テニスの王子様(テニプリ)の名言・名セリフまとめ

4e15600409979399d580f

『テニスの王子様』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた許斐剛によるスポーツ漫画である。中学テニスを題材とした漫画で、主人公が所属する青春学園こと青学のテニス部が全国大会での優勝を目指すお話だ。主人公のリョーマの決めセリフである「まだまだだね。」をはじめとした真似をしたくなるようなセリフや、試合や部活中のシーンなどで友情やテニスへの思いが現れた熱いセリフが登場し、大勢の読者たちに好評を博した。

『テニスの王子様』の概要

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 03 22 0.28.08

出典: www.tennimu.com

「テニミュ」の愛称で親しまれているテニスの王子様のミュージカル。ミュージカルから「テニスの王子様」を好きになったファンも数多くいる。現在は原作漫画やアニメ、ゲームなどを舞台化した作品が数多く開演されているが、「ミュージカルテニスの王子様」はその先駆けとなり、ミュージカルムーブに火をつけた作品だ。

C4ace710

出典: jin115.com

過去には人気キャラクターの生誕祭も行われた

『テニスの王子様』とは、週間少年ジャンプで連載されていた許斐剛による少年漫画である。アニメ化やミュージカル化、ゲーム化や映画化、グッズ化など、多数のメディアミックス展開がなされており、個性的で格好いい数々のキャラクターが登場することから少年や女性達を中心として爆発的な人気を得た。2009年からは、SQジャンプで続編である『新テニスの王子様』が連載されており、人気を博している。さらに、声優や原作者が出演するライブや関連イベントなど、数多くのイベントが催されており、その人気は衰えることを知らない。

『テニスの王子様』は中学テニスを題材とした話である。テニスの王子様の主人公は、天才的なテニスの実力を持つ中学一年生の越前リョーマだ。リョーマはテニスの強豪校である青春学園中学こと『青学』に入学後、テニス部に入部する。リョーマはそこで青学の部長である手塚をはじめとした仲間達と出会った。リョーマは過去に日本を沸かした元プロテニスのプレイヤーである「サムライ南次郎」こと越前南次郎の息子である。はじめは父親を越えることのみを目標としていたリョーマだが、仲間達やライバルたちと切磋琢磨していくことで徐々に青学に愛着を持つようになり、青学のみんなと共に勝ちたいという思いが芽生える。

『テニスの王子様』は青学が地区予選から順番に中学テニスの公式大会に挑み、全国大会での優勝を目指すストーリーだ。今回は、試合や練習中などに登場するテニスにかける思いが表れたセリフや、友情を感じさせるセリフなど、数々の熱いセリフを紹介する。

青学の名言・名セリフ

71 erpnu al. sl1050

出典: www.amazon.co.jp

主人公のリョーマが所属する青春学園中学こと青学。個々の実力が高く、個性派ぞろいだ。

やっぱ男は⋯⋯⋯ダブルスでしょう!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 03 23 0.19.08

阿吽の像にちなんで「阿」「吽」とサインを送り合う二人

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 03 23 0.19.31

出典: renote.jp

3巻でリョーマと桃城が玉林中ダブルスのペアである泉や布川に言ったセリフである。

青学の一年生であるリョーマは、二年生の桃城とストリートテニス場にシングルス(1人対1人のテニス)の練習をしに来ていた。ところが、そのストリートテニス場ではコート数の問題でシングルスのゲームを行うことが出来ず、ダブルス(2人対2人)のゲームのみだった。

そこで、リョーマは桃城とペアを組んでダブルスのゲームに挑む。二人ともシングルスプレイヤーであったが、ずば抜けたテニスの実力を持っていたため、ストリートテニス場にいたほとんどのダブルスペアにサーブだけで勝ってしまったのだ。

高い実力をもつリョーマ&桃城コンビに対し、今までゲームを見学していた泉は布川に「ケタ外れに強ぇよ。でも惜しいな、ダブルスとしては穴だらけだ⋯。」と、告げる。ストリートテニス場を見学していた不動峰中学の二年生である杏も、リョーマと桃城のダブルスを「すごいサーブ!こんな場所でいいもん見ちゃった。⋯⋯でもダブルスとしては⋯。」と、評する。

泉がリョーマたちに「俺たちが挑戦するよ。」と声をかけたことで、リョーマ&桃城ペアは泉&布川のペアとゲームをすることになった。泉は布川に「賭けてもいいさ。あいつらダブルスは素人だぜ。単純に二人の間を狙え。」と話しかけて布川がリョーマと桃城の間の部分にボールを打つと、二人がボールを取りに行こうとしてぶつかりそうになり、ボールが取れなかった。

リョーマと桃城は意思疎通が取れず、さらにリョーマがダブルスのゲームが初めてだったため、終始泉&布川ペアに押され気味で結果的に敗北となった。泉と布川は、ストリートテニス場でリョーマ&桃城ペアに負けた人たちに「泉、布川。あんな強い2人組倒してすげぇな。さすが玉林中テニス部の名ダブルス!!」と声をかけられた。実は、玉林中は中学テニスの地区予選大会で青学が次に当たる学校だ。泉と布川は、ストリートテニス場にいた人たちに対して、「オレたちのコンビネーションとさっきの2人を比べんなよ。」「腕はピカイチなのにあのダブルスはおそまつだもんな。あんなチグハグコンビ、何回やっても勝てるぜ。」と言った。

リョーマと桃城はそれぞれ、公式戦ではシングルスの試合に出ることを希望していた。ところが、泉と布川の言葉を聞いた二人は「やっぱ男はダブルスでしょう!!」と、地区予選で泉&布川コンビにダブルスで再戦する事を希望する。

そして、地区予選の日がやってきた。リョーマと桃城は、希望通り泉&布川ペアと再戦する事となる。泉たちはストリートテニス場の時と同じようにリョーマと桃城の間にボールを打つが、二人は「阿ーっ!」「吽!」と声を掛け合ってボールを返した。桃城はシングルスの方が得意だが、ダブルスの経験もある。リョーマは地区予選までに、『はじめてのダブルス』という教本を買って桃城からダブルスのことを学んでいた。さらに、二人はたまたま近くにあった阿吽の像を見て、どちらかがボールを取るときに「阿」「吽」と合図を掛け合うことに決める。

リョーマと桃城は真ん中へのボールの対処を完璧にしたが、それ以外の場所だと意思疎通がうまく取れていなかった。それを見抜いた泉と布川は、ダブルスにおいて重要なコンビネーションプレーで2人を押す。時間が経つとともにチグハグなプレーになっていくリョーマと桃城は、コートを縦で半分に区切り、シングルスの戦い方で戦うことに決める。真ん中のラインから片方のコートはリョーマが、もう片方は桃城が守るという単純な作戦に出たのだ。これにより意思疎通を図る必要がなくなり、敵の相手に集中することができる。

シングルスの戦い方をすることでリョーマと桃城は圧倒的な実力が発揮出来るようになり、瞬く間に泉・布川ペアを押していった。焦る布川だが、いくらシングルスの戦いをしようとこの試合はダブルスには変わりないため、ダブルス初心者だと穴になりやすい真ん中にボールを打つ。するとリョーマと桃城は「阿ー!」「吽!」と声を掛け合い、点を入れた。二人は真ん中の部分だけダブルスの戦法を取り入れたのだ。

このセリフは声を掛け合って点を入れた後にリョーマと桃城が言った言葉で、泉と布川に試合に負けた借りを返したことを示し、ダブルスの楽しさを実感していることを意味する名セリフである。試合に負けた泉と布川は2人に、「とんでもねぇな、お前らは。」「またダブルスやりたくなったらいつでもストリートテニス場に来い。」と声をかけた。

(青学/一年生)越前リョーマの名言・名セリフ

1518363233003

出典: tennis-risingbeat.gamerch.com

リョーマは青学テニス部に所属する一年生エースだ。一見クールな性格のように見えるが、生意気で年相応な一面を持っている。非常に負けず嫌いな性格だ。

まだまだだね

1518363238001

出典: tennis-risingbeat.gamerch.com

リョーマがよく口にする言葉で、リョーマを表す代名詞的なセリフである。リョーマは試合の時にも日常的にもよくこの言葉を言うが、主に相手の未熟さを指摘するときに使っている。

でもさあ、相手の土俵でたたきのめした方がユカイだからね!

2018121511163312w102ue

出典: tennis-risingbeat.gamerch.com

3巻でリョーマが玉林中テニス部の泉と布川に言ったセリフである。青学の二年生の先輩である桃城とストリートテニス場に出かけたリョーマは、泉や布川と出会った。ストリートテニス場ではコートの数の問題でシングルスの試合ができず、ダブルスの試合のみしか出来ない。

ストリートテニス場に桃城とシングルスのテニスをしに来たものの、シングルスのゲームが出来ないと知ったリョーマは、桃城とペアを組んで泉&布川のコンビと試合をすることになる。

リョーマはシングルスでは卓越した実力を持ち合わせているものの、ダブルスの試合をするのは初めてだった。しかも、ダブルスの試合における重要な協調性も欠けていたため、チグハグな動きとなってしまい、瞬く間に泉・布川ペアに敗北してしまう。二人はリョーマ&桃城ペアのことを「腕はピカイチなのにあのダブルスはおそまつだもんな。あんなチグハグコンビ、何回やっても勝てるぜ。」と、評した。

実は泉や布川が所属する玉林中は、地区予選で青学が次に当たる学校だった。リョーマと桃城は試合のオーダーでシングルスを希望していたが、「やっぱ男はダブルスでしょう!!」と、地区予選で二人に雪辱を晴らすことを誓う。

このセリフは地区予選青学VS玉林戦のダブルスの試合で泉&布川ペアに再開した時にリョーマが言った言葉で、「ユカイだぜ!!シングルスならお前らの方に分があったのにな。」という泉に対して相手の得意技で真正面から潰すことを宣言したリョーマの名台詞である。

強くなりたい。もっと⋯もっと!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 03 23 4.18.12

6巻でリョーマが父の南次郎に言ったセリフである。青学が地区予選を突破した後、青学の部長である手塚はリョーマにテニスでの勝負を持ちかける。リョーマの目標は、過去にはプロテニスで活躍していたほどの実力を持つ父の南次郎を超えることだった。逆に言えば、リョーマは青学でテニスをする上で目標がないということでもある。そのため、青学で試合をするリョーマはどこか冷めたような態度を取っていた。手塚は、リョーマをさらなる高みに連れて行くために勝負を持ちかけたのだった。

勝負の結果、手塚はリョーマに圧勝する。そして、手塚は「越前、お前は青学の柱になれ!」と声をかけた。この言葉は、リョーマに青学のエースになるという目標を与えたものだ。手塚との戦いの後、家に帰ったリョーマは南次郎とテニスの勝負をする。リョーマは手塚との勝負に負けたことについて、落ち込んではいなかった。むしろ、リョーマのテニスをよく知る南次郎が「いつもと打球の感じが違うな⋯。」とコメントするほど、今まで以上に気迫に満ちていた。

このセリフは力強い打球を打った後にリョーマが言ったもので、リョーマのテニスにかける熱さや燃え上がる向上心が現れた名台詞である。リョーマの姿を見た南次郎は、「誰かはわからんが、あいつの性格を理解した上で今一度リョーマに必要な事をしてくれたようだ。すなわちあいつを燃え立たせるって事を!!」と独白した。

ねぇ、別にアンタの兄貴だけじゃないだろ!!強いのは。アンタの目標は兄貴なんだろうけど⋯オレは上に行くよ

6c3a4c02

出典: hisapri.blog.jp

兄に固執する裕太に自分はもっと広い世界に目を向けて戦うというリョーマ

9巻で聖ルドルフの二年生である不二裕太に言ったセリフである。都大会の準々決勝で青学は、聖ルドルフと対戦することになった。リョーマはシングルスで裕太と対戦する。

裕太は、青学のレギュラーである不二周助の弟だ。裕太は一年の頃は青学に通っていたが、常に「天才・不二周助の弟」「弟もテニスすんのかよ」「キャー!不二くんの弟!?」「弟君はいつテニス部に入るのさ?」と、兄と比べられる環境に嫌気がさしていた。そのため、青学ではテニス部に入らずに少し遠めのテニススクールに通っていた。そのスクールで現在の聖ルドルフの部員である観月や木更津、柳沢と出会う。裕太は「不二周助の弟」としてではなく「不二裕太」として接してくれる聖ルドルフの3人に強い興味を持ち、ついには聖ルドルフに転校した。裕太が目指すのは、「打倒・不二周助」だ。

リョーマは裕太の得意技である「ツイストスピンショット」を難なく封じて、テニスを楽しむように試合に挑む。このセリフは、兄を超えることに固執して前に進めていない裕太に対して言ったもので、リョーマの向上心が現れた名台詞である。リョーマは以前、元プロテニスプレイヤーで凄まじい快進撃を見せた父親である南次郎を越えるためにテニスをやっていた。リョーマには父親を越える以外の目標が無かったが、都大会の前に青学の部長である手塚と対戦し、完敗したことで闘争心に火がついてさらに強くなりたいと願うようになった。

harutamago
harutamago
@harutamago

Related Articles関連記事

テニスの王子様(テニプリ)のネタバレ解説まとめ

許斐剛によって1999年から2008年まで週刊少年ジャンプにて連載された漫画及びアニメ、映画、ゲーム作品。ミュージカル化もされている。さらに2009年から第2シリーズとして『新テニスの王子様』としてジャンプスクエアにて連載再開された。中学校の部活動テニスを題材にした作品。テニスの名門校に入学した越前リョーマはテニス部に入部し様々なタイプの選手と対戦しながら団体戦での全国大会優勝を目指す。

Read Article

「新テニスの王子様」の漫画がいろいろヤバすぎる

「新テニスの王子様」といえば、もちろん我らがジャンプの大人気テニス漫画ですよね。連載当初から人気が高くも、アニメの放送によってさらに拍車がかかり、今となっては出演声優は数知れず、実写版舞台・ミュージカルも満員御礼という、まさに破竹の勢いそのものです。しかし、ふと原作である漫画に戻ってみると、そこにはいろいろヤバい描写が山ほどありました。

Read Article

目次 - Contents