます。」
アズリカ先生はユージオの肩に手を置き、ユージオの目をまっすぐ見ながら告げた。
アズリカ先生「ユージオ修剣士、あなたは私に破れなかった封印を破った。ならばきっと、私に行けなかった所まで行けるはず。その剣と、そして友を信じなさい。」
次にアズリカ先生はキリトの方を向き、肩に手を置いた。
アズリカ先生「キリト修剣士、あなたが何者なのか、私にも遂に分かりませんでした。ですが、あなたがあの塔に達した時、きっと何かが起きる…。その先に光があらんことを、私はこの場で祈っています。ずっと…。」
キリトとユージオは、アズリカ先生の目を見返しながら、彼女を言葉を受け取った。

キリトとユージオが連れられて行った先には、青いマントを身に付けておさげにした金髪を垂らした人物が、2人の方に背を向けて立っていた。ユージオはその人物の後姿を見ながら、「この青色と金色の組み合わせ…、どこかで見たことがあるような…。」と考えた。しかしその人物がキリトとユージオの方を振り向いた途端、ユージオの目は驚きで大きく見開かれた。
迎えの者「セントリア地域統括公理教会整合騎士、アリス・シンセシス・サーティです。」
迎えの者とは、ユージオが探していた幼馴染の少女アリス・ツーベルクにそっくりの人物だったのだ。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第10話『禁忌目録』の感想・考察

sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

ソードアート・オンライン(Sword Art Online、SAO)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ソードアート・オンラインII(Sword Art Online II、SAO II)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

灰と幻想のグリムガル(Grimgar of Fantasy and Ash)のネタバレ解説まとめ

『灰と幻想のグリムガル』とは、十文字青によるライトノベル小説が原作となった、アニメ作品。 小説は2013年より刊行、アニメは2016年1月より全12話構成で放送された。 また『月刊ガンガンJOKER』にて、2015年5月号から2016年7月号まで漫画も連載されている。 ある日突然グリムガルという異世界で目を覚まし、名前以外の記憶がなくなってしまった若者たちの冒険の物語。

Read Article

マギ(Magi: The Labyrinth of Magic)のネタバレ解説まとめ

中東をモチーフにした魔導冒険ファンタジー「マギ」は、作者の大高忍(おおたかしのぶ)が週刊少年サンデーで連載している漫画作品。古の滅びた世界から干渉を試みる謎の組織「アルサーメン」の暗躍により滅びの兆しを見せ始める世界で、創世の魔法使い「マギ」の少年・アラジンは、迷宮攻略を目指すアリババらと出会い、世界の異変や悲劇、戦争を止めるべく奔走していく。

Read Article

僕だけがいない街(僕街、ERASED)のネタバレ解説まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説まとめ

『冴えない彼女の育てかた』とは丸戸史明によるライトノベル、およびそこから派生する漫画、アニメ、ゲーム作品。 物語の主人公とあるオタク高校生が、とある少女をメインヒロインとした同人ゲームを作るためにサークルを立ち上げる。好きなことには熱中するその性格で、メンバー内のもめごとや納期、ライバル同人サークルとの対立など、様々な困難を乗り越えながら奮闘する物語。

Read Article

四月は君の噓(君噓、Your Lie in April)のネタバレ解説まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「亜人ちゃんは語りたい」とは、ペトスによる漫画及びA-1 Pictures制作のアニメーション作品。人間とは少し違う体質を持った「亜人」と人間が共存する世界の日常物語。主人公で高校教師の「高橋鉄男」は亜人に対して興味を持っていたが、人生でまだ一度も亜人と出会ったことが無かった。しかし新学期が始まると「小鳥遊ひかり」「町京子」「日下部雪」「佐藤早紀絵」の4人の亜人に出会った。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第6話『アリシゼーション計画』)のあらすじと感想・考察まとめ

ラースの研究施設「オーシャン・タートル」への潜入に成功したアスナは、菊岡にキリトの居場所はどこかと詰め寄る。そこで菊岡に明かされたのは、想像を絶する壮大な目的を持つ「ソール・トランスレーター」を使った計画である「アリシゼーション計画」と、その計画でのキリトの役割だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第6話『アリシゼーション計画』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第11話『セントラル・カセドラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

禁忌目録に違反したキリトとユージオは罪人となり、セントラル・カセドラルの牢屋に投獄されることになった。2人を連行するために姿を現したのは、何と整合騎士になったアリスだった。しかしアリスはユージオのことを覚えておらず、雰囲気も幼い時とは全く違う物に変わっていた。 一方、現実世界では、キリトの回復を待つアスナの前に奇妙な姿のロボットが現れる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第11話『セントラル・カセドラル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第3話『果ての山脈』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトはユージオと出会った次の日、ルークリッド村で、6年前にアリスという少女が王都に連れて行かれた事件について知る。そんな中、アリスの妹・セルカが危険な果ての山脈へ行ってしまい、キリトとユージオはセルカの元へ駆けつけた。そこでは凶暴なゴブリンがセルカを捕まえており、キリトとユージオを殺そうとする。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第3話『果ての山脈』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第7話『剣の学び舎』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオはルーリッドの村を出て央都セントラルに着き、北セントリア帝立修剣学院で剣士になるために学ぶ日々を送っていた。キリトが側付きとなった学院次席のソルティリーナは、キリトの剣術にまだ見せていない強さがあると見抜き、キリトは彼女の卒業までにまだ見せていない技を見せると約束する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第7話『剣の学び舎』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、ライトノベル『ソードアート・オンライン』を原作とするアニメである。 キリトは過去に因縁がある死銃事件の実行犯による襲撃を受け、昏睡状態に陥る。キリトが目覚めると、そこは現実世界とそっくりな仮想世界・アンダーワールドだった。彼はそこで出会った少年・ユージオと共に、世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指す。 現実世界での極秘プロジェクトと仮想世界での事件がリンクする世界観で、冒険や絆、バトルを描くSFアクション系ファンタジー。

Read Article

NEW

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第12話『図書室の賢者』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下牢からの脱出に成功したキリトとユージオは、整合騎士エルドリエ・シンセシス・サーティワンに遭遇し、戦闘になる。その最中エルドリエが人間としての記憶を失っていることに気づいた2人は、エルドリエに過去の記憶を思い出すように呼びかけるが、更なる追手が迫って来た。 絶体絶命の2人を救ったのは、カーディナルと名乗る1人の不思議な少女だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第12話『図書室の賢者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第4話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオは大怪我を負いながらも、ゴブリンたちの手からセルカを救い出すことに成功した。またゴブリンを退治したことで、ユージオは青薔薇の剣を使えるようになり、キリトに剣術を教えてもらう。そして無事にギガシスターを切り倒した二人は、剣士になるために旅立つ。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第4話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第8話『剣士の矜持』)のあらすじと感想・考察まとめ

学院首席のリーバンテイン先輩との手合せで、引き分けの結果になったキリト。そんなキリトの試合を見たソルティリーナは、独自流派であるセルルト流の後継者である自分への自信を持ち、修剣士検定試合で首席の座を勝ち取る。一方、上級貴族の同期生からの嫌がらせでキリトが大切に育ててきた花が無惨にも荒らされてしまうが、仮想世界でのイメージ力がキリトに力を貸す。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第8話『剣士の矜持』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第1話『アンダーワールド』)のあらすじと感想・考察まとめ

仮想世界へフルダイブするマシンを使用した極秘プロジェクトが行われる中で、キリトはマシンで仮想世界にダイブするアルバイトをしていたが、フルダイブ中の記憶は消去されていた。そんなある日、キリトは現実世界で因縁がある「死銃(デス・ガン)事件」の実行犯・ジョニー・ブラックに襲われ、昏睡状態になる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第1話『アンダーワールド』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第5話『オーシャン・タートル』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界ではキリトは昏睡状態に陥り、行方不明となっていた。恋人のアスナを始めとした仲間たちがキリトの行方を追い、茅場晶彦の大学時代の同期・神代凜子が関わる研究がキリトの居場所に繋がる鍵なのではないかということに気づく。神代凜子に連絡を取ったアスナは、キリトが居るかもしれない人工島「オーシャン・タートル」に辿り着く。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第5話『オーシャン・タートル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第9話『貴族の責務』)のあらすじと感想・考察まとめ

上級修剣士となったキリトとユージオだが、ユージオは自分の剣にどんな想いを込めて強くなれば良いのかと悩んでいた。そんな中、ユージオは次席のウンベールに絡まれて立ち合いの申し込みを受け、引き分けになった。上級貴族である自分が平民出身のユージオと引き分けになったことで逆恨みをしたウンベールは、ユージオを貶めるために自分の側仕えである少女を利用する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第9話『貴族の責務』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第2話『悪魔の樹』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界で昏睡状態に陥ったキリトが目覚めると、そこは仮想世界を彷彿とさせる謎の世界だった。キリトは森の中を彷徨い、巨大な樹の下で1人の少年・ユージオと出会う。ログアウトが出来ない状況の中、仮想世界の謎は深まるばかりだった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第2話『悪魔の樹』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第5話『ラストバトルは私に』)のあらすじと感想・考察まとめ

泣いて謝罪するエムから、大会中に死ぬとリアルのピトフーイに殺されるという事情を聞いたレンは、彼を置いて単身で最後のチーム『SHINC』に突撃する。一人は倒すことができたが、人数の不利もあって徐々にHPを削られていく。絶体絶命の危機をなんとか乗り越えたレンは、今まで倒した敵は皆自分の近くにいたことを思い出し、逃げては駄目だと自分を奮い立たせる。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第5話『ラストバトルは私に』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第2話『GGO』)のあらすじと感想・考察まとめ

大学に通うため北海道から上京してきた小比類巻香蓮は、身長にコンプレックスを抱えていた。悩みを払拭させるため、友人の勧めでVRゲームを始めた香蓮は『ガンゲイル・オンライン』で小さくて可愛らしいアバターを見つけ、レンとして遊び始める。地道に経験値を積み上げ、中堅と言えるほどの強さを手に入れたレンはある日、ピトフーイという女性と出会う。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第2話『GGO』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第3話『ファンレター』)のあらすじと感想・考察まとめ

レンはGGOで知り合ったピトフーイから『スクワッド・ジャム』への参加を求められたが、対人戦闘大会ということもあり、最初は乗り気ではなかった。だが、大ファンのアーティスト・神崎エルザのライブチケットが取れなかったことで、日頃の鬱憤を晴らすために大会に参加することを決意する。そしてふと思い立った彼女は、神崎エルザにファンレターを送る。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第3話『ファンレター』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』とは、時雨沢恵一によるライトノベル原作のアニメ作品。アニメ『ソードアート・オンライン』シリーズのスピンオフ作品で、同作に登場するゲーム『ガンゲイル・オンライン』を舞台とした物語が展開される。 高身長にコンプレックスを抱き続けてきた女子大生の小比類巻香蓮は、友人の勧めでVRゲーム『ガンゲイル・オンライン』を始める。低身長アバター『レン』となってゲームにのめり込む彼女は、チーム戦イベント『スクワッド・ジャム』に参加することになる。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第4話『デスゲーム』)のあらすじと感想・考察まとめ

SJが開始され、チーム『LM』はエムの作戦とレンの敏捷力を活かした戦い方でプロチームに勝利を収めた。残り三チームとなり、沼地を目指して湖を迂回していたレン達だったが、その湖からホバークラフトに乗った敵チームに奇襲される。この事態にエムは、巨大な盾と、現実で培った射撃技術による"ライン無し射撃"で応戦し撃破する。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第4話『デスゲーム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第1話『スクワッド・ジャム』)のあらすじと感想・考察まとめ

多くの犠牲者を出したSAO事件が終息し、衰退するかに見えたVRゲーム市場は、ザ・シードパッケージの登場で瞬く間に広がっていった。銃と鋼鉄の世界を舞台としたVRゲーム『ガンゲイル・オンライン』のチーム戦イベント『スクワッド・ジャム』。ひょんな事からこのイベントに参加することになったレンは、チームを組むエムと共に優勝を目指して銃を手に戦う。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第1話『スクワッド・ジャム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ソードアート・オンライン(Sword Art Online、SAO)の名言・名セリフまとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

【命懸けのデスゲーム】ソードアートオンライン

『このゲームの死が意味するのは、現実世界での死である。』 プレイヤーがゲームの舞台である「浮遊城アインクラッド」から脱出する方法はただ一つ、100層からなる浮遊城のボスを倒してゲームをクリアする事。 次々とプレイヤーが命を落としていく中、主人公たちはゲームをクリアし現実世界に生きて戻る事ができるのか!?

Read Article

【ソードアート・オンラインII】銃の世界でただ一人、ライトセーバーで戦う少年が居た。

舞台を剣の世界から銃の世界に移して繰り広げられるソードアート・オンラインの続章。 GGO(ガンゲイル・オンライン)で都市伝説とされていた、謎のプレーヤーにゲームの世界で撃たれた人々が現実世界でも死を遂げる事件が発生する。主人公はその事件の調査をすべくGGOへと潜り込む。

Read Article

目次 - Contents