運命の元カレ(What's Your Number?)のネタバレ解説・考察まとめ

『運命の元カレ』とは2011年公開のアメリカのコメディ映画。日本では劇場未公開である。人気コメディ女優のアンナ・ファリスが主役を務めている。主人公のアリーはある日、20人以上とセックスした女性は結婚できる確率がガクンと下がるという雑誌の記事を見てしまう。実はもうすぐ元カレの人数が20人に到達してしまうため、焦るアリー。そこで彼女が思いついたのは、元カレの中から運命の人を見つけるという方法だった。

『運命の元カレ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

”10.5 holy shit!(10.5人!?マジで!?)”

電車の中で女性の結婚前にセックスする人数は全国平均10.5人という衝撃の結果を知ったときの、アリーの叫び。この時点で彼女は19人の元カレがいて彼らと寝たことがあり、かなりオーバー。この記事のすぐあとに20人以上とセックスすると結婚できる可能性が減るという記事を読んでしまい、ここから彼女の迷走は始まった。

”I am not gonna sleep with one more guy until I am sure he’s the one.(私はこの人っていう人が分かるまで、もう誰とも寝ないぞ)”

デイジーの婚約パーティで、アリーがバーにいるみんなの前で宣言した言葉。男運がないため彼氏がとっかえひっかえになっているアリーは結婚願望が強いらしく、力強く自らの決意を宣言した。しかしこの夜、さっそく酒の勢いで上司と寝てしまった。この宣言した場面はパーティ参加者のだれかが動画を撮影しており、YouTubeに流れてしまった。

”That’s my favorite thing about you.(そこが君の好きなところさ)”

コリンがアリーの初体験エピソードを聞いて言った台詞。彼の予想以上にアリーの行動は面白かったらしく、彼女の今までの言動や過去を聞いて段々とコリンはアリーに惹かれていっている。ちなみにここでコリンがバカうけしている初体験エピソードは、アリーが「キモイ」と嫌がっていたジェリー・ペリーがよりにもよって初体験の相手だったという話。

”Yeah your once, twice, three times a lady, I love you.(あなたは1倍、2倍、3倍の淑女だよ、愛してる)”

コリンが、アリーが元カレに逢いに行った結果落ち込んで帰ってきたときに歌ってくれた歌。元の歌の意味とは違う解釈で、「ひとりと寝た女よりも3倍いい女」という意味をこめて歌ってくれたことでアリーは少し気が楽になった。同じ歌を妹の結婚式でも音楽隊が演奏していたため、アリーはそれを聞いてコリンを思い出し、コリンのことを愛しているという自分の気持ちが決まった。

”Thank you for teaching me that being in love means being yourself.(私に恋するってことは自分らしくいることだって教えてくれてありがとう)”

デイジーの結婚式でアリーがスピーチで言った台詞。アリーは自分の本性を隠して彼氏と付き合ってばかりいたが、恋をするということは自分らしくいる、ということを妹から学んだ。自分を抑え込んで彼氏とつきあってきたのことも、アリーの恋愛が長続きしない原因のひとつ。

”I think I love you, 21.(愛してるわ21人目さん)””I love you too, three hundred and...(僕も愛してるよさんびゃく…)”

アリーとコリンがお互いの気持ちを確かめ合ったときの台詞。アリーは21人目(ラストで20人目と判明するが)だが、コリンは300台にのるくらい遊んでいるとここで判明。数を最後まで聞きたくないアリーは途中で彼の言葉を遮った。コリンはプレイボーイだが自分も遊び尽くしているからこそ、アリーのとっかえひっかえぶりも気にせずにアリー個人の人間性を見てくれた。

『運命の元カレ』の用語

マリ・クレール

フランスで創刊され、現在では各国語で出版されている女性ファッション雑誌。ファッション以外の特集も組まれており、アリーはこの特集のひとつを読んで「20人以上とセックスした女性は結婚できる確率が下がる」という事実を知った。英語のつづりだと"Marie Claire"。日本では中央公論新社により"Marie Claire Style"の名前で出版されている。

ブライズメイド

主に欧米圏での結婚式のとき、花嫁のサポート役を務める女性のこと。花嫁の親友や姉妹がこの役につくことが多い。人数は2~5人くらいで、日本ではウェディングプランナーの人が行うような作業もブライズメイドが行っていくので重要な役どころ。アリーたちのように、ブライズメイドはおそろいのドレスを着て花嫁のサポートに当たることが多い。

『運命の元カレ』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

saki2
saki2
@saki2

Related Articles関連記事

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』とは、2018年6月22日にアメリカ合衆国で公開された映画。『ジュラシック・パーク』シリーズ5作目の映画である。 日本公開は2018年7月13日。前作での大惨事から3年。放棄されたジュラシック・ワールドを有したイスラ・ヌブラル島には火山噴火の兆候が見えていた。噴火へのタイムリミットが迫る中、主人公オーウェンと彼の仲間たちは恐竜たちの救出チームに参加する。それぞれが奮闘する中、オーウェンたちは救出劇の裏に隠された陰謀にも巻き込まれていく。

Read Article

ジュラシック・ワールド(Jurassic World)のネタバレ解説・考察まとめ

ジュラシック・ワールド(Jurassic World)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・ワールド』とは2015年のアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシック・パーク』シリーズ4作目である。前作に引き続きスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めている。イスラ・ヌブラル島で起きた「ジュラシック・パーク」の事件から22年。新たなるテーマパーク「ジュラシック・ワールド」がオープンし、多くの観光客で賑わっていた。しかし、新たな目玉アトラクションとしてパークが用意していた新種恐竜インドミナス・レックスが脱走し、パークは大パニックに陥る。

Read Article

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とは、2019年にアメリカで制作されたミステリー映画である。世界的なミステリー作家のハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。しかし、その翌朝ハーランは遺体となって見つかる。正体不明の誰かに雇われた探偵のブノワ・ブランは、パーティーに参加していた人間全員を疑っていた。『007』シリーズのダニエル・クレイグや『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスら豪華キャストが出演し、緊張感ありつつも、それぞれの思惑などをコミカルに描いている。

Read Article

目次 - Contents