万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(英題:Shoplifters)とは、2018年に公開された日本映画である。監督は『そして父になる』などで知られる是枝裕和。主演はリリー・フランキーと安藤サクラ。
第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルム・ドールを獲得するなど、国内外で高い評価を受けた。
貧困のなか、万引きによって生計を立てながら身を寄せ合う家族6人の姿を描く。

ゆり(=じゅり)の母。ゆりに対し育児放棄の虐待をしている。一方、彼女もまた夫からDVを受けている。
ゆりが失踪してから2ヶ月もの間警察に届け出なかったため、後にマスコミからバッシングされることになる。

山戸頼次(演:柄本明)

近所にある駄菓子屋の店主。
駄菓子を万引きをする祥太に対し、当初は見て見ぬふりをしていたものの、彼が妹のゆりに万引きをさせたと知るやいなや、それを見咎めた。
すぐ後に亡くなってしまい、駄菓子屋は閉店することになってしまう。

前園巧(演:高良健吾)

治と信代の取り調べを担当する警察官。

宮部希衣(演:池脇千鶴)

治と信代の取り調べを担当する警察官。

『万引き家族(Shoplifters)』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

砂浜から家族を見守る初枝(「ありがとうございました」)

家族で海水浴に出かける一幕。波打ち際ではしゃぎまわる5人を砂浜から初枝が見守っている。
このとき彼女が発した言葉は、劇中ではその口元が映し出されるのみであり、観客にも聞き取ることが出来ない。
だが、彼女の柔和な表情から、それが5人に対する感謝の気持ちであると読み取ることは難しくない。
たとえ血の繋がりがなくても、あるいは犯罪による擬似的な繋がりであったとしても、そこには紛れのない「家族」の形があった。
そのことが明瞭に提示される名場面である。
あえて台詞を排した是枝監督の演出も、すべてを表情のみで伝えた樹木希林の名演も、本作品の白眉たるに相応しい効果をもたらしている。
ちなみに監督自身の手による小説版『万引き家族』では、その台詞が「ありがとうございました」であったことが記されている。

「父ちゃん……おじさんに戻るよ……」

「りん」の誘拐が発覚し家族が離散した後、最後にもう一度、治が翔太のもとにやって来る場面。
翔太と一緒に雪だるまを作った治は、もはや自分が父ではなく、ただの他人であり、彼と二度と会うことはないことを告げる。

実を言えば、翔太は治のことを劇中一度も「お父さん」と呼んでいない。
確かに翔太は父である治の行為に疑問を持ち、みずから関係に終止符を打とうとして捕まったのかもしれないが、たとえ束の間のことであったとはいえ、治は翔太の父であった。
先にあげた初枝の「ありがとうございました」と同様に、ここでも言葉に表現されないことで、より一層「家族」の絆が強調されている。

『万引き家族(Shoplifters)』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

高齢者の所在不明問題

本作品の背景に描かれている社会問題のひとつに、高齢者の所在不明問題がある。
これは戸籍や住民票などの公的記録上には存在しているものの、実際の生死や居住地などの確認が取れなくなっている高齢者が多数存在するという問題である。
この問題がメディアに取り上げられるきっかけとなったのは、2010年に東京都足立区で戸籍上111歳の男性が白骨化した状態で発見された事例である。
司法解剖の結果、この男性は30年以上前に死亡していたことが明らかになったが、その間も長女と孫は男性の共済年金を不正に受給していた。
その後も同様の事例が次々と発覚し、連日マスコミを賑わせる事態となったのである。
行方不明となっている高齢者なかには、上記の事件のように家族が年金を不正受給していたケースや、『万引き家族』で描かれたように死体遺棄が行なわれていたケース、また、独居老人として人知れず亡くなっているケースも考えられる。
いずれの場合も、超高齢化社会を迎えた日本が直面している大きな課題であることは間違いない。

パルムドール受賞後の政治的報道

カンヌ国際映画祭でのパルムドール獲得は大きな話題となったが、同時に「万引き」という犯罪を描いたことに対しインターネットを中心に批判を浴びる事態となってしまった。
こうしたなかでフランス『フィガロ』紙は、今回のパルムドールに対して安部首相が祝福のコメントを出していないことを指摘し、安部政権への批判を行なった。
これに呼応したのかは定かではないが、その後に当時の林芳正文部科学大臣が是枝監督を文科省に招き祝福したいという意向を示すことになる。
しかし、是枝監督はホームページ上で「公権力とは潔く距離を保ちたい」と発言し、文科省からの祝辞、ならびにその他の団体や自治体からの受賞をすべて辞退していること明らかにした。
しかし一部では『万引き家族』が文化庁の助成金を受けて制作されたことを理由に、こうした監督の一連の態度を批判する向きもある。
ちなみに、同ホームページ上で是枝監督は以下のように発言し、作品とは関係ないところで政治的な左右両派の諍いが起きることに疑問を呈している。

「大きな物語」に回収されていく状況の中で映画監督ができるのは、その「大きな物語」(右であれ左であれ)に対峙し、その物語を相対化する多様な「小さな物語」を発信し続けることであり、それが結果的にその国の文化を豊かにするのだ。

映画がかつて、「国益」や「国策」と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、大げさなようですがこのような「平時」においても公権力(それが保守でもリベラルでも)とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないかと考えています。決して波風を立てたいわけではないので「断った」などとはあえて口にしないでおりましたが、なかなかこの話題が収束しないようなので、本日ここに公にすることにいたします。なので、このことを巡る左右両派!のバトルは終わりにして頂きたい。映画そのものについての賛否は是非継続して下さい。

出典: www.kore-eda.com

『万引き家族(Shoplifters)』の関連動画

予告編

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

そして父になる(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『そして父になる』とは、”赤ちゃん取り違え事件”を扱った、2013年制作の日本映画。TVドキュメンタリー出身の是枝裕和が監督・脚本・編集を担当し、主演の福山雅治が初の父親役を演じた。第66回カンヌ国際映画祭では見事に審査委員賞を受賞し大きな話題となった。ある日、突然6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったと知らされた対照的な2組の夫婦が、過酷な決断を迫られ、それぞれに葛藤を繰り返す中で本当に大切なものを学んでいく姿を描く。

Read Article

愛の渦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『愛の渦』(映画)とは劇団「ポツドール」の主宰者であり劇作家として活躍中の三浦大輔が監督を務めた、セックスが題材の成人向け映画作品である。戯曲『愛の渦』は岸田國士戯曲賞受賞。待望の映画化に注目が集まった。舞台はとあるアパートの一室。そこはセックスを目的に集まった男女が乱交パーティーを行う裏風俗だ。集まったのはニートや女子大生、保育士にサラリーマンと見ず知らずの男女10名。肉欲に溺れる男女と交錯する人間模様を浮き上がらせた、セックスがテーマの映画となっている。

Read Article

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『借りぐらしのアリエッティ』とはメアリー・ノートン著書の『床下の小人たち』を原作として、米林宏昌が監督のスタジオジブリ制作アニメーション映画である。最終興行収入は92億5000万円で2011年に日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。とても美しい映像は劇中の音楽とよく合い、見ている人を夢中にさせた。人間に見られてはいけない小人が、人間の家で物を借りながらどのように隠れて暮らすのか、そして短い間に築かれていく小人であるアリエッティと少年の翔との友情と絆を描く。

Read Article

真実(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真実』とは、2019年の日仏共同制作のヒューマンドラマ映画。2018年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督の作品。代表作は『万引き家族』『誰も知らない』など。主演には、フランスを代表する大女優カトリーヌ・ドウーヴを起用し、すべての撮影をフランスで行った監督の初の国際共同製作映画ということで、世界から注目を浴びる。『真実』の出版を機にベテラン女優ファビエンヌとその娘リュミールが心に秘めている真実、彼女たちを取り巻く人々の思いが暴かれてゆく。

Read Article

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勝手にふるえてろ』とは2017年に公開された日本のラブコメディ映画。芥川賞作家の綿矢りさの原作小説を松岡茉優主演で映画化。10年間も中学の同級生に片想い中で恋愛経験ゼロのヒロイン「ヨシカ」。そんな彼女に人生初めての彼氏ができる。ヨシカは片想いだけど妄想彼氏の「イチ」と初めて告白されてできた彼氏・会社の同僚「二」で勝手に二股を作り葛藤する。傷つきながらも暴走する主人公をコミカルに描く。監督は『でーれーガールズ』の大九明子。「第30回東京国際映画祭コンペティション部門」で観客賞を受賞した話題作。

Read Article

夜のピクニック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『夜のピクニック』とは、恩田陸の青春長編小説『夜のピクニック』を原作としたヒューマンドラマである。「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」をキャッチコピーにして、2006年9月30日に公開された。主人公の甲田貴子は、北高に通う高校3年生である。北高には、一昼夜かけて80㎞を歩く「歩行祭」という伝統行事があった。貴子は、高校生活最後の歩行祭で「同じクラスの西脇融と話をする」という1人だけの秘密の賭けをしていた。青春時代の輝きや、友人の大切さなどを感じる青春映画である。

Read Article

はっぴいえんど(HAPPY END)の徹底解説まとめ

はっぴいえんどは1969年から1972年まで活動し、3枚のアルバムを残した日本のフォーク・ロックバンドである。バンドの先進的なサウンドと日本語歌詞によって歌われる、いわゆる"日本語ロック"は後進のバンドに大きな影響を与えており、日本のロックミュージックに大きな影響を与えたバンドとして考えられている。

Read Article

歩いても 歩いても(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

兄の命日に久々に実家に集まった横山家。しかし次男の良多は父と折り合いが悪く、気が重い。食卓には母の作った手料理が並び、思い出話に花が咲く。そんな何気ない会話の中に、家族それぞれが抱えた事情が見え隠れする。どこにでもある家族の夏の一日を静かに繊細に描いた、是枝裕和監督の思いが詰まったホームドラマ。

Read Article

ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説・考察まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

Read Article

リトル・フォレスト(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リトル・フォレスト』とは、主人公の成長を描くヒューマンドラマであり、五十嵐大介による漫画、漫画を基にした森淳一監督、橋本愛主演の映画である。漫画『リトル・フォレスト』は、作者の実体験を基に制作され、2002年12月から講談社発行の『月刊アフタヌーン』で連載された。映画『リトル・フォレスト』は、2014年8月に公開された『夏』『秋』、2015年2月に公開された『冬』『春』の4部作である。東北地方の小さな村に住む主人公のいち子が、自然に向き合いながら自分を見つめ直すストーリーとなっている。

Read Article

YELLOW MAGIC ORCHESTRA(イエロー・マジック・オーケストラ/YMO)の徹底解説まとめ

1978年に細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一の3名によって結成された日本の音楽グループ。 日本において「テクノポップ」というジャンルを根付かせた、シンセサイザーなどの電子楽器を使用した音楽が特徴。グループ名の頭文字をとって、通称YMO(ワイ・エム・オー)と呼ばれる。 代表曲は「RYDEEN」「BEHIND THE MASK」「君に、胸キュン。」など。

Read Article

NEW

南極料理人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『南極料理人』とは、西村淳の著書『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』を原作とした、2009年の日本映画である。海上保安庁に勤務する「西村」は、同僚スズキの代理で、南極観測隊として派遣されることになった。そこでは、様々な個性やクセを持った7人の隊員と共同生活を送らなければならない。初めは打ち解けずトラブルもある隊員たちだったが、次第に南極での生活を楽しみ始めることとなる。この映画は人との関わりを考えさせつつも、くすっと笑えるポイントが随所にちりばめられた、ヒューマンコメディ作品である。

Read Article

目次 - Contents