ハッピーシュガーライフ(第9話『融解レイン』)のあらすじと感想・考察まとめ

6825726

あさひをしおから遠ざけるよう命じられた太陽は、あさひに対して「しおは遠くに居る」という旨の嘘情報を与える。あさひは太陽を疑いつつも後日電車で町を後にし、さとうはしおとの生活を脅かす一番の邪魔者の排除に成功する。買い物へ行こうとするさとうにしおが突然抱きつき、2人揃って外に出る格好になったが、その一瞬を何故か部屋の近くに居たしょうこに撮影されてしまうのだった。
今回は「ハッピーシュガーライフ」第9話『融解レイン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ハッピーシュガーライフ」第9話『融解レイン』のあらすじ・ストーリー

Zz

あさひを呼び出した太陽

あさひをしおから遠ざけるようさとうに頼まれた太陽は、しおの行方に関して手掛かりを掴んだ、という旨の電話で早速あさひを呼び出した。

太陽「あ、いたいた。電話した三星です。神戸あさひ君……だよね?」
あさひ「……どうも」
太陽「電話でも話したけど、チラシの子(しお)の手掛かりを見つけたんだ。旅行先で」
あさひ「旅行先!?」
太陽「確か、よこしな駅だったと思う。ちょっと遠いけど、この町からは電車一本で行けるし……ありえない話じゃないと思うんだ」
あさひ「その……手掛かりは?」

あさひがしおの手掛かりを教えるよう催促すると、太陽は鞄から一枚のスカーフを取り出す。あさひはそれを急いで受け取り、「こうべしお」と記名されているのを見ると、ようやく妹の手掛かりを掴めたことに思わず笑みを浮かべるのだった。

太陽「それ、駅に届けられてたんだ。ひょっとしたら、チラシの子に関係があるんじゃないかと思って。やっぱりそうだった?でも、行方不明になってもう三ヶ月も経ってるんでしょ? 誰かに手を引かれて、どこかに連れて行かれたと考えるのが自然じゃないかな。だとすれば、その誰かは近くに留まっているよりは、遠くに逃げようと考えそうなものだよ。この町を探し続けるよりは、可能性があるんじゃない?」
あさひ「(正論だ。この手掛かりは本物だ……母さんの字、間違いなくしおの物。初めての……手掛かり!この人の言っていることにも矛盾はない。だけど、引っ掛かる……何故だ、何故……考えろ、考えろ、考えろ……!)」

Zzz

あさひを押し倒す太陽

しおの行方や手掛かりについて饒舌に話す太陽を見て、あさひはどことなく怪しさを覚える。そしてしばらく考えた末、太陽のこれまでの行動から怪しい部分を発見し、あさひはすぐさま追及を始めた。

あさひ「アンタ……何で、電話の主が俺だって、見ただけで分かった?」
太陽「あっ……な、何を変なこと言ってるんだい。ほら、前に会ったことあっただろ。君が不良に絡まれた時、助けたことが」
あさひ「違う! だったら、どうしてそれを先に言わない!? 今までその事を話題に挙げなかったのは、おかしい……何か引っ掛かる!アンタは何かを隠してる、何かを誤魔化そうとしてる……心の中で嗤ってるんだろ! アンタからは、穢れた大人の臭いがする! 薄汚くて嘘つきの、救いようのない偽善者の大人の臭い!」

あさひの「穢れた大人」という言葉でプリンセスインペリアルの店長を思い出した太陽は、自分が彼女と同類のように言われていることに憤り、たまらずあさひを押し倒してしまう。

太陽「僕はあの女(店長)と違う! 僕はあの女とは……あんな汚い女と一緒にするな! 違う、僕は違う!」

あさひはすぐに太陽を押し返し、スカーフを持ったままその場を逃げ出す。しかし暫く逃げ続けた後、「太陽がしおに繋がる道筋であることには違いない」と気づき、彼を探すために再び橋へ向かう。しかし橋には既に太陽の姿はなく、付近の公園等を探しても彼を見つけることは出来なかった。

あさひ「((しおに繋がる)糸は幾つもある。俺は初めて、本当の糸の一本を掴めた。それは嬉しいはずなのに……胸が押し潰されそうだ! この糸を引いたら、答えが出てしまうかもしれない。しおはもう、この世には……!?崖の先に向かって歩いてるみたいだ。進めば進むほど、恐怖は増していく……それでも、この糸から手を離すわけにはいかない。その先にどんな答えが待っていようと、諦めない!一番怖いのは、(しおが)見つからないこと。だから見つける、絶対……!)」

Y

あさひを呼び止めるしょうこ

その夜あさひは、いつものように公園にやって来たしょうこに対し、しおに関する手がかりを得たことを報告する。

しょうこ「それって、誰から教えてもらったの?」
あさひ「名前も住所も聞かなかったから……ただ、若い男の人で、金髪だったけど。真面目そうには見えた」
しょうこ「……ヘアピンしてた?(太陽を思い浮かべる)」
あさひ「してた。……知ってる人?」
しょうこ「あ……ごめん、分からない。でも、止めといた方が良いんじゃないかな。だって、その証言に確証はないし」
あさひ「それでも行きます……今までありがとうございました。あなたは良い人です、この御恩は忘れません。きっともう、会うこともないと思います。お元気で……それじゃ」

これからは「よこしな駅」周辺でしおを捜索することになるため、あさひはしょうこに感謝をし、別れを告げる。そして公園を去ろうとするあさひを、しょうこは慌てて呼び止めた。

しょうこ「一旦止めたらどう? 私には、アンタがすごく苦しそうに見える。ちょっとは自分のこと大事にしなよ!行きていけないよ……幸せなことがないと。アンタがまず幸せになる、って選択肢はないの!?」
あさひ「違うんだ……俺には、その形の幸せしか分からないんだ。色んな幸せがあるんだって言われても、理解できない! 想像できない! 母さんが居て、しおが居て、一緒に暮らす……それ以外に、何の価値があるっていうんだ!だからしおを取り戻して、幸せになるんだ! そしてしおには、『俺みたいになるな』って、言わなきゃいけないんだ! だから――」

Yy

あさひにキスをするしょうこ

しおに対するあさひの悲痛な思いを聞いたしょうこは、たまらず彼を抱きしめる。

しょうこ「ごめん……ごめんね。酷いこと言ってごめん、ごめん……!」
あさひ「もう、俺は壊れちゃってるのかもしれない」
しょうこ「そんなことない、アンタはやっぱり凄いよ! そこまで人を想えて……(あさひの手を握り)こんなに震えてるのに、怖いって思うのに、歩き出して……凄いよ!私も嫌だな……暗闇に居続けるのも、後悔するのも。うん、嫌だ」

しょうこがそう励ますと、あさひはボロボロと涙を零し始めたため、しょうこはハンカチを取り出し彼の目を拭いた。

しょうこ「ねえ、携帯あるでしょ? 連絡先交換しよ」
あさひ「え……」
しょうこ「良いから。メールするから待っててよ。きっと、光はあるよ。アンタのその道の先に……だから約束して。その時は思い切り笑う、って。ね?」

あさひの背中を押すだけ押したしょうこは、その後なにを思ったのか、突然あさひにキスをするのだった。

しょうこ「何でだろ、その子(しお)が羨ましい。か弱いし男の子っぽくないし、タイプでもないけど……アンタが私の王子様だったら良かったのかも。なんてね」

Yyy

あさひとのやり取りをさとうに報告する太陽

一方、太陽はあさひとの一件をさとうに電話で報告していた。

太陽「うん。一応、言うことは全部言ったよ。信じてくれたかどうかは……ちょっと分からない。多分、警戒されたと思う。うん、分かった。松阪さんの言う通りにするよ。それで……いつしおちゃんに会わせてくれるの? そっか……うん。僕、頑張るから! よろしくって言っておいてね!」
(電話を切る)
太陽「ああ……早くしおちゃんに、ピュアにしてもらいたいなぁ……頑張るぞ!」

しおとのスキンシップに思いを馳せながら、今後もさとうに加担していくことを決意する太陽。そんな太陽の一連の発言を、しょうこは物陰から全て聞いていたのだった。

X

あさひが電車へ向かう姿を見届けるさとう

太陽が言っていた「よこしな駅」へ、あさひは始発電車で向かうことにする。そして彼が改札を抜けていく姿を、さとうは後ろからこっそり見届けていた。

さとう「(早めに手を打てて良かった。外の世界は、不純物で溢れているから。嫌いな者、邪魔な者、嘘に塗れた者、汚い者……リスクは、排除しなくちゃ。私はずっと独りぼっちだった。何も感じない……常に何かが欠けていて、いつもどこか切なくて。このまま1人消えていくのかと思っていた。でも違った……しおちゃんが私を、見つけてくれたから!)」

その後、さとうはあさひを排除できた記念として、ケーキを買って帰ることにした。更に道中で目に入ったお店のショーケースに赤と青、2つの指輪が飾られているのを見たさとうは、それもついでに購入するのだった。

Xx

ケーキを食べるしお

帰宅したさとうが早速ケーキをテーブルに並べると、しおはそれらを美味しそうに食べ始める。

しお「全部甘くて、でもどこか違くって……さとちゃん、ケーキって不思議だね」
さとう「(甘い、甘い……)」
しお「ねえ、全部半分こしよ?」
さとう「良いの?」
さとう(私が守るべき生活……)
しお「だって、一緒に食べたいんだもん!」
さとう「……うん」
さとう「(私の、帰るべき場所)」
しお「さとちゃん(ケーキをさとうに口移しする)」
しお「えへへ、美味しい?」
さとう「……うん! とーっても美味しい!」
さとう「(私は絶対に守っていく。この、甘くて優しい純白のお城を!)」
(しお、ケーキを食べ終わる)
しお「ねえさとちゃん。さっきのケーキって、誰が作ったの?」
さとう「え? うーんと、お菓子屋さんの人かな」
しお「ふーん。私にも、作れるようになるかな?」
さとう「えー?」
しお「さとちゃん、ケーキ好きでしょ? あーでも、すぐには無理かな……お料理したことないから。でも頑張る! いつか、さとちゃんに私の作ったケーキ食べてもらって、ニコーってしてほしいから!」

しおから「いつか」という言葉を聞いたさとうは、何日・何年後という未来を意識するうちに、自分の中に新たな気持ちが芽生えていくのを感じた。

Xxx

決定的瞬間を捉えたしょうこ

しお「さとちゃん?」
さとう「私……これまでずっと、先の事考えたこと無かったの。何だろう……なんかね、何の味もしない人生だったっていうか……」
さとう「(錆びついてさえいない、意味のない日々)」
さとう「でも、今は違う。どうしよう……こんなの生まれて初めて。しおちゃんと未来のことを考えるのが楽しい! そうだ私、しおちゃんと一緒に時を刻みたい! ずっと、ずっと……!」

プロポーズに近いことを言い出すさとうに対し、しおは「結婚式をしよう」と提案。さとうもそれを快諾すると共に、買ってきていた2つの指輪をしおにお披露目した。そしてさとうは花やベールなど、結婚式の雰囲気を出すのに必要なものを買うため外に出るが、その際しおが嬉しさの余りさとうに抱きついてきた。

その一瞬、さとうとしおが揃って外に出ていた一瞬を、しょうこに携帯で撮影されてしまうのだった。

W

警官の帽子を脇に座り込む叔母

その頃、さとうの叔母は、光瀬のものと思われる帽子が置かれた部屋で、曇り空を飛んでいくカナリアを眺めていた(さとうとしおが暮らす1208号室をしょうこが如何にして突き止めたのかは定かでないが、しょうこがさとう達を撮影した直後に叔母のシーンに切り替わったことから、彼女がしょうこにさとうの居場所を教えたものと思われる)。

Ww

さとうを説得するしょうこ

さとうはしおに自室にこもっているよう言いつけた後、しょうこをリビングへ放り入れる。しょうこはしおを解放するよう説得、また誘拐の事実を知ってもなお自分がさとうを想っていることを告げるが、さとうの心には一切響いていない様子だった。

しょうこ「私と向き合ってよ、絶対分かり合えるから!」
さとう「無駄だよ、しょうこちゃん。だって私、しょうこちゃんには何も感じない。その他大勢と変わりないんだよ」
しょうこ「それでも良い。例え悪魔でも、私はアンタのことが大好きだから! 私がアンタを、光のもとに連れ戻すから! さとう!」

Www

しょうこに包丁を向けるさとう

しょうこはさとうに自身の携帯を渡したまま部屋を出ようとするが、さとうは突然背後から彼女の口を塞ぐ。さとうの手には包丁が握られていた。

さとう「『警察には言わない』なんて、どうして信じられると思うの? しょうこちゃんはあの時、私を拒絶したじゃない。そんな子を、私が信じられると思ったの?だから……ごめんね」

しょうこに最後まで心を開かなかったさとうは、ついにしょうこを殺害してしまう。その頃あさひの携帯には、さとうとしおが一緒にいる写真がしょうこから送られていた。

「ハッピーシュガーライフ」第9話『融解レイン』の感想・考察

雪兎
雪兎
@go-111220942323697633326

Related Articles関連記事

ハッピーシュガーライフ(第4話『砂糖少女は気づかない』)のあらすじと感想・考察まとめ

太陽が暴行を受けている最中、しおはゆうなの幻に「アンタを許さない」と言われ、そのまま気を失ってしまう。やがてさとうは公園に辿り着き、しおを救出するが、しおを連れ公園を出ていく所を太陽に見られてしまっていた。さとうが今度こそしおを守り抜こうと心を新たにする一方、しおは太陽が発した「家族」という言葉、そしてゆうなの存在に苛まれていた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第4話『砂糖少女は気づかない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ハッピーシュガーライフ(第8話『1208号室』)のあらすじと感想・考察まとめ

1208号室で一人暮らしをしていた男性画家は、マンションの入口前で雨に濡れながら立ち尽くしていたさとうを部屋に入れ、その後成り行きで彼女に絵のモデルをしてもらう。画家は「愛」という概念が欠落したさとうに惹かれていった。ある日、さとうは意識不明のしおを抱えて部屋を訪れる。愛の欠落など感じさせないさとうの満足げな表情を見た画家は、その原因がしおにあると考え彼女を絞め殺そうとした。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第8話『1208号室』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第1話『砂糖少女は愛を食む』)のあらすじと感想・考察まとめ

高校1年生の松坂さとうは、幼い少女の神戸しおと2人で暮らしていた。しおを養うためにもお金が必要なさとうは、収入源を増やすため、新たに『プリンセスインペリアル』という飲食店で働き始める。しかし同僚の三星太陽からの告白をさとうが断って以降、その太陽がバイトに来なくなり、さとうは店長の命で連日残業をさせられるようになった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第1話『砂糖少女は愛を食む』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第5話『罪の味、罰の味』)のあらすじと感想・考察まとめ

宮崎すみれは持ち物から化粧まで何でもお揃いにするほど、さとうに対して異常な好意を向けていた。すみれが、さとうに住所を教えるよう迫ると、さとうはすみれを黙らせるため、彼女の愛を受け入れるかのような嘘をつく。その後、愛を偽ったことに負い目を感じながら帰宅すると、しおが呻きながら部屋に倒れ込んでいた。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第5話『罪の味、罰の味』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ハッピーシュガーライフ(第10話『星空のプロポーズ』)のあらすじと感想・考察まとめ

眠り込んでしまったさとうに代わり家事をやっていたしおは、さとうが目覚めるまでの間に、母親のゆうなに関する記憶をほぼ全て取り戻す。さとうと一緒に今の生活を守りたいしおに対し、さとうは突然「この家を出る」と言い出す。全てを抱え込み、しおを頼る様子が無かったことに、しおは「私、居なくてもいいじゃない」と怒って部屋を飛び出してしまった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第10話『星空のプロポーズ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第2話『しおの箱庭』)のあらすじと感想・考察まとめ

死体処理に困っていたさとうは、自分をストーカーしていた学年主任の北埋川大地を脅し、死体入り袋のうちの1つを彼に処分させることにした。しかし、しおの兄である神戸あさひが妹を捜索していたり、バイト仲間の宮崎すみれがさとうの家に行きたいと迫ってきたり、さとうとしおの愛を阻む障害は次から次へと増えていく。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第2話『しおの箱庭』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第6話『私たちは、月の周りを回っている』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうがしおを誘拐したのではないか、という話を太陽から聞いたしょうこは、その件についてさとうに問い質せずにいた。しかしあさひと関わり、彼のしおを想う気持ちに触れたことで、さとうに深入りすることへの躊躇を払拭。しょうこはさとうを遊びに誘うと、機会を窺った末、ついに「本当は彼氏なんて居ないんじゃない?」と切り出すのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第6話『私たちは、月の周りを回っている』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第3話『モノクロームの長い夜』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうの帰りが遅いことを心配したしおは、さとうを探しに家を飛び出してしまう。怪我や寒さに苦しみながらも、時折現れるゆうなの幻に導かれながら走り続けるしおだったが、彼女は家族に関する記憶を失っていた。結局しおが幻の正体を掴めぬままゆうなは消えてしまい、入れ替わるようにして太陽がしおの前に姿を現す。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第3話『モノクロームの長い夜』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハッピーシュガーライフ(第7話『砂糖少女の原材料』)のあらすじと感想・考察まとめ

さとうはしょうこに「本当の事」を話すため、自分の家に案内することにする。一方、北埋川はさとうが他の人間と秘密を共有しようとしていることに憤り、「異臭がする」との通報によって彼女の家に警察を差し向けた。さとうが自宅に叔母殺害の痕跡を残していると考えたからこその行動だったが、家のドアが開くと、さとうの叔母が元気な姿で警察らを出迎えるのだった。 今回は「ハッピーシュガーライフ」第7話『砂糖少女の原材料』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ハッピーシュガーライフ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ハッピーシュガーライフ』とは、『月刊ガンガンJOKER』で連載している漫画作品であり、TVアニメは2018年7月より放送が開始された。原作者は鍵空とみやき。 牧原高校1年生の松阪さとうは、家族に関する記憶を失っている少女・神戸しおと共に暮らしている。しかし実の所しおは攫ってきた子であり、更に2人が暮らす部屋の元の住人を殺害しているなど、さとうは他人に言えない秘密を幾つも抱えていた。さとうは愛するしおとの生活を守るため、時には凶器を握りながら、あらゆる邪魔者を排除していく。

Read Article

目次 - Contents