ドラゴン怒りの鉄拳(Fist of Fury)のネタバレ解説まとめ

『ドラゴン怒りの鉄拳』とは、1972年制作の香港映画。前作『ドラゴン危機一発』の大ヒットで一躍、香港のトップスターとなったブルース・リー主演の一連のカンフー映画の第2作目。日本公開は1974年。日本帝国主義が横行している1900年代初頭の上海を舞台に、中国武術の道場「精武館」を潰そうと企む日本人武術家一派に恩師を殺された青年が復讐を果たすため、単身で一派に立ち向かう姿を描く。

チェンが虹口道場で日本人たちを殺したことで日本領事館が動き出した。警察署長と精武館にやって来た日本領事はチェンの自首を要求し、さもなくば精武館を閉鎖し、門下生たちの命は保証しないと言う。そこへこっそりと姿を現したチェンは「俺が自首すれば精武館は潰されずに済むのか?」と警察署長に確認すると、彼は「約束する。俺も中国人だからな」と答えた。頷いたチェンは日本領事にも「精武館には絶対手を出すな!」と念を押し、ゆっくりと外へ出た。だが、門の外には大勢の日本の憲兵や列強の外国人がチェンに銃を向けていたのだ。その状況にチェンは怒りが込み上げ、彼らに向かって走り出すと、一斉に銃弾の音が鳴り響いた。

怒りに震えるチェンの死は、死を見せないという英雄の姿で直前のストップモーションとなった。映画史上に残る感動のストップモーションでありラストシーンである。

『ドラゴン怒りの鉄拳』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

製作上のエピソード

本作の製作上には以下のような数々のエピソードがある。

舞台について

前作はタイ王国のロケーションが大半であったが、本作の撮影は全て香港で、ほとんどがスタジオ・セットで撮影されている。(但しストーリー設定上の舞台は上海である。)

衣装について

本作には日本人役が多数登場するが、袴姿で登場する者の半分くらいは、袴を前後反対に履いている。鈴木役の日本人俳優・橋本力は、袴の件を監督のロー・ウェイに指摘したが、彼は「この方がカッコよく見える」と言ってそのまま撮影が行われたという。しかし、橋本が登場するシーンは全員正しく履いており、彼の日本人としてのプライドで直させたものと思われる。

人力車のシーンについて

チェンがウーの乗った人力車を一人で持ち上げるシーンがあるが、これは監督であるロー・ウェイの考案だった。チェン役のブルース・リーは「人が乗った人力車をあのように持ち上げるのは不可能で非現実的だ」と当初は拒んでいたというが、最終的にはリーが折れる形で撮影が行われた。(このシーンで2本の柄を繋ぐ支木がリーの背中にあったが、投げるシーンでは前になっている。)

ラストシーンについて

ラストシーンについては二つの説がある。一つはチェンを精武館から脱出させたいと考えていた監督のロー・ウェイに対し、ブルース・リーが「何人も殺している人間を生かすことは出来ない」と主張したことで、主人公が抹殺されることになったという説。もう一つは、もともとチェンの死でラストとなる予定だったが、リーが「英雄が殺されるのはおかしい」とクレームを付けて来たことで、最終的には死の直前でストップモーションになるという、死を見せないラストシーンになったという説である。なお中国語版では、ラストでチェンが道場から出ると、門の外では日本の憲兵、英国人が銃を構えてチェンを殺そうと待ち構えるシーンがあるが、よく見るとその背後に、チェンの名前を大声で呼ぶ民衆の姿がある。列強に支配されていた中国人の怒りと悲しみが伝わる屈指の名場面となっている。

撮影終了後の出来事

撮影終了後、ブルース・リーとロー・ウェイ監督の関係が悪化した。リーはローが監督する次回作『冷面虎(日本未公開)』に主演を要請されたが、脚本にクレームをつけて相手にしなかったという。最終的にリーのスケジュールが合わなかった事もあり、彼の主演は見送られることとなったそうである。

怪鳥音とヌンチャク

大ヒット映画『燃えよドラゴン』で、ブルース・リーが全世界に知られるようになったが、彼のトレード・マークと言えば「アチョー」という怪鳥音と必殺の武器であるヌンチャクであろう。実はこの怪鳥音とヌンチャクが初めて登場した映画が本作なのである。怪鳥音は、アクションシーンのリハーサル時にリーが偶然に発した気合のような声を、監督のロー・ウェイが注目。リーとの話し合いから、映画で見るような独特の叫びが生まれたという。またヌンチャクは、当時、香港映画に出演していた日本人俳優・倉田保昭が友人のリーと話をしている時、ヌンチャクの話題を持ち出したリーに、倉田がプラスチック製のヌンチャクを贈呈したことが始まりだという(これは倉田側のエピソードでリー側からの明言はない)。
ブルース・リーは本作から製作にも関わるようになり、怪鳥音とヌンチャクの他、チェンのキスシーンもリーのアイデアによるものである。因みにリーのキスシーンは彼の主演映画で本作だけである。

サブキャスト決定までの裏話

日本から参加した鈴木役の橋本力と、用心棒役の勝村淳は、共に当時勝プロ(俳優・勝新太郎のプロダクション)に所属していた。橋本は大映特撮時代劇『大魔神』シリーズの大魔神役で知られる俳優で、勝村は殺陣師でもあり、『座頭市』シリーズなどで勝新太郎のスタントも務めていた。勝村のインタビュー談話によれば、2人の出演は当初、勝プロの事務所に当時まだ日本では全く無名だったブルース・リー本人が訪ねて来たことがきっかけだという。リーは、勝に面会して勝本人の出演を要請したが、出演は叶わなかった。だがリーの熱意に打たれた勝は「自分の弟子を出演させる」と応じたという。また橋本の談話によると、2人はいきなり勝プロで「香港に行ってくれ」と言われて、前知識なしの渡航だったそうで、リーとの一騎討ちの場面は、勝村が指導したという。ただし脚本も渡されず、ストーリー自体は全く分からなかったと語っている。
因みに屈強な外国人空手家として登場するボブ・ベイカーは、リーのアメリカ時代の友人であり、リーの要請で出演が実現した(『ドラゴンへの道』等に出演したボブ・ウォールとは全くの別人)。

スタントマンのジャッキー・チェン

クライマックスのチェンと鈴木の一騎打ちのシーン。鈴木がチェンの飛び蹴りを受けて障子を突き破る場面での鈴木のスタントを、スタントマン時代のジャッキー・チェンが演じている。ハイスピードで撮影され、トランポリンとワイヤーを使った難易度の高いスタントは、予告編のラストカットに使われるなど、本作の見せ場となっており、スタントマンとしてのジャッキーの出世作となった。ブルース・リーはこの若きスタントマンに最大級の賛辞を贈ったと云われ、ジャッキーは後の『燃えよドラゴン』でも重要なスタントを演じている。また、後に香港を代表する俳優となる、ユン・ワー、ラム・チェンイン、ユン・ピョウなども参加している。

英題に取り違えがあった

タイトルについて、本作の英題『Fist of Fury』とは精武門の奥義である迷踪拳のことを意味したものであり、必ずしも「怒りの鉄拳」の訳ではない。単純に「怒りの鉄拳」を英訳すると複数形の「Fists of Fury」が正しい。本作のアメリカ劇場公開当時のタイトルは『The Chinese Connection』となっているが、本来なら麻薬組織との対決を描いた前作『ドラゴン危機一発』につけられるはずの題名と取り違えられており、前作のアメリカ版タイトルが『Fists of Fury』になってしまった。因みに『The Chinese Connection』は当時ヒットした米映画『The French Connection(邦題:フレンチ・コネクション)』のもじりである。
現在は、アメリカを含む英語圏でも、本作は『Fist of Fury』、『ドラゴン危機一発』は『The Big Boss』として認識されている。

日本公開にあたってのエピソード

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents