テニスの王子様(テニプリ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『テニスの王子様』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた許斐剛によるスポーツ漫画である。中学テニスを題材とした漫画で、主人公が所属する青春学園こと青学のテニス部が全国大会での優勝を目指すお話だ。主人公のリョーマの決めセリフである「まだまだだね。」をはじめとした真似をしたくなるようなセリフや、試合や部活中のシーンなどで友情やテニスへの思いが現れた熱いセリフが登場し、大勢の読者たちに好評を博した。

『テニスの王子様』の概要

出典: www.tennimu.com

「テニミュ」の愛称で親しまれているテニスの王子様のミュージカル。ミュージカルから「テニスの王子様」を好きになったファンも数多くいる。現在は原作漫画やアニメ、ゲームなどを舞台化した作品が数多く開演されているが、「ミュージカルテニスの王子様」はその先駆けとなり、ミュージカルムーブに火をつけた作品だ。

出典: jin115.com

過去には人気キャラクターの生誕祭も行われた

『テニスの王子様』とは、週間少年ジャンプで連載されていた許斐剛による少年漫画である。アニメ化やミュージカル化、ゲーム化や映画化、グッズ化など、多数のメディアミックス展開がなされており、個性的で格好いい数々のキャラクターが登場することから少年や女性達を中心として爆発的な人気を得た。2009年からは、SQジャンプで続編である『新テニスの王子様』が連載されており、人気を博している。さらに、声優や原作者が出演するライブや関連イベントなど、数多くのイベントが催されており、その人気は衰えることを知らない。

『テニスの王子様』は中学テニスを題材とした話である。テニスの王子様の主人公は、天才的なテニスの実力を持つ中学一年生の越前リョーマだ。リョーマはテニスの強豪校である青春学園中学こと『青学』に入学後、テニス部に入部する。リョーマはそこで青学の部長である手塚をはじめとした仲間達と出会った。リョーマは過去に日本を沸かした元プロテニスのプレイヤーである「サムライ南次郎」こと越前南次郎の息子である。はじめは父親を越えることのみを目標としていたリョーマだが、仲間達やライバルたちと切磋琢磨していくことで徐々に青学に愛着を持つようになり、青学のみんなと共に勝ちたいという思いが芽生える。

『テニスの王子様』は青学が地区予選から順番に中学テニスの公式大会に挑み、全国大会での優勝を目指すストーリーだ。今回は、試合や練習中などに登場するテニスにかける思いが表れたセリフや、友情を感じさせるセリフなど、数々の熱いセリフを紹介する。

青学の名言・名セリフ

出典: www.amazon.co.jp

主人公のリョーマが所属する青春学園中学こと青学。個々の実力が高く、個性派ぞろいだ。

やっぱ男は⋯⋯⋯ダブルスでしょう!!

阿吽の像にちなんで「阿」「吽」とサインを送り合う二人

出典: renote.jp

3巻でリョーマと桃城が玉林中ダブルスのペアである泉や布川に言ったセリフである。

青学の一年生であるリョーマは、二年生の桃城とストリートテニス場にシングルス(1人対1人のテニス)の練習をしに来ていた。ところが、そのストリートテニス場ではコート数の問題でシングルスのゲームを行うことが出来ず、ダブルス(2人対2人)のゲームのみだった。

そこで、リョーマは桃城とペアを組んでダブルスのゲームに挑む。二人ともシングルスプレイヤーであったが、ずば抜けたテニスの実力を持っていたため、ストリートテニス場にいたほとんどのダブルスペアにサーブだけで勝ってしまったのだ。

高い実力をもつリョーマ&桃城コンビに対し、今までゲームを見学していた泉は布川に「ケタ外れに強ぇよ。でも惜しいな、ダブルスとしては穴だらけだ⋯。」と、告げる。ストリートテニス場を見学していた不動峰中学の二年生である杏も、リョーマと桃城のダブルスを「すごいサーブ!こんな場所でいいもん見ちゃった。⋯⋯でもダブルスとしては⋯。」と、評する。

泉がリョーマたちに「俺たちが挑戦するよ。」と声をかけたことで、リョーマ&桃城ペアは泉&布川のペアとゲームをすることになった。泉は布川に「賭けてもいいさ。あいつらダブルスは素人だぜ。単純に二人の間を狙え。」と話しかけて布川がリョーマと桃城の間の部分にボールを打つと、二人がボールを取りに行こうとしてぶつかりそうになり、ボールが取れなかった。

リョーマと桃城は意思疎通が取れず、さらにリョーマがダブルスのゲームが初めてだったため、終始泉&布川ペアに押され気味で結果的に敗北となった。泉と布川は、ストリートテニス場でリョーマ&桃城ペアに負けた人たちに「泉、布川。あんな強い2人組倒してすげぇな。さすが玉林中テニス部の名ダブルス!!」と声をかけられた。実は、玉林中は中学テニスの地区予選大会で青学が次に当たる学校だ。泉と布川は、ストリートテニス場にいた人たちに対して、「オレたちのコンビネーションとさっきの2人を比べんなよ。」「腕はピカイチなのにあのダブルスはおそまつだもんな。あんなチグハグコンビ、何回やっても勝てるぜ。」と言った。

リョーマと桃城はそれぞれ、公式戦ではシングルスの試合に出ることを希望していた。ところが、泉と布川の言葉を聞いた二人は「やっぱ男はダブルスでしょう!!」と、地区予選で泉&布川コンビにダブルスで再戦する事を希望する。

そして、地区予選の日がやってきた。リョーマと桃城は、希望通り泉&布川ペアと再戦する事となる。泉たちはストリートテニス場の時と同じようにリョーマと桃城の間にボールを打つが、二人は「阿ーっ!」「吽!」と声を掛け合ってボールを返した。桃城はシングルスの方が得意だが、ダブルスの経験もある。リョーマは地区予選までに、『はじめてのダブルス』という教本を買って桃城からダブルスのことを学んでいた。さらに、二人はたまたま近くにあった阿吽の像を見て、どちらかがボールを取るときに「阿」「吽」と合図を掛け合うことに決める。

リョーマと桃城は真ん中へのボールの対処を完璧にしたが、それ以外の場所だと意思疎通がうまく取れていなかった。それを見抜いた泉と布川は、ダブルスにおいて重要なコンビネーションプレーで2人を押す。時間が経つとともにチグハグなプレーになっていくリョーマと桃城は、コートを縦で半分に区切り、シングルスの戦い方で戦うことに決める。真ん中のラインから片方のコートはリョーマが、もう片方は桃城が守るという単純な作戦に出たのだ。これにより意思疎通を図る必要がなくなり、敵の相手に集中することができる。

シングルスの戦い方をすることでリョーマと桃城は圧倒的な実力が発揮出来るようになり、瞬く間に泉・布川ペアを押していった。焦る布川だが、いくらシングルスの戦いをしようとこの試合はダブルスには変わりないため、ダブルス初心者だと穴になりやすい真ん中にボールを打つ。するとリョーマと桃城は「阿ー!」「吽!」と声を掛け合い、点を入れた。二人は真ん中の部分だけダブルスの戦法を取り入れたのだ。

このセリフは声を掛け合って点を入れた後にリョーマと桃城が言った言葉で、泉と布川に試合に負けた借りを返したことを示し、ダブルスの楽しさを実感していることを意味する名セリフである。試合に負けた泉と布川は2人に、「とんでもねぇな、お前らは。」「またダブルスやりたくなったらいつでもストリートテニス場に来い。」と声をかけた。

(青学/一年生)越前リョーマの名言・名セリフ

リョーマは青学テニス部に所属する一年生エースだ。一見クールな性格のように見えるが、生意気で年相応な一面を持っている。非常に負けず嫌いな性格だ。

まだまだだね

リョーマがよく口にする言葉で、リョーマを表す代名詞的なセリフである。リョーマは試合の時にも日常的にもよくこの言葉を言うが、主に相手の未熟さを指摘するときに使っている。

でもさあ、相手の土俵でたたきのめした方がユカイだからね!

3巻でリョーマが玉林中テニス部の泉と布川に言ったセリフである。青学の二年生の先輩である桃城とストリートテニス場に出かけたリョーマは、泉や布川と出会った。ストリートテニス場ではコートの数の問題でシングルスの試合ができず、ダブルスの試合のみしか出来ない。

ストリートテニス場に桃城とシングルスのテニスをしに来たものの、シングルスのゲームが出来ないと知ったリョーマは、桃城とペアを組んで泉&布川のコンビと試合をすることになる。

リョーマはシングルスでは卓越した実力を持ち合わせているものの、ダブルスの試合をするのは初めてだった。しかも、ダブルスの試合における重要な協調性も欠けていたため、チグハグな動きとなってしまい、瞬く間に泉・布川ペアに敗北してしまう。二人はリョーマ&桃城ペアのことを「腕はピカイチなのにあのダブルスはおそまつだもんな。あんなチグハグコンビ、何回やっても勝てるぜ。」と、評した。

実は泉や布川が所属する玉林中は、地区予選で青学が次に当たる学校だった。リョーマと桃城は試合のオーダーでシングルスを希望していたが、「やっぱ男はダブルスでしょう!!」と、地区予選で二人に雪辱を晴らすことを誓う。

このセリフは地区予選青学VS玉林戦のダブルスの試合で泉&布川ペアに再開した時にリョーマが言った言葉で、「ユカイだぜ!!シングルスならお前らの方に分があったのにな。」という泉に対して相手の得意技で真正面から潰すことを宣言したリョーマの名台詞である。

強くなりたい。もっと⋯もっと!!

6巻でリョーマが父の南次郎に言ったセリフである。青学が地区予選を突破した後、青学の部長である手塚はリョーマにテニスでの勝負を持ちかける。リョーマの目標は、過去にはプロテニスで活躍していたほどの実力を持つ父の南次郎を超えることだった。逆に言えば、リョーマは青学でテニスをする上で目標がないということでもある。そのため、青学で試合をするリョーマはどこか冷めたような態度を取っていた。手塚は、リョーマをさらなる高みに連れて行くために勝負を持ちかけたのだった。

勝負の結果、手塚はリョーマに圧勝する。そして、手塚は「越前、お前は青学の柱になれ!」と声をかけた。この言葉は、リョーマに青学のエースになるという目標を与えたものだ。手塚との戦いの後、家に帰ったリョーマは南次郎とテニスの勝負をする。リョーマは手塚との勝負に負けたことについて、落ち込んではいなかった。むしろ、リョーマのテニスをよく知る南次郎が「いつもと打球の感じが違うな⋯。」とコメントするほど、今まで以上に気迫に満ちていた。

このセリフは力強い打球を打った後にリョーマが言ったもので、リョーマのテニスにかける熱さや燃え上がる向上心が現れた名台詞である。リョーマの姿を見た南次郎は、「誰かはわからんが、あいつの性格を理解した上で今一度リョーマに必要な事をしてくれたようだ。すなわちあいつを燃え立たせるって事を!!」と独白した。

ねぇ、別にアンタの兄貴だけじゃないだろ!!強いのは。アンタの目標は兄貴なんだろうけど⋯オレは上に行くよ

出典: hisapri.blog.jp

兄に固執する裕太に自分はもっと広い世界に目を向けて戦うというリョーマ

9巻で聖ルドルフの二年生である不二裕太に言ったセリフである。都大会の準々決勝で青学は、聖ルドルフと対戦することになった。リョーマはシングルスで裕太と対戦する。

裕太は、青学のレギュラーである不二周助の弟だ。裕太は一年の頃は青学に通っていたが、常に「天才・不二周助の弟」「弟もテニスすんのかよ」「キャー!不二くんの弟!?」「弟君はいつテニス部に入るのさ?」と、兄と比べられる環境に嫌気がさしていた。そのため、青学ではテニス部に入らずに少し遠めのテニススクールに通っていた。そのスクールで現在の聖ルドルフの部員である観月や木更津、柳沢と出会う。裕太は「不二周助の弟」としてではなく「不二裕太」として接してくれる聖ルドルフの3人に強い興味を持ち、ついには聖ルドルフに転校した。裕太が目指すのは、「打倒・不二周助」だ。

リョーマは裕太の得意技である「ツイストスピンショット」を難なく封じて、テニスを楽しむように試合に挑む。このセリフは、兄を超えることに固執して前に進めていない裕太に対して言ったもので、リョーマの向上心が現れた名台詞である。リョーマは以前、元プロテニスプレイヤーで凄まじい快進撃を見せた父親である南次郎を越えるためにテニスをやっていた。リョーマには父親を越える以外の目標が無かったが、都大会の前に青学の部長である手塚と対戦し、完敗したことで闘争心に火がついてさらに強くなりたいと願うようになった。

ryogin2
ryogin2
@ryogin2

Related Articles関連記事

テニスの王子様(テニプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

テニスの王子様(テニプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

許斐剛によって1999年から2008年まで週刊少年ジャンプにて連載された漫画及びアニメ、映画、ゲーム作品。ミュージカル化もされている。さらに2009年から第2シリーズとして『新テニスの王子様』としてジャンプスクエアにて連載再開された。中学校の部活動テニスを題材にした作品。テニスの名門校に入学した越前リョーマはテニス部に入部し様々なタイプの選手と対戦しながら団体戦での全国大会優勝を目指す。

Read Article

丸井ブン太(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

丸井ブン太(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

丸井ブン太とは『テニスの王子様』の登場人物で、作中1の強豪校、立海大付属中学校の3年レギュラー。 プレイに絶対の自信を持ち、自ら「天才」と称す。甘いモノ好きのお調子者で、チームのムードメーカー。プレイスタイルはサーブ&ボレーヤーで、「ボレーのスペシャリスト」と呼ばれる前衛プレーヤー。試合には同校3年ジャッカル桑原(じゃっかる くわはら)とダブルスで出場することが多い。役割に徹する冷静さがあり、試合中は守備はジャッカルに任せ、自らは得意のボレー技術を活かし攻めに特化したプレーをする。

Read Article

幸村精市(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

幸村精市(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

幸村精市(ゆきむら せいいち)とは『テニスの王子様』に登場する立海大附属中学校テニス部の3年生レギュラーで、部長も務めている。日本中学生最強の男と称されている。圧倒的なテニスの実力を持ち、どんな癖のある球でも打ち返すことができる。対戦相手は「何をやっても返されてしまう」という負のイメージが脳内にこびりつき、イップスに陥り次第に五感を奪われてしまうという能力を持つ。3年生の全国大会決勝戦まで公式戦で1ゲームも落としていない規格外の強さから「神の子」と呼ばれている。

Read Article

跡部景吾(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

跡部景吾(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

跡部景吾(あとべけいご)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部テニス部の部長である。生徒会長もつとめており、跡部財閥の御曹司でもある。自称「王様(キング)」。部員200人の頂点に立つカリスマだ。テニスの技術も全てにおいてトップクラスのオールラウンダー。特に相手の弱点を見抜く能力に長けている。勝気な性格だが、誰よりも努力を怠らない。仲間思いで世話焼きな一面も持っている。チャームポイントは泣きボクロ。「跡部様」と呼ばれていて、人気の高いキャラクターだ。

Read Article

不二周助(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

不二周助(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

不二周助(ふじしゅうすけ)とは『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、青春学園中等部3年のテニス部レギュラーである。「天才」の異名を持ち、部内No.2の実力を誇るカウンターパンチャー。高度なテクニックで、必殺技の数はキャラクターの中で最多である。試合ではシングルスとダブルスどちらもこなすことができる。いつも目を細めた笑顔で物腰も柔らかい。穏やかな性格だがどこかミステリアスで、怒らせると怖い。サボテンと写真、辛いものが好きである。ファンの間でも人気の高いキャラクターだ。

Read Article

白石蔵ノ介(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

白石蔵ノ介(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

白石蔵ノ介(しらいし くらのすけ)とは『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、主人公のライバル校である四天宝寺中学校テニス部の3年生レギュラー。2年生のときから部長を務め、個性豊かなメンバーが揃う四天宝寺中をまとめている。テニスの実力も確かなものであり、基本に忠実であるがゆえの完璧なテニス、「パーフェクトテニス」を徹底し「四天宝寺の聖書(バイブル)」という異名をもつ。2年連続で四天宝寺をベスト4以上まで導いたカリスマ的存在。

Read Article

越前リョーマ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

越前リョーマ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

越前リョーマ(えちぜんりょーま)とは『テニスの王子様』の主人公で、青春学園中等部1年テニス部レギュラーのスーパールーキーだ。名テニスプレイヤーと呼ばれた越前南次郎(えちぜんなんじろう)の息子で、物心がついた頃からテニスラケットを握っていた。アメリカ生まれの帰国子女で、アメリカのジュニア大会4連覇を誇る実力者だ。性格はクールで負けず嫌い。生意気な面もあるが先輩からも実力を認められていて、可愛がられている。FILAの白い帽子がトレードマークである。口癖は「まだまだだね」。

Read Article

千歳千里(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

千歳千里(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

千歳千里(ちとせせんり)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、四天宝寺中学校3年のテニス部レギュラーである。「無我の境地」という技を扱える数少ないキャラクターで、勝利に固執するというより純粋に楽しんでテニスをしているプレイヤーだ。熊本の中学にいた頃にボールが右目に直撃し、視力をほとんど失っている。195cmという長身の持ち主で、中学生の中では最も背が高い。また、熊本弁で話すのも特徴的である。性格は自由奔放でマイペース。落ち着きがあり、年齢に似つかわしくない風貌をしている。

Read Article

向日岳人(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

向日岳人(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

向日岳人(むかひがくと)は『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部3年のテニス部レギュラーである。アクロバティックプレイを得意とし、コートの上で軽快に動き回る。だがスタミナ不足という欠点があり、短期決戦を得意としている。そのためダブルスを組むことが多い。小柄で赤いおかっぱ頭という一見女の子のような見た目だが、短気でせっかちでまっすぐな性格。意外と男らしい一面があり、強気に対戦相手を挑発することもある。また、特徴的な「〜(して)みそ」という口癖を度々発する。

Read Article

菊丸英二(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

菊丸英二(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

菊丸英二(きくまるえいじ)とは『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、青春学園3年のテニス部レギュラーである。高い柔軟性で軽快に動き回り、アクロバティックなプレイを見せる。また並外れた動体視力を持つ。ダブルスプレイヤーであり大石秀一郎(おおいししゅういちろう)とのペアは「ゴールデンペア」と呼ばれている。サーブ&ボレーヤーで、前衛での攻撃が得意である。人懐っこく明るい性格で、外ハネの髪と右頬に貼った絆創膏が特徴。語尾に「にゃ」を付けたり、「〜だよん」など、可愛らしい言葉遣いをする。

Read Article

仁王雅治(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

仁王雅治(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

仁王雅治(におうまさはる)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、立海大付属中学校3年のテニス部レギュラーである。相手の裏をかくプレイスタイルや「イリュージョン」という相手を完璧に模倣する技を使えることから、「コート上の詐欺師(ペテン師)」と呼ばれている。いたずら好きで自由奔放かつマイペースな性格だが、テニスではチームの勝利のために働いている。長めの銀髪を下の方で結び、口元にあるホクロが特徴。口癖は「プリ」や「ピヨ」。「〜みんしゃい」や「ぜよ」などの方言を話すが出身地は不明である。

Read Article

遠山金太郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

遠山金太郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

遠山金太郎(とおやま きんたろう)とは、『テニスの王子様』に登場する四天宝寺中学校テニス部に所属する一年生レギュラーで、「西のスーパールーキー」と称されている。たこ焼きが大好きで愛称は「金ちゃん」。天真爛漫な性格をしているが、モットーとしている言葉は「やられたらやり返せ」であり、怒らせると恐いゴンタクレ(「やんちゃ」、「わんぱく」などの意味を持つ方言)。赤い髪に半ズボンを履き、トレードマークであるヒョウ柄のタンクトップを着用。自身の宝物である木製のラケットを担いでいるのが特徴である。

Read Article

手塚国光(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

手塚国光(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

手塚国光(てづかくにみつ)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、青春学園3年のテニス部部長である。中学テニス界では知らない人はいない程の全国区プレイヤー。打球がバウンドしない「零式ドロップ」や「零式サーブ」など、高度なテクニックを要する技を使用している。だが腕に大きな負担をかけるこの技は、1年時に負った肘の怪我に影響し酷使すると古傷が開くようになってしまった。厳格な人物でいつも冷静だが、試合には熱く闘志を燃やす。眼鏡をかけており、常に無表情。口癖は「油断せずに行こう」。

Read Article

忍足侑士(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

忍足侑士(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

忍足侑士(おしたり ゆうし)とは、『テニスの王子様』および『新テニスの王子様』の登場人物で、氷帝学園中等部男子テニス部に所属する、中学3年生である。強豪校で選手層が厚い中で正レギュラーに選ばれ、試合で活躍する実力者である。ダブルスもシングルスもできるオールラウンダーで、「千の技を持つ天才」と異名がつく。 青春学園とは関東大会初戦で対戦。向日岳人とのダブルスで出場し、絶妙なコンビネーションで圧倒した。関東での敗北を経て、さらに実力に磨きをかけて全国大会でも青学の前に立ちはだかる。

Read Article

切原赤也(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

切原赤也(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

切原赤也(きりはらあかや)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、立海大付属中学校2年テニス部のエースである。勝つことに手段を選ばない性格。打球を相手の顔面にぶつけるなど、非道なプレイをすることがある。試合中に興奮したり頭に血が昇ると「赤目モード(危険モード)」が発動する。文字通り目が充血し赤くなり、集中力やパワー、スピードが急上昇する。またさらに進化させた「悪魔(デビル)化」があり、残酷で狂気的なプレイに変貌する。日常生活では明るい性格で、勉強は苦手。ワカメのような髪が特徴である。

Read Article

忍足謙也(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

忍足謙也(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

忍足謙也とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、四天宝寺中学校テニス部3年生。全国大会編にて初登場。全国大会準々決勝の不動峰戦では石田銀と共にダブルス2に登場し、神尾アキラ、石田鉄と対戦。スピードテニスに自信を持つ神尾アキラをも上回るスピードテニスを見せ、圧倒した。準決勝での青学戦では財前光と共にダブルス1に登場する予定だったが、千歳千里に譲ったため、プレイを見れたのは不動峰戦のみ。通称は「浪速のスピードスター」。氷帝学園の忍足侑士は従兄弟にあたる。

Read Article

真田弦一郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

真田弦一郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

真田弦一郎(さなだげんいちろう)とは、週刊少年ジャンプで連載されていた『テニスの王子様』に登場するキャラクターである。神奈川県にある立海大付属中学校3年生でテニス部副部長を務めている。テニスの実力は確かなものでその強さから他校の生徒より『皇帝』という二つ名がついているほどで、後輩たちからも恐れられるような厳格な人物である。立海大を全国三連覇へ導くべく、幸村が病に倒れた際は部長の代わりとして部員たちをまとめあげた。「常勝立海大」をモットーに上げており、負けは許されないと常々部員たちへ叱咤してきた。

Read Article

海堂薫(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

海堂薫(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

海堂薫(かいどう かおる)とは、『テニスの王子様』および『新テニスの王子様』の登場人物で、青春学園中等部男子テニス部に所属する、中学2年生である。2年生でありながらレギュラーに抜擢される実力者。長いリーチを活かした「スネイク」が必殺技。また持久戦を得意としている。スネイクで相手の体力をじわじわ削っていくプレイスタイルから、「マムシ」の異名がつく。 短気な性格と鋭い目つきで誤解されがちだが、礼儀正しく努力家である。主人公の越前リョーマを迎え、新たなレギュラーメンバーで全国大会優勝を目指す。

Read Article

柳蓮二(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

柳蓮二(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

柳蓮二とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、立海大付属中学校テニス部3年生。関東大会編にて初登場。「達人(マスター)」という異名を持ち、青学の乾と同じくデータで相手の動きを予測するプレイを得意とする。王者・立海の三強のうちの1人。立海部員からは「参謀」と呼ばれる。基本的にいつも目は閉じられているが、ごく稀に開眼することがある。性格は冷静沈着で寡黙。口癖は「~の確立〇〇%」、「~とお前は言う」。

Read Article

宍戸亮(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

宍戸亮(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

宍戸亮(ししどりょう)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部3年テニス部のレギュラーである。元はシングルスプレイヤーだったが、2年の鳳長太郎(おおとりちょうたろう)とダブルスを組んでおり「氷帝最強ダブルス」と呼ばれている。都大会で惨敗し、一度レギュラー落ちを経験した。レギュラー落ち以前は長髪だったが、レギュラー復帰の際に自らハサミで短髪にし青いキャップを後ろ向きに被っている。男気溢れる性格で、口癖は「激ダサ」。

Read Article

財前光(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

財前光(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

財前光(ざいぜんひかる)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、四天宝寺中学校2年テニス部のレギュラーである。顧問曰く「天才」と呼ばれ、試合描写も少ないそのミステリアスさから「能ある鷹は爪を隠す」と表現される。プレイスタイルはオールラウンダー。毒舌でクールな性格かつ、気怠げな態度が特徴。左耳に3つ、右耳に2つのピアスを付けていて、ブログを書いているという現代っ子である。敬語の混じった関西弁に「〜っすわ」という語尾を付ける。本編では出番が少なかったが、人気の高いキャラクターだ。

Read Article

越前リョーガ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

越前リョーガ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

越前リョーガとは、映画『劇場版テニスの王子様 二人のサムライ The First Game』のアニメオリジナルキャラクターとして登場し、主人公・越前リョーマの兄と名乗る人物である。映画では、大富豪桜吹雪彦麿によって主催された豪華客船でのテニス対決で、桜吹雪側のチームのリーダーとして青学と対戦。幼い頃、南次郎に引き取られ、一時期はリョーマと共にアメリカで生活していたが、すぐに叔母の元に行くことになり、それから行方不明となっていた。

Read Article

鳳長太郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

鳳長太郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

鳳長太郎(おおとりちょうたろう)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部2年テニス部のレギュラーである。先輩の宍戸亮(ししどりょう)とダブルスを組んでいて、氷帝最強ダブルスと呼ばれている。プレイスタイルはサーブ&ボレーヤー。「一球入魂」という掛け声とともに放つ「スカッドサーブ」という超高速サーブを使用する。背が高く、短い銀髪が特徴。性格は穏やかでお人好しで顔立ちも良い。また家柄が良く育ちも良い。いつもクロスのペンダントをお守り代わりとして付けている。

Read Article

徳川カズヤ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

徳川カズヤ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

徳川カズヤ(とくがわかずや)とは『新テニスの王子様』に登場するキャラクターで、U-17日本代表選抜合宿の2軍1番コートに所属する高校2年生だ。合宿に来る前は5歳の頃から海外を拠点に活動していた。プレイスタイルはオールラウンダーで、合宿内でも上位に立つ実力者だ。かつては同じ高校生選手の平等院鳳凰(びょうどういんほうおう)に敗北し合宿から追放され、崖の上での特訓に参加し戻ってきた選手である。鋭い目つきと黒髪が特徴。主人公の越前リョーマ(えちぜんりょーま)の実力に一目置いている。

Read Article

神尾アキラ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

神尾アキラ(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

神尾アキラとは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、不動峰中学校テニス部2年生。地区大会決勝にて初登場し、青学・海堂と対戦するも敗北。関東大会準々決勝では山吹・千石と対戦。海堂との対戦での悔しさをバネに成長し、見事勝利する。「スピードのエース」という異名を持ち、スピードを武器としたテニスを得意としている。左目が常に隠れた鬼太郎のようなヘアスタイルをしている。口癖は「リズムに乗るぜ♪」「リズムを上げるぜ♪」「リズムを変えるぜ♪」「リズムにhigh!」。橘杏に密かに想いを寄せている。

Read Article

佐伯虎次郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

佐伯虎次郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

佐伯虎次郎(さえきこじろう)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、六角中年3年のテニス部レギュラーである。副部長を務めている。ダブルスで相手の前衛を徹底的にマークし、動きを封じるプレイを得意としている。六角中テニス部のメンバーは監督であるオジイの手作り木製ラケットを愛用している。性格は優しく穏やか。爽やかな好青年である。愛称は「サエ」や「サエさん」。作中で「無駄に男前」と言われており、ファンからは「無駄様」と呼ばれている。青春学園中の不二周助(ふじしゅうすけ)とは幼馴染である。

Read Article

日吉若(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

日吉若(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

日吉若(ひよしわかし)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、氷帝学園中等部2年テニス部のレギュラーである。プレイスタイルはベースライン上で積極的に攻撃するアグレッシブベースライナー。実家が古武術の道場をやっており、古武術を取り入れた通称「演武テニス」で独特なフォームをしている。氷帝学園テニス部次期部長として扱われている実力者。神経質な面もあるが、性格は冷静沈着で他人に流されない。キリッとした目とキノコヘアーが特徴的である。座右の銘と口癖は「下剋上」。

Read Article

千石清純(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

千石清純(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

千石清純とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、山吹中学校テニス3年生。初登場は都大会2週間前、青学へ偵察に来た他校生として登場。ジュニア選抜経験の実力者として知られ、都大会では青学・桃城と、関東大会では不動峰の神尾と対戦している。オレンジ色(原作では茶色)の髪にゲジゲジとした眉毛が特徴。性格は飄々としており、人懐っこい。無類の女好き。千石が試合にいるとラッキーなことが起こることから「ラッキー千石」という異名で呼ばれている。

Read Article

越前南次郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

越前南次郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

越前南次郎(えちぜんなんじろう)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、主人公越前リョーマ(えちぜんりょーま)の父親である。元プロテニスプレイヤーで、世界大会で37戦全勝したという偉業を持つ。現役時代は「サムライ南次郎」と呼ばれていた。リョーマは毎日のように南次郎に勝負を挑むが、一度も勝ったことがない。引退後もその実力は衰えておらず、また知名度も高い。今は臨時で寺の住職をしている。性格は陽気で子供っぽく、よくグラビア雑誌を読んでいる。リョーマが通っている青春学園中等部のOBでもある。

Read Article

伊武深司(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

伊武深司(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

伊武深司(いぶしんじ)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、不動峰中学校テニス部2年生である。地区大会では越前リョーマと対戦。リョーマのツイストサーブに酷似した「キックサーブ」や、相手の筋肉をマヒさせる「スポット」といった技を見せ、竜崎スミレからは「不二にも優らずとも劣らない」と言わしめた才能の持ち主。ボソボソと刺のある発言をする「ぼやき」癖があり、気難しい性格であるが、部長である橘には絶対服従しており、「橘さんと一緒に全国に」と熱い一面も見せている。肩に届きそうな長髪が特徴的。

Read Article

NEW
乾貞治(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

乾貞治(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

乾貞治(いぬいさだはる)とは、『テニスの王子様』に登場するキャラクターであり、青春学園テニス部3年生。緻密なゲームメイクと相手の打つ方向を予測するデータテニスを得意としており、口癖は「~の確率〇〇%」。立海の柳蓮二とは幼馴染であり、関東大会では激闘の末、勝利した。番外編ではギャグ要因として登場することもしばしばで、疲労回復のため開発した乾特製ドリンク「乾汁」は、罰ゲームとして定番となっている。海堂とダブルスを組むことが多く、トレーニング量は海堂の2.25倍と、ストイックな一面もある。

Read Article

NEW
カルピン(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

カルピン(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

カルピンとは、『テニスの王子様』に登場する猫のキャラクターで主人公越前リョーマ(えちぜんりょーま)の家の飼い猫。原作者の許斐剛の愛猫がモデルとされている。種類はヒマラヤンで、タヌキのような見た目をしている。2歳のオスで、人間で言うと約23歳である。青い瞳とふわふわの毛並みが特徴。リョーマにたいへん可愛がられており、リョーマのキャラクターソングでもカルピンに向けた楽曲が存在する。リョーマの買った猫じゃらしがお気に入り。「ほぁら」という独特な鳴き声をしている。

Read Article

NEW
大石秀一郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

大石秀一郎(テニスの王子様)の徹底解説・考察まとめ

大石秀一郎(おおいししゅういちろう)とは、漫画『テニスの王子様』に登場するキャラクターで、青春学園3年のテニス部副部長である。部長の手塚国光(てづかくにみつ)が怪我の治療のため不在の間は大石が部長代理を務めた。プレイスタイルはカウンターパンチャーでダブルス専門の選手である。菊丸英二(きくまるえいじ)とのペアは「黄金(ゴールデン)ペア」と呼ばれている。面倒見が良く世話焼きな性格から、「青学の母」とも呼ばれている。タマゴのようなシルエットの髪型に前髪2本が触覚のように出ているのが特徴だ。

Read Article

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

目次 - Contents