東亰ザナドゥ(Tokyo Xanadu)のネタバレ解説まとめ

「東亰ザナドゥ(Tokyo Xanadu)」とは、日本ファルコムより発売されたPlayStation Vita専用のアクションRPGである。主人公の高校生・時坂洸が、ヒロインの同級生・柊明日香と出会い、謎の世界「異界」に挑んでいく物語を描いている。日本ファルコムを代表とする人気ファンタジーRPG「イース」「空の軌跡」とは一風変わって、現代の日本を舞台にしたストーリーと世界観が大きな特徴となっており、ファルコムの新たな時代展開を象徴する一作として注目を集めている。

画面左上に表示されているパーセンテージが異界サーチのゲージ。異界の発生地点に近ければ近いほどゲージは上がっていく。

そして、100%の地点を発見すると、このような形でゲートが現れ、フリーダンジョンとして利用できるようになる。

エリアジャンプ画面上で異界マーカーのあるエリアに入ると、画面左上に「Echo」という文字表示の後にパーセンテージが現れ、ダンジョンである異界の入り口を探す異界サーチが現れる。そして、異界の発生地点に近づけば近づくほどパーセンテージの数値は上がっていき、100%になる地点を見つけ出すと「ゲート顕現」と表示される。この状態でLボタンを押すと異界への入り口である扉「ゲート」を出現させ、アクションパートに移行することができる。

ちなみにこの異界サーチで発見できるフリーダンジョンの異界はストーリー進行には一切関与しないが、クリアするとキャラクターとの交流イベントの実行回数を現す「縁の欠片」がひとつだけ追加される。そして、フリーダンジョンの異界はクリアしても何度でも挑戦することができ、経験値稼ぎやアイテム集めにもってこいの場所となる。

交流イベント

黄色の「!」マークで表される、主要キャラとの交流が描かれるイベントで、このイベントを見るにはフリータイム開始時に追加される縁の欠片が必要となる。縁の欠片は前項のフリーダンジョンの異界の初回クリアの他にも、サブイベントのクリアによって追加される場合もある。

また、このイベントを見ていくと後項にある、軌跡シリーズでいう手帳システムのようなものである「NiAR」で見ることができるフレンドページに、その交流イベントで見た情報が追加され、項目が埋まっていく。

クエストイベント

NiARにあるクエストページで確認できるイベントで、実際にこのイベントを発生させるには依頼者に会って出現する選択肢で、依頼者からの依頼を受注する選択をする必要がある。しかし、まれにNiARに表示されていない隠しイベント的な依頼が発生する場合があり、これは話しかけるまではそのキャラが依頼者であると知る方法がない。

クリアすると「ジェム」と呼ばれる換金アイテムが主な報酬として入手でき、さらに後項の特殊パラメータのひとつ「仁」が上昇する。また、報酬は基本的にジェムだが、強力な装備品などのアイテムがもらえる場合もある。

合成・交換・強化

洸たちの武器となるソウルデヴァイスを強化するシステムで、特定のショップで実行することができ、基本的にジェムの換金はこのシステムが使える店で行える。

「合成」とはグリードの撃破などで入手できる素材を、指定された条件の数に従って渡すことで、「エレメント」と呼ばれるソウルデヴァイスに装備させてパラメータを上げるアイテムを入手できる。その一方、「交換」もこの合成と似たようなものだが、こちらはダンジョンで集めた素材やミニゲームで入手した景品も含めたアクセサリーも対象としている。

そして「強化」とは、合成と同じように素材を消費してキャラクターのステータスやスキルを強化したり、ソウルデヴァイスのスロットを増やしたり、レベルを上げたりしてエレメントを装備できる数を増やしたり、強力なエレメントを装備できるようにさせることができる。

料理

軌跡シリーズでもおなじみのシステムで、ストーリーを進めると入手できる「レシピブック」で使える機能。ゲームの中で入手したレシピに従って「料理」と呼ばれる回復アイテムを作成することになり、実行時にはどのキャラクターが調理するかを選択することになる(ただし、同行している必要はない)。

作成できる料理はレシピごとに「独自」「成功」「失敗」「変異」の4つがあり、独自料理の場合はHP大回復や全状態異常解除など非常に効果が高い上に経験値が加算される効果があり、変異料理の場合はアイテムの代わりに素材が作成される。
そして、レシピとキャラの組み合わせによってどれが出やすいかが変化することがあり、「超得意」「得意」「普通」「苦手」の4パターンが存在し、さらに超得意以外はレシピ入手時点で判明する仕組みとなっている。

また、全体的に料理が苦手というキャラは存在せず、独自料理が作成できるのはそのレシピを超得意とする1人だけで、その独自料理の作成に成功するまでは得意のアイコンが表示されたままとなる。

フレンドページ

NiARで見ることができる機能のひとつで、主に洸も所属する杜宮学園の生徒や教師、そしてショップ店員など杜宮市の住人たちの個人情報をそれぞれまとめたページとなっている。

キャラごとによって3〜4つのページで区切られており、特定のタイミングで話しかける、もしくはクエストなどのイベントをクリアすることでページが追加され、全てのページが埋まるとキャラ名の所にチェックが入る。

また、会話による情報取得の場合、特にイベントらしいこれといった演出があるとは限らないので、ストーリーを進めながら機会を見つけ次第、こまめに話しかけるのがポイントである。さらに1度に2回話しかける、もしくは当該キャラ以外に話しかけるなど、変則パターンも存在する。

近況報告

九重神社にいる洸の祖父・宗介に話しかける形で発生するイベントで、このイベントによって「智」「勇」「仁」の3つの特殊パラメータを上げていくことができる。
これらのパラメータは5段階存在し、1段階上がるごとにこのイベントをこなすことでそれに見合った褒美としてアイテムやお金をもらうことができる。また、パラメータが上がる場面は以下のようにそれぞれ決まっているが、選択肢を選ぶ必要があるクエストなど1度に複数のパラメータが上昇する場合もある。

智:アイテムのひとつである「書籍」を読む、または各イベントで発生する選択肢で正解を選んだり、もしくはイベントに進む前に別のイベントをクリアすることで上昇する。
勇:異界のダンジョン攻略で高い評価を得ることで上昇する。
仁:イベントクエストをクリアすることで上昇する。

アクションパート

ストーリーを進めていく、もしくはフリータイム中の異界サーチで見つけたゲートの先にある迷宮に挑み、迷宮にひしめく敵を倒しながら最奥部を目指していくことになる。突入前に準備を整えるための画面「インターミッション」が表示され、ここでパーティメンバーの編成や装備の確認・変更などができる。また、ストーリーでの迷宮突入の場合、このインターミッション画面でセーブすることができる。

メンバーは前衛・後衛・サポートの3人で構成され、主に操作できるのは前衛のみで、後衛は△ボタン、サポートとは方向キーの右で交代させることができる。また、HPがゼロになり、戦闘不能となったキャラは強制的にサポートに回され、アイテムもしくは時間経過による復活でしか操作はできない。それ以外のボタンの役割は、方向キーの左を押すとアイテム画面、×ボタンを押すとジャンプ、Rボタンで回避行動、Lボタンでロックオンとなっている。

異界の最奥部に辿り着き、アクションパートをクリアすると「ソウルポイント」と呼ばれる特殊なパラメータがアップしていき、ある程度貯まるとそのキャラクターに割り振られた「ソウルレベル」と呼ばれる特殊なパラメータが上昇し、「ドライブアビリティ」と呼ばれる支援スキルを獲得できる。
そして、敵を倒した際、ジャンプ攻撃で倒す「エアリアルキル」、弱点属性で倒す「エレメントキル」、最大HPの半分を上回るダメージで倒す「フェイタルキル」、2体以上の敵を同時に倒す「チェインキル」という4つの撃破ボーナスによってアイテムのドロップ率が上昇する。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents