ベスト・キッド2(The Karate Kid Part II)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベスト・キッド2』とは、1986年公開のアメリカ映画。高校生のダニエルが日系人・ミヤギから学んだ空手を通して成長していく大ヒット作『ベスト・キッド』シリーズの第2弾。監督は前作にひき続きジョン・G・アヴィルドセン。今回はミヤギの故郷、沖縄に舞台を移し、ミヤギに復讐を目論むかつてのライバル・サトウとの因縁の対立に巻き込まれるダニエルの新たな試練を描く。

本作のヒロイン。
沖縄のトミ村に住む日本人の娘でミヤギの姪。叔母から教わったという盆踊りを子供たちに教えている。
村に着いたミヤギとダニエルを実家で最初に出迎えミヤギの父親の寝床に案内した。それ以来ダニエルと親しくなり、デートを重ねるうちに恋仲に発展する。
バレリーナになるのが夢だが、沖縄にはバレエ教室が無く諦めていた。だが、ダニエルからアメリカに来ればバレエを習うことが出来ると言われ、心が揺らぐ。

渡口サトウ(演:ダニー・カメコナ)

沖縄に住む資産家でミヤギの旧友。
ミヤギの父親からミヤギと共に空手を教わった弟子であり、那覇市内に自身の道場を経営している。
45年前にユキエの両親からユキエの婚約者に選ばれたが、「親の決めた結婚なんて意味はない。ユキエはわしのものだ」と村人たちの前で宣言したミヤギにメンツを潰された。名誉挽回のため決闘を申し込んだミヤギが沖縄を出て行き叶わなかったため、45年振りに帰郷したミヤギに改めて決闘を申し込む。

渡口チョウゼン(演:ユウジ・オクモト)

サトウの甥で、那覇市内のサトウの空手道場の一番弟子。
道場では師範として米軍の兵士たちにも空手の指導をしている。喧嘩っ早く、村人を騙したりする街のチンピラのような存在の若者。
ミヤギとダニエルが沖縄到着時に空港にプラカードを持って送迎に現れたが、その時ダニエルがミヤギのカラテの弟子だと知ると攻撃的な態度に変わり、その後はダニエルに対し再三に渡って嫌がらせを仕掛ける。

ユキエ(演:ノブ・マッカーシー)

沖縄のトミ村に住む日本人女性。
アメリカのミヤギに、父危篤の手紙を贈った張本人。
45年前、ミヤギと恋仲にあり、彼と結婚するつもりだったが、家が貧しかったため自分の両親に資産家であるサトウと婚約させられてしまう。
帰郷したミヤギと久しぶりの対面をした時、彼に一度も結婚していないことを明かした。

ミヤギの父(演:チャーリー・タニモト)

沖縄のトミ村に住むミヤギの実父。
400年続くミヤギ家の空手道場を守って来た空手師範であり、ミヤギに空手を教えた師匠でもある。
危篤状態に陥り、実家に戻ったミヤギと45年ぶりの対面で、「これが夢なら起こさないでくれ。起きているなら眠らせないでくれ。」と感涙しミヤギの手を握った。その翌日、ミヤギと兄弟弟子のサトウを呼び2人を仲直りさせようとお互いの手を握らせるが、そのまま天国へ召されてしまう。

イチロウ(演:アルセニオ・ソニー・トリニダード)

沖縄のトミ村に住む老人。
ミヤギがまだ村にいた頃からずっと同じ神社の前で沖縄三味線を引いて、子供たちに聞かせていた。
チョーゼンと仲間たちが仕切っていた野菜市場に持って行こうとした野菜を台車から落として困っていた時、ダニエルに助けてもらい彼と知り合いになる。

ジョン・クリース(演:マーティン・コーヴ)

カラテ道場「コブラ会」を開いているカラテ師範。
マッチョな体と自信たっぷりな態度で、常に不敵な笑みを浮かべる非情な男。
少年カラテ選手権大会で門下生のジョニーがダニエルに優勝をさらわれた不甲斐なさに腹を立て、大会会場の駐車場でジョニーに制裁を加えようとする。そこへ止めに入ったミヤギの顔を見るなり彼に鉄拳をお見舞いするが悉くかわされ、逆にねじ伏せられてしまう。

タロウ(演:マーク・ハヤシ)/ トシオ(演:ジョイ・ミヤシマ)

トシオ(左)とタロウ(右)

那覇市内のサトウの空手道場の弟子たち。
チョーゼンと常に行動を共にしている彼の子分のような存在で、ダニエルへの嫌がらせに加担する。

『ベスト・キッド2』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ベスト・キッド(The Karate Kid)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベスト・キッド』とは、1984年に製作されたアメリカ映画。『ロッキー』のジョン・G・アヴィルドセン監督による、カラテを通して成長していく少年の姿を描いた青春アクション映画。カラテの達人であるミヤギ役のノリユキ・パット・モリタがアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。ひ弱な高校生ダニエルは、不良グループに痛めつけられる毎日を送っていた。そんな彼がカラテの達人ミヤギに出会ってカラテを習い始め、やがて少年カラテ選手権大会に出場する。

Read Article

ロッキー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロッキー』とは、1976年公開のアメリカ映画。低予算ながらアカデミー賞3部門を受賞し、無名の俳優シルヴェスター・スタローンを一躍スターダムへと押し上げた世界的大ヒットシリーズ第1作。監督はジョン・G・アヴィルドセン。フィラデルフィアのスラム街に暮らす三流ボクサーの青年ロッキーに、世界チャンピオンのアポロが対戦相手として指名してきた。自分がただのゴロツキでないことを証明するため、そして愛する女性エイドリアンのために、ロッキーはリング上での決死の闘いに挑む。

Read Article

ロッキー5/最後のドラマ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロッキー5/最後のドラマ』とは、1990年製作のアメリカ映画。ボクシングに挑む1人の男の愛と闘いを通して、サクセス・ストーリーを描いてきた『ロッキー』シリーズの第5作にして完結篇。シリーズ1作目で監督を務めたジョン・G・アヴィルドセンを再び監督として招き、脚本・主演はシルヴェスター・スタローンが務める。脳へのダメージからボクサーを引退し、財産も失い、原点であるフィラデルフィアの下町に戻ったロッキーが、新人ボクサーを育成しトレーナーとして第二の人生を歩む姿を描く。

Read Article

目次 - Contents