うちのメイドがウザすぎる!(ウザメイド)のネタバレ解説・考察まとめ

『うちのメイドがウザすぎる!』とは中村カンコによる漫画作品。2018年10月にはアニメ化された。
2016年に『ピュア百合アンソロジー ひらり、』で『つばくま!』というタイトルで連載が始まったが、雑誌の休刊によって『月刊アクション』に移籍し、現在のタイトルに改名された。
母親を亡くしたロシア人小学生・高梨ミーシャと、彼女の家にやって来た家政婦・鴨居つばめの日常を描いており、ストーキングなどつばめの奇行に辟易しながらも、母親の死を乗り越えて明るい性格になるミーシャの成長が見どころである。

ミーシャのクラスメイトで、自分の容姿に自信を持っているギャル系小学生。

女子小学生向けのファッション雑誌を愛読するなど大のオシャレ好きで、SNSに自撮りの写真をアップしている。
目立ちたがりな性格で、クラス一の目立つ容姿で周囲からの注目を一身に受けるミーシャを一方的にライバル視しており、森川が意味もなく絡んで来るためミーシャからは「めんどくさい子」と思われている。

休日の街で遭遇したミーシャに絡みオシャレ対決を行うが、造花などのアイテムを盛りすぎたため見映えが悪くなり敢えなく敗れる。
その時に知り合ったつばめから自身のコーデの手直しとアドバイスを受け、以後は「師匠」と呼び慕っている。

森川ゆいな(もりかわゆいな) CV:佐藤奈々珠

森川ゆいの妹。

注射が嫌で高梨家から逃げ出したクマゴローを拾い、自分の家に持って帰ってしまう。

みどりが引き取った元警察犬によってクマゴローの居場所を突き止めたミーシャから返すよう頼まれるが、拾ったから自分のものと拒否する。

それを見たつばめによって突如抱き上げられると「拾ったから私のもの」と脅され、自分がした事が悪い事であると理解する。
そして、幼女を無理矢理抱き上げる変態行為を躊躇なく行うつばめに恐怖心を抱き、クマゴローをミーシャに返した。

鵜飼みどり(うかいみどり) CV:M・A・O

鵜飼みどりウィッグバージョン(左)鵜飼みどり地毛バージョン(右)

つばめの元上官で、自衛隊時代の役職は航空自衛隊二等空尉。

つばめに好意を抱いており、つばめの後を追って自らも退官し、ミーシャと出会う。
周囲の人間には「みどりん」と呼んでくれるようお願いしているが、実際に「みどりん」と呼んでいるのはミーシャだけで、つばめからは「鵜飼さん」より短くて楽だからという雑な理由で「二尉」と呼ばれている。

自他共に認めるドMで、両親が関西人の影響か、テンパると関西弁で喋る癖がある。

つばめに代わる新人家政婦としてミーシャに雇われるが、特技である掃除のスキルはともかく、料理の腕は壊滅的であるため食事は自らのポケットマネーで出前を頼むなど家政婦の仕事が出来ているとは言えない状況だった。
みどりが頼んでくれる「有名店のおいしい料理」にミーシャも最初は喜んでいたが、すぐに飽きてしまい「普通のおいしい手料理」が食べたいとつばめの手料理が恋しくなったため、つばめはすぐに復帰する事になる。

高梨家に雇われてからはつばめ同様メイド服で行動しており、銀髪のツインテール(みどり曰く「リボンは犬の耳をイメージしている」)のウィッグを着けている。
地毛は黒髪のショートヘアで、黙っていればボーイッシュな美人であり、33歳という年齢を出すと驚かれる。

実家は高級ホテルを経営するホテル王で、一人娘として両親から大切に育てられたが、恵まれすぎた環境に幼少期から息苦しさを感じており、その反動が彼女のドMで面倒な性格に繋がる事になる。

彼女のドMな性格と恵まれすぎた環境への反発心はエスカレートしており「私は病院で取り違えられた本当はこの家の子ではない」と思い込む事で何とか心の均衡を保つなど自分で勝手に面倒な設定を作って両親からは呆れられていた。

16歳年下の弟が出来てからはこのまま面倒な娘にホテルの経営を任せるよりも息子を跡取りとして育てた方が早いと両親からは「将来はおまえの好きにしてよい」と言われ「訓練が厳しいから」という理由で自衛官になった。

自衛隊に入ってからは仕事がきついからとの理由で空自の警備犬管理班を希望し、配属される。
後に同じ班に配属されたつばめと出会うが、つばめが放った圧倒的な強者のオーラで自分が苦労して訓練した犬達が一瞬で屈服したのを見て、つばめに支配されたいというドM願望から彼女の事を好きになる。
以後は警備犬の訓練中に犬からフリスビーを奪ったり、檻に入ってつばめを待ち伏せたり、給餌の時は犬の餌を食べようとしたりするといった行動を連発したためつばめを初めとする同僚は勿論、犬からも軽蔑されるようになり、最終的に自衛隊内のヒエラルキーでは最下位(犬以下)になっていた。

筋金入りのドMであり、他人からぞんざいに扱われるとむしろ喜ぶ非常に面倒な性格だが、ミーシャとはそれなりに親しい関係を築いており、ミーシャの頭を撫でると嬉しそうに笑ってくれるなど、過度のスキンシップによって嫌われているつばめとは明らかにリアクションが違う。

ミーシャに追い出されたつばめがすぐに復帰したため、高梨家の家政婦として雇われるのは一ヶ月限定(家政婦を二人も雇う余裕は康弘にはない)という事になり、高梨家から去る。
その後、自衛隊の退職金を溶かすつもりで始めたFXで増えた資金(お金が溶けるというネットの情報を聞いて始めたら大当たりした)を使って、自身の長所である掃除スキルを生かしたハウスクリーニングを開業し、高梨家の隣にある一軒家を購入して引っ越して来た。
現在は高梨家との雇用関係はないものの、当たり前のように高梨家でミーシャ達と一緒に過ごしており、高梨家の食事にも同席する(みどり曰く「毎月おやつ代を上納することでご相伴に与る権利を得たのだ」)など親しく付き合っている。

ミーシャの実父であるアルトゥールと英語で会話するなど英語が堪能で、第2外国語はアラビア語(難しそうだからという理由で選択)を勉強するなど、困難な事に積極的に挑戦するドMな性格が勉学にも活かされているようで、学歴に関して語られてはいないが学力はかなり優秀である事を伺わせる描写がある。

先生 CV:新谷良子

ミーシャ達のクラス担任を務める女性教師。

夏休み中、飼育係に代わってハムスターの世話を任されたが、繁殖防止のため、オスとメスを別の水槽で飼っていたところ、思い付き(掃除が楽で、ハムスターも一人より二人の方が楽しそうという理由)で一緒にしたせいで異常繁殖してしまい、ミーシャからは「先生バカじゃないの?」と激怒されている。

ただ、ハムスターの里親探しにミーシャが積極的に動いたため、これまで外見だけ見られていたミーシャは内面も見て貰えるようになったので、広い目で見ればミーシャがクラスから受け入れられるきっかけを作ってくれた功労者でもある。

ミーシャの母 CV:井上喜久子

ミーシャに似た美人の女性だが、ストーリー開始前に亡くなっている。

美大在学中にミーシャを身籠っていたが、裕福な実家の金に甘えて絵本が売れるまで真面目に働こうとしないアルトゥールに幻滅して卒業とともに彼の元を去る。(描写を見るに交際して良好な関係を築いてはいたが結婚はしていなかった模様)

康弘と結婚するまでシングルマザーだった可能性が高いが、詳しい事は描かれていない。

日本ではイラスト関連の仕事をしていたようで、彼女の部屋は生前のまま残されている。

アルトゥール・アナトリエヴィチ・フォー・キン

ロシア人の絵本作家で、ミーシャの実の父親。

日本で人気の「クーマ」というキャラクターの生みの親であり、クーマを主人公とした絵本のシリーズの連載を手掛けている。
また、自身の絵本のキャラクターから派生したブランドである『KUUMA・KUMA』を展開するなど、幅広い分野で成功を収めている。
ちなみに、彼の娘であるミーシャもクーマシリーズの大ファンでクーマのグッズをたくさん持っている。

ミーシャの母親とは美術大学在学中に出会ったが、実家が金持ちであるのをいい事にまともに就職活動をしようとしなかった(「売れるまで絵本を描く」という立派な夢だけ語っていた)ため、彼女はアルトゥールに愛想を尽かし、卒業とともに彼の元を去った。

彼女の実家に連絡しても亡くなるまで居場所を教えて貰えず、彼女が亡くなってから初めて娘であるミーシャが生まれていた(在学中既にミーシャを妊娠していたらしい)事を知った。
来日してサイン会を開いたのもミーシャを探すためであり、日本の地で出会った実娘のミーシャを連れてロシアに帰ろうと申し出る。
悩んだ末に、ミーシャは育ての親である康弘と、母親との思い出が詰まった今の家を選んだ。(ちなみに、ミーシャがロシア行きを決めた場合つばめは一緒にロシアで暮らすためビザの取得も本気で考えていた)

日本が好きでカタコトながら日本語を話せるが、みどりとはサイン会で会った時に英語で普通に会話しており、日本語に限らず語学はかなり堪能である模様。

恰幅のいい体格に立派な髭とクマを連想する外見だが、美大在学中は細身の美男子であり、絵本作家として絵だけ描き続ける生活を送った結果8年で40キロ太ったと語っている。
外見的にはミーシャと全く似ていないが、親の金に甘えたニート気質(実家が金持ちだから大丈夫、康弘が死んだら保険金で食べていく)など、性格は確実にミーシャに遺伝しており、アルトゥールの体系を見たつばめとみどりから将来的にミーシャも太るのではないかと危惧されている。

現在は日本語通訳の女性と結婚しており、ミーシャの異母妹にあたるアルヴィナという4歳の娘がいる。

『うちのメイドがウザすぎる!』の用語

クーマシリーズ

ミーシャの実父であるアルトゥールが描いている絵本のシリーズで、人気が出てからは『KUUMA・KUMA』という名義で文具やアパレルといったブランド展開がされている。
日本でも人気が高く、実の父親が描いているとは夢にも思っていなかったが、ミーシャもクーマシリーズの大ファンである。

内容は、ちょっと気が弱くてアニメ好きの子熊のクーマが、友達のオコジョであるゴロクマーが転売する日本のアニメグッズを高値で買わされるという(ミーシャは「いつの時代も弱者が搾取されるというシンプルなこーぞーだよ」と気にしていないが)明らかに子供向けの内容ではない。

キャラクターはかわいいものの絵本として何処がいいのか理解に苦しむが、ファンはこのクーマの不憫なところがいい(ファンの中には「クーマの口座番号がわかればいくらでも振り込みたい!」というツワモノもいる)らしい。

ちなみに、クーマシリーズの他の作品は『クーマ連帯保証人になる』『クーマは多重債務者』『クーママグロ漁船に乗る』『クーマと記憶にないクレカ明細』など、やはり子供が読むような内容ではない。(一応、ミーシャはこの絵本から借金の恐さを理解したようなのである意味反面教師にはなっている)

GREAT CORMORANT BAYSIDE

みどりの実家であり、彼女の両親が経営している超高級ホテル。

みどりの部屋は最上階のスイートルームだが、厄介なドM気質のせいで高級ベッドに拒否反応として鼻血が出るようで、大理石の床にシュラフを敷いて寝ている。

みどりの好意でミーシャとつばめがみどりの部屋に泊まった時は折角だからと高級ベッドで三人で一緒に寝るが、ミーシャが目を冷ますとみどりは贅沢に対する拒否反応で鼻血を出してベッドが血まみれになるなど大惨事になっていた。

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

恋愛ラボ(LOVE LAB)のネタバレ解説・考察まとめ

「恋愛ラボ(らぶらぼ)」とは、宮原るりによる四コマ漫画及び、2013年に動画工房により制作されたアニメーション作品。恋愛禁止のお嬢様学校に通う中学生の主人公「倉橋莉子」と、もう一人の主人公で生徒会長の「真木夏緒」、そして生徒会メンバー「棚橋鈴音」「榎本結子」「水嶋沙依理」が、生徒会の仕事の裏で恋愛研究をする日常ギャグコメディ。途中から男キャラ達が登場し恋愛要素も加わっていく。

Read Article

ガヴリールドロップアウト(ガヴドロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガヴリールドロップアウト(Gabriel DropOut)』は、うかみによる漫画作品。『コミック電撃だいおうじ』にて連載中。2017年7月現在でコミック単行本は4巻まで発売されている。そして2017年1月から3月には、これを原作としたアニメ作品が全12話にわたり放送された。修行のために下界(=人間の住む世界)に下り立った天使と悪魔の少女たちの、明るく、コミカルで賑やかな日常を描いている。

Read Article

刀剣乱舞-花丸-(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『刀剣乱舞-花丸-』とは、PC及びスマホ向けゲームとして配信されている『刀剣乱舞』をもとに製作されたアニメ作品である。2016年10月より全12話が放送された。2018年1月からは、第2期となる続編の放送が予定されている。その際には、1期では登場しなかった刀剣男士の登場も予想される。 刀剣男子達と歴史の改変を企む敵との戦いや、刀剣男子達の日常を描く。

Read Article

NEW GAME!(ニューゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『NEW GAME!(ニューゲーム)』とは『まんがタイムきららキャラット』にて2013年から連載されている得能正太郎の4コマ漫画。2016・2017年にテレビアニメ化された。 高校卒業後にゲーム会社に就職した主人公の涼風青葉。女性ばかりの和気あいあいとしたチームの中で、憧れのキャラクターデザイナーとなるべく仕事をこなしていく。

Read Article

みなみけ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

桜場コハル原作の短編漫画作品。「週刊ヤングマガジン」(講談社)にて2004年14号より連載中で既刊15巻まで発売中。4期に渡りアニメ化されドラマCDなどマルチにメディア展開されている。高校生の長女春香、中学生の次女夏奈、小学生の三女千秋の南家3姉妹の平凡な日常が描かれ、クラスメイトなど個性豊かなキャラのささいでやっかいなやりとりを面白おかしく描いた作品である。

Read Article

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス(マジェプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』とは、2013年にTOKYO MX等で放送された動画工房及びオレンジ制作のロボットアニメ。舞台は地球暦2110年人類が宇宙進出を果たした世界。地球は謎の勢力「ウルガル」による攻撃を受け滅亡の危機を迎えていた。「チームラビッツ」に所属するイズル、アサギ、ケイ、タマキ、スルガの5人は「アッシュ」のパイロットとなり対ウルガルの切り札として戦いに巻き込まれていく。

Read Article

恋する小惑星(恋アス)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋する小惑星』とはQuroによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 高校に入学した主人公である木ノ幡みらは幼い頃にした将来小惑星を見つけて名前をつけるという約束を叶えるために、地学部に入部する。そこで幼い頃の約束の相手である真中あおと再会する。そこから他の地学部のメンバーと一緒に地質分野を学んだり、バーベキューをしたり、合宿に行ったり、ワークショップに参加したり、新しい後輩を歓迎したりと様々な活動をして成長していく物語である。

Read Article

月刊少女野崎くん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『月刊少女野崎くん』とは橘いづみによるラブコメ4コマ漫画作品及び、それを原作としたアニメ作品である。少女漫画家の野崎梅太郎とアシスタントの佐倉千代を中心に繰り広げられる勘違いコメディ作品である。高校生活と漫画執筆という離れた2つのジャンルをうまくミックスされた独自の世界観が魅力である。物語は佐倉千代が野崎梅太郎に愛の告白をするシーンから始まるが、気がついたら野崎梅太郎の漫画のアシスタントになってしまう。各キャラのボケとツッコミの入れ替わりが激しいテンポの速さが視聴者を引き込む作品である。

Read Article

多田くんは恋をしない(第6話『雨男、じゃないぞ』)のネタバレと感想・考察まとめ

フランスからテレサの幼なじみ・シャルルが来日した。シャルルは写真部員ともすぐに親しくなり、ニャンコビッグまで虜にする、天から全てを与えられたような青年だった。 写真部員たちは伊集院のツテで出席したパーティー会場で、シャルルやテレサ、アレクと顔を合わせる。 今回は「多田くんは恋をしない」第6話『雨男、じゃないぞ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第1話『ほっとけないだろ』)のあらすじと感想・考察まとめ

カメラマン志望の高校生・多田光良は、満開の桜の下で異国の少女と出会う。浮世離れをした少女と多田は、別れても行く先々で顔を合わせる。雨宿りをする彼女を見つけた多田は、見過ごせずに自宅に連れていく。少女はテレサ・ワーグナーと名乗った。ヨーロッパの小国・ラルセンブルクから、日本に来たばかりだという。 今回は「多田くんは恋をしない」第1話『ほっとけないだろ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第7話『泣かれるよりはいいだろ』)のネタバレと感想・考察まとめ

夜歩きが続いていたニャンコビッグが、朝になっても家に帰ってこなかった。心配するゆいのニャンコビッグ捜索に、多田たちも協力する。テレサを通じて話を聞いたシャルルも手を貸してくれた。ゆいは、片想いの相手である山下と組んで探し回る。 今回は「多田くんは恋をしない」第7話『泣かれるよりはいいだろ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第2話『まぁ、間違っちゃいない』)のあらすじと感想・考察まとめ

クラス委員長の長谷川の案内で、テレサとアレクは部活動見学で校内を回る。多田たちの写真部に興味を持ったテレサは、しぶるアレクを誘って体験入部をする。彼女たちの勧誘のために、写真部伝統のゲームをすることになった。アレクとテレサは敵味方に分かれて、校内を走り回る。 今回は「多田くんは恋をしない」第2話『まぁ、間違っちゃいない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第8話『雨女だったっけ?』)のネタバレと感想・考察まとめ

多田たち写真部は、富士山麓に撮影合宿に出かける。ドライバーとしてシャルルも同行し、小旅行を楽しむ。しかし、「星」をテーマにした撮影なのに、あいにくの曇天だった。気象予報を信じて晴れ間を待とうと、写真部一行は撮影スポットの湖畔に向かう。 今回は「多田くんは恋をしない」第8話『雨女だったっけ?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第3話『それ、好きだなあ』)のあらすじと感想・考察まとめ

多田家の飼い猫ニャンコビッグは、ハードボイルドな雄猫である。十年前に拾われた恩義を感じて、多田の成長を見守ってきた。今では一人で珈琲店を切り盛りできるまでになった多田は、ニャンコビッグには自慢の飼い主だ。残念なのは、食べあきたキャットフードをニャンコビッグの好物だと思っていることだ。 今回は「多田くんは恋をしない」第3話『それ、好きだなあ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『多田くんは恋をしない』とは、動画工房制作のオリジナルアニメである。 カメラマン志望の多田光良は、高校二年になる春、ラルセンブルクから日本にやってきた留学生のテレサと知り合う。テレサは、多田の隣人であり、クラスメートとなった。写真を通じて、多田とテレサの距離は縮められていく。しかし、テレサには、日本でできた友達にも言えない秘密があった。

Read Article

多田くんは恋をしない(第4話『見なかったことにしよう……』)のあらすじと感想・考察まとめ

HINAの写真集お渡し会の抽選会に当選して、ピン先輩は大喜び。しかし、女性を前にすると、強気で多弁なピン先輩は形無しなのだ。緊張せずにHINAと話せるように、ピン先輩は長谷川を相手に練習をする。 日が変わって、体育の授業中、自分と接触して怪我した長谷川を、アレクは思いがけない言葉で気遣った。 今回は「多田くんは恋をしない」第4話『見なかったことにしよう……』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第5話『大丈夫だ。いないから』)のネタバレと感想・考察まとめ

毎年梅雨明けのころ、伊集院は趣向をこらしたお楽しみ会を開く。「伊集院薫ショー」と名付けられた催しも、今年で十回目。写真部員を招き、ゆいを交えて、伊集院は手料理をふるまい、銭湯を貸し切った。誰よりも伊集院が、ショーを楽しんでいるように見えた。 今回は「多田くんは恋をしない」第5話『大丈夫だ。いないから』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW GAME!(ニューゲーム)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NEW GAME!』とは得能正太郎の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ、ゲームなどのメディアミックス作品。 物語りは主人公の涼風青葉が高校を卒業後、小学校の頃から好きだったテレビゲーム『フェアリーズストーリー』シリーズを制作している「イーグルジャンプ」に入社する所から始まる。 憧れの会社に入社を果たした青葉はゲームを作っていく過程で様々な現実に直面するが、持ち前の明るさで仲間達と共に乗り越えて行く。 そんな青葉と仲間達からは苦楽を共にした故の、数多くの名言が生まれている。

Read Article

目次 - Contents