無双☆スターズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

ホロウ

通り名:彼方より来たりし者/武器:幻銃・大虚/CV:照井春佳

モノノフの1人だが、記憶を失っており、その素性は謎に包まれている。長大な銃を軽々と扱い、激闘を繰り広げる。常に冷静沈着だが常識に欠けており、奇想天外な言動で周囲を振り回すことも多い。華奢な見た目からは想像もつかない大食漢でもある。本作でも奇想天外な言動は相変わらずで、英雄達を振り回している。

時継(ときつぐ)

通り名:見た目はカラクリ、中身は勇者/武器:豪銃・時劫/CV:山寺宏一

勇者を自称するマホロバの里のモノノフ。体はカラクリ人形だが、その中には人間(モノノフ)の魂が封じられている。元々は凄腕のモノノフだったが、「マホロバ戦役」と呼ばれる大戦で命を落とし、今の姿になった。姿は変わっても実力は変わらず、銃を使わせれば右に出る者はいない。兄貴分として周囲を引っ張るリーダーシップも持つ、頼れる人物である。ちなみに桜花・ホロウ・時継のいずれかが仲間になると、聖域に「神木の社」が出現する。
なお、「神木の社」とは『討鬼伝』及び『討鬼伝 極』で主人公達が拠点としていたウタカタの里にある巨木と、その根元にある小さな社のことである。この神木からは時々不思議な声が聞こえ、ハク(『討鬼伝』シリーズにおける通貨のようなアイテム)を一定量捧げると素材をくれる仕様だった。本作では神木を調べると、空腹を訴えてハクをよこすよう話しかけてくるが、ほとんどのキャラクターには「気のせい」か「敵の間者」と間違われて相手にされない。ただし、桜花かホロウで調べるとハクを与えられて満腹になったという声を聞くことができる。同じモノノフでも、マホロバの里出身者で神木のことをよく知らない時継の場合は、他の英雄達と同じような反応で終わるので、満腹になったという声を聞くことはない。

『遙かなる時空の中で6』

『遙かなる時空の中で6』は、女性向け恋愛アドベンチャーゲーム『遙かなる時空の中で』シリーズのナンバリング第六作目にあたる作品で、2015年3月に発売された。ナンバリングごとにキャラクターと舞台となる異世界の時代設定が変わるこのシリーズ、今回の主人公は高塚梓という高校生。祖母の見舞いに病院へ行った際に、龍神の神子として異世界に召喚される。召喚先は大正時代の日本に酷似した異世界。近年、帝都に怨霊が出現し、平和を脅かしていることから事態を打開するために、帝国軍によって梓は召喚されたのだった。しかし、召喚された直後、梓は鬼の一族に攫われてしまう。こうして梓は、帝国軍と鬼の一族との対立に巻き込まれていくのだった。

有馬一(ありま はじめ)

通り名:帝国軍・精鋭分隊隊長/武器:日本刀/CV:寺島拓篤

帝国軍の対怨霊討伐組織・精鋭分隊の隊長。若いが怨霊討伐において、帝国軍内で右に出る者はいないというほどの実力を持つ。軍人らしく高潔な性格で、笑顔を見せることもほとんどない。元の世界では、龍神の巫女を守護する役目を担っていた。近寄りがたい雰囲気を持つが、本質は困った人を放っておけない優しさを持つ人物。異世界においてもそれは変わらないようで、聖域の会話などから、異世界の民や兵達に慕われていることが窺える。

ダリウス

通り名:鬼の一族・首領/武器:仕込み杖/CV:鈴村健一

異質な容姿と力ゆえに、人間と対立した歴史を持つ鬼の一族の青年。首領の証である仮面を継承している。元の世界では、帝都の森の奥にひっそりと暮らしていた。鬼の一族の特徴である金髪碧眼と異質な美貌、強い力を持ち、他者を魅了するカリスマ性も備えている。しかし、その内面には深い孤独を秘めている。本作では、鬼の一族だからといって差別されたり、むやみに恐怖されることもない異世界にいるためか、民や兵士ともうまく交流しているらしい。舌が肥えているので、異世界ならではの料理にも興味津々の様子である。

『ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜』

『ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~』は、錬金術によるアイテム作成をテーマとするゲーム『アトリエ』シリーズの第17作目(外伝的作品は除く)にあたる。小さな街キルヘン・ベルに住む少女・ソフィーは、今は亡き祖母から受け継いだ錬金術のアトリエを一人で切り盛りしている少女。祖母のような立派な錬金術士を目指しているものの、教科書となる書物も良き師匠もおらず、独学では失敗ばかりで思うようにいかない毎日が続いていた。そんなある日、アトリエの本棚にしまわれていた古い本に錬金術のレシピを書き込んだことがきっかけとなり、本に魂を宿らせていた錬金術士・プラフタが長い眠りから目を覚ます。プラフタは記憶を失っており、本に失われた錬金術のレシピを書き込むことで記憶を取り戻し、人間に戻ることができるという。そこでソフィーは彼女を人間に戻すために、失われた錬金術の再生に取り組むことを決心するのだった。

ソフィー

通り名:やる気120%の街娘/武器:旅立ちの杖/CV:相坂優歌

キルヘン・ベルの街外れで、祖母から受け継いだアトリエを営んでいる錬金術士。明るく真っすぐな頑張り屋だが、時間にルーズだったり、掃除が苦手だったりとずぼらな一面もある。錬金術が大好きで、錬金術で人々を幸せにするという志を持っている。ちなみにソフィーが仲間になると、宿舎内に錬金釜が出現する。さらに錬金釜を調べると、操作キャラごとにちょっとしたリアクションがある。

プラフタ

通り名:知識を貪るハードカバー/武器:ムーンコーリング/CV:井口裕香

ソフィーがアトリエで発見した古い本に、魂を宿らせていた錬金術士。ソフィーが錬金術のレシピを書き込んだことがきっかけで目覚め、彼女に錬金術を教える先生のような立場になった。その後、精巧な人形の体に魂を移したことで、人の姿で出歩けるようになる。長い間眠っていたためか、記憶の大半を失っている。『ソフィーのアトリエ』では、ソフィーがレシピを書き込むことで、少しずつ記憶を思い出していく仕様になっていた。ちなみにソフィーかプラフタが仲間になると、聖域の奥と酒場に「タル」が出現する。調べると操作キャラが、それぞれタルについて台詞を言う。

『NINJA GAIDEN』シリーズ

『NINJA GAIDEN』は、旧テクモが2004年に発売した忍者アクションアドベンチャーゲーム作品。後にアップグレード版やPS3への移植版が発売されている。難易度の高さと、流血・切断などの容赦のない残虐描写、そして硬派なストーリーから人気を得た。特に海外で高い評価を受けている。ちなみに宿舎内に設置されているアーケードゲームは、1988年に旧テクモから発売されたゲーム『忍者龍剣伝』。1995年を最後に終了していた同シリーズを、Xbox専用3Dアクションゲームとして蘇らせたのが『NINJA GAIDEN』である。『NINJA GAIDEN』のタイトル名も、元々は『忍者龍剣伝』の海外での名称だった。主人公はどちらもリュウ・ハヤブサが務めている。

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国無双 〜真田丸〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

無双OROCHI(無印 / 魔王再臨 / Z)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双2(2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双7(7猛将伝 / 7Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国無双4(4-II / 4Empires / 4DX)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

Read Article

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双6(6猛将伝 / 6Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国無双1(1猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双5(5Special / 5Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双4(4猛将伝 / 4Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国無双2(2Empires / 2猛将伝)のネタバレ解説・考察まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国無双3(3猛将伝 / 3Empires)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双OROCHI 2(Warriors Orochi 3)のネタバレ解説・考察まとめ

無双OROCHI 2(Warriors Orochi 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『無双OROCHI2』は、コーエーテクモゲームスから2011年12月22日に発売されたアクションゲーム作品。『無双OROCHI』の続編にあたる。三國&戦国無双だけではなく、コーエーテクモの別作品や他メーカーの作品のキャラクターまでもが参戦しているのが、本作品の大きな特徴である。舞台は前作より数年が経過した異世界。突如出現した怪物・妖蛇によって、世界は滅亡寸前にまで追いやられてしまう。生き残った英傑達は失った仲間を取り戻すため、世界を救うために時空を超えた戦いに臨む。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

無双シリーズの女性キャラクターの画像集【真・三國無双/戦国無双】

無双シリーズの女性キャラクターの画像集【真・三國無双/戦国無双】

中国三国時代を描いた『真・三國無双』、日本戦国時代を描いた『戦国無双』では、女性の武将も多数登場する。実際に戦の場に出たと言われているのは三国時代・魏の王異くらいだが、シリーズでは姫やオリジナルキャラクターを武将とすることで華やかさを出しているのだ。 ここでは『真・三國無双』や『戦国無双』の女性の登場人物・キャラクターをまとめた。

Read Article

目次 - Contents