ソードアート・オンライン アリシゼーション(第3話『果ての山脈』)のあらすじと感想・考察まとめ

キリトはユージオと出会った次の日、ルークリッド村で、6年前にアリスという少女が王都に連れて行かれた事件について知る。そんな中、アリスの妹・セルカが危険な果ての山脈へ行ってしまい、キリトとユージオはセルカの元へ駆けつけた。そこでは凶暴なゴブリンがセルカを捕まえており、キリトとユージオを殺そうとする。
今回は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第3話『果ての山脈』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第3話『果ての山脈』のあらすじ・ストーリー

青薔薇の剣

キリトが教会に泊まった翌朝、セルカがキリトを起こしに部屋に来た。セルカに身体を揺さぶられて目を覚ましたキリトは、セルカを一瞬妹の直葉と見間違えてしまい、「スグ…?」と呟く。
するとセルカはキリトがかけていた布団を一気に引きはがした。
セルカ「何寝ぼけてるの?もう5時半よ。例えあなたがお客様でベクタの迷子でも、起きる時間は守ってもらうからね。」
キリトは思わず「はい…。」と返事をして起きた。

その日も、キリトはユージオと一緒にギガシスターの所に行き、二人で交代しながら斧を振るっていた。
ユージオが斧を振るっている間、「この世界についてまだよく分からないし、央都に行くにはどうしてもユージオの協力が必要だ。でも、ユージオを天職から解放するには、まずこれを倒さなきゃいけないってことか…。」とキリトは考えていた。
昨日と同じようにパンの昼ごはんを食べている時、二人は村のことについて話していた。
ユージオ「キリトにもアリスのパイを食べさせてやりたかったなあ。皮がサクサクしてて具がいっぱい詰まってて、搾り立てのミルクと一緒に食べると、世の中にこれよりおいしい物はないって思えた…。」
キリト「アリスの天職はパン屋だったのか?」
ユージオ「違う違う。アリスは教会で神聖術の勉強をしてたんだ。村始まって以来の天才と言われてて、10歳の頃からいろんな術が使えた。」
キリト「へえ。じゃあ今教会で暮らしてるセルカって子は?」
ユージオ「彼女はアリスの妹だよ。アリスが居なくなった後、シスターになるため、教会に住み込みで神聖術を学んでいるんだ。」
キリト「ふーん。そういえばあの教会には、セルカ以外の子どもも居たけど。」
ユージオ「あの子たちは両親を失って教会に住んでるんだ。3年前、村に流行り病が来てね。それだけじゃない。近頃、おかしいことが多い気がするんだ。街道のずっと南にゴブリンの集団が出て、人を誘拐したり襲ったりしたって話もある。」
キリト「ゴブリンって…!」
ユージオ「でも、僕はただの噂だと思ってる。だってそんな奴ら、整合騎士があっという間に討伐してしまうはずなんだ。しなきゃならないんだよ…、ただ闇の国の土に触れてしまったアリスより、ずっとずっと悪い奴らなんだから…。」
暗い顔をしたユージオを見て、キリトは「…ユージオ。」と小さい声で呟いたきり、何も言えない。
ユージオ「だけど、ここ2、3年で、教会の裏に新しいお墓が増えたのは確かなんだ。」
キリト「神聖術に人を生き返らせるような物はないか?」
ユージオ「さあ…。少し違うけど、高位の神聖術には天命の減少を止めるような物があるって、アリスが言ってた。教会の古い本にそういう術もあるって書かれてて、驚いたって。なんでも公理教会のすごく偉い司祭だけが使えるんだとか。」
キリト「公理教会?」
ユージオ「央都に居る禁忌目録を作った偉い人たちだよ。」
キリト「つまり、天命の減少を止める神聖術は、誰でも使えるって訳じゃないのか。」
ユージオ「もちろん。神聖術の力の源は、ソルス神やテラリア神が空気や大地に満たして下さる神聖力なんだ。大きな術ほどたくさんの神聖力が必要になる。そんな力を扱える術師は、ザッカリアの街にだっていやしないさ。」
キリト「なるほどな。いっそこの樹を切り倒せるくらいの神聖術が使えたらなあ。なあユージオ。村にはこれより強い斧はないのか?」
キリトは竜骨の斧を手にして、ユージオに尋ねた。
ユージオ「あるわけないよ。これ以上って言ったら、それこそ整合騎士が持ってるような…。斧の代わりにはならないけど、君に見てもらいたい物があるんだ。」

ユージオは斧を置く小屋から何か重い物を抱えて戻ってきた。キリトが「これは…?」と聞くと、「おとぎ話じゃ、青薔薇の剣って呼ばれてる。」とユージオは返事をした。
キリト「おとぎ話?」
ユージオ「300年前、果ての山脈へ探検に出かけたベルクーリという剣士が、人界の守護者である白竜の住処で、一振りの剣を見つけた。そんな他愛のない話さ。もし、それを確かめに行こうなんて考える子どもさえ居なければね…。昨日も話したろ?6年前、アリスと一緒に果ての山脈まで行ったって。そこでこの剣を見つけたんだよ。あの時は持ち上げることも出来なかったけど。」
キリト「へえ。そのおとぎ話は本当だったってわけか。」
ユージオ「まあ、竜は骨になってたんだけどね。そしてその後、アリスはダークテリトリーへ入ってしまって…。アリスが連れて行かれる時、僕はただ見ているだけで、何も出来なかった…。助けようとしたんだ…でも、手も足も動かなかった…。」
ユージオは暗い顔を見せたが、「ああごめん…剣の話だったよね」と気がついたように話を元に戻した。
ユージオ「どうしても気になって、一昨年の夏、北の洞窟まで取りに行ったんだ。少しずつ運んだんだけど、重くて3ヶ月もかかっちゃった。」
キリト「3ヶ月?それはすごいな。なんでそこまでして…。」
ユージオ「いつかこの剣が振れるようになったらって思ったんだ。僕には全然振れないけど。君はどうだい?」
キリト「任せとけ!俺は剣士だからな!」
キリトは青薔薇の剣を鞘から抜いたが、あまりの重さにふらついてしまう。剣の透き通った刃を見て、キリトは思わず「この剣の素材…何だ?」と呟いた。
ユージオ「普通の鋼じゃないよね。銀とも竜の骨とも違う。だから神器じゃないかなって。」
キリト「神器?」
ユージオ「神様の力を借りて形にしたか、あるいは神様が手づから作り出した。そういう物のことを、神器って言うんだ。」
キリト「なるほど…。ユージオ、ちょっとギガシスターの天命を調べてくれないか?」
ユージオ「一応聞くけど、その剣で打とうなんて言わないよね?」
キリト「禁忌目録にギガシスターを剣で叩いちゃダメ、なんて項目があるか?」
ユージオは「何だか、前にもこんなことがあった気がするなあ。」と独り言を呟きながら、ステイシアの窓を開いた。ギガシスターの天命は23万2千3百15だった。
キリトは剣を振りかぶり、思いっきりギガシスターに叩き付ける。剣はソードスキルを発動した時特有の緑色の光を発光させたが、キリトは衝撃で後ろに飛ばされ、尻餅をついてしまった。
ユージオはキリトに駆け寄りながら、「言わんっこっちゃない…。だから僕らには無理なんだって…。」と言いながら、ギガシスターの方を見た。そこには樹に剣先から刺さっている青薔薇の剣があり、ユージオは「嘘だろ…。たった一撃でこんな…。」と驚いて絶句した。
ステイシアの窓を開いて天命の数値を見てみると、23万2千3百14になっていた。
キリト「な…何!?たった1しか減ってないのか!?」
ユージオ「切り込んだ場所が悪いんだ。皮じゃなくてちゃんと切り目の中心に当たれば、天命はもっと減ったと思うよ。確かにこの剣を使えば、ずっと早く樹を刻めるかもしれない。でも、ちゃんと剣を使いこなせればの話だね。」
キリト「俺はダメでも、ユージオならどうだ?」
ユージオ「だから僕も上手く振れないんだって。」
キリト「剣を上手く使うコツを教えてやるからさ。」
ユージオは「じゃあ1回だけ…。」と言いながら剣を引き抜き、重さにびっくりする。
キリト「斧を使う時よりももっと身体の重さを利用して、腕の力だけじゃなく、全身でつり上げを取るんだ。」
ユージオはキリトに言われた通りに剣を振るったが、ギガシスターには刺さらず、ユージオも反動で跳ね返されて地面に仰向けに伸びてしまった。
「やっぱり無理だよ、キリト…。」とユージオはキリトに言い、竜骨の斧でギガシスターを刻み始めた。
キリトはその間、ふと思いついて自分と青薔薇の剣のステイシアの窓を開いて考え込んだ。
キリト「このデュラビリティがユージオの言う天命って奴か…。ん…?オブジェクトコントロールオーサリティ38?オブジェクト操作権限?」
オブジェクト操作権限は青薔薇の剣が45で、キリトのオブジェクト操作権限38よりも数値が高かった。だから青薔薇の剣を使うことが出来なかったのかと、キリトは合点がいった。

キリトを起こすセルカ

青薔薇の剣

セルカの悩み

その日の夜、教会でお風呂に入りながら、キリトは再び考え込んでいた。
キリト「どうには早く央都に行く方法はないのか?ユージオは天職を放り出すなんて絶対しないだろうし…そもそも、禁忌目録を作った公理教会とやらは何者なんだ?この世界が人工フラクトライトを使った文明シミュレーションのような物なら、AIの行動を抑制するルールは逆効果のはずだ…。いや待てよ。確かアリスという少女は、その禁忌目録を破って闇の国へ入ったんだよな。しかも自分から…。システムから逸脱するAI、アリス。君は一体…。」
そこまでキリトが考えた時に、「あれ?まだ誰か入ってるの?」とセルカがドア越しに話しかけてきた。
キリト「あ、ごめん。もう上がるから!」
セルカ「ううん。ゆっくりしてて良いけど…。それじゃ、私は部屋に戻るから。お休み。」
セルカはそのままドアの前から去ろうとするが、キリトが「あ、セルカ!ちょっと聞きたいことがあるんだけど。」という言葉に足を止めた。

キリトはお風呂から上がると、セルカがキリトの部屋で待っていた。
セルカ「で、聞きたいことって何?」
キリト「ああ…その…。セルカのお姉さんのこと…。」
セルカは驚いた顔を見せる。
キリト「なんだけど。ユージオに聞いたんだ。君にアリスっていうお姉さんがいたこと。」
セルカ「ユージオが!?あなたに話したの?アリス姉さまのこと?」
キリト「ああ。アリスもこの教会で、神聖術の勉強をしてたとか、6年前、整合騎士に央都に連れて行かれたとか。すごく気にかけてるみたいだったぜ。」
セルカ「ユージオ…まだアリス姉さまのことを…。ユージオが笑わなくなったのは、やっぱりアリス姉さまのせいなのね。」
キリト「ユージオが…笑わない?」
セルカ「ええ。いつも暗い顔で、話もあまりしないでしょ?」
キリトは「あ…ああ…。」とセルカの話に合わせた。
セルカ「だけど、姉さまが村に居た頃は、いつもニコニコしてたの。笑顔でない時を探すのが難しかったくらい。でも今は…安息日も家に閉じこもるか、森に出かけるかで、いつも一人ぼっち…。」
キリト「…セルカはユージオのことが好きなんだ。」
セルカはキリトの言葉に思わず顔を赤くして、「な!そんなんじゃないわよ…もう。」と顔の横で両手を振って否定した。
セルカ「…みんな口には出さないけど、いつもため息をついてた。私を見ると姉さまを思い出すみたいで、何だか堪らないのよ。ユージオはずっと私のことを避けてる。たまに会っても、私の前だといつも辛そうな顔をするの。姉さまが居なくなったのは…私のせいじゃないのに…。」
セルカの頬には涙が伝い、セルカは涙を拭いながら「あ…ごめんなさい、取り乱したりして…。」と言った。
キリト「いや、その…泣きたい時は泣いた方が良いと思うよ。」
セルカ「うん…そうね。何だか少しだけ楽になったわ。人の前で泣いたのは、随分久しぶり。」
セルカはキリトに笑顔を見せた。
キリト「へえ。すごいなセルカは。俺なんてこの歳になっても、人前で泣きまくりだ。」
セルカ「…キリト…記憶が戻ったの?」
キリトは慌てて「え!?い、いやそうじゃないんだが…。」と取り繕った。
キリト「ともかく、自分は自分なんだからさ。他の誰かになんかなれない。セルカも自分に出来ることをすれば、それで良いんだ。」
セルカ「うん。そうね。」
時間が遅くなったので、セルカはキリトの部屋から出ようとした。そこで思い出したように立ち止まり、「ねえ…キリトは、整合騎士様がどうして姉さまを連れて行ったのか、聞いたの?」とキリトに尋ねた。
セルカ「私は知らないのよ。みんな教えてくれなくて…。ねえ、理由は何だったの?」
キリト「えっと…。果ての山脈を抜けて、闇の国に入ってしまったからって…。」
セルカ「…そう。果ての山脈を…。」
キリトはセルカの様子を怪訝に思ったが、セルカはにっこりと笑い、「明日は安息日だけどちゃんと起きるのよ。私、もう起こしに来ないからね。」と言ってキリトの部屋を出て行った。

アリスのことを話すセルカとキリト

ゴブリンとの戦闘

次の日の朝、キリトが井戸の水で顔を洗っていると、シスター・アザリアが来てセルカを見かけなかったかとキリトに聞いた。
シスター・アザリア「朝から姿が見えないんです。礼拝にも来ず部屋にもいなくて…。こんなこと、一度もなかったのですが…。」

キリトが村の通りを走ってセルカを探していると、ユージオに偶然会った。キリトはユージオに、セルカが居なくなったことを説明し、セルカが行きそうな場所を知らないかと尋ねた。
ユージオ「最近あまり話してないからな…。キリトこそ、何か聞いてないかい?」
キリト「そうだ…。夕べ、セルカにアリスの話をしたんだ。彼女が闇の国に入ったこととか…。もしかしてセルカは、果ての山脈に行ったのか…?」
ユージオ「それはまずいよ!早く連れ戻さないと!」
二人は急いで果ての山脈に行き、洞窟の入り口に立った。ユージオが側に生えていた草を取り、「システムコール。ジェネレート・ルミナス・エレメント。アドヒア。」と唱えると、草の先に灯りがついた。それを見たキリトは驚き、「ユ、ユージオ…!?今のは…。」とユージオに声をかけた。
ユージオ「神聖術だよ。すごく簡単なやつだけどね。」
キリト「お前…システムとか、意味は知ってるのか?」
ユージオ「意味…はないよ。式句だから。神様に呼びかけて、奇跡を授けて下さるようお願いする言葉なんだ。」
キリトはユージオの言葉を聞いて、「一種の呪文扱いってことか…。」と考える。
二人は洞窟の中に入った。
途中でキリトはふと疑問に思い、「もしセルカが闇の国に入ったら、その場ですぐ整合騎士に捕まってしまうのか?」とユージオに聞いた。
ユージオ「いや、整合騎士は多分、翌日の朝までに村に飛んでくると思う。6年前はそうだった。」
キリト「じゃあ最悪の場合でも、まだセルカを助けるチャンスはある訳だ。」
ユージオ「…何を考えてるのさ、キリト。」
キリト「単純な話さ。もしセルカが禁忌目録を破ったとしても、今日中に彼女を連れて村から出れば、整合騎士から逃げのびることが出来るかもしれない。」
ユージオ「そんなこと…出来る訳ないよ。天職だってあるし。」
キリト「俺がセルカを連れて逃げるよ。俺が口を滑らせたのが原因だからな。その責任は取る。」
その時、洞窟の奥の方からセルカの悲鳴が聞こえた。キリトとユージオはセルカの悲鳴が聞こえた方向に走って行った。

洞窟の奥にはかがり火が焚かれており、緑色の生き物がたくさんいた。
キリト「あれは…ゴブリンか?」
キリトとユージオは、ゴブリンが囲んでいる荷車の中に縛られて気を失っているセルカの姿を見つけた。ユージオは思わず「セルカ!」と大声でセルカに呼びかけて立ち上がり、二人はゴブリンに見つかってしまう。
ゴブリンの親玉が出てきて、男の人間はいらないからここで殺せと部下に命じた。
キリトはユージオの足がすくんで動けない様子を見て、「ユージオ!」と必死に呼びかける。ゴブリンが二人に迫ってきた。

果ての山脈の奥にある洞窟に潜んでいたゴブリン。真ん中の大きなゴブリンが親玉。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」第3話『果ての山脈』の感想・考察

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」アニメ全話のネタバレ解説まとめ

renote.jp

sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヲタクに恋は難しい』とは、作者のふじたがイラストサービスのpixivにて投稿を開始した漫画である。 2014年4月にウェブコミックとしてpixivに1作目が投稿され、2015年4月にはpixivで公開されている作品と描き下ろしを含めた単行本が一迅社より発行されている。略称は「ヲタ恋」。主人公桃瀬成美はオタクだが周囲に隠している。転職先で幼馴染で見た目はいいが重度のゲームオタクの二藤宏嵩と再会し、成り行きから付き合うことになる。

Read Article

聖☆おにいさん (中村光)のネタバレ解説・考察まとめ

聖☆おにいさん (中村光)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖☆おにいさん』とは、中村光による宗教ジョーク漫画作品である。同作を元に、OVA・アニメ映画作品が制作されている。2016年12月22日、実写ドラマ化の発表があった。 キリスト教の教祖・イエスと、仏教の教祖・ブッダが東京立川のアパートでバカンスを楽しむ日々を軸に、ドタバタコメディが繰り広げられる。

Read Article

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

中東をモチーフにした魔導冒険ファンタジー「マギ」は、作者の大高忍(おおたかしのぶ)が週刊少年サンデーで連載している漫画作品。古の滅びた世界から干渉を試みる謎の組織「アルサーメン」の暗躍により滅びの兆しを見せ始める世界で、創世の魔法使い「マギ」の少年・アラジンは、迷宮攻略を目指すアリババらと出会い、世界の異変や悲劇、戦争を止めるべく奔走していく。

Read Article

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

『冴えない彼女の育てかた』とは丸戸史明によるライトノベル、およびそこから派生する漫画、アニメ、ゲーム作品。 物語の主人公とあるオタク高校生が、とある少女をメインヒロインとした同人ゲームを作るためにサークルを立ち上げる。好きなことには熱中するその性格で、メンバー内のもめごとや納期、ライバル同人サークルとの対立など、様々な困難を乗り越えながら奮闘する物語。

Read Article

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1 Pictures・TROYCAによって共同制作されたオリジナルロボットアニメーションである。分割2クールで、第1クールは2014年7月から9月まで、第2クールは2015年1月から3月まで放映された。 地球人と火星人の戦争を描いている。地球人である界塚伊奈帆と地球人でありながら火星人に仕えるスレイン・トロイヤード、この2人の主人公と火星の皇女が戦争の行方を大きく変えていく。

Read Article

灰と幻想のグリムガル(Grimgar)のネタバレ解説・考察まとめ

灰と幻想のグリムガル(Grimgar)のネタバレ解説・考察まとめ

『灰と幻想のグリムガル』とは、十文字青によるライトノベル小説が原作となった、アニメ作品。 小説は2013年より刊行、アニメは2016年1月より全12話構成で放送された。 また『月刊ガンガンJOKER』にて、2015年5月号から2016年7月号まで漫画も連載されている。 ある日突然グリムガルという異世界で目を覚まし、名前以外の記憶がなくなってしまった若者たちの冒険の物語。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)』とは、川原礫による架空のVRゲームを舞台とした人気ライトノベルシリーズ『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が現実世界での事故によって人工の異世界「アンダーワールド」に迷い込んでしまい、そこで出会ったユージオやアリスらアンダーワールドの住人たちと共に、現実世界への帰還を目指して冒険する物語を描いている。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『亜人ちゃんは語りたい』とは、ペトスによる漫画及びA-1 Pictures制作のアニメーション作品。人間とは少し違う体質を持った「亜人」と人間が共存する世界の日常物語。主人公で高校教師の「高橋鉄男」は亜人に対して興味を持っていたが、人生でまだ一度も亜人と出会ったことが無かった。しかし新学期が始まると「小鳥遊ひかり」「町京子」「日下部雪」「佐藤早紀絵」の4人の亜人に出会った。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(SAOアリシゼーションWoU)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は「アンダーワールド」と呼ばれる人工の異世界を舞台に、ヒロインであるアリスが主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちと共に、『ダークテリトリー』と呼ばれるその異世界の闇の領域に住む軍団と、それを裏から操る現実世界の侵略者たちの陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)』とは、川原礫の人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』の時雨沢恵一によるスピンオフ作品とそのテレビアニメ作品である。本作は主人公のレンこと小比類巻香蓮が、VRゲームをプレイすることで高身長という自分のコンプレックスと向き合い、そしてピトフーイやエムらライバルたちと競い合うことで人間として成長していく物語を描いている。

Read Article

86(エイティシックス)のネタバレ解説・考察まとめ

86(エイティシックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『86ーエイティシックスー』とは電撃文庫から刊行されているライトノベルおよびそれを原作とした漫画、アニメ作品。著者は安里アサト、イラストはしらび、メカニックデザインはI-IV。 軍事大国ギアーデ帝国は国内で開発した無人兵器〈レギオン〉を武器に周辺諸国へ宣戦布告。〈レギオン〉部隊による侵略戦争が全世界を巻き込んだ大戦となる。 尊厳を奪われ消耗品として扱われるエイティシックスと後方から特殊通信で彼らの指揮を執る指揮管制官〈ハンドラー〉が織りなす激しく悲しい戦いと、人との別れが連なる物語である。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の魔法まとめ

『FAIRY TAIL』とは『週刊少年マガジン』で連載された真島ヒロによるファンタジー漫画及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」の問題児ナツとその仲間たちが依頼を受けて様々な問題を解決していく様子が描かれる。 登場する個性豊かな魔導士たちはそれぞれ特徴的な魔法を使うことができ、その種類は多岐にわたる。その迫力満点の魔法が『FAIRY TAIL』の魅力の1つといえる。

Read Article

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

Read Article

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙兄弟』とは2007年に講談社『モーニング』にて連載がスタートした、小山宙哉による漫画及び、原作を基にしたアニメ作品。大人気を博し、のちにアニメ及び実写で映画化されている。「兄弟二人で宇宙飛行士になる」という幼いころの約束。弟は夢をかなえて宇宙飛行士になっていた。いつしか夢をあきらめて別の道に進んだ兄六太(ムッタ)のもとへ、もう一度宇宙へのチャンスがやってくる。宇宙飛行士になるまでの過程や施設、訓練、ミッションの様子など、宇宙の魅力がふんだんに詰め込まれた作品である。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「FAIRY TAIL」は、2006年より「週刊少年マガジン」にて連載が開始された真島ヒロによる漫画作品。 一人前の魔導士を目指す少女「ルーシィ」はひょんなことから、炎を操りそして炎を食べる滅竜魔導士「ナツ」と出会い、魔導士ギルド「妖精の尻尾」に加入することに。迫力的な魔法バトルと魔導士としての彼らの成長を描くファンタジー作品。「絆」を軸とした、心の熱くなるセリフの数々が魅力の一つである。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

咲-Saki-(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

咲-Saki-(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『咲-Saki-』とはスクエア・エニックスの『ヤングガンガン』で連載されている小林立による麻雀漫画である。麻雀に青春を捧げる少女たちの熱い思いや人間関係、丁寧に描かれる対局の様子が魅力であり、シリーズ累計発行部数は1000万部を突破。多くのスピンオフ作品が描かれ、アニメ作品にもなっている。舞台となるのは麻雀が広く浸透した世界。主人公の宮永咲は原村和という美少女と出会って麻雀の楽しさを知る。そして麻雀を通してなら仲違いしている姉とも話せるかもしれないという思いから全国大会を目指すことになる。

Read Article

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』とは、A-1 Pictures制作による恋愛やファンタジーを題材としたオリジナルテレビアニメ作品である。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。死んだはずの「本間 芽衣子(ほんま めいこ)」こと「めんま」が主人公の「宿海 仁太(やどみ じんた)」こと「じんたん」の前に現れる。めんまの死によってバラバラになってしまった幼馴染の5人の、過去の傷や葛藤を描いた物語である。

Read Article

魔法科高校の劣等生の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

魔法科高校の劣等生の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『魔法科高校の劣等生』とは、佐島勤(さとうつとむ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 魔法師が職業として存在する架空の近未来の地球が舞台で、日本の魔法師育成機関の一つである「国立魔法大学付属第一高校」に、入試トップの司波深雪が優秀者の集まりである「一科生」として、兄の司波達也が補欠の集まりとして揶揄される「二科生」として入学する所から物語は始まる。 二つのクラスの間には能力差から生じる絶対的差別が存在し、その中からは数々の名言が生まれている。

Read Article

Fateシリーズのサーヴァントまとめ

Fateシリーズのサーヴァントまとめ

『Fateシリーズ』とは、TYPE-MOONによる『Fate/stay night』を始めとしたゲーム、アニメ、漫画などの作品の総称である。どんな願いでも叶うという「聖杯」を求める魔術師たちのバトルロワイヤル「聖杯戦争」やそれに関わる人々を描く。 サーヴァントは魔術師が聖杯戦争のために呼び出す使い魔であり、莫大な魔力によって構成される。本来、呼び出される英霊や幻霊などは使い魔として扱うには手に余るため、クラスという器に押し込めている。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『宇宙兄弟』とは小山宙哉によって執筆された、夢を諦めた兄が宇宙飛行士の弟と「兄弟で月に立つ」という夢をもう一度実現するべく宇宙飛行士目指して奮闘する、宇宙を題材にした漫画作品である。夢を叶えた弟に劣等感を抱く兄六太(ムッタ)や、ともに宇宙を目指す仲間達、弟の日々人(ヒビト)などが発した名言・名セリフの数々は「もう一度立ち上がろう」という小さなきっかけをくれる原動力を、多くの人々に与えている。『宇宙兄弟』の心にしみる名言・名セリフ、印象深いシーンなどをご紹介する。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

魔法科高校の劣等生(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法科高校の劣等生(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法科高校の劣等生』とは2008年より佐島勤がWebサイト「小説家になろう」で掲載しているライトノベル、およびそれを原作とした漫画やアニメ作品である。魔法科高校を舞台に繰り広げられる異色の青春学園ストーリー。魔法に関する技術と知識、さらに類い稀な格闘センスを持つ主人公が、不当な評価を受けつつも、愛する妹や仲間達とたくましく成長していく姿が描かれている。原作のシリーズ累計発行部数は2000万部を超える人気作である 。

Read Article

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜(Pts)のネタバレ解説・考察まとめ

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜(Pts)のネタバレ解説・考察まとめ

『ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜』とはPS2用ゲームソフト『ペルソナ3』を原案として制作されたテレビアニメ。2008年1月から6月まで放送。『ペルソナ3』から10年後のパラレルワールドを描く。不可解な事件が多発する綾凪市に、主人公が10年振りに帰ってきたところから始まる。久しぶりの再会だったが冷たくあしらう兄、諒に困惑しながらも弟の洵と3人だけの家族の絆を慈しむ慎。しかし、綾凪市で起きている事件がそんな兄弟の絆を揺すぶる。不思議な力、ペルソナに目覚めた慎はその事件の真っ只中へ巻き込まれていく。

Read Article

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)のネタバレ解説・考察まとめ

『FAIRY TAIL(フェアリーテイル)』とは、真島ヒロが『週刊少年マガジン』で連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。累計発行部数は7200万部を記録しており、日本のみならず全世界で読まれている人気作品。 人々の生活に魔法が根付く世界で、立派な魔導士を目指すルーシィが、滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツと出会い、最強の魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。チームを組んだ2人が様々な仕事に挑む中での冒険と絆が描かれた、ファンタジー作品である。

Read Article

目次 - Contents