うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

ニウェ

CV.秋元羊介

三大強國の1つであるシケリペチムの皇。非常に好戦的な性格で大変気性が荒く、戦うために生まれ、戦うために生きる武人。各地に散らばった部族達を統括、一代で國を三大強國の1つと言われるまでに成長させた。

シケリペチム三人衆(エムロ、イナウシ、イコル)

CV.白熊寛嗣、近藤孝行、加藤将之

アニメ版のみに登場するシケリペチムの武将たち。

オリカカン

CV.小形満

北方の騎馬民族國家「クッチャ・ケッチャ」の皇。ハクオロを裏切り者の義弟「ラクシャイン」と勘違いをし、同胞と妹の仇としてトゥスクルに攻め込む。
しかし、それはハクオロを追い詰めるためにニウェとディーによって仕組まれたもので、オリカカンは操り人形として利用されただけであった。最期はハクオロがラクシャインでないことには気づくが、すでに手遅れで用済みとされ暗殺されてしまう。

ラクシャイン

CV.小山力也

オリカカンの義弟。姿は登場しない。オリカカンによれば欲望のために自分の妻子、クッチャ・ケッチャの多くの同胞を殺害した人物。

スオンカス

CV.近藤孝行

奴隷の売買を國益とする「ナ・トゥンク」の皇。カルラに異様なまでの執着心を抱いている。

デリホウライ

CV.加藤将之

滅亡した超大國「ラルマニオヌ」の皇子だった青年。現在はナ・トゥンクの解放軍「カルラゥアツゥレイ」のリーダー。カルラの実弟。
幼い頃に生き別れた姉カルラを今でも慕っており、自身の解放軍に姉の名前であった「カルラゥアツゥレイ」を名乗っている。カルラのことをかなり美化して記憶しており、ハクオロが心の中でツッコミをいれるほどである。
新國「カルラゥアツゥレイ」建國し、皇となってトゥスクルと同盟を結ぶ。

カトゥマウ

CV.白熊寛嗣

デリホウライの幼いころから面倒を見てきた老人。

カンホルダリ

CV.最上嗣生

三大強國の1つ、ノセシェチカの皇。シャクコポル族に対して偏見があり、憎悪にも近い嫌悪感を抱く。

ポナホイ

CV.近藤孝行

ノセシェチカと同盟を結んでいる小國「エルムイ」の皇。カンホルダリが自らの支配欲を満たすために傀儡として祭りあげた元漁師で、都合の良い下僕として扱われている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents