スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)のネタバレ解説まとめ

『スラムドッグ$ミリオネア』とは、2008年製作のイギリス映画。インド人外交官ヴィカス・スワラップの小説『ぼくと1ルピーの神様』をダニー・ボイル監督で映画化。インドでオール・ロケーションされた社会派エンタテインメント。第81回アカデミー賞では作品賞を含む8部門を受賞した。日本でもお馴染みのTVのクイズ番組に出場し、史上最高額まであと1問と迫った青年。彼のスラムで育った過酷にして波瀾万丈の生い立ちを、クイズ番組に巧みに織り込みながら、スリリングかつ躍動感いっぱいに描いていく。

子役たちの出演料問題

サリームの幼少時代を演じたアズハルッディーン・イスマーイール、ラティカの幼少時代を演じたルビーナー・アリー、本作に出演した2人の子役の両親が「十分な出演料を受け取っていない」と発言したという。両親によれば、受け取った額はアズハルッディーンは年間1700ポンド(約24万円)、ルビーナーは年間500ポンド(約7万円)という出演料だそうである。製作側はこの申し出に対し「彼らの出演料は同地区の大人が受け取る平均年収の3倍」であって「彼らの教育費、生活費、医療費などを賄うためのファンドもある」と反論した。製作側はさらに加えて「子役たちが高校を卒業後にファンドとは別に10万ポンド(約1300万円)を支給する」としているが、このような方法を取ったのは「出演料を一括支払した場合の起こりうる様々なリスクに配慮したためだ」と説明しており、子役の報酬を周囲の大人に取られないようにするためだとの見解を示している。

子役に人身売買疑惑があった

ラティカの幼少時代を担当した9歳のルビーナー・アリーが、父親によって養子に出されるとの情報が明らかになった。2009年4月19日、イギリスの大衆紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』は、「スラムドッグのスターは父親によって売りに出される」というショッキングな見出しで報じている。
同紙によれば、ルビーナー・アリーの父親がアラブ首長国連邦(UAE)の富豪を装った記者に20万ポンド(約2900万円)で彼女の養子縁組を持ちかけたと報じている。父親はこの人身売買とも言える疑惑を否定したが、別居中の母親が警察に訴えたために同日逮捕された。しかし、人身売買を裏付ける証拠がなかったとして、4日後の23日、警察は父親を起訴せず捜査は打ち切られたそうである。

みのもんたがゲストで登場

ダニー・ボイル監督とみのもんた

2009年2月18日、六本木・東京ミッドタウンにて行われた、映画『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の来日記者会見に、日本版『クイズ$ミリオネア』の司会者だったみのもんたがゲストとして招かれた。「今日ゲストで来たこと、これも運命だよね。昔から赤い糸で結ばれてたのかな」と笑い、ボイル監督は「アカデミー賞に勝つ!」 と縁かつぎのために用意されたカツカレーをみのと一緒に仲良く頬張り、嬉しそうな笑顔を見せていたようだ。
日本版『クイズ$ミリオネア』は2000年4月20日から2007年3月29日まで7年間に渡りフジテレビ系列で放送された。
司会はフリー・アナウンサーでタレントのみのもんたで、番組の冒頭では、「あなたの人生を変えるかもしれない『クイズ$ミリオネア』」と口上を述べた。また番組内で使われる「ファイナルアンサー!?」は流行語になり社会現象にもなった。

『スラムドッグ$ミリオネア』の受賞歴

<2008年の受賞一覧>
トロント国際映画祭:観客賞
オースティン映画祭:観客賞
ボストン映画批評家協会賞:作品賞、編集賞
英国インディペンデント映画賞:英国作品賞、監督賞、新人俳優賞
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞:作品賞、監督賞
デトロイト映画批評家協会賞:作品賞、監督賞
フロリダ映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、脚本賞
ヒューストン映画批評家協会賞:監督賞、脚本賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞:監督賞、作曲賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー:監督賞、ブレイクスルー俳優演技賞、脚本賞
全米映画批評家協会賞:撮影賞
ニューヨーク映画批評家協会賞:撮影賞
ニューヨーク映画批評家オンライン賞:作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、作曲賞
オクラホマ映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、脚本賞
フェニックス映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、編集賞、脚本賞、作曲賞、新人俳優賞
サンディエゴ映画批評家協会賞:作品賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞
サテライト賞:作品賞(ドラマ部門)、監督賞、作曲賞
サウスイースタン映画批評家協会賞:監督賞、脚色賞
セントルイス映画批評家協会賞:監督賞、外国語映画賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、ブレイクスルー演技賞、脚本賞

<2009年の受賞一覧>
放送映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、脚本賞、若手俳優賞(21歳以下の部)、作曲賞
シカゴ映画批評家協会賞:監督賞、脚色賞、新人俳優賞
ゴールデングローブ賞:作品賞 (ドラマ部門)、監督賞、脚本賞、作曲賞
全米製作者組合賞:映画部門賞
全米映画俳優組合賞:アンサンブル演技賞
全米監督協会賞:映画部門賞
全米脚本家組合賞:脚色賞
英国アカデミー賞:作品賞、監督賞、脚色賞、音楽賞、撮影賞、音響賞、編集賞
全米録音監督組合賞:録音賞
全米撮影監督組合賞:撮影賞
アメリカ映画編集者協会賞:編集賞(ドラマ部門)
全米美術監督組合賞:美術賞(現代映画部門)
全米衣装デザイナー組合賞:衣装デザイン賞(現代映画部門)
アカデミー賞:作品賞、監督賞、歌曲賞、作曲賞、編集賞、録音賞、撮影賞、脚色賞

『スラムドッグ$ミリオネア』の主題歌

ED(エンディング):『Jai Ho』

『Jai Ho』
エンディングの出演者によるダンスシーンに流れる楽曲。

『スラムドッグ$ミリオネア』の関連映像

日本版劇場予告篇(初期)

日本版劇場予告篇(公開日決定後)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents