私の頭の中の消しゴム(韓国映画)のネタバレ解説まとめ

『私の頭の中の消しゴム』とは、イ・ジェハン監督・脚本の韓国の映画。日本では2005年に公開。
建築会社社長の娘キム・スジンと、スジンの父が経営する建築会社で現場監督として働くチェ・チョルス。2人は偶然に出会い恋愛を経てやがて結婚し幸せな生活を送っていた。そんな中スジンが若年性アルツハイマー病におかされていると判明する。症状が進みスジンはチョルスの事も忘れ始めるが、それでもなおチョルスはスジンを支えようとする。病という困難を抱えながらもお互いを愛し続ける男女のラブストーリーである。

ミョンジュとジヒョン(スジン友人)(演:パク・ユニョン、パク・ミスク)

一番右がユナ、その左がミョンジュとジヒョン

ユナと同じく、スジンのためにチョルスに近づく作戦に協力したりチョルスのためのスーツ作りを手伝ったり、スジンのことを見守る優しい友人たち。

チョルスの部下の建築作業員3人(演:チン・ヨンオク、ソ・ジノン、シン・ヒョンタク)

こちら側を向いているのがチョルスを慕う部下の3人

チョルスと共に現場で働いた後一緒に居酒屋に行ったり、チョルスが建築事務所を開いた時にもついていったりして、チョルスのことをとても慕っている。

療養所の看護師(演:イ・ジョンイン)

療養所でスジンの世話をしている看護師。外出許可を取ってスジンがソウル市内の思い出のコンビニに行った時にも同行した。

『私の頭の中の消しゴム』の用語

アルツハイマー病

不可逆的な進行性の脳疾患で、記憶や思考能力がゆっくりと障害され、最終的には日常生活の最も単純な作業を行う能力さえも失われる病気である。どのようにアルツハイマー病が始まっていくかはいまだ分かっていないが、脳の障害は症状が出現する10年以上も前に始まっているとみられている。
この映画でスジンがおかされていた若年性アルツハイマー病は非常にまれな型で、アルツハイマー病の人全体に占める割合は5%未満である。そして若年性アルツハイマー病のほとんどの症例は家族性で、親から受け継がれた既知の3つの遺伝子のうちのいずれかの変化によって引き起こされる(スジンも「遺伝的な要因が大きく作用した珍しいケースだろう」とイ先生に言われている)。また、ストレスや不安またはうつ病などの感情面の問題によって、もの忘れがひどくなることもある。

『私の頭の中の消しゴム』のみどころ

スジンを演じているソン・イェジンの演技力

主演のソン・イェジンは、不倫相手に振られ新しい恋をし妻になりそして病に悩むなど、この映画の中でスジンの様々な感情を高い演技力で表現している。
その中でも一番の注目すべきシーンは、チョルスのことが記憶によみがえり、チョルスに「ヨンミンさん。愛してる」とひどいことを言ってしまったことも思い出して涙を流すシーンである。約1分40秒にわたってセリフもなしで、目の動きや顔の表情などでこみ上げてくるスジンの「申し訳ない」と言う思いを切実に表現している。

不倫相手は待ち合わせにはもう来ないことを悟ったシーン

チョルスの建築士試験が終わるまで外で待っていたシーン

めまいがして道端で座り込むシーン

チョルスの記憶を取り戻したスジンが、朝「ヨンミンさん、愛してる」と言ってしまった申し訳なさから泣き出すシーン

思い出のコンビニでチョルスや家族が待ってくれているのを見て嬉し泣きするシーン

チョルスのふるまいの変化

まだスジンと付き合う前のチョルスは、仕事中上司と言い争いになるとヘルメットを投げて反発したり、内装の助っ人としてスジンが手がけていたスーツギャラリーに訪れた時にはいきなりハンマーで壁に穴をあけるなど、粗暴なふるまいが目立っていた。
しかしスジンと付き合い始め結婚してからは、スジンに説得されて自分を捨てた母を許そうとしたり、何年かぶりに会った大工の師匠に作って持っていった飾りを酷評されても怒りをぐっと抑えるなど、感情をコントロールしようとする姿が見受けられる。スジンと出会った事で、チョルスは人間的にも大きく変化していたのだった。

『私の頭の中の消しゴム』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

2回出てくるセリフ

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents