サガ フロンティア2(SaGa Frontier 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『サガフロンティア2』とは、現スクウェア・エニックスが1999年に発売したプレイステーション用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズとしては8作目、『サガフロンティア』シリーズでは2作目に当たる。
シリーズの特徴であるフリーシナリオは、今作では年代順にシナリオを追っていく「ヒストリーチョイス」システムとして採用されている。術が一般化している世界を舞台に、術が使えないギュスターヴ13世と時代の影で起こる災いに立ち向かうウィリアム・ナイツとその一族を主人公に、約100年に及ぶ物語が描かれる。

夜のような雰囲気であることからそう呼ばれる。
古代帝国時代に作られたクヴェル装置が今も稼動しており、街灯などが完備されている。
ツールなどの加工場があるが、交通の便が悪いため、品物は外に流通していない。
グラン・タイユ地方には統治者がいないため、治安は悪い。

ヴァイスラント地方(Weissland)

東大陸の南東部地域で、リンホフ川以南の地をラウプホルツ公が治めている。
地域のほとんどが雪と氷に覆われているため、手付かずの地域も多い。
名前の由来はドイツ語で「白い土地」から。寒冷地体のため、長い冬場の氷結された風景を表している。

ヴァイスラント(WeissLand)

術発祥の地として知られる東大陸最南端の町。
雪と氷に覆われた極寒の地のため、この地を訪れる旅行者などはほぼいない。
町の機能はほとんどクヴェルの力に依存している。
寒さをしのぐために火のクヴェルが利用されている。
そのためクヴェルが産出されているのではと思われているがその出どころは極秘とされている。
近くには周囲を氷湖で囲まれた古代の先住種族の遺跡「氷河のメガリス」が存在している。

ラウプホルツ(Laubhols)

グラン・ヴァレを抜けたところにある都市。
ヴァイスラントほど寒くはないため、比較的住みやすく活気がある。
文化的に発展しようという向きがあり、芸術家たちが集う町もある。
またラウプホルツ近郊には「グールの塔」があり、亡者たちが跋扈している。

南大陸

ほぼ全土をナ国が治めている。
大陸の大半が砂漠化しているために居住地域が狭く、土地の広さに対して人間の治める領土も少ないため、領土争いもほとんどない。

ナ国(Na & Grand Desert)

南大陸を治める国。
東大陸の文化とは全く違った歴史を歩んだため、東大陸では禁忌とされた金属の鍛冶技術などが残っている。
そのため東大陸ほど術不能者に対する差別はない。

グリューゲル(Gluegel)

ナ国の首都。
ナ国の安定した治世を表すかのような平和な都市。

フォーゲラング(Vogelang)

荒野の只中にある町。
周囲が砂漠と岩場に囲まれているため、水は貴重である。
水源となるタウゼント湖は厳重に管理されており、勝手に水をくむことは禁じられている。
周囲には遺跡やメガリスもあるが、南大陸にはクヴェルの発見例がほとんどないため、発掘に訪れるディガーはほとんどいない。

ナ国周辺(Austrix the east)

ナ国に隣接する形で、ナ国から領地を与えられた領主たちが統治している。
大きな紛争もなく総じて平和的な地域。
北大陸や東大陸との海路による交流が盛んであり、特産品などを輸出したりもしている。

ヤーデ(Yade)

ヤーデ伯の治める地域。
ヤーデ伯の屋敷と、それを取り囲む町から構成されるのどかな地だった。
ギュスターヴ13世の盟友ケルヴィンがヤーデ伯を継いだ頃から軍備を増強し、立派な大都市へと変貌した。

ワイド(Wide)

ヤーデ伯領の北方に位置する、ワイド侯の治める地域。
ワイド侯の豪華な屋敷を中心に、町が広がり、それを取り囲むように城壁がある。
ワイド侯には多くの優秀な側近がおり、軍部を統括する将軍と内政を取り仕切る内政官らが分担して国政を担っている。

北大陸(Terionis)

開拓が始まったばかりの未開の地。
そのため一山あてようと多くのディガーや冒険者たちが訪れる。

ノースゲート(North Gate)

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

サガ フロンティア(SaGa Frontier)のネタバレ解説・考察まとめ

『サガ フロンティア』とは、現:スクウェア・エニックスが1997年7月11日に発売したプレイステーション用ソフトで、ジャンルはRPG。サガシリーズの7作目にあたる。主人公は7人の中から1人を選び、それぞれ違ったストーリーが展開する。今作ではこれまでのファンタジー路線に加えSF要素も盛り込まれている。また今作より「連携」システムが搭載された。多数の小世界「リージョン」を舞台に、7人の主人公たちがそれぞれの物語を紡いでいく。

Read Article

ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ3』とは、1995年に現スクウェア・エニックスより発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。サガシリーズの6作目にあたり、ロマサガシリーズの3作目にしてシリーズの集大成との呼び声も高い。シリーズの特徴であるフリーシナリオの他、ミニゲームも充実。グラフィックや演出、音楽などの点で特に評価が高い。8人の主人公から1人を選び、「死食」がもたらす数々の謎を解き明かす冒険の旅に出る。

Read Article

ロマンシング サ・ガ(ロマサガ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ』とは、1992年1月28日に現スクウェア・エニックスから発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 ゲームボーイ用ソフト『Sa・Ga』シリーズのスタッフが新たに手掛けた意欲作。最大の売りは、当時まだ珍しかった自由度の高い「フリーシナリオシステム」を採用したこと。それぞれ異なる事情を抱えた8人の主人公から1人を選んで自由に世界を冒険するうち、伝説の邪神と戦うこととなる。

Read Article

ロマンシング サ・ガ2(ロマサガ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ2』とは、スクエア(当時)が開発したSFC用のRPGである。特徴は、決まった流れを追うのではなく、フリーシナリオを採用している点と、レベルに関係なく技を習得する閃きシステムが挙げられる。プレイヤーはバレンヌ帝国の皇帝となり、かつて世界を救った「七英雄」と対峙していくこととなる。その戦いは世代を超えて続き紡がれる。

Read Article

Sa・Ga2 秘宝伝説(Final Fantasy Legend II)のネタバレ解説・考察まとめ

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。サガシリーズの第2作目。 基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、さらに遊びやすくなるようシステムに変更や追加がなされている。 古の神々の遺産「秘宝」は手に入れるとすばらしい力が得られるという。主人公は、その「秘宝」を追って行方不明になった父親を探して、仲間たちと共に旅に出る。

Read Article

時空の覇者 Sa・Ga3(Final Fantasy Legend III)のネタバレ解説・考察まとめ

『時空の覇者 Sa・Ga3』とは、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ専用ソフト。サガシリーズの完結編。今作がGB最後の作品となった。システムは前2作とは異なり、経験値でレベルアップするというオーソドックスなものに変更され、武器や魔法の使用回数制限も撤廃された。滅びの未来を変えるため過去へ送られた3人の若者たちが、仲間と共に時空を超えて異次元の神と戦う物語。

Read Article

魔界塔士 Sa・Ga(The Final Fantasy Legend)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔界塔士Sa・Ga』とは、1989年12月15日に現・スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)専用ソフト。ジャンルは当時、携帯機のGBでは不可能といわれた初のRPGで、当社初のミリオンソフトとなった。 サガシリーズの記念すべき第1作目。経験値やレベルの概念がなく、キャラクターの種別によって成長方法が異なるという斬新なシステムで注目された。舞台は1本の塔によって結ばれた4つの世界。その塔の頂上には楽園があるという。その楽園を求めて主人公は塔への冒険に旅立つ。

Read Article

ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サガ リ・ユニバース』とは、スクエアエニックスとAkatsukiが共同開発しリリースされた、iOS・android用スマホオンラインRPGである。 新しい命の全てを奪う『死食』復活に画策する魔王を阻み世界に平和をもたらすため、新8英雄(ポルカ、リズ、ゼノン、ヴァルドー、妖精ブラウニー、シン・ドゥ、マドレーン、イーヴリン)が集結。 閃きシステムによる育成の大変さはあるが、愛着を持って一つのスタイルを育てたり、戦術を練って戦いに挑めるところが最大の魅力だ。

Read Article

目次 - Contents