うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

オンカミヤムカイ

ワーベ

CV.大木民夫

宗教國家オンカミヤムカイの皇。オルヤンクル(賢大僧正)でもある。ウルトリィ、カミュの父親。

ムント

CV.白熊寛嗣

オンカミヤムカイのヤンクル。皇女ウルトリィとカミュのお目付役を務めている老人。ウルトリィとカミュがヨモルとしてトゥスクルに派遣された時に、二人と共にトゥスクルへやって来た。ウルトリィやカミュのことを心から心配おり、色々と気苦労が絶えない日々を送っている。

クンネカムン

アムルリネウルカ・クーヤ

CV.富坂晶

三大強國の1つであるクンネカムンの若き女皇。ハクオロに興味を持ち接触をはかる。言葉遣いは尊大だが、とても愛らしい容姿をしている。

サクヤ

CV.水橋かおり

クーヤの世話係。ゲンジマルの孫で、ヒエンの妹。
主であるクーヤに振り回されているが彼女のことをとても大切に思い、クーヤにとっても親友ともいえる存在。

ゲンジマル

CV.飯塚昭三

先代のクンネカムン皇の頃からクンネカムンに仕えているタゥロ(大老)。クーヤの腹心。サクヤ、ヒエンの祖父。
エヴェンクルガ族の中でも稀代の英雄で、生ける伝説とまで言われている。

ハウエンクア

CV.渡辺明乃

クンネカムン右大将。手段のためなら目的を選ばない残虐な人物。クンネカムン滅亡の禍を作った張本人である。

ヒエン

CV.野島裕史

クンネカムン左大将。ゲンジマルの孫で、サクヤの兄。ゲンジマルの不在時はクーヤの御側付きを務めようとするなど、責任感の強さも持ち合わせている。

その他の諸國および勢力

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents