うたわれるもの(Utawarerumono)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの』とは、2002年にLeafによって発売されたアダルトゲームを原点として、PS2用ゲームソフト「うたわれるもの 散りゆく者への子守唄」、そしてアニメ、ドラマCD、コミックと広く展開された作品である。舞台は様々な種族、文化が混在する世界。記憶を失い大けがを負った仮面の青年「ハクオロ」は、とある村の少女「エルルゥ」に助けられる。ハクオロは仲間達とともに国を守り、世界と自分の秘密を知り、自らの過酷な運命に立ち向かっていく。

エルルゥとアルルゥの父親。トゥスクルの息子。ゲーム開始時には故人であるため登場はしない。

カムチャタール一味

カムチャタール

CV.田口宏子

歓楽街の女主人。インカラの娘。ベナウィ、クロウとも元は主従関係にあったため、顔馴染み。クロウに好意を寄せているが気付いてもらえていない。
美しい容姿を持つが、本音を出したりすると父と同じ「にゃも」という口癖が出る。

ノポン

CV.下山吉光

カムチャタールの忠臣。一人称は「僕ちん」。誰よりもカムチャタールの幸せを願い、尽くしに尽くしているが裏目に出ることも多くきつくお仕置きをされている。

ゴムタ

CV.間島淳司

脳天が禿ているのが特徴的な、人間の言葉を理解出来るほどの高い知能を持つキママゥ。キママゥではあるがゴムタは自分のことを人間と思っており、キママゥ扱いされると怒る。
その知能の高さはアルルゥも感心するほどである。

ケナシコウルペ

ヌワンギ

CV.吉野裕行

エルルゥの幼馴染の少年。幼いころはヤマユラで過ごしていた。ササンテの嫡子が夭折したため、代わりの後継ぎとして城に戻った。純朴な少年であったが欲と権力に塗れた父親と過ごしたため歪んだ正確になりヤマユラの民から嫌われるようになった。
ササンテ亡き後は叔父インカラの下で侍大将となるが、次第に暴走。罪のない集落を見せしめとして焼き払うという蛮行に出てしまい、各地の集落に反旗を翻され、最後はハクオロたちとの戦闘に敗れ捕えられる。

ササンテ

CV.大川透

エルルゥ達の村とその周辺を治める藩主。ヌワンギの父。横暴な性格で、重税をかけて村人を苦しめる。喋る時に語尾に「にゃも」がつくのが特徴。ハクオロたちの反乱に敗れ、ヌワンギを囮に自分だけ逃げようとする。しかし「母親と一緒で役に立たない」とヌワンギに言い放ち、逆上したヌワンギに殺されてしまう。

インカラ

CV.大川透

ケナシコウルペの皇。ササンテの兄で、ヌワンギの伯父。ササンテ同様、語尾に「にゃも」がつく。ササンテ以上に狡猾かつ残虐な性格をしている。ケナシコウルペ皇都陥落の際、皇の最後の務めを拒否し最後の最後まで贅沢と我侭を通そうとした。だがそれを良しとしないベナウィによって介錯され死亡する。

チキナロ

CV.太田哲治

旅の商人。ケナシコウルペから派遣されてくるが、ケナシコウルペの専属の商人ではない。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

うたわれるもの 二人の白皇(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『うたわれるもの 二人の白皇』とは、アクアプラスより2016年9月に発売されたゲームソフトである。うたわれるもの3部作の第3部かつ全シリーズの最終章にあたる。ストーリーは前作の「偽りの仮面」の続きが描かれる。舞台はヤマトという大国。主人公ハクは、前作「偽りの仮面」でオシュトルから皇女と妹の未来を仮面と共に託される。ハクはオシュトルとして生きることを選び、戦いに身を投じていくうちに「うたわれるもの」の真実にたどり着くのだった。

Read Article

うたわれるもの 偽りの仮面(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説まとめ

アクアプラスより2015年9月に発売されたゲームソフト及びそれを原作とするアニメ。舞台は皇(オゥルォ)や豪族がそれぞれ治める属国によって構成され、帝に統治される大國「ヤマト」。主人公は記憶を失い一人雪深い山を彷徨っていた。巨大な蟲に襲われ追い詰められていたところを少女クオンに救われ、「ハク」と名付けられる。それはかつて「うたわれし者」の名であった。

Read Article

目次 - Contents