スキャナーズ(Scanners)のネタバレ解説まとめ

Scanners

『スキャナーズ』とは、デヴィッド・クローネンバーグ脚本・監督による、思考するだけで人間の心や行動をコントロールできる超能力者(スキャナー)達の戦いを描いたサイキック・アクション・ホラー。社会を崩壊させようと企てる邪悪なスキャナーと彼を倒そうとするスキャナーの対決を、特殊メイクを駆使して描写。中でも頭部を内側から破裂させる衝撃的なシーンが有名。1981年・カナダ製作。

『スキャナーズ』の概要

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%ba %e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc2

「スキャナーズ」日本版ポスター

『スキャナーズ』とは、「ヴィデオドローム」(1982年)「ザ・フライ」(1986年)のカナダ出身のデヴィッド・クローネンバーグ監督が、人間の心や行動をコントロールできる超能力者(スキャナー)同士の戦いをパンチの利いた演出で描いたサイキック・ホラー・アクション。
本作に登場する超能力者をスキャナーと呼んでいるのは、超心理学(既知の自然の法則では説明できない現象)の分野にスキャンニング(走査)という言葉があり、超能力者が相手の神経系統と結合して行動や身体機能をコントロールし変化を与えてしまえることから生み出した造語である。
出演は、クローネンバーグ監督の「戦慄の絆」(1988年)に顔を出しているスティーヴン・ラック、カナダのジャック・ニコルソンとも呼ばれる「トータル・リコール」(1990年)「スターシップ・トゥルーパーズ」(1997年)のマイケル・アイアンサイド、カルト的テレビシリーズ「プリズナーNO.6」(1967年~1968年)の主人公を演じたことで知られるパトリック・マクグーハン、「おもいでの夏」(1970年)「リーインカーネーション」(1975年)のジェニファー・オニール。
頭部破壊の特殊メイクアップを担当したのは、クリス・ウェイラス、スティーブン・デュプイス、他。本作の後ウェイラスは、スティーブン・スピルバーグの希望で「レイダース/失われたアーク≪聖櫃≫」(1981年)の顔面崩壊場面を担当した。ウェイラスは、クローネンバーグ監督の「ザ・フライ」(1986年)でもタッグを組んでいる。また、「エクソシスト」(1973年)のメイクアップ・アーティスト、ディック・スミスがクライマックスの超能力バトルのメイクを担当している。
音楽は、本作の後、クローネンバーグ監督の「ザ・フライ」「戦慄の絆」他ほとんどの作品を任されることとなるハワード・ショア。

『スキャナーズ』のあらすじ・ストーリー

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%99%e3%82%a4%e3%83%ab

ベイルが、彼を卑下する女性の心の声を聞くや怒りが湧きあがり、自分の持つ特殊能力でその女性を苦しめてしまう。

ホームレスのキャメロン・ベイルは、ショッピングセンターにやって来て店内のバーガーショップのテーブルの上にあった客の食べ残しを食べていた。
ベイルが何気なく振り向くと、彼を見つめる近くのテーブルの二人の老女が目に入った。彼と目が合った老女の一人が何やら小声で相手の女性に話しかけた。小声で彼の耳には聞こえないはずだったが、彼には彼女の心の声を聞こえた。それは、彼を軽蔑するような言葉だった。
それを聞き、ベイルが怒りを感じて老女をじっと見据えるやいなや、老女は突然苦しみだし床に倒れてもがきだした。
心配した周囲の人たちが老女に駆け寄る中、ベイルは逃げるようにその場から立ち去ろうとした。
だが、偶然近くにいてベイルの行動を見ていた二人の男がベイルの後を追ってきた。そして、ベイルがエスカレーターに乗ったとき、男に麻酔銃を手に撃たれた。それでも彼らから逃げようとしたが、やがて麻酔が効きはじめ気を失った。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%8d%9a%e5%a3%ab%e3%81%a8%e5%87%ba%e4%bc%9a%e3%81%86%e3%83%99%e3%82%a4%e3%83%ab

古いビルの一室で目覚めたベイルの前に現れたルース博士。

ベイルは、古いビルの広い部屋に置かれたベッドの上で目覚めた。無精髭が剃られ、白い服に身を包んでいた。起き上がろうとしたが、胸をベルトで固定され、起き上がることができなった。
見知らぬ初老の男(ポール・ルース博士)が彼に近づいてきた。男は彼に「君は35歳だ。ベイル君」と語りかけた。そして、「君はスキャナーなんだ」と言った。その後、数十人の老若男女が部屋に入ってきて、ルース博士の指示に従ってベッドの前に並べられた椅子に並んで座った。
途端にベイルはベッドの上で身悶え暴れはじめたので、ルース博士は用意していた注射を彼に打った。注射のおかげで落ち着きを取り戻したベイルに、ルース博士は「これで話が出来る」と言った。
ルース博士は、「私は精神薬理学者」と自己紹介し、「スキャナーを研究している」と話した。
ベイルが「僕をスキャナーと呼んだが、何のことだ」と問いかけると、ルース博士は「先天性の特殊能力を持つ人間のことだ。その能力はテレパシーと呼ばれシナプス(神経情報を出力する側と入力される側の間に発達した、情報伝達のための接触構造)に異常がある」
その特殊能力のせいで、ベイルは相手の心の声を聞いたり感情を読み取ることが出来た。そして、それだけでなく相手の神経を混乱させることも出来るのであった。つまり、相手の神経系統と結合することができ、心の声を聞き、相手の行動や身体機能を遠隔でコントロールしてしまえるのだ。
バーガーショップでベイルが見つめた女性が苦しみだしたのは、彼女の神経を彼が特殊能力でコントロールしたからだった。
他人の様々な心の声が常にベイルの頭に氾濫し、それで苦しむことが多かった彼だったが、ルース博士が打った注射のおかげで頭から様々な心の声が消えた。
ルース博士が打った薬はエフェメロルと呼ばれるもので、スキャン鎮静剤だった。普通の人間には効果はないが、スキャナーに与えると力を制御できる薬だ。その薬のせいで、ベイルは外部の心の声を遮断できたのだ。
ベイルはルース博士の話を聞き、初めて自分が持つ能力のことを理解した。

%e3%83%80%e3%83%aa%e3%83%ab%e3%81%8c%e9%a0%ad%e9%83%a8%e3%82%92%e7%a0%b4%e5%a3%8a2

レボックが、超能力実験でスキャナー能力のある男をコントロールし、彼の頭部を破壊しようとする。

その頃、要人警備の国際的な警備保障会社・コンセック社では、財界や政界のVIPを招いたスキャナーの公開実験が行われようとしていた。スキャナーである男が、壇上から集まった関係者たちに「私は皆さんをスキャンニング(走査)したいと思います。スキャンは通常、苦痛を伴います。医者は待機しています。どなたか実験の被験者となろうとする方はおられませんか」と問いかけた。だが、VIPたちは互いに顔を見合わすだけで、誰も被験者になろうとしなかった。そのうち、一人の男(ダリル・レボック)が手を上げ、壇上に上がった。
レボックが席に座るとスキャナーである男は「何か考えて下さい」と彼に言った。レボックは「分かりました」と答え、何かを念じるように目を閉じた。すると、スキャナーの男の脳に鋭い痛みが走ったのか、顔を歪め始めた。レボックが念じる力を強めようとするような表情を浮かべると、スキャナーの男は強烈な頭の痛みをなんとか鎮めようと顔を左右に激しく振り、もがきだした。そして、スキャナーの男の痛みが頂点に達した思われたとき、彼の脳が内側から破裂し、頭部が吹き飛んだ。
会場にいたVIPたちは悲鳴をあげ、次々と席を立ち外に出て行った。レボックも何食わぬ顔で会場から出ていこうとした。スキャナーの男の頭が破裂したのに驚く様子もないレボックの態度を見て、VIPを装って潜入したスキャナーではないかと怪しんだコンセック社の社員が彼を取り押さえた。医者がレボックにエフェメロルを注射しようとしたが、スキャナーであったレボックは医者をコントロールして医者自身の手に注射を打たせ、自分は注射されたと見せかけておとなしくした。
コンセック社の社員達はレボックを車に乗せ、どこかの古工場に護送しようとした。レボックが乗せられた車の後ろを、もう一台の社員の車が走ったが、突然道路から外れビルの一階に追突し爆発炎上した。
スキャナーのレボックが、運転手の脳を操り運転を狂わせたのだ。彼は自分が乗っていた車の社員達も次々と死に至らしめ、まんまと逃亡した。

翌日、コンセック社で社内会議が開かれ、スキャナー対策が議題に上った。会議にはルース博士もいた。彼は、より厳重な警備を行うためにスキャナーを使おうという計画のスタッフで、そのためのスキャナーを見つけ出し戦力として育成する役目だった。
席上でルース博士は、「私が見つけ出しリストに上げたスキャナーが次々と死んでいる。誰かが我々の計画を妨害してる。昨日の事件もそうだが、状況から判断するに犯人はおそらくダリル・レボックだと思われる。彼は、我々のリストにも載っていた」と言った。そして「彼を見つけ、妨害を食い止めなければならない。そのために、私のリストに載っておらず、まだレボックに知られていないスキャナーに彼を探させる」と続けた。

%e7%97%85%e9%99%a2%e3%81%a7%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af4

レボックが22歳の時に自分の眉間に穴を開けた時のグレン精神医学研究所での記録映像。

古いビルに戻ったルース博士は、ベイルにレボックが22歳の時にクレン精神医学研究所で撮影された記録映像を見せた。研究所は常軌を逸した行動をとり凶暴と思われる危険な患者を収容する精神病院のようなところで、その一室で行われた医師とレボックの診察面談の様子だった。
映像の中で、レボックは眉間に穴を開け、そこに目を描いた絆創膏を貼っていた。映像の中で彼は「頭の中に人の声だけでなく色んなものが溢れ、それが重いから外に出して軽くしようと思って穴を開けたんだ。そして、出てった者が戻れないように目を付けた」と言った。
レボックの映像を見たベイルは「僕と同じだ」と驚いた。彼も、ルース博士に出会う前は頭の中に人の声やいろんなものが溢れ、それに悩まされていたからだ。
ルース博士は「22歳のレボックは自己破壊的だった。今35歳の彼はすべてに破壊的だ」と語り、「レボックは私が見つけ出したスキャナー全員のリストを手に入れている。彼もリストに名があがっていたし、おそらく私のリストを盗み見したんだろう。そして社会を崩壊させようとする恐怖の集団を作り、それにスキャナー達を誘い入れている。ヤツに賛同しないスキャナーは抹殺される。だから彼を滅ぼさねばならない」と続けた。
ベイルは、ルース博士の話を聞いて、自分が彼を滅ぼす役目に選ばれたと知り、彼の元で自分の能力を制御する方法を会得したり、対象となる相手を肉体の内部までコントロールする訓練に励んだ。そして、鎮静剤エフェメロルの力を借りなくても、自分の精神を制御できるようになっていった。
訓練を終え、ベイルのレボック探しが始まった。
手掛かりとなる人物はベンジャミン・ピアースという造形作家。彼がレボックと接触可能な唯一のスキャナーだとルース博士から教えられた。
ベイルは、ピアースの個展が開かれているギャラリーに赴き、彼の居所を探ろうとした。ギャラリーのオーナーがピアースとの約束で居所は言えないというと、ベイルはオーナーと神経を結合させて彼の心をスキャンし、まんまとピアースの住所を手に入れた。
ベイルの様子を、ギャラリーにいた一人の美しい女性(キム・オブレスト)が意味ありげにじっと見つめていた。誰かが自分の心に入って来たのを感じたベイルは辺りを見回したが、女性は姿を消していた。実はオブレストもスキャナーで彼の心を読み取ろうとしたのだ。

%e3%83%94%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%81%ab%e4%bc%9a%e3%81%86%e3%83%99%e3%82%a4%e3%83%ab2

ピアースに棲み家を訪れたベイル。この後、ピアースはレボックの手下に襲われてしまう。

ピアースは、人里離れた寂しい場所にある古ぼけた家屋に住んでいた。
ベイルが家の中に入ると、床に造形物が所狭しと並んでいた。チェアーに深く身を沈めていたピアースを見つけたベイルは「頼みがある。あんたしかいない」と話しかけた。ピアースは興味なさげな態度だったが、ベイルが「ダリル・レボックを知ってるね」と言うと、彼は急に立ち上がり「お前は誰だ」と聞き返してきた。
ベイルは、自分もピアース同様にスキャナーだと言い、「どうしてもレボックの居所を知りたいんだ。教えてくれるまで出て行かない」と頼み込んだ。するとピアースは「それなら俺が出ていく」と扉に向かった。
その時、家に忍び込んだレボックの仲間が銃を構えピアースに向けて発砲した。レボックへの協力を拒んだピアースを殺しにやって来たのだ。瀕死の重傷を負ったピアースは床に倒れ込んだ。
物陰にいたベイルは、ピアースが撃たれたのを目にして怒りを爆発させ、銃撃者それぞれの神経に働きかけ、女の体を痙攣させ、男達を吹き飛ばし、次々と気絶させていった。
ベイルは息絶え絶えのピアースのそばにより、彼の心の声を聞こうとした。ピアースは「ほかにもスキャナーがいる。キム・オブレストだ」とベイルの心に伝えると息絶えた。

%e3%83%ac%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%ab%e6%93%8d%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%9f%e6%ae%ba%e3%81%97%e5%b1%8b%e3%81%8c%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%82%92%e6%ae%ba%e3%81%99

銃を構えたレボックの刺客の襲撃を受けるオブレストや彼女の仲間のスキャナー達。

夜になり、ベイルは、ピアースから伝えられたオブレストの居場所に向かった。
オブレストの家に着くと、迎えに出たスキャナーの男がベイルの心の声を聞き取り、ピアースが殺されたことを知った。
ベイルが男の案内でオブレストがいる部屋に入ると、数人の男女がいた。みんなスキャナーでレボックに賛同しなかった者達だ。
オブレストやベイル、それに他のスキャナー達が集まっているのを察知したレボックは、自分の仲間に彼らを襲わせた。レボックは、彼が手に入れたルース博士の作ったリストのスキャナー達を調べ、彼らが集まる居場所を見つけ出したんだろう。
スキャナー達は次々と銃撃を受け殺された。だが、オブレストが絶叫すると、銃撃者達は壁際に吹き飛ばされ衣服から炎が上がり倒れていった。
生き残ったベイルとオブレスト、それに数人のスキャナー達は、慌てて家から飛び出し車に乗って逃走した。
ベイル達の乗った車のそばに怪しい車が近づくや、窓から銃弾を浴びせてきた。運転していたスキャナーが殺され、車は暴走してレコード店に突っ込んだ。
ベイルとオブレストだけが生き残り、他の仲間はすべて殺されてしまった。二人は、壊れた車から出ると、ひとまず店の地下室に隠れることにした。
商品が散乱した店内にレボックの仲間らしき男が現れ、暴走した車の中の死体を調べた。ベイルとオブレストが居ないことに気付くと、男は周囲を見渡し二人が隠れていそうな場所を見つけようとした。そして、地下室が怪しいと考えた男は銃を取り出し階段を降りて行った。
男はベイル達を見つけたが、銃を構えて引き金を引こうとするや、ベイルに気付かれスキャンされて身動きできない状態にさせられた。ベイルは、男の心に入り込み、レボックに近づく手がかりを見つけようとした。男は、操られるようにポケットから小瓶を取り出しベイルに見せた。小瓶に記されたロゴから、それが生化学研究所のものと分かった。

%e3%83%ac%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ab%e7%aa%81%e3%81%a3%e8%be%bc%e3%82%80%e8%bb%8a

レボックの仲間の銃撃を受け、ベイル達の乗った車がレコードショップに突っ込んでしまう。

ベイルは早速、作業員に化けて生化学研究所に潜入した。研究所にはレボックがいたが、ベイルは気付かれることはなかった。
ベイルはコンピュータ室に侵入すると、情報を得ようとコンピュータを操作し、研究所でエフェメロルが大量に製造されており、それがコンセック社と関わりがあると知った。さらに調べていくとライプ・プログラム(ライプ計画)という言葉が画面に現れた。ライプ計画のデータを探そうとしたがアクセス拒否と表示され詳細を知ることはできなかった。
ベイルはルース博士に連絡を入れ、「レボックの手掛かりをつかんだ。情報提供者を連れて行く」と彼に告げてコンセック社で会うことにした。ベイルは、生化学研究所とコンセック社の不可解な関係や、ライプ計画とは何なのかをルース博士なら知っているのではないかと思ったからだ。
ベイルはオブレストと共にコンセック社に赴いた。社内に入る前に用心のためにと二人はエフェメロルを注射された。
ベイルはルース博士に会うが、オブレストを警備主任のブレードン・ケラーが別室で尋問すると言い張った。実はケラーはレボックの手下で、レボックの計画を拒否した彼女を殺すつもりだった。ベイルはルース博士に「彼女の尋問はアンタがすると思っていた」と言うと、ルース博士は「私もだ」と答え、「君たちに打った注射は無害なものに変えておいた。だから彼女も身を守れる」と続けた。ルース博士は、ケラーを信用しておらず、彼が何かを仕出かすかもしれないと考え予防線を張ったのだ。
ベイルは、ルース博士に「生化学研究所のことは知っているか」と聞いた。ルース博士は「もちろん、私が設立した研究所だ。それをこのコンセック社に売った。それで私はここで働いている」と答えた。ベイルが「研究所ではレボックの指揮下でエフェメロルを大量に作っている」と言うと、ルース博士は信じられない顔をした。ベイルは続けて「エフェメロルの出荷先は、コンセック社のコンピュータにコード名“ライプ”でプログラムされている。つまりコンセック社にレボックの手下である裏切り者がいて、どこかにエフェメロルを送り届けているんだ」と言った。
ルース博士は“ライプ”の言葉に顔色を変えた。そして出荷先を知るために「コンピュータをスキャンしてくれ。私にはアクセス権がないんだ」とベイルに頼んだ。「僕も同じだ」とベイルは答えたが、ルース博士は「君はスキャナーだ。あたかも人間のようにコンピュータにアクセスできる能力がある」と自信ありげに答え、二人で社内のコンピュータ室に向かった。
別室ではオブレストがケラーの尋問を受けていた。ケラーは、監視カメラをオフにするとオブレストに銃を向けた。だが、オブレストはケラーの脳をスキャンし、彼を倒して部屋から逃げ出した。すぐに起き上がったケラーは、警報のベルのボタンを押した。

%e3%82%b1%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%ab%e6%ae%ba%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%8d%9a%e5%a3%ab

警備主任のケラーに撃ち殺されるルース博士。

警報ベルが廊下に鳴り響き、オブレストの事が気になったベイルは彼女を探そうとルース博士と別れた。
ルース博士は、オブレスト探しを優先するベイルに「キャメロンよ、なぜ私を助けてくれないんだ」と落胆の表情を浮かべた。そして、「ライプ、あれは災いの源だ。ライプ計画は冷酷だ」と独り言をつぶやき続け、扉が開いていた部屋を見つけて入ると、うなだれる様に椅子に座りこんだ。彼は急に「ライプ計画は絶対に止めさせろ!」と大声で叫びだした。
逃げたオブレストを探していたケラーがその叫び声を聞き、ルース博士を見つけて近寄ると、手にしていた銃の筒先を彼の後頭部に向けた。ライプ計画のこと知っているルース博士が、レボックの計画の邪魔をするのではないかと思い殺そうとしたのだ。ルース博士はなぜか逃げることもせず、死を覚悟した。そしてケラーの銃口が火を噴いた。
ベイルはオブレストを見つけると、警備員達をスキャンして操り、一緒にコンセック社から逃げ出した。
ガソリンスタンドの公衆電話を見つけると、ベイルはコンセック社のコンピュータと神経を融合させようと試みた。ルース博士の言った通り、コンピュータとの融合は成功し、ベイルはライプ計画のデータを読み取り始めた。
コンピュータ室にいたケラーは、オペレーターから誰かが外部からコンピュータに侵入していると聞き、相手はベイルに違いないと決めつけた。そして、ベイルの神経と繋がっているコンピュータを破壊すれば彼も一緒に始末できると考えたケラーは、オペレーターにコンピュータの非常破壊システムをオンにしろと命じた。
オペレーターが「回路が焼き飛び、全てのデータが消滅するから会長の命令なしにはできない」と答えると、ケラーは「これが命令だ」と銃を取り出した。銃を見たオペレーターは、仕方なく非常破壊システムを作動させた。
融合していたコンピュータの内部が破壊されると同時に、ベイルの脳内を激しい痛みが襲った。ベイルの表情が次第に険しいものになり彼は唸り声をあげた。途端に電話線に火花が走り、コンセック社のコンピュータが次々と爆発を起こし火煙を上げた。ベイルのスキャン能力が引き起こしたのだ。
ケラーは、吹き飛んだコンピュータ部品の下敷きになり命を落とした。

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%81%8c%e3%83%99%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e8%83%bd%e5%8a%9b%e3%81%a7%e7%a0%b4%e5%a3%8a%e3%81%95%e3%82%8c%e5%90%b9%e3%81%a3%e9%a3%9b%e3%81%b6%e7%a4%be%e5%93%a13

ベイルのスキャナー能力によってコンセック社のコンピュータが破壊される。

ベイルとオブレストは、ライプ計画のデータにあった出荷先のフレイン医院を訪れることにした。
フレイン医院に着くと、ベイルは医師に会い診察室に向かい、オブレストは待合室で待つことにした。待合室には診察を受けにきた若い妊婦がいた。突然、オブレストは誰かに自分の脳をスキャンされているのに気付いた。辺りを見回しても、それらしき人物はいなかったが、妊婦の膨らんだお腹に目をやった時、彼女の胎児が自分をスキャンしていると分かった。驚いた彼女は、怖くなって廊下に出た。
診察室に入ったベイルは、エフェメロルの瓶をフレイン医師に見せ、「この薬を患者に投与しているでしょ。この薬のことで話を聞きたい」と尋ねた。
医師から話を聞いたベイルが診察室を出ると、廊下にいたオブレストから妊婦のお腹の胎児にスキャンされたと告げられた。ベイルは「それこそがライプ計画だ」と言い、「医者たちが妊婦たちにエフェメロルを与えている。そしてエフェメロルが新たなスキャナーを生み出す」と続けた。ライプ計画とは、スキャナーを数多く誕生させるための計画だったのだ。
その時、オブレストが外の車から麻酔銃を撃たれてよろめいた。ベイルは彼女を抱きかかえて医院から出たが、待ち構えていたレボックに彼も麻酔銃を撃たれ気を失ってしまった。

%e5%a6%8a%e5%a9%a6%e3%81%ae%e9%80%80%e6%b2%bb

妊婦のお腹の胎児にスキャンされるオブレスト。

ベイルは、生化学研究所の一室で目を覚ました。彼の前にはレボックがいた。
レボックは、ベイルに「お前の父親はルース博士だ」と告げ、「我々の父親だ。俺たちは兄弟で、お前は弟だ」と言い放った。ベイルはレボックの言葉が信じられなかった。
レボックは、古い雑誌を取り出しページを開いてベイルに見せた。そこには1947年に新発売された妊婦用の睡眠薬エフェメロルの広告が掲載されていた。
エフェメロルの開発に携わったのはルース博士で、彼は発売の数年前に自分の妻に服用させていた。そして誕生したのがレボックとベイルだった。
エフェメロルには副作用があり、その副作用というのがスキャン能力だった。発売は失敗に終わったが、その睡眠薬の副作用である変異に気付いたルース博士は研究を続けようとした。そして、変異に興味持ったコンセック社が資金を提供してくれることになり、彼は会社に自分の研究のすべてを売り渡した。
ベイルやレボック以外のスキャナーが二人より年下なのは、エフェメロル発売後に服用したからだった。
エフェメロルには、スキャナー能力を抑える効果もあることが後でわかった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents