ソードアート・オンライン アリシゼーション(第8話『剣士の矜持』)のあらすじと感想・考察まとめ

学院首席のリーバンテイン先輩との手合せで、引き分けの結果になったキリト。そんなキリトの試合を見たソルティリーナは、独自流派であるセルルト流の後継者である自分への自信を持ち、修剣士検定試合で首席の座を勝ち取る。一方、上級貴族の同期生からの嫌がらせでキリトが大切に育ててきた花が無惨にも荒らされてしまうが、仮想世界でのイメージ力がキリトに力を貸す。
今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第8話『剣士の矜持』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第8話『剣士の矜持』のあらすじ・ストーリー

独自流派への誇り

お互いに実剣で切りかかるリーバンテイン先輩とキリト。

学院首席のリーバンテイン先輩と実剣での立ち合いをすることになったキリトに、リーナ先輩は歩み寄った。
リーナ先輩「キリト、私はお前の強さを信じる。信じるが故に教えておく。ウォロのリーバンテイン家には、秘めたる家訓がある。『剣を強者の血で濡らせ。されば強さは我のものにならん。』入学以前も、実剣による一本先取を幾度となく行っているはずだ。その経験が奴の恐るべき剛剣を生み出している。」
それを聞いたキリトは、「そうか!イメージの力か!剣に強敵の血を吸わせれば吸わせるほど強くなるというリーバンテイン家の家訓が、ウォロの剣に力を与えている!」と考えた。
リーナ先輩はキリトの肩に両手を置き、「しかし、繰り返すが私はお前を信じている。あ奴に容易く食われる剣士ではないとな。」と言葉を続けた。そしてリーナ先輩はからかうような笑いを浮かべると「昨日、私に約束したことを忘れてないだろう?」とキリトに確認した。
キリト「約束…、ええ!俺の全てを先輩に見せると約束しました。」
リーナ先輩「ならばここで見せてくれ!キリト!」
キリト「はい!約束、果たしてきます!」
2人の会話が終わると、リーバンテイン先輩は「セルルト上級剣士。立会人を引き受けてくれないか?」とリーナ先輩に頼み、リーナ先輩は了承した。
リーバンテイン先輩とキリトは離れて対峙すると、右手の拳を左胸の心臓の上に重ねる正式な敬礼をし、剣を抜刀した。
2人の間に走る緊迫した空気をよそに、観戦席にいるウンベールとライオスはキリトの剣を見て、見下すような発言をしていた。
ウンベール「おやおや。辺境では剣に墨でも塗る風習でもあるのですかなぁ、ライオス殿。」
ライオス「そう言ってやるな、ウンベール。側付き殿は忙しくて、剣を磨く暇もないのだろうさ。」
そんなウンベールとライオスの嘲りは当然キリトとリーバンテイン先輩の耳には届かない。
リーバンテイン先輩が剣を上段に構える姿勢を取ると、リーバンテイン先輩の周りのオーラが赤くなるほどの気迫が迸った。リーナ先輩は「ハイ・ノルキア流天山烈波の構え!いきなり秘奥義とは…。」と目を丸くして呟いた。
キリトはリーバンテイン先輩の構えを見ながら、自分が知っているゲーム内の技と重ねあわせながら攻防の仕方を頭の中で分析していた。
キリト「あれは、両手剣単発重突進技アバランシュ!しかもただのアバランシュじゃない…、イメージの力で威力が増大されているはず!でも避けるわけにはいかない…。リーナ先輩との約束を果たすためにも、奴の一撃を受けきらなくては!こちらは手数で…、縦切り4連撃バーチカル・スクエアで勝負だ!」

リーバンテイン先輩のイメージ力。

キリトのイメージ力で剣が金色に輝き、長さが伸びた。

リーバンテイン先輩がキリトに切りかかり、キリトは連撃技で剣を躱しながら、リーバンテイン先輩の剣を3連撃目で受け止めた。そのまま2人の力が拮抗してどちらも押しきれなかったが、キリトは「これを凌げば、4連撃目がある!」と考えた。その時、リーバンテイン先輩の背後に大人数のリーバンテイン先輩そっくりの姿が現れた。さながら分身の術を使っているようだ。キリトはこれらの現象を「これは!ウォロが背負ってるリーバンテイン家の!これが奴の強さ…、イメージ力の源か!」と気づいた。
しかしキリトは「でも…、俺だって…、俺だって!」と歯を食いしばった。キリトの脳裏には、現実世界で待っている家族や仲間の姿、何よりアスナの姿が浮かんでいた。彼らに再び会うまで、キリトは立ち止まるわけにはいかない。その想いを込めてキリトは「ここで負けられないんだ!」と叫んだ。
その時、キリトの剣が金色に輝き、その輝きは修練場全体に色鮮やかに弾け飛んだ。さらにキリトの剣の長さはリーバンテイン先輩の剣の長さよりも伸びたのだ。リーバンテイン先輩が焦りを感じていると、ふいにキリトの背後にギガシスターの大樹が浮かび上がり、キリトの剣のあまりの強さにリーバンテイン先輩の剣は弾かれた。リーバンテイン先輩は剣を手放すことなく後方へと一旦退き、キリトも反動で後方に弾け飛んだ。
しかしキリトはすかさず剣を中段に構えて前方に駆け出し、リーバンテイン先輩の胸に切りかかる。キリトの剣はリーバンテイン先輩の服の胸にあたる部分をわずかに切り裂いた。リーバンテイン先輩もすかさず剣を上段からキリトに振りおろし、キリトも先ほど切りかかった剣をそのまま返して中段から再びリーバンテイン先輩に切りかかろうとした。

リーナ先輩は微笑みながら、キリトにお礼を言った。

その時「そこまで!」という声が突然響き、リーバンテイン先輩は寸止めで、キリトは慌てて剣を後方に引いて固まった。声をかけた人物にキリトが顔を向けると、そこには何故かアズリカ先生がいた。
リーバンテイン先輩「あの方の裁定ならば、従わぬわけにはいかぬ。」
キリト「え…。えと…、何故です?」
リーバンテイン先輩「あの方は、7年前の4帝国統一大会におけるノーランガルス北帝国第1代表剣士だからだ。」
キリト「えぇ!」
驚きでリーバンテイン先輩の方を思わず振り返り唖然とするキリトに、リーバンテイン先輩は「キリト練士の懲罰はこれにて修了とする!」と宣言し、出入り口の方へ歩き始めた。
リーバンテイン先輩「今後は誰かに泥を跳ね飛ばさぬよう気を付けることだ。」
リーバンテイン先輩が去ると、会場から一気に歓声が沸きあがり、ユージオは嬉しそうな表情を浮かべていた。一方、ウンベールとライオスは苦り切った表情を浮かべた。
キリトが改めて剣を見ると、剣は黒色で元の大きさに戻っていた。その時、リーナ先輩がキリトに駆け寄り、キリトの両肩に手を置いて涙を浮かべながら「斬られた…、と思ったぞ…。」と声を絞り出した。キリトが「ええ…。俺もそう思いました…。」と答えると、リーナ先輩は思わず脱力して両手を下ろして天井を見上げ、呆れた声で「なのに降参しないとは…。大馬鹿者め!」と言った。その後すぐにキリトの方に顔を戻し、言葉を続けた。
リーナ先輩「見事な…素晴らしい戦いぶりだったぞ、キリト。礼を言わせてもらうよ。独り占めできなかったのは残念だが、お前は約束通り、全力の戦いを見せてくれた。ありがとう。」
キリト「で、でも引き分けですし…。」
リーナ先輩「あのリーバンテイン相手に引き分けておいて不満か?」
キリト「いえ…。そういうわけじゃ…。」
リーナ先輩「もはや勝ち負けは問題ないよ。お前の戦いぶりに、私は大切な…とても大切なものを学んだ。私の部屋で、軽く祝杯を挙げようじゃないか。ユージオとゴルゴロッソ殿も呼ぶとしようか。」
リーナ先輩は微笑み、キリトも笑顔で「はい!」と答えた。

会話をするキリトとリーナ先輩。後ろで酔いつぶれてしまっているユージオとゴルゴロッサ先輩。

その日の夜、リーナ先輩の部屋にはキリトとユージオ、ゴルゴロッサ先輩が集まり、祝杯を挙げた。ユージオとゴルゴロッサ先輩はいつの間にか酔いのためソファーの上で眠り込んでしまい、キリトとリーナ先輩はテーブルを挟んでお酒を飲みながら会話をしていた。
リーナ先輩「今日の立会を見て改めて思ったよ。お前のアインクラッド流は底が知れないな。我がセルルト流も実用剣術のつもりでいたが、まだまだ固い。」
キリト「またその話ですか?俺は先輩に勝てたことがないんですよ。セルルト流の攻撃の多彩さは、本当に見事と言うしかありません。」
リーナ先輩「…実はな、キリト。我がセルルト家は、遠い祖先が皇帝の不況を買ったが故に、正当剣術たるハイ・ノルキア流の伝承を禁じられてるのだ。」
キリトは初めて知った事実に驚いた。リーナ先輩は苦笑いを浮かべながら、言葉を続ける。
リーナ先輩「そのため実戦的、いや変則的な剣術を磨くしかなかった。それがセルルト流だ。不満に思っているわけではない。むしろ私は、我が流派を誇りとしてきた。だが、心のどこかに迷いがあったのかもしれない。2年間、ハイ・ノルキア流を伝承しているウォロを凌駕しえなかったのは、それ故だったのかもしれないな…。だがお前は違う。同じように独自流派の使い手でありながら、正当流派の者たちにまるで引け目を感じていない。1年間側で見てきて、そして今日のウォロとの立会を見て、ようやくその理由が分かった気がしたよ。私は、私がセルルト流の後継者であることを今、心の底から誇りに、そして嬉しく思っている。お前の指導生となれたこともな。」
リーナ先輩は微笑みを浮かべた。
キリト「リーナ先輩。最後の修剣士検定試合では、今度は先輩がウォロ首席に勝って下さい!」
キリトはリーナ先輩の微笑みを見て、強い口調でお願いした。

信じる力

無惨な姿に成り果ててしまったゼフィリアの花。

リーナ先輩の部屋で祝杯を挙げた後、キリトは花の様子を見に行こうと思い、花壇の方へと歩いていた。すると、庭から出てくるウンベールとライオスに偶然会った。ライオスがキリトに気づき、「おやおや。ちょうど良かった。今から貴殿を探しに行こうと思った所だったのだよ。」とわざとらしく声をかけたため、キリトは「何の用だ。」と警戒心を露わにして問いかけた。
ライオス「無論、貴殿の見事な戦いぶりに賛辞を送ろうと思ってな。」
ウンベール「ま、あのような曲芸じみた剣術には、さしもの首席も多少面食らった、というところですかなぁ。」
キリト「喧嘩を売ってるのか。」
ライオス「とんでもない!上級貴族は決して平民に何かを売ったりはしないのだよ。施すことはあってもな。ハハハハ!」
2人の狙いは、やはりキリトを侮辱することだったのだ。相手にしないために何も言い返さないキリトの右胸にライオスは自分の左手を添えながら、「貴殿の曲芸、いや健闘を讃えてこれを進呈しよう。受け取ってくれたまえ。」と意味深な発言をした。
ライオスはそのままキリトの横を通り過ぎながら「では、我々はこれにて失礼する。お休み、キリト殿。」と言い、ウンベールは「いい気になるなよ!」とキリトに脅迫めいた内容の言葉をかけてライオスの後について行った。
キリトはライオスに何を渡されたのかを思い、右胸のポケットに入れられた物を取り出した。それは何と、キリトが大切に育ててきた花の蕾だったのだ。キリトは切り取られた蕾を見た途端、真っ青になって花壇へと走った。花壇の中の花の蕾は、1つ残さず切り取られ、無惨な姿になってしまっていた。
キリトは大切に育ててきた花の変わり果てた姿に、思わず座り込んで両手を握りしめ、俯いた。
キリト「始めは、ただの実験だった…。北帝国では決して咲かないと言われているゼフィリアの花を、リーナ先輩が好きだと言っていた。その花を俺のイメージ力だけで、咲かせることが出来るのかどうか。でも俺は、いつしか異国の土で懸命に咲こうとしているこの花たちに、自分自身を重ねていたんだ。現実世界から、親しい、愛おしい人々たちから切り離され、いつ再会できるか分からない寂しさや苦しさを、花たちと分かち合おうとしてたんだ!」
キリトの両目に涙が溢れ、キリトの手の中にあった蕾の天命が尽きて消えてしまい、涙は次々と頬を伝っていく。

花壇の花たちが光り始める光景。

為す術もなく泣き続けるキリトに、突然話しかける謎の声が聞こえてきた。
謎の声「信じなさい。異国の土でここまで育った花たちの力を。」
キリトは誰の声だろうと疑問に思い、周囲を探したが誰の姿も見えない。しかし、謎の声は確かにキリトに話しかけていた。
謎の声「そして、この花たちをここまで育てたあなた自身の力を。」
キリト「でも、もう…みんな死んでしまった…。」
謎の声「大丈夫。土に張った根はまだ生きようとしているわ。それに、感じるでしょう?この花壇に咲くたくさんの生花たちが、仲間を助けたいと思っているのを。」
キリト「無理だ…。俺には、そんな高等な神聖術は使えない…。」
謎の声「あらゆる術式は心意、あなたの言うイメージを導き、整えるための道具に過ぎないわ。さぁ感じて。花たちの祈りを、世界の理を。」
キリトは涙を拭いながら「心から出ずる意志…、心意…。」と呟いた。その瞬間、花壇の他の花たちが光だし、不思議な光る粉が舞った。キリトは近くで咲いている花に手を伸ばしながら、「頼む、力を…、命を、ほんの少しだけ分けてくれ。」とお願いした。そして自分も目を閉じると「花の生命力が、俺を導火線としてゼフィリアの根に流れ込むようイメージするんだ…。」と念じ、頭の中でイメージを作り上げた。花たちから生命力の輝く光が花火のように飛び出すと、キリトを通してゼフィリアの花の花壇に流れ込み、ゼフィリアの花は元通りの姿を取り戻した。
蘇ったゼフィリアの花を見たキリトは笑顔になり、謎の声に「ありがとう。」とお礼を言ったが、謎の声からの返事はなかった。

花火のように飛び出した花たちの生命力。

目標へ近づくための1歩

ティーゼ

ロニエ

次の日、修剣士検定試合が行われ、リーナ先輩は初めてリーバンテイン先輩を破り、首席で学院を卒業した。キリトはゼフィリアの花をリーナ先輩に卒業祝いとして贈り、リーナ先輩は涙を浮かべるほど喜んだ。
キリトとユージオは、5位と6位の成績で無事に上級修剣士として進級した。
10位以内の成績を修めた2人には、側付きがつくことになる。キリトにはロニエ、ユージオにはティーゼという初級修剣士が側付きとしてついた。上級修剣士となってもキリトの普段の行動は相変わらずで、寮から出かけてはお菓子を買って「最短コースだから。」という理由でベランダから部屋に戻ってくるという振る舞いを、側付き練士であるティーゼとロニエの前でする有様だ。
ユージオはキリトの行動に呆れて悪態をつきながらも、キリトからちゃっかりお菓子をもらって食べている。キリトの方も、ティーゼとロニエの分を買ってきており、部屋に帰って食べるようにと2人にお菓子が入った袋を渡すという先輩ぶりを見せていた。
嬉しそうな表情を浮かべていそいそと自分たちの部屋に戻るティーゼとロニエを見送った後、ユージオは意味深な表情でキリトの方を振り返った。キリトはそれに気づき、「何だよ?」とユージオに問いかける。
ユージオ「別になんでも。ただ、キリト上級修剣士殿は何で僕らがここにいるのか、忘れておいでじゃないでしょうね、と思っただけだよ。」
キリト「忘れるかよ。ようやくここまで来たんだぜ。」
キリトとユージオはベランダから外を眺めた。そこからは、央都の中心地である白い塔のセントラル・カセドラルが見えた。アリスに繋がる手掛かりがあるかもしれない場所が見える場所まで2人は来ていたのだ。

セントラル・カセドラル。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第8話『剣士の矜持』の感想・考察

sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)』とは、川原礫による架空のVRゲームを舞台とした人気ライトノベルシリーズ『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が現実世界での事故によって人工の異世界「アンダーワールド」に迷い込んでしまい、そこで出会ったユージオやアリスらアンダーワールドの住人たちと共に、現実世界への帰還を目指して冒険する物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、ライトノベル『ソードアート・オンライン』を原作とするアニメである。 キリトは過去に因縁がある死銃事件の実行犯による襲撃を受け、昏睡状態に陥る。キリトが目覚めると、そこは現実世界とそっくりな仮想世界・アンダーワールドだった。彼はそこで出会った少年・ユージオと共に、世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指す。 現実世界での極秘プロジェクトと仮想世界での事件がリンクする世界観で、冒険や絆、バトルを描くSFアクション系ファンタジー。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第1話『アンダーワールド』)のあらすじと感想・考察まとめ

仮想世界へフルダイブするマシンを使用した極秘プロジェクトが行われる中で、キリトはマシンで仮想世界にダイブするアルバイトをしていたが、フルダイブ中の記憶は消去されていた。そんなある日、キリトは現実世界で因縁がある「死銃(デス・ガン)事件」の実行犯・ジョニー・ブラックに襲われ、昏睡状態になる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第1話『アンダーワールド』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第2話『悪魔の樹』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界で昏睡状態に陥ったキリトが目覚めると、そこは仮想世界を彷彿とさせる謎の世界だった。キリトは森の中を彷徨い、巨大な樹の下で1人の少年・ユージオと出会う。ログアウトが出来ない状況の中、仮想世界の謎は深まるばかりだった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第2話『悪魔の樹』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第3話『果ての山脈』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトはユージオと出会った次の日、ルークリッド村で、6年前にアリスという少女が王都に連れて行かれた事件について知る。そんな中、アリスの妹・セルカが危険な果ての山脈へ行ってしまい、キリトとユージオはセルカの元へ駆けつけた。そこでは凶暴なゴブリンがセルカを捕まえており、キリトとユージオを殺そうとする。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第3話『果ての山脈』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第4話『旅立ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオは大怪我を負いながらも、ゴブリンたちの手からセルカを救い出すことに成功した。またゴブリンを退治したことで、ユージオは青薔薇の剣を使えるようになり、キリトに剣術を教えてもらう。そして無事にギガシスターを切り倒した二人は、剣士になるために旅立つ。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第4話『旅立ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第5話『オーシャン・タートル』)のあらすじと感想・考察まとめ

現実世界ではキリトは昏睡状態に陥り、行方不明となっていた。恋人のアスナを始めとした仲間たちがキリトの行方を追い、茅場晶彦の大学時代の同期・神代凜子が関わる研究がキリトの居場所に繋がる鍵なのではないかということに気づく。神代凜子に連絡を取ったアスナは、キリトが居るかもしれない人工島「オーシャン・タートル」に辿り着く。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第5話『オーシャン・タートル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第6話『アリシゼーション計画』)のあらすじと感想・考察まとめ

ラースの研究施設「オーシャン・タートル」への潜入に成功したアスナは、菊岡にキリトの居場所はどこかと詰め寄る。そこで菊岡に明かされたのは、想像を絶する壮大な目的を持つ「ソール・トランスレーター」を使った計画である「アリシゼーション計画」と、その計画でのキリトの役割だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第6話『アリシゼーション計画』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第7話『剣の学び舎』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオはルーリッドの村を出て央都セントラルに着き、北セントリア帝立修剣学院で剣士になるために学ぶ日々を送っていた。キリトが側付きとなった学院次席のソルティリーナは、キリトの剣術にまだ見せていない強さがあると見抜き、キリトは彼女の卒業までにまだ見せていない技を見せると約束する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第7話『剣の学び舎』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第9話『貴族の責務』)のあらすじと感想・考察まとめ

上級修剣士となったキリトとユージオだが、ユージオは自分の剣にどんな想いを込めて強くなれば良いのかと悩んでいた。そんな中、ユージオは次席のウンベールに絡まれて立ち合いの申し込みを受け、引き分けになった。上級貴族である自分が平民出身のユージオと引き分けになったことで逆恨みをしたウンベールは、ユージオを貶めるために自分の側仕えである少女を利用する。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第9話『貴族の責務』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第10話『禁忌目録』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオの側付きであるロニエとティーゼの姿が見当たらず、キリトは2人を探すために外に出た。入れ違いにならないように部屋に残ったユージオの元に来たのは、ティーゼの同室の初等練士であるフレニーカだった。彼女からロニエとティーゼに危険が迫っていることを知らされたユージオは、1人でウンベールとライオスの部屋へと駆けつける。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第10話『禁忌目録』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第11話『セントラル・カセドラル』)のあらすじと感想・考察まとめ

禁忌目録に違反したキリトとユージオは罪人となり、セントラル・カセドラルの牢屋に投獄されることになった。2人を連行するために姿を現したのは、何と整合騎士になったアリスだった。しかしアリスはユージオのことを覚えておらず、雰囲気も幼い時とは全く違う物に変わっていた。 一方、現実世界では、キリトの回復を待つアスナの前に奇妙な姿のロボットが現れる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第11話『セントラル・カセドラル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第12話『図書室の賢者』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下牢からの脱出に成功したキリトとユージオは、整合騎士エルドリエ・シンセシス・サーティワンに遭遇し、戦闘になる。その最中エルドリエが人間としての記憶を失っていることに気づいた2人は、エルドリエに過去の記憶を思い出すように呼びかけるが、更なる追手が迫って来た。 絶体絶命の2人を救ったのは、カーディナルと名乗る1人の不思議な少女だった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第12話『図書室の賢者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第13話『支配者と調停者』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトはカーディナルが招いたセントラル・カセドラルの中の大図書室で、彼女とアドミニストレータであるクィネラとの因縁を説明された。カーディナルはアンダーワールドの秩序を守る自律型プログラムだったのだ。キリトはそれを聞いて驚くが、彼女は更にアンダーワールドに迫りくる危機を告げる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第13話『支配者と調停者』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第14話『紅蓮の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトとユージオは剣を取り戻し、セントラル・カセドラルの最上階を目指した。そんな2人の前に立ちふさがったのは、整合騎士デュソルバート・シンセシス・セブンだった。 デュソルバートの神器「熾焔弓」がキリトとユージオを襲うが、連携と連撃技を使って2人は勝利する。アリスを連れ去ったデュソルバートに恨みを抱くユージオ。しかしデュソルバートには、人間としての記憶がなかった。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第14話『紅蓮の騎士』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第15話『烈日の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

セントラル・カセドラルを上るキリトとユージオの前に現れたのは、リネルとフィゼルと名乗る2人の少女だった。何故子どもがいるのかと不思議に思うキリトとユージオだったが、リネルとフィゼルの不意打ちで毒剣を刺されてしまい、麻痺状態になってしまう。 身動きが取れない2人はリネルとフィゼルに引きずられながら、副騎士長を務める整合騎士の元へ連れて行かれる。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第15話『烈日の騎士』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(第16話『金木犀の騎士』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトは整合騎士副騎士長ファナティオとの戦いに勝ち、ユージオと共にセントラル・カセドラルの上階を目指す。2人は昇降係と名乗る少女の案内で80階の雲上庭園に辿り着いた。 そこにはユージオが探し求めていた少女アリスが待ち構えており、神器「金木犀の剣」を持つアリスとの戦いが始まった。しかし庭園を囲む壁が突然崩れ、キリトとアリスは建物の外に放り出されてしまう。 今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第16話『金木犀の騎士』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(SAOアリシゼーションWoU)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は「アンダーワールド」と呼ばれる人工の異世界を舞台に、ヒロインであるアリスが主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちと共に、『ダークテリトリー』と呼ばれるその異世界の闇の領域に住む軍団と、それを裏から操る現実世界の侵略者たちの陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)』とは、川原礫の人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』の時雨沢恵一によるスピンオフ作品とそのテレビアニメ作品である。本作は主人公のレンこと小比類巻香蓮が、VRゲームをプレイすることで高身長という自分のコンプレックスと向き合い、そしてピトフーイやエムらライバルたちと競い合うことで人間として成長していく物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』とは、時雨沢恵一によるライトノベル原作のアニメ作品。アニメ『ソードアート・オンライン』シリーズのスピンオフ作品で、同作に登場するゲーム『ガンゲイル・オンライン』を舞台とした物語が展開される。 高身長にコンプレックスを抱き続けてきた女子大生の小比類巻香蓮は、友人の勧めでVRゲーム『ガンゲイル・オンライン』を始める。低身長アバター『レン』となってゲームにのめり込む彼女は、チーム戦イベント『スクワッド・ジャム』に参加することになる。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第1話『スクワッド・ジャム』)のあらすじと感想・考察まとめ

多くの犠牲者を出したSAO事件が終息し、衰退するかに見えたVRゲーム市場は、ザ・シードパッケージの登場で瞬く間に広がっていった。銃と鋼鉄の世界を舞台としたVRゲーム『ガンゲイル・オンライン』のチーム戦イベント『スクワッド・ジャム』。ひょんな事からこのイベントに参加することになったレンは、チームを組むエムと共に優勝を目指して銃を手に戦う。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第1話『スクワッド・ジャム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第2話『GGO』)のあらすじと感想・考察まとめ

大学に通うため北海道から上京してきた小比類巻香蓮は、身長にコンプレックスを抱えていた。悩みを払拭させるため、友人の勧めでVRゲームを始めた香蓮は『ガンゲイル・オンライン』で小さくて可愛らしいアバターを見つけ、レンとして遊び始める。地道に経験値を積み上げ、中堅と言えるほどの強さを手に入れたレンはある日、ピトフーイという女性と出会う。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第2話『GGO』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第3話『ファンレター』)のあらすじと感想・考察まとめ

レンはGGOで知り合ったピトフーイから『スクワッド・ジャム』への参加を求められたが、対人戦闘大会ということもあり、最初は乗り気ではなかった。だが、大ファンのアーティスト・神崎エルザのライブチケットが取れなかったことで、日頃の鬱憤を晴らすために大会に参加することを決意する。そしてふと思い立った彼女は、神崎エルザにファンレターを送る。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第3話『ファンレター』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第4話『デスゲーム』)のあらすじと感想・考察まとめ

SJが開始され、チーム『LM』はエムの作戦とレンの敏捷力を活かした戦い方でプロチームに勝利を収めた。残り三チームとなり、沼地を目指して湖を迂回していたレン達だったが、その湖からホバークラフトに乗った敵チームに奇襲される。この事態にエムは、巨大な盾と、現実で培った射撃技術による"ライン無し射撃"で応戦し撃破する。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第4話『デスゲーム』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(第5話『ラストバトルは私に』)のあらすじと感想・考察まとめ

泣いて謝罪するエムから、大会中に死ぬとリアルのピトフーイに殺されるという事情を聞いたレンは、彼を置いて単身で最後のチーム『SHINC』に突撃する。一人は倒すことができたが、人数の不利もあって徐々にHPを削られていく。絶体絶命の危機をなんとか乗り越えたレンは、今まで倒した敵は皆自分の近くにいたことを思い出し、逃げては駄目だと自分を奮い立たせる。 今回は「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」第5話『ラストバトルは私に』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

中東をモチーフにした魔導冒険ファンタジー「マギ」は、作者の大高忍(おおたかしのぶ)が週刊少年サンデーで連載している漫画作品。古の滅びた世界から干渉を試みる謎の組織「アルサーメン」の暗躍により滅びの兆しを見せ始める世界で、創世の魔法使い「マギ」の少年・アラジンは、迷宮攻略を目指すアリババらと出会い、世界の異変や悲劇、戦争を止めるべく奔走していく。

Read Article

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙兄弟』とは2007年に講談社『モーニング』にて連載がスタートした、小山宙哉による漫画及び、原作を基にしたアニメ作品。大人気を博し、のちにアニメ及び実写で映画化されている。「兄弟二人で宇宙飛行士になる」という幼いころの約束。弟は夢をかなえて宇宙飛行士になっていた。いつしか夢をあきらめて別の道に進んだ兄六太(ムッタ)のもとへ、もう一度宇宙へのチャンスがやってくる。宇宙飛行士になるまでの過程や施設、訓練、ミッションの様子など、宇宙の魅力がふんだんに詰め込まれた作品である。

Read Article

ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヲタクに恋は難しい』とは、作者のふじたがイラストサービスのpixivにて投稿を開始した漫画である。 2014年4月にウェブコミックとしてpixivに1作目が投稿され、2015年4月にはpixivで公開されている作品と描き下ろしを含めた単行本が一迅社より発行されている。略称は「ヲタ恋」。主人公桃瀬成美はオタクだが周囲に隠している。転職先で幼馴染で見た目はいいが重度のゲームオタクの二藤宏嵩と再会し、成り行きから付き合うことになる。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

聖☆おにいさん (中村光)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖☆おにいさん』とは、中村光による宗教ジョーク漫画作品である。同作を元に、OVA・アニメ映画作品が制作されている。2016年12月22日、実写ドラマ化の発表があった。 キリスト教の教祖・イエスと、仏教の教祖・ブッダが東京立川のアパートでバカンスを楽しむ日々を軸に、ドタバタコメディが繰り広げられる。

Read Article

灰と幻想のグリムガル(Grimgar)のネタバレ解説・考察まとめ

『灰と幻想のグリムガル』とは、十文字青によるライトノベル小説が原作となった、アニメ作品。 小説は2013年より刊行、アニメは2016年1月より全12話構成で放送された。 また『月刊ガンガンJOKER』にて、2015年5月号から2016年7月号まで漫画も連載されている。 ある日突然グリムガルという異世界で目を覚まし、名前以外の記憶がなくなってしまった若者たちの冒険の物語。

Read Article

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『亜人ちゃんは語りたい』とは、ペトスによる漫画及びA-1 Pictures制作のアニメーション作品。人間とは少し違う体質を持った「亜人」と人間が共存する世界の日常物語。主人公で高校教師の「高橋鉄男」は亜人に対して興味を持っていたが、人生でまだ一度も亜人と出会ったことが無かった。しかし新学期が始まると「小鳥遊ひかり」「町京子」「日下部雪」「佐藤早紀絵」の4人の亜人に出会った。

Read Article

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

『冴えない彼女の育てかた』とは丸戸史明によるライトノベル、およびそこから派生する漫画、アニメ、ゲーム作品。 物語の主人公とあるオタク高校生が、とある少女をメインヒロインとした同人ゲームを作るためにサークルを立ち上げる。好きなことには熱中するその性格で、メンバー内のもめごとや納期、ライバル同人サークルとの対立など、様々な困難を乗り越えながら奮闘する物語。

Read Article

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1 Pictures・TROYCAによって共同制作されたオリジナルロボットアニメーションである。分割2クールで、第1クールは2014年7月から9月まで、第2クールは2015年1月から3月まで放映された。 地球人と火星人の戦争を描いている。地球人である界塚伊奈帆と地球人でありながら火星人に仕えるスレイン・トロイヤード、この2人の主人公と火星の皇女が戦争の行方を大きく変えていく。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

86(エイティシックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『86ーエイティシックスー』とは電撃文庫から刊行されているライトノベルおよびそれを原作とした漫画、アニメ作品。著者は安里アサト、イラストはしらび、メカニックデザインはI-IV。 軍事大国ギアーデ帝国は国内で開発した無人兵器〈レギオン〉を武器に周辺諸国へ宣戦布告。〈レギオン〉部隊による侵略戦争が全世界を巻き込んだ大戦となる。 尊厳を奪われ消耗品として扱われるエイティシックスと後方から特殊通信で彼らの指揮を執る指揮管制官〈ハンドラー〉が織りなす激しく悲しい戦いと、人との別れが連なる物語である。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

魔法科高校の劣等生の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『魔法科高校の劣等生』とは、佐島勤(さとうつとむ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 魔法師が職業として存在する架空の近未来の地球が舞台で、日本の魔法師育成機関の一つである「国立魔法大学付属第一高校」に、入試トップの司波深雪が優秀者の集まりである「一科生」として、兄の司波達也が補欠の集まりとして揶揄される「二科生」として入学する所から物語は始まる。 二つのクラスの間には能力差から生じる絶対的差別が存在し、その中からは数々の名言が生まれている。

Read Article

【命懸けのデスゲーム】ソードアートオンライン

『このゲームの死が意味するのは、現実世界での死である。』 プレイヤーがゲームの舞台である「浮遊城アインクラッド」から脱出する方法はただ一つ、100層からなる浮遊城のボスを倒してゲームをクリアする事。 次々とプレイヤーが命を落としていく中、主人公たちはゲームをクリアし現実世界に生きて戻る事ができるのか!?

Read Article

【ソードアート・オンラインII】銃の世界でただ一人、ライトセーバーで戦う少年が居た。

舞台を剣の世界から銃の世界に移して繰り広げられるソードアート・オンラインの続章。 GGO(ガンゲイル・オンライン)で都市伝説とされていた、謎のプレーヤーにゲームの世界で撃たれた人々が現実世界でも死を遂げる事件が発生する。主人公はその事件の調査をすべくGGOへと潜り込む。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

FAIRY TAIL 鉄の森編から冥府の門編までの長編ストーリー&キャラクター達!

最初の長編「鉄の森(アイゼンヴァルト)」編~「冥府の門(タルタロス)」編までのストーリーと、アニメオリジナルストーリー。 そして、そこに登場したキャラクター達を一気に紹介! 「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」メンバーがこれまでに、どれほどの強敵達との戦いを強いられてきたかのおさらいです!

Read Article

【FAIRY TAIL】高画質な壁紙・画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では「フェアリーテイル」だけでなく多くの魔導士ギルドが登場し、彼ら魔導士と繰り広げる熱い戦いが作品を盛り上げている。ここではそんな『FAIRY TAIL』の壁紙・画像をまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】主要登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。主人公のナツはルーシィやハッピー、グレイ、エルザといった面々とパーティを組んで依頼をこなすことが多く、ギルド「フェアリーテイル」の中でも登場する頻度が高い。ここではそんな主要な登場人物・キャラクターをまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。フェアリーテイルの魔導士はギルドメンバーのことを家族と呼び、とても大切に思っている。だからこそ主人公のナツをはじめ、メンバーは仲間の身に危機が迫った時などには熱い言葉をかけることが多い。ここでは『FAIRY TAIL』の名言・名セリフを登場人物・キャラクターごとにまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】心に響く名言・名セリフ集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ナツをはじめとする「フェアリーテイル」の面々は、作中では「荒くれもの」と評されるものの、ギルドを「家族」と言うほど仲間思いで義に厚く、仲間を傷つけられたりすると戦いの最中でも相手に対して怒りの言葉をぶつけることが多い。そしてそこでは多くの名言・名セリフが生まれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】かっこいい壁紙・イラスト・画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ナツやグレイといった男性の登場人物・キャラクターは、迫力のある姿で描かれることが多く、ルーシィやエルザといった女性陣は様々な衣装を纏い、時にセクシーに、時に可愛らしく描かれる。ここではそんな『FAIRY TAIL』の壁紙・イラスト・画像を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】歴代美女キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)とは、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に所属する魔導士たちが幾多の冒険を繰り広げる、真島ヒロによるアクション漫画。 作中では世界はおろか時間軸までをも超えた大冒険が描かれ、幾多の魅力的なキャラクターが物語に花を添えた。ここではその中でも人気の高い女性キャラクターを中心に紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のイラスト・画像まとめ

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。登場人物・キャラクターは個性的かつ魅力的で、男性陣は凛々しく、女性陣はセクシーに描かれることが多いため、男性にも女性にも人気がある。ここではギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のメンバーを中心としたイラスト・画像を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの声優まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。テレビアニメにもなっており、主人公のナツを担当する柿原徹也、ヒロインのルーシィを担当する平野綾など、人気声優が多く参加している。ここでは主要な登場人物・キャラクターの声をあてる声優陣を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】主要な登場人物・キャラクターの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここでは『FAIRY TAIL』の主要な登場人物・キャラクターの人物像や魔法を解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)の準主要登場人物・キャラクター解説まとめ2

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」には主人公のナツ以外にも個性豊かなメンバーが所属している。ここではグレイに対し度々アプローチをかけるジュビア、フェアリーテイルの看板娘であるミラジェーン(ミラ)、その弟であるエルフマン、そして妹であるリサーナを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)の準主要登場人物・キャラクター解説まとめ1

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」には主人公のナツ以外にも個性豊かなメンバーが所属しており、中でもウェンディやガジルはナツと同じく竜を滅する魔法を覚えた滅竜魔導士、そしてシャルルやパンサー・リリーはハッピーと同じエクシードということで、活躍の機会が多い。

Read Article

【FAIRY TAIL】メイビス・ヴァーミリオンの徹底解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。メイビス・ヴァーミリオンは「フェアリーテイル」の初代マスターの少女である。作中では思念体(幽霊)として登場し、カナに「妖精の輝き」を貸し与えたり、アクノロギアからの攻撃を「妖精の球」で守ったりなど、ギルドのメンバーを優しく導く姿が描かれる。

Read Article

【FAIRY TAIL】人気の女性登場人物・キャラクターランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの女性登場人物・キャラクターが登場し、その大半がスタイルのよい美人である。ここではセクシー、美人、かわいいキャラクターをランキング形式でまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)の準主要登場人物・キャラクター解説まとめ3

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」には主人公のナツ以外にも個性豊かなメンバーが所属している。ここでは星霊の一人でもあるロキ(レオ)、チーム「シャドウ・ギア」のリーダーであるレビィ、お酒が大好きなカナ、主要なメンバーがいなくなってしまった時にマスターを務めたマカオ、その相棒のワカバを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】ミラジェーン・ストラウスの画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ミラジェーン・ストラウスは「フェアリーテイル」の看板娘であり、穏やかかつ能天気な性格で、ギルド内でも男女問わず人気が高い。しかし元は「魔人」と恐れられたS級魔導士であり、現在も「彼女を怒らせると怖い」と言われている。

Read Article

【FAIRY TAIL】考察・情報サイトまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。強大な敵と主人公が戦うという少年漫画らしい展開が基本となっているが、作中には悪魔ENDの正体や消えたドラゴンたちなど、多くの謎が散りばめられている。ここではそんな『FAIRY TAIL』を考察するサイトや情報サイトをまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアのかわいい画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ルーシィ・ハートフィリアは母譲りの金髪を持つ美少女で、登場人物・キャラクターの中では常識人であるがゆえにツッコミ役に回ることが多い。スタイルが良く表情が豊かで快活な性格ゆえか、読者からの人気も高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】ゼーラの徹底解説・考察まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の終盤、アルバレス帝国という国と戦争になった際、メイビスの親友を名乗るゼーラという少女が登場し、ピンチになった「フェアリーテイル」のメンバーを助けてくれる。このゼーラとは何者なのか。ここではゼーラの正体を徹底解説する。

Read Article

【FAIRY TAIL】7人のドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツが使う魔法は失われた魔法(ロストマジック)の一つ、竜を滅ぼす滅竜魔法であり、滅竜魔法を扱う魔導士のことをドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)と呼ぶ。作中にはナツ以外にもドラゴンスレイヤーが登場し、時にドラゴン相手に熱戦を繰り広げている。

Read Article

【FAIRY TAIL】おしゃれな壁紙・画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。依頼の中で他のギルドや強大な敵とも戦うことがあり、主人公のナツだけではなく、ルーシィやグレイ、エルザ、ウェンディといった主要な登場人物・キャラクター、ガジルやレビィなどの準主要人物といえる面々に活躍の機会が与えられている。ここでは『FAIRY TAIL』のおしゃれな壁紙・画像を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】高画質な壁紙・画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここでは『FAIRY TAIL』の高画質な壁紙・画像を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの鎧まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。登場人物・キャラクターの一人であるエルザ・スカーレットは「騎士(ザ・ナイト)」という換装魔法により自身の武器や衣服を一瞬で変化させることができる。ここでは作中で登場した彼女の鎧をまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアの画像まとめ2【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語はヒロインのルーシィ・ハートフィリアが「フェアリーテイル」に加入するところから始まる。ルーシィはヒロインであると同時にもう一人の主人公として描かれており、彼女の成長が作品の見どころでもある。

Read Article

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの画像まとめ2【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。エルザ・スカーレットは「妖精女王(ティターニア)」の異名を持つS級魔導士で、「フェアリーテイル最強の女」と言われている。男勝りな性格でギルドメンバーからは恐れられているが、仲間に対する思いは人一倍強い。

Read Article

【FAIRY TAIL】冥府の門(タルタロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。その中でもバラム同盟の一角、冥府の門(タルタロス)と呼ばれる闇ギルドはほぼ全員がゼレフ書の悪魔・エーテリアスで構成されており、高い戦闘能力を持っている。ここではタルタロスに所属する登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】妖精の尻尾(フェアリーテイル)のS級魔導士、マスターの解説まとめ

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。ギルド「フェアリーテイル」にはS級と呼ばれる優れた魔導士が存在する。彼らは大変高い戦闘能力を誇り、主人公のナツですらS級のギルダーツには片手であしらわれる。ここではS級魔導士と、初代マスターであるメイビス、三代目マスターであるマカロフを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国の登場人物・キャラクターまとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。物語の後半ではナツたちがいるイシュガル大陸の西にあるアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国の皇帝はナツの前に幾度となく現れたゼレフ。ゼレフはアルバレス帝国ではスプリガンと名乗り、スプリガン12と呼ばれる精鋭部隊を率いている。

Read Article

【FAIRY TAIL】剣咬の虎(セイバートゥース)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「剣咬の虎(セイバートゥース)」はX791年時点においてフィオーレ王国最強のギルドと言われており、中でも滅竜魔導士のスティングやローグ、ミネルバといった面々は実力が高い。

Read Article

【FAIRY TAIL】ゼレフ・ドラグニルとスプリガン12の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。物語の後半では「フェアリーテイル」がある大陸イシュガルと、その西にあるアラキタシアの大陸に位置するアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国は皇帝スプリガンを頂点とし、皇帝を守るスプリガン12という精鋭たちが存在する。皇帝スプリガンは、イシュガル大陸ではゼレフという名で知れ渡っている。

Read Article

【FAIRY TAIL】青い天馬(ブルーペガサス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「青い天馬(ブルーペガサス)」は一夜という大変個性的な顔を持つキャラクターや美男美女が所属するギルドで、「フェアリーテイル」の主力が一時的に行方不明となった際は捜索に協力するなど、心根の良い者が多い。

Read Article

【FAIRY TAIL】登場人物・キャラクターの強さランキング【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツやS級魔導士のエルザやラクサスをはじめ、作中には高い戦闘能力を持った登場人物・キャラクターが多くおり、度々ファンの間でも「最強は誰か」ということが話題になる。ここでは『FAIRY TAIL』での強さランキングを独断で決めた。

Read Article

【FAIRY TAIL】竜(ドラゴン)の解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。主人公のナツは竜(ドラゴン)である「炎竜王」イグニールから滅竜魔法や言葉、文化を教わった。また作中ではアクノロギアと呼ばれる漆黒の竜がかつて国一つを滅ぼしたとされ、とても強大な存在として描かれている。

Read Article

【FAIRY TAIL】魔女の罪(クリムソルシエール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「魔女の罪(クリムソルシエール)」は元「悪魔の心臓」のメンバーのウルティアとメルディ、脱獄したジェラールが設立した独立ギルドであり、「自らの犯した過ちを一生かけて償う」という贖罪を活動目的としている。

Read Article

【FAIRY TAIL】蛇姫の鱗(ラミアスケイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場し、作品を盛り上げている。「蛇姫の鱗(ラミアスケイル)」にはグレイの兄弟子であるリオンや偉大な魔導士として認定された「聖十大魔導」の一人、ジュラが所属している。

Read Article

【FAIRY TAIL】かっこいいイラスト・画像集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツや良きライバルであるグレイ、魔法で様々な衣装になるエルザなど作中の登場人物・キャラクターは凛々しい姿や艶やかな姿で描かれることが多く、『FAIRY TAIL』の画像は高い人気を誇る。ここでは『FAIRY TAIL』のかっこいいイラスト・画像を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】大鴉の尻尾(レイヴンテイル)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中ではフェアリーテイル以外にも様々なギルドが登場する。大鴉の尻尾(レイヴンテイル)は「フェアリーテイル」の元メンバーであるイワン・ドレアーが組織したギルドであり、物語当初は闇ギルドだった。対「フェアリーテイル」に特化しており、大魔闘演武ではルーシィやグレイを苦戦させた。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアの画像まとめ1【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ヒロインのルーシィ・ハートフィリアはもう一人の主人公とも言われる存在であり、作中ではナツの成長と同時に彼女の成長が描かれる。母譲りの金髪を持つ美少女で、抜群なスタイルを持ち、読者人気も高いが、作中でのお色気作戦は大抵失敗に終わっている。

Read Article

【FAIRY TAIL】雷神衆の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。「フェアリーテイル」には「雷神衆」というマスターの孫ラクサス・ドレアーの親衛隊がある。普段はこの3人で仕事に出ており、ギルドにいる時間は少ない。ラクサスを思う気持ちは強く、ラクサスが破門になった時は「一緒にやめる」とラクサスについていこうとした。ここではそんな「雷神衆」のフリード、エバーグリーン、ビックスローの3人を紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】ルーシィ・ハートフィリアの星霊まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ヒロインのルーシィは星霊と呼ばれる星座をモチーフとした人外の存在と契約した星霊魔導士であり、作中では数々の星霊を召喚している。ルーシィの星霊を思いやる気持ちは強く、星霊も彼女のことを大切に思っている。

Read Article

【FAIRY TAIL】人魚の踵(マーメイドヒール)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「人魚の踵(マーメイドヒール)」は女性だけの魔導士ギルドであり、見目が大変華やかである。エルザのかつての仲間であるミリアーナや、エルザと同郷のカグラなどが所属している。

Read Article

【FAIRY TAIL】ウェンディ・マーベルの画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ウェンディ・マーベルは初登場時は「化猫の宿」のメンバーだが、後に「フェアリーテイル」に加入する。主人公のナツのことを同じ滅竜魔導士として兄のように慕っている。またギルド加入の経緯からナツ達と行動する機会が多い。

Read Article

【FAIRY TAIL】エルザ・スカーレットの画像まとめ1【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。「フェアリーテイル」に所属するエルザ・スカーレットは主要な登場人物・キャラクターであり、多くの読者から人気を集めている。彼女は騎士(ザ・ナイト)という換装魔法を使用することによって様々な衣服(鎧)に着替えることが特徴で、セクシーな衣装になることも度々ある。

Read Article

【FAIRY TAIL】レビィ・マクガーデンの画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィたちが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。「フェアリーテイル」に所属する『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するレビィ・マクガーデンはチーム「シャドウ・ギア」のリーダーを務めている。本が好きで、立体文字(ソリッドスクリプト)という文字を立体化させる魔法を使う。

Read Article

【FAIRY TAIL】ハッピーの画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツといつも一緒にいるハッピーはエクシードと呼ばれる翼の生えた猫のような種族で、ナツを掴んで空を飛ぶサポートの役目を担っている。「ハッピー」という名前はナツがつけたもので、ハッピーが生まれた途端荒々しかったギルドが笑顔に溢れたことから命名された。

Read Article

【FAIRY TAIL】ラクサス・ドレアーの画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。「フェアリーテイル」には個性豊かな登場人物・キャラクターが数多く所属しており、ラクサス・ドレアーはマスターのマカロフの実孫である。「フェアリーテイル」に対して強い思いを抱いているが、一時はいきすぎて「フェアリーテイル」を内部分裂させてしまったこともある。しかし仲間を思う気持ちは他のギルドメンバーと比べても劣るものではない。

Read Article

【FAIRY TAIL】 妖精の尻尾(フェアリーテイル)の紋章の場所・色まとめ

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ギルドに所属する者は体のどこかにそのギルドの紋章(ギルドマーク)を入れることが習わしとなっており、ギルドのメンバーは紋章を誇りに思っている場合が多い。どこに紋章を入れるかは自由であるようで、人によって位置や色が異なる。

Read Article

【FAIRY TAIL】ジュビア・ロクサーの画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。「フェアリーテイル」には個性豊かな登場人物・キャラクターが数多く所属しており、ジュビア・ロクサーはグレイに度々アプローチをかける少女である。ジュビアは当初「幽鬼の支配者(ファントムロード)」という別のギルドに所属していたが、「フェアリーテイル」との戦いでグレイに惚れ、その後に「フェアリーテイル」に加入することになった。

Read Article

【FAIRY TAIL】リサーナ・ストラウスの画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。「フェアリーテイル」には個性豊かな登場人物・キャラクターが数多く所属しており、リサーナ・ストラウスは主人公ナツと同年代の少女である。幼い頃から「フェアリーテイル」に所属しており、ナツとも仲が良かった。

Read Article

【FAIRY TAIL】ナツ・ドラグニルの画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。主人公のナツ・ドラグニルは火の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)で、「火竜(サラマンダー)」の異名を持つ。「フェアリーテイル」一の問題児でもある。ドラゴンのイグニールに育てられた過去を持っており、ナツはある日突然姿を消してしまったイグニールを探している。

Read Article

【FAIRY TAIL】かわいい、かっこいいイラスト・画像集【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。作中では多くの登場人物・キャラクターや魔法が登場し、ド派手なバトルが繰り広げられる。ここではそんな『FAIRY TAIL』の登場人物・キャラクターのかわいい、かっこいいイラストや画像をまとめた。

Read Article

【FAIRY TAIL】ガジル・レッドフォックスの画像まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に所属するナツやハッピー、ルーシィなどが様々な依頼をこなしていくファンタジー漫画である。ガジル・レッドフォックスは「幽鬼の支配者(ファントムロード)」に所属していた滅竜魔導士だが、「フェアリーテイル」との抗争に敗北した後に「フェアリーテイル」に加入する。元々敵対関係にあったこともあって、最初のうちはギルドになじめなかったものの、本人なりに仲良くなろうと努力したことで周りからも認められるようになった。

Read Article

【FAIRY TAIL】アルバレス帝国軍の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。物語の後半では「フェアリーテイル」がある大陸イシュガルと、その西にあるアラキタシアの大陸に位置するアルバレス帝国との戦争が描かれる。アルバレス帝国は皇帝スプリガンを頂点とし、皇帝を守るスプリガン12という精鋭たちが存在する。ここではスプリガン12の部下たちを紹介する。

Read Article

【FAIRY TAIL】四つ首の番犬(クワトロケルベロス)の登場人物・キャラクター解説まとめ【フェアリーテイル】

『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツやルーシィ、ハッピーの活躍を描く漫画である。作中では「フェアリーテイル」以外にも様々な魔導士ギルドが登場する。「四つ首の番犬(クワトロケルベロス)」はS級魔導士のバッカスが所属するギルドであり、他にも「涙魔法」という変わった魔法を使用するウォークライなど個性的なメンバーが多い。

Read Article

目次 - Contents