クラッシュ・バンディクー2(コルテックスの逆襲!)のネタバレ解説・考察まとめ

『クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!』とは、1997年12月18日にソニー・インタラクティブ・エンターテインメント(旧SCE)より発売されたクラッシュ・バンディクーシリーズ第2作。クラッシュはパワーストーンを集めるためにバラエティー豊かなステージを冒険することになる。格段に増えたアクション、パワーストーンの収集という明確な目的、新たに追加されたキャラクター達とシリーズの魅力を更に大きくした1作である。

遂に最後の戦いが始まった。ビッグパワーストーンを持って宇宙に逃げようとするコルテックス。地球を救うため、それを追うクラッシュ。クラッシュは自慢のスピンアタックでコルテックスに何度もダメージを与え、ついに倒すことに成功する。クラッシュの活躍により再び地球が救われたのだった。

OPよろしくだらけるクラッシュと「コルテックス・ボルテックスは?」と問うココ。

コルテックスを倒し、平和な日常を取り戻したクラッシュ。しかしココは「コルテックス・ヴォルテックス(宇宙ステーション)は? まだ宇宙に浮かんでるのよ」と不穏な台詞を吐く。そして実際コルテックス・ヴォルテックスはまだ宇宙を飛んでいた。

『クラッシュ・バンディクー2』のゲームシステム

「スピンアタック」「ジャンプ」と、1ではバリエーションの少なかったアクションが2つでは「スライディング」「ハイジャンプ」「ハイハイ」「しゃがみ」「ボディプレス」と一気に使用できる動きが増えた。単純にステージを1つずつ進めていた前作と変わり、1つのワープルームにつき5つのステージから好きなステージを自由に進んで遊ぶことが出来るようになった。また「パワーストーン」を集めるという目的が新しく加わり、ゲームをさらに奥深くしている。また、前作に引き続きダイヤもあるが、「カラーダイヤ」「パーフェクトダイヤ」に加え、特殊な条件でステージに出現する「ひみつダイヤ」が追加された。これにより更にやり込み要素が増えた。加えて、ステージによってはタイムアタック、隠しステージ、ノーミスでクリアすることによりプレイできるようになる超高難易度の「ドクロステージ」もある。ステージのバラエティも増え、サーフボードに乗る、ジェットパックで飛ぶなど特殊なプレイスタイルのステージが増えた。また、前作では一定の条件下でしか出来なかったセーブもワープルームでいつでも出来るようになった。

箱の種類

普通の木箱

立方体の普通の木箱。中にはリンゴが1〜8個入っている。数はランダム。どの攻撃でも壊すことが出来る。

?箱

?と書かれた箱。リンゴやクラッシュプレート(残機が1upする)、アクアクなどが入っている。中身は場所によって基本的に決まっているが、何度も同じところで倒れるとヘルプとしてリンゴだった中身がアクアクに変わることもある。

アクアク箱

ダメージを受けても帳消しにしてくれるお助けキャラ、アクアクが入っている箱。

1UP箱

残機が1UPするアイテム「クラッシュプレート」が入っている箱。意地悪な配置にあることが多いので、この箱を取ろうとして逆に残機を減らすことになるプレイヤーも多い。

C箱

この箱を壊しておけばその先でクラッシュが倒れても、この箱の位置がチェックポイントになってその場所からやり直せる。同じステージで何度も倒れると救済策に?箱がC箱に変化することもある。

↑箱

上に乗ると高くジャンプできる。Xボタンを押し続けるとさらに高く跳べる。スピンアタックやボディープレスで壊すことができる。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents