うちのメイドがウザすぎる!(ウザメイド)のネタバレ解説・考察まとめ

『うちのメイドがウザすぎる!』とは中村カンコによる漫画作品。2018年10月にはアニメ化された。
2016年に『ピュア百合アンソロジー ひらり、』で『つばくま!』というタイトルで連載が始まったが、雑誌の休刊によって『月刊アクション』に移籍し、現在のタイトルに改名された。
母親を亡くしたロシア人小学生・高梨ミーシャと、彼女の家にやって来た家政婦・鴨居つばめの日常を描いており、ストーキングなどつばめの奇行に辟易しながらも、母親の死を乗り越えて明るい性格になるミーシャの成長が見どころである。

折角就いた職もすぐに退職せざるを得なくなった事をミーシャは謝罪する。

元同僚であるみどりの料理の腕が壊滅的である事はつばめも当然知っており、ミーシャがすぐに自分の料理を食べたいと言い出すのは時間の問題だった。

めでたくつばめの復職が決まったのはいいものの、みどりを雇ってしまった以上最低一ヶ月は雇わなければならず、康弘の懐を気にしながらもミーシャはつばめとみどりの雇用を認めるしかなかった。

ミーシャとしてはみどりを今後も雇いたいのはやまやまだったが、普通のサラリーマンである康弘に家政婦を二人も雇う余裕はなく、みどりの雇用は一ヶ月限定となる。

みどりは再びつばめと一緒に働ける事を喜んでいたものの、折角就いた仕事も僅か一ヶ月で退職せざるを得なくなったため、ミーシャは謝罪する。
当のみどりは「気にやむな」と特に気にする様子もなくサバサバした態度で、求人誌で仕事を探しながら残された高梨家での日々を過ごしていた。

みどりの強運につばめとミーシャは驚くが、これからはお隣さんとして変わらぬ付き合いをする事になる。

みどりが高梨家を去って一週間経ったが、みどりと良好な友人関係を築いていたミーシャはみどりがいなくなった事を淋しく思っていた。

自分よりもみどりに懐いている事につばめが軽い嫉妬心を感じていると、呼び鈴が鳴ったため外に出る。
そこには、一週間前に高梨家を去ったはずのみどりがいた。

みどり曰く引っ越しの挨拶が来たとの事で、つばめもミーシャも事情が飲み込めなかったが、みどりの話によると「大金が溶ける」というネットの話を聞いて、退職金を溶かすプレイのつもりで原理も分からないまま始めたFXが大当たりしたらしい。
そして、FXで増えたお金を元手に自身の特技である掃除スキルを活かしたハウスクリーニングを始めるため高梨家の隣にある一軒家を購入したとの事だった。

色々な意味で凄いみどりの行動力と強運につばめもミーシャも驚くしかなかったが、掃除好きのみどりにとってハウスクリーニングは「天職」であり、みどりも自身に合った仕事に出会えた事を喜んでいた。

そして、高梨家との雇用関係はなくなったものの、みどりはお隣さんとして高梨家に入り浸るようになり、ミーシャ、つばめとはこれまでと変わらない付き合いをするようになるのであった。

『うちのメイドがウザすぎる!』の登場人物・キャラクター

高梨ミーシャ(たかなしミーシャ) CV:白石晴香

小学2年生のロシア人で、本作の主人公の一人。

母親を亡くしており、現在は戸籍上の父親である康弘と2人暮らしをしているが、母親の連れ子であるため康弘との血縁関係はない。

金髪碧眼の美少女だが、良くも悪くも目を引く容姿故にクラスでは浮いており、周囲から晒される好奇の視線を苦痛に感じていた。
母親が生きていた頃は、康弘の「いい子にしていたらお母さんが治る」という言葉を信じて我慢して通っていたが、結局母親は亡くなってしまったため「いい子にしてもママはちっとも良くならなかった!」と不登校になってしまう。

学校には「病気のため当分休む」という嘘の連絡をして、自身は部屋に閉じこもりゲーム三昧の生活を行っていたが、つばめが家政婦として雇われてからはミーシャが使用したトイレットペーパーの量をチェックするなど常軌を逸した彼女の変態的な行動に恐怖を感じ「こんなうざきもい奴に日中ずっと粘着されるくらいなら学校行った方がずっとマシ」と、学校に行くようなる。

再び学校に行くようになっても以前と同じ自分の外見を噂する声にうんざりしていたが、夏休み中に異常増殖したハムスターの里親探しのために奔走し、優れた手腕とリーダーシップを発揮した事によってクラスメイトは外見だけでなく内面も見るようになってくれるようになり、友人も増えた。

動物好きで動物との意思疎通が出来る(ミーシャ曰く「ともだちがいなさすぎて動物とばっかり話してたせいかな…」)というある種の特殊能力を持っており、ペットのクマゴローやハムスターとは完全に会話が成立している。

将来の夢に関して、当初は「現状維持(家事は自分では一切せず、毎日ゲーム三昧)」と、言ってしまえばニート生活(康弘が死んだら保険金で細々と食べていくと本気で考えるなど働く気ゼロ)だったが、つばめが来てからは彼女から離れるため自立することを決意し「動物に関わる仕事に就き、並行して資産運用もして独立し、セキュリティ万全の家に住む」という、小学生らしからぬ堅実かつ立派なものになった。

実父に関して長い間謎だったが、実父のアルトゥールが4巻で登場しており、日露ハーフではなく両親ともにロシア人である事が判明した。
基本的に日本語で生活しており、康弘も日本語に支障がないとの理由で普通の小学校に通わせていたが、両親ともに生粋のロシア人という事もあってロシア語も堪能であり、実父であり大ファンの絵本作家であるアルトゥールへのファンレターもロシア語で書いている。

余談だが、ロシア人は寒さに強く雪が似合うイメージがあり、ミーシャも周囲から雪が似合うと言われている。

当のミーシャ本人は寒いのが大の苦手で、寒いと布団から出たくない、学校に行きたくないという、小学生らしい一面を持っている。

なお、つばめが初めてミーシャの家を通り掛かった時は母親と一緒に楽しそうに雪の積もった庭で遊んでいたが、それは雪が好きな母親への「家族サービス」であり、ミーシャの話では寒いところを我慢していたらしい。

寒いのが苦手という子供らしい一番がある一方で、大人への配慮、気配りが出来すぎる子供らしくない一面から、みどりからは「おまえ…本当に八歳か?」と、実年齢を疑われているが、精神年齢が高すぎるだけでミーシャは8歳の小学2年生である。

鴨居つばめ(かもいつばめ)CV:沼倉愛美

本作のもう一人の主人公で、高梨家の家政婦として雇われた元航空自衛隊(空自)一等空曹。

自他共に認める「女のロリコン(ジャンルを細分化するとペドコン)」であり、職探しでも「白人美幼女に私の作ったフリフリのお洋服をとっかえひっかえ着せてキャッキャッウフフする仕事」を希望してハローワークから追い出されるなど自身の特殊な趣味を隠そうとしない。(自衛隊にいた時も同僚に対して幼女について熱く語っており、当時からつばめに心酔していたみどりを除く同僚からは完全に引かれていた)

ミーシャと同じ年の頃に父親を亡くしており、葬儀の時に母親が言った「雲の上に行けばお父さんに会える」という言葉に影響を受けてパイロットを目指し自衛官になった。

右目に着けた眼帯がトレードマークだが自衛隊時代は両目であり、退官した理由も眼帯の理由も原作では4巻終了時点で語られていない。
但し、アニメでは病気で右目の視力が低下し始め、その後完全に失明して退官したとつばめが語るシーンがある。

「初潮を過ぎた子に興味はない」と公言する重度のロリコンで、ミーシャのストーキングなど常識外れな行動が目立つが、幼女が絡まなければ料理、洗濯等のスキルが高い有能な家政婦(メイド)であり、外見ばかり注目するクラスメイトに嫌気が差して不登校になったミーシャに対して「中身を知って貰うには時間が掛かる」と正論を説いて諭すなど言うべき事ははっきり言う性格である。

また、運動会の二人三脚でつばめの力を借りて勝とうとしたミーシャに「こうしてお嬢様と一歩一歩ゴールまで道のりを踏みしめていく 勝利以上に得難いものです」と、勝利よりも大事な事(二人三脚は協力が大事である)を教えるなど、ミーシャへの過剰な愛情を隠そうとしない一方で、彼女を100%甘やかしている訳ではない。

自慢の料理の腕は「おまえは嫌いだがおまえの料理は好き」と、普段つばめを毛嫌いしているミーシャも認める長所であり、みどりを雇ってミーシャから追い出されたつばめがすぐに復帰したのも(みどりの料理の腕が壊滅的だった事もあるが)つばめの料理が食べたいという気持ちからである。
メイド以外の副業として趣味で作ったドールの洋服をネットオークションに出品しており、3万オーバーという高値で取引されている。
オークションで稼いでいる額は月に50万円と康弘から受け取っている額を遥かに上回っており、収入的にも腕前的にも完全にこちらが本業レベルだが、つばめは「本業を助けるための副業」と、本業はメイドでありオークションでの出品はあくまで副業である事を主張している。

余談だが「人形の服ってそんな儲かんのかな」と、興味本位でミーシャがつばめの出品している商品を見た時はつばめが豪語するように高値で取引されている事に驚いたが、アカウント名が「Misha_lovelove_forever」という気持ちの悪い名前である事を知り、すぐにPCを閉じていた。

クマゴロー CV:長縄まりあ

ミーシャが飼っているフェレットで、母親を亡くして打ちひしがれていたミーシャに「新しい家族」として康弘が連れて来た。

人間の言葉を理解する高い知能を誇り、ミーシャとは完璧に意思疎通が出来る。

ダイキチ・チューキチ・ショーキチ CV:鈴木絵理(ダイキチ)、うのちひろ(チューキチ)、美々(ショーキチ)

夏休み中にハムスターの世話を任された先生がオスとメスを一緒にしたせいで増えすぎたため、ミーシャが引き取った3匹のハムスター。

彼らもクマゴロー同様人間の言葉を理解する高い知能を持っており、ペットの先輩であるクマゴローとも意思の疎通が出来るなどかなり頭がいい。

ミーシャと普通にコミュニケーションが取れるため監視する必要がなく普段は放し飼いだが、みみかの誕生日プレゼントとしてミーシャが作ったクッキーを食べてしまい、激怒したミーシャからケージに閉じ込められる。
お詫びにミーシャはみみかを家に招き一緒にクッキー作りをする事になるが、プレゼントとして作ったクッキーを食べた事は許せないものの、一緒にクッキーを作る思い出が出来たと最終的には許して貰えた。

高梨康弘(たかなしやすひろ) CV:加藤将之

母親の結婚相手としてミーシャに紹介され、母親と康弘の結婚をミーシャが受け入れたため義理の父親となる。

ミーシャは母親を亡くしたショックで不登校になるが、康弘はミーシャの不登校に関して不干渉の態度を貫いており、本人曰く「今はただあの子の心の傷が癒えるまでそっとしておこうと思ったんです」と、良く言うとミーシャを辛抱強く見守り、悪く言うと娘と向き合う事から逃げていた。

昼間は仕事で不在のためミーシャの世話役として家政婦を雇っていたが、自分にとって母親との思い出がある家を他人に荒らされたくないとミーシャによって追い出されており、つばめが来るまでは毎回衝突する家政婦とミーシャの関係にも悩んでいた。

血縁関係こそないもののミーシャを実の娘のようにかわいがっており、ミーシャからは「パパ」と呼んでくれる事を願っているが、彼の期待とは裏腹に出会った当初のまま「ヤスヒロ」呼ばわりで、一度も父親として扱われた事がない。

それでも、ミーシャの想像する「幸せな家族像」には母親と一緒に笑う康弘の姿があり、ミーシャが実の父親であるアルトゥールと暮らすか、育ての親である康弘と暮らすかという決断を迫られた時に、8歳になって生まれて初めて会った実の父親より康弘を選ぶなど、ミーシャにとって紛れもない「家族」の一員であり「父親」という概念を超えた「ヤスヒロ」という唯一無二の存在である。

鷲崎みみか(わしざきみみか) CV:原田彩楓

ミーシャのクラスメイトで、学校ではミーシャとともに飼育係を務めている。その関係でミーシャが不登校だった間も家までプリントを届けてくれていた。
不登校中は病気という事にしていたためミーシャを心配してくれていたようで、ミーシャとは最初に友達になり、友達らしくあだ名を付けたがっていたミーシャから「わしわし」と呼ばれるようになった。

ちなみに、眼鏡以外は地味な外見のためミーシャからは「いつも家にプリントを届けてくれる子」という認識でしかなく「全体的にキャラが薄かったから思い出せない…」と、酷い事を言われていた。

弟が2人おり、おやつの時は姉弟でお菓子の取り合いになるが基本的に仲はいい模様。

森川ゆい(もりかわゆい) CV:井澤詩織

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

恋愛ラボ(LOVE LAB)のネタバレ解説・考察まとめ

「恋愛ラボ(らぶらぼ)」とは、宮原るりによる四コマ漫画及び、2013年に動画工房により制作されたアニメーション作品。恋愛禁止のお嬢様学校に通う中学生の主人公「倉橋莉子」と、もう一人の主人公で生徒会長の「真木夏緒」、そして生徒会メンバー「棚橋鈴音」「榎本結子」「水嶋沙依理」が、生徒会の仕事の裏で恋愛研究をする日常ギャグコメディ。途中から男キャラ達が登場し恋愛要素も加わっていく。

Read Article

ガヴリールドロップアウト(ガヴドロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガヴリールドロップアウト(Gabriel DropOut)』は、うかみによる漫画作品。『コミック電撃だいおうじ』にて連載中。2017年7月現在でコミック単行本は4巻まで発売されている。そして2017年1月から3月には、これを原作としたアニメ作品が全12話にわたり放送された。修行のために下界(=人間の住む世界)に下り立った天使と悪魔の少女たちの、明るく、コミカルで賑やかな日常を描いている。

Read Article

刀剣乱舞-花丸-(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『刀剣乱舞-花丸-』とは、PC及びスマホ向けゲームとして配信されている『刀剣乱舞』をもとに製作されたアニメ作品である。2016年10月より全12話が放送された。2018年1月からは、第2期となる続編の放送が予定されている。その際には、1期では登場しなかった刀剣男士の登場も予想される。 刀剣男子達と歴史の改変を企む敵との戦いや、刀剣男子達の日常を描く。

Read Article

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス(マジェプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』とは、2013年にTOKYO MX等で放送された動画工房及びオレンジ制作のロボットアニメ。舞台は地球暦2110年人類が宇宙進出を果たした世界。地球は謎の勢力「ウルガル」による攻撃を受け滅亡の危機を迎えていた。「チームラビッツ」に所属するイズル、アサギ、ケイ、タマキ、スルガの5人は「アッシュ」のパイロットとなり対ウルガルの切り札として戦いに巻き込まれていく。

Read Article

NEW GAME!(ニューゲーム)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NEW GAME!』とは得能正太郎の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ、ゲームなどのメディアミックス作品。 物語りは主人公の涼風青葉が高校を卒業後、小学校の頃から好きだったテレビゲーム『フェアリーズストーリー』シリーズを制作している「イーグルジャンプ」に入社する所から始まる。 憧れの会社に入社を果たした青葉はゲームを作っていく過程で様々な現実に直面するが、持ち前の明るさで仲間達と共に乗り越えて行く。 そんな青葉と仲間達からは苦楽を共にした故の、数多くの名言が生まれている。

Read Article

みなみけ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

桜場コハル原作の短編漫画作品。「週刊ヤングマガジン」(講談社)にて2004年14号より連載中で既刊15巻まで発売中。4期に渡りアニメ化されドラマCDなどマルチにメディア展開されている。高校生の長女春香、中学生の次女夏奈、小学生の三女千秋の南家3姉妹の平凡な日常が描かれ、クラスメイトなど個性豊かなキャラのささいでやっかいなやりとりを面白おかしく描いた作品である。

Read Article

月刊少女野崎くん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『月刊少女野崎くん』とは橘いづみによるラブコメ4コマ漫画作品及び、それを原作としたアニメ作品である。少女漫画家の野崎梅太郎とアシスタントの佐倉千代を中心に繰り広げられる勘違いコメディ作品である。高校生活と漫画執筆という離れた2つのジャンルをうまくミックスされた独自の世界観が魅力である。物語は佐倉千代が野崎梅太郎に愛の告白をするシーンから始まるが、気がついたら野崎梅太郎の漫画のアシスタントになってしまう。各キャラのボケとツッコミの入れ替わりが激しいテンポの速さが視聴者を引き込む作品である。

Read Article

NEW GAME!(ニューゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『NEW GAME!(ニューゲーム)』とは『まんがタイムきららキャラット』にて2013年から連載されている得能正太郎の4コマ漫画。2016・2017年にテレビアニメ化された。 高校卒業後にゲーム会社に就職した主人公の涼風青葉。女性ばかりの和気あいあいとしたチームの中で、憧れのキャラクターデザイナーとなるべく仕事をこなしていく。

Read Article

恋する小惑星(恋アス)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋する小惑星』とはQuroによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 高校に入学した主人公である木ノ幡みらは幼い頃にした将来小惑星を見つけて名前をつけるという約束を叶えるために、地学部に入部する。そこで幼い頃の約束の相手である真中あおと再会する。そこから他の地学部のメンバーと一緒に地質分野を学んだり、バーベキューをしたり、合宿に行ったり、ワークショップに参加したり、新しい後輩を歓迎したりと様々な活動をして成長していく物語である。

Read Article

多田くんは恋をしない(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『多田くんは恋をしない』とは、動画工房制作のオリジナルアニメである。 カメラマン志望の多田光良は、高校二年になる春、ラルセンブルクから日本にやってきた留学生のテレサと知り合う。テレサは、多田の隣人であり、クラスメートとなった。写真を通じて、多田とテレサの距離は縮められていく。しかし、テレサには、日本でできた友達にも言えない秘密があった。

Read Article

多田くんは恋をしない(第7話『泣かれるよりはいいだろ』)のネタバレと感想・考察まとめ

夜歩きが続いていたニャンコビッグが、朝になっても家に帰ってこなかった。心配するゆいのニャンコビッグ捜索に、多田たちも協力する。テレサを通じて話を聞いたシャルルも手を貸してくれた。ゆいは、片想いの相手である山下と組んで探し回る。 今回は「多田くんは恋をしない」第7話『泣かれるよりはいいだろ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第8話『雨女だったっけ?』)のネタバレと感想・考察まとめ

多田たち写真部は、富士山麓に撮影合宿に出かける。ドライバーとしてシャルルも同行し、小旅行を楽しむ。しかし、「星」をテーマにした撮影なのに、あいにくの曇天だった。気象予報を信じて晴れ間を待とうと、写真部一行は撮影スポットの湖畔に向かう。 今回は「多田くんは恋をしない」第8話『雨女だったっけ?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第1話『ほっとけないだろ』)のあらすじと感想・考察まとめ

カメラマン志望の高校生・多田光良は、満開の桜の下で異国の少女と出会う。浮世離れをした少女と多田は、別れても行く先々で顔を合わせる。雨宿りをする彼女を見つけた多田は、見過ごせずに自宅に連れていく。少女はテレサ・ワーグナーと名乗った。ヨーロッパの小国・ラルセンブルクから、日本に来たばかりだという。 今回は「多田くんは恋をしない」第1話『ほっとけないだろ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第4話『見なかったことにしよう……』)のあらすじと感想・考察まとめ

HINAの写真集お渡し会の抽選会に当選して、ピン先輩は大喜び。しかし、女性を前にすると、強気で多弁なピン先輩は形無しなのだ。緊張せずにHINAと話せるように、ピン先輩は長谷川を相手に練習をする。 日が変わって、体育の授業中、自分と接触して怪我した長谷川を、アレクは思いがけない言葉で気遣った。 今回は「多田くんは恋をしない」第4話『見なかったことにしよう……』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第3話『それ、好きだなあ』)のあらすじと感想・考察まとめ

多田家の飼い猫ニャンコビッグは、ハードボイルドな雄猫である。十年前に拾われた恩義を感じて、多田の成長を見守ってきた。今では一人で珈琲店を切り盛りできるまでになった多田は、ニャンコビッグには自慢の飼い主だ。残念なのは、食べあきたキャットフードをニャンコビッグの好物だと思っていることだ。 今回は「多田くんは恋をしない」第3話『それ、好きだなあ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第2話『まぁ、間違っちゃいない』)のあらすじと感想・考察まとめ

クラス委員長の長谷川の案内で、テレサとアレクは部活動見学で校内を回る。多田たちの写真部に興味を持ったテレサは、しぶるアレクを誘って体験入部をする。彼女たちの勧誘のために、写真部伝統のゲームをすることになった。アレクとテレサは敵味方に分かれて、校内を走り回る。 今回は「多田くんは恋をしない」第2話『まぁ、間違っちゃいない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第5話『大丈夫だ。いないから』)のネタバレと感想・考察まとめ

毎年梅雨明けのころ、伊集院は趣向をこらしたお楽しみ会を開く。「伊集院薫ショー」と名付けられた催しも、今年で十回目。写真部員を招き、ゆいを交えて、伊集院は手料理をふるまい、銭湯を貸し切った。誰よりも伊集院が、ショーを楽しんでいるように見えた。 今回は「多田くんは恋をしない」第5話『大丈夫だ。いないから』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

多田くんは恋をしない(第6話『雨男、じゃないぞ』)のネタバレと感想・考察まとめ

フランスからテレサの幼なじみ・シャルルが来日した。シャルルは写真部員ともすぐに親しくなり、ニャンコビッグまで虜にする、天から全てを与えられたような青年だった。 写真部員たちは伊集院のツテで出席したパーティー会場で、シャルルやテレサ、アレクと顔を合わせる。 今回は「多田くんは恋をしない」第6話『雨男、じゃないぞ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents