GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊の名言・名セリフまとめ

押井守監督の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995年11月18日公開)は、士郎正宗原作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を映画化したアニメーション作品。製作会社はProduction I.G 。
その革新的ともいえるアニメーション技術から映像面で評価が高い本作だが、キャラクターの巧みな台詞回しもその人気の一因だ。当記事では、ファンの間で特に知られている名言・名セリフを紹介する。

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の概要

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年11月18日に公開された押井守監督のアニメーション映画である。月刊誌『ヤングマガジン海賊版』にて連載していた士郎正宗作のSF漫画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を原作としている。
同映画は日本国内での人気のみならず、アメリカではビルボード誌のホームビデオ週間売り上げ1位(翌1996年)となるなど世界的な評価も高い。日本のアニメーション映画で初めてカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された映画『イノセンス』(2004年3月6日公開) は本作の続編である。更に、あの大ヒット映画『マトリックス』監督のウォシャウスキー姉妹が本作に大きく影響を受けたと公言しているのも有名な話。
舞台は電脳化やAI、ロボットさらにはサイボーグ、アンドロイドなどの技術が発達し、一般に広く普及した未来の日本(パラレルワールド的な面もある)。
機械が人間に近づく一方で人間のサイボーグ化が進んでいく中、それらの境界線とは。記憶さえコピー可能な世界において、何をもって人は「自己」を認識し続けられるのか。という疑問がメインテーマとなっている。
主人公の草薙素子率いる内務省直属の攻性公安警察組織である公安9課の犯罪者との迫力あるバトルシーンや、独特な雰囲気の挿入歌・脚本まで、公開後20年以上経過した現在でも高い評価を受けている。特に脚本においてはアーサー・ケストラー著の『The Ghost in the Machine(機械の中の幽霊)』に影響を受けており、その哲学的な思想を交えた台詞の数々はSFファンを越えて広く知られており、国内・国外の情報サイトから個人サイトに至るまで世界中で考察が重ねられている。

草薙素子の名言・名セリフ

草薙素子(声:田中敦子)

全身サイボーグの女性。公安9課の実質的なリーダーで、9課のメンバーには「少佐」と呼ばれている。作品のメインテーマに関わる発言はほとんど彼女のものである。

「根拠ですって?そう囁くのよ、私のゴーストが。」

草薙素子(以下、草薙)の決め台詞でもあるこの台詞は、原作はもちろん、後のテレビアニメシリーズでも印象的に使われている。今作品においては、同じ9課のメンバーであるトグサに「(草薙の犯罪についての考察は)考えすぎなんじゃないの?今のところ何の根拠もないし。」と言われたことに対しての返答である。
「ゴースト」とはタイトルにも含まれていることから重要なキーワードである。「幽霊」の意味はなく、「自我」や「無意識下の直観」といった意味で使われている。
全身サイボーグ化している草薙が、未だに自己を確立し、アイデンティティを保っていることを印象づけるような名セリフ。

「戦闘単位としてどんなに優秀でも、同じ規格品で構成されたシステムはどこかに致命的な欠陥を持つことになるわ。組織も人も、特殊化の果てにあるのは緩やかな「死」。それだけよ。」

上記のセリフと同じ場面で、トグサの「なぜ自分のような者(他のメンバーと違って不正規活動の経験がない・サイボーグ化していない元刑事)をメンバーに引き入れたのか」という質問に対しての答え。
草薙の冷静な判断力と高度な統率力を示す名セリフである。

「便利なものよね。その気になれば体内に埋め込んだ化学プラントで、血液中のアルコールを数十秒で分解してシラフに戻れる。だからこうして待機中でも飲んでいられる。それが可能であればどんな技術でも実現せずにはいられない、人間の本能みたいなものよ。」

サイボーグの重い義体で海に潜る草薙を心配するバトーとの会話中の一言。非番でも犯罪が起こればすぐに対応しなければならない草薙たちの仕事の過酷さを示すと同時に、「便利なものよね」と言いながらも最高級のメンテナンス無しでは維持できない義体を抱えた自らに対する皮肉ともとれる一言である。

「人間が人間であるための部品が決して少なくないように、自分が自分であるためには驚くほど多くのものが必要なの。 他人を隔てるための顔、それと意識しない声、目覚めのときに見つめる手、幼かった頃の記憶、未来の予感。それだけじゃないわ、私の電脳がアクセスできる膨大な情報やネットの広がり。それらすべてが私の一部であり、私という意識そのものを生み出し、そして同時に、私をある限界に制約し続ける。」

上の台詞と同じ船上でのシーン。バトーの台詞、「俺たちは、9課に魂まで売っちまったわけじゃないんだぜ」(記憶の一部と義体を政府に返却すれば、公安9課を退職することはできるという意。)への返答。
草薙は、(退職それ自体は可能だが、)そうすることで「自分」を失ってしまう危険性について話している。草薙の意識が記憶や義体の感覚から始まり、現在の地位によってアクセスが可能になった広大なネットワークにまで及んでいることがわかる。

「私みたいに完全に義体化したサイボーグなら、誰でも考える。(中略)“今の自分は電脳と義体で構成された模擬人格なんじゃないか。”(中略)もし電脳それ自体がゴーストを生み出し、魂を宿すとしたら。その時は、何を根拠に自分を信じるべきだと思う?」

作品中盤、オリジナルのゴーストがない電脳が見つかったことに対しての名セリフ。
草薙は脳以外の全身全てが義体であり、唯一残った脳でさえも電脳化している。もし機械がゴーストを生み出すとしたら、どこまでが自分といえるのか。それとももう自分はどこにもいないのか。いやそもそも「自分」とは何なのか。まさにメインテーマの核心に触れる一言である。
草薙は作品全体を通して冷静かつ喜怒哀楽をあまり表現しないキャラクターであるが、そんな草薙がはっきり不安を口にすることでもこのセリフを際立たせたい製作者側の意図が伝わってくる。

「さて、どこへ行こうかしらね。ネットは広大だわ。」

同作品最後の台詞である。ファンの間のみならず、ネット用語としても(ネット上の理解が及ばないものに対して)使われる名言。
戦闘の修羅場を潜り抜けた草薙が、その後滞在していたバトーのセーフハウスから出てきての一言。
ちなみにこの台詞は、作品全体を通して使われていた草薙の義体とは別の義体で発せられている。このことから草薙が肉体としての自分自身の制約から遂に解き放たれたことを暗示している。

人形使いの名言・名セリフ

人形使い(声:家弓家正)

作品中、電脳犯罪史上最もユニークと評されたハッカー。「人形使い」という名前は捜査機関が付けたコードネームである。画像は、公安6課に追い込まれて入った義体。本来はネット上の情報から生まれた生命体であるため実体(ボディ)はない。

「あなたたちのDNAもまた、自己保存のためのプログラムに過ぎない。(中略)人はただ記憶によって個人足り得る。(中略)コンピュータの普及が記憶の外部化を可能にしたとき、あなたたちはその意味をもっと真剣に考えるべきだった。」

人形使いが生命体として政治的亡命を希望したとき、公安6課の部長に「(生命体ではなく、)単なる自己保存のプログラムに過ぎん。」と一蹴されたときの返答である。
近い未来、ネットの情報の海から個を持つ実体のない存在が私たちの前に現れ、生命体の定義が揺るがされるとしたら…そんなふうに思わせられる名セリフ。

「(生命が)より存在するために、複雑・多様化しつつ時にはそれを捨て、細胞が代謝を繰り返して生まれ変わりつつ老化し、そして死ぬときに大量の経験情報を消し去って、遺伝子と模倣種だけを残すのも、破局に対する防御機能だ。」

終盤、人形使いが念願だった草薙との対談を果たした場面で発したセリフ。
人形使いは肉体を持たないゴーストでありながら、生物が死に至るまでの過程を生命の防衛機能だと語る。そして、死を持たない自分は生命として不完全である、と言う。ここでは今までの「自分とは何か」という問いに加え、「生命とは何か」という根源的なテーマを問いかけている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊、イノセンス(押井版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は1995年に公開された日本のアニメ映画。AD2029年、公安九課のリーダー草薙素子が事件を追う中、正体不明のハッカー“人形使い”と遭遇する。 また続編の『イノセンス』は2004年公開。ガイノイド“ハダリ”の暴走した原因を九課のバトーとトグサが追う。 押井守監督版『攻殻機動隊』シリーズ。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』

Read Article

攻殻機動隊シリーズ(原作漫画)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』は士郎正宗によるSF漫画。1巻は草薙素子こと少佐が公安9課で事件を追う中人形使いと出会い融合するまで、1.5巻『攻殻機動隊1.5 HUMAN-ERROR PROCESSER』は少佐が去った後の公安9課の活躍、2巻『攻殻機動隊2 MAN MACHINE INTERFACE』は荒巻素子がテロ事件を追う内に草薙素子と邂逅するまでを描いている。

Read Article

精霊の守り人(Moribito: Guardian of the Spirit)のネタバレ解説まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

人狼 JIN-ROH(Jin-Roh: The Wolf Brigade)のネタバレ解説まとめ

『人狼 JIN-ROH』とは、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の押井守が原作・脚本を担当し、「ももへの手紙」の沖浦啓之が監督した1999年制作の長編アニメ。治安部隊の青年が反政府ゲリラだった女性と出会い、愛と使命の狭間で苦悩する、人間ドラマに重点を置いた作品。実写とみまがう、きめ細かい演出と映像表現が光り、世界の国際映画祭でも注目を浴びたアニメーション。

Read Article

ボールルームへようこそ(Welcome to the Ballroom)のネタバレ解説まとめ

「ボールルームへようこそ」とは、「竹内友」による漫画作品。2011年より「月刊少年マガジン」にて連載を開始し、2017年夏に「Production I.G」製作でアニメ化。なんの取り柄もなく日常をただ過ごしていた気弱な少年「富士田多々良」は、ある日偶然にも社交ダンスに出会う。プロダンサーの仙石や同年代のダンサー兵藤・雫達に影響され、多々良は社交ダンスに没頭していく。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

機動警察パトレイバー(Mobile Police Patlabor)のネタバレ解説まとめ

「機動警察パトレイバー」は、1988年にリリースされたオリジナルビデオアニメーション(OVA)と少年サンデー誌上での漫画版の連載開始から始まった、メディアミックス・コンテンツの先駆け的タイトルである。 作業用のロボットが需要により暮らしの日常の風景にまで普及した1999年の東京が舞台で、主人公の新米女性警官・泉野明(いずみ のあ)が同僚の仲間たちと共に悪戦苦闘しながら、警察に導入されたロボット部隊の搭乗者のひとりとして日々巻き起こる事件と出来事の数々に立ち向かう様を描いた物語。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(Magical Circle Guru Guru 2017)のネタバレ解説まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

BLOOD-C(ブラッド シー)のネタバレ解説まとめ

アニメ制作会社「Production I.G」と漫画家集団「CLAMP」の両名が手掛けた、全12話のオリジナルアニメである。 学園を主要な舞台としているが、ごく普通の日常にも関わらず違和感のある、現実感のない日常描写という雰囲気作りが意図的にされている。 主人公の女子高生「更衣 小夜」が日中は学校に通いつつ、人知れず人間を襲う怪物と戦いを続けるアクションアニメである。

Read Article

ジョーカー・ゲーム(ジョカゲ、Joker Game)のネタバレ解説まとめ

柳広司が手がけたスパイミステリー小説およびそれらを原作としたアニメ・漫画作品。第2次世界大戦前の大日本帝国期に、世界各地で暗躍するスパイ組織「D機関」の活躍と生き様を描く。原作小説は2009年の第30回吉川英治文学新人賞と第62回日本推理作家協会賞を受賞。「スパイミステリーの金字塔」とも言われる硬派作品である。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX、S.A.C. 2nd GIG、Solid State Society(神山版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊S.A.C.』は2002年放送のTVアニメ及びそのシリーズ。AD2030年、内務省直轄独立攻性部隊・公安9課が「笑い男事件」を追うストーリー。 続編の『S.A.C. 2nd GIG』ではテロリスト「個別の11人」を追う事件、『Solid State Society』は主人公・草薙素子が失踪後に謎のハッカー「傀儡廻し」に関わる事件となっている。 神山健治監督版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

進撃!巨人中学校(Attack on Titan: Junior High)のネタバレ解説まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

戦国BASARA(Sengoku Basara)のネタバレ解説まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

少女ファイト(Girls' Fight)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

Read Article

翠星のガルガンティア(Gargantia on the Verdurous Planet)のネタバレ解説まとめ

Production I.G制作、オケアノス原作の日本のアニメ作品。2013年4月~6月まで放送された。 はるかなる未来、宇宙生命体ヒディアーズと戦う兵士レドが空間転移事故により、陸地のほとんどを海中に没した地球に跳ばされた。その地球にてガルガンティアという巨大な船団で生活することになる。兵士以外の生き方に触れ、ヒディアーズの真実を知り苦悩しながらもやがて成長してゆく物語。

Read Article

攻殻機動隊 ARISE、攻殻機動隊 新劇場版(黄瀬・冲方版攻殻機動隊)のネタバレ解説まとめ

『攻殻機動隊 ARISE』は2013年6月に公開された劇場用アニメ。公安9課結束以前の物語で、正体不明のハッカー・ファイアスターターを巡る事件を追う。『攻殻機動隊 新劇場版』は『攻殻機動隊 ARISE』の続編で2015年6月全国公開。ファイアスターターと草薙素子の出生の秘密が繋がっていくストーリー。 黄瀬和哉総監督・冲方丁脚本版『攻殻機動隊』シリーズ。

Read Article

目次 - Contents