平家物語(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『平家物語』は、鎌倉時代の軍記物語である『平家物語』を古川日出男が現代語訳した版を底本として、サイエンスSARUが制作した2022年1月から放送されたテレビアニメ。物語の語り部となる琵琶法師の「びわ」がアニメオリジナルキャラクターとして主人公に据えられている。未来が見える力を持つ琵琶法師の娘「びわ」が平家の屋敷で暮らすようになり、滅びゆく一族の栄華と衰退をその目で見つめていく。平家の人々と「びわ」の交流を軸に、時代に翻弄されながらも懸命に生きた人々の群像物語。

小枝の笛(さえだのふえ)

別名を青葉の笛という。 平敦盛が秘蔵したと伝えられる笛。弘法大師が在唐の頃、青龍寺で造ったところ不思議にも青葉が生え、帰国後、嵯峨天皇に献上したのが、のち平家に伝わり、敦盛のものとなった。敦盛を討った熊谷直実がその首とともに神戸の須磨寺へ持ち帰り、現在に伝わるのがそれという。

『平家物語』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

びわ「いつかというのはいい言葉だの。明日、明後日。先のことが少し、楽しみになるの」

出典: fugaofftime.com

妓王に手を取られて、また会えることを楽しみにするびわ。

妓王が清盛の元へ、自分の代わりに寵愛を受ける仏御前の話し相手として尋ねたときに、びわが言った言葉。白拍子だった母に「いつかきっと会えるわよ」と妓王に言われたびわは、「いつかというのはいい言葉だの。明日、明後日。先のことが少し、楽しみになるの」と嬉しそうに呟いた。未来の見えるびわは、滅びる運命の平家とともに生活をしていたが、いずれやってくる「先」を怖いと感じていた。妓王との別れ際、「また今度」と言うびわに「また今度もいい言葉ね」と優しく微笑む妓王。びわの日常の穏やかで、ゆったりとした暖かい温度を感じるやりとりである。

平重盛「其方を巻き込んでしまった。滅びゆく、平家という一族に」

出典: fugaofftime.com

最期に琵琶の音を聞く重盛。

重盛が危篤の際、びわを呼んで「すまぬな」と謝ってから「其方を巻き込んでしまった。滅びゆく、平家という一族に」と伝えた。清盛の横暴の尻拭いに奔走し、後白河法皇の信頼も厚く真面目な苦労人の重盛。亡き者が見える自分とは異なるが、先が見える目を持つびわには何事も包み隠さず話していた。平家の栄華に陰りが見え始めた矢先に倒れたため、びわを平家に招いたことを申し訳なく思っていた。重盛は最期にびわに琵琶を弾くように頼み、その音の中で息を引き取る。びわは重盛の亡骸に縋り付いて、泣いていた。

平徳子「私は世界が苦しいだけじゃないって思いたい。だから私は許して、許して、許すの」

びわに語る徳子と流れる涙。

望まない婚姻で嫁いだ高倉天皇に、少しずつ恋をした徳子。しかし、高倉天皇が心休まるのは徳子のそばではなかった。一人の人間として誰かを愛して、愛されることは平家の娘として生まれた自分には無理なのだろうという諦めが滲む言葉。猫のようにやってくる話し相手のびわに、「私は世界が苦しいだけじゃないって思いたい。だから私は許して、許して、許すの」と涙を流しながら話した。平家に反く者を戦いで打ち負かしていく自らの一族も、そんな一族の血が流れる自分から離れる愛する人も、「許したい」徳子の気持ちが溢れている。

びわ「平家の行く末を見届けようと思う。見届けて、祈りを込めて琵琶を弾く」

びわはかつて白拍子で、自分と父を置いていった母に再会を果たした。理不尽に連れていかれた母は、いつもびわと父を想って祈っていた。その話を聞いた時、先が見えても何もできない自分がもどかしかったびわは、今できることを見つける。母を探す旅を終え、再び平家と道を共にするためにびわは「平家の行く末を見届けようと思う。見届けて、祈りを込めて琵琶を弾く」と母に告げる。

敦盛の一騎打ちと死に様

トドメを刺すように敵へ叫ぶ敦盛。

朝日に照らされた浅瀬をかける馬に、敦盛は乗っていた。一人の源氏武者に「敵に背中をお見せなさるのか」と呼び止められ、先に自ら命をたった清経の姿が敦盛の脳裏に浮かぶ。憧れていた戦や、戦場は思っていたよりも暗く命の削れる場所だった。敗走を続ける平家に悔しさも感じていた敦盛は、「武士として立派に戦う」と清経との約束を思い出して一騎打ちに臨む。相手は自分よりも大きく、荒々しい風貌であったが敦盛は臆せず刀を振るう。敦盛の幼さに殺すのを躊躇う敵に、「さっさと首を取れ」と叫ぶ様は勇ましく、その手に握られた笛が哀しく映る場面である。敦盛が源氏武者にトドメを刺された後、海辺に聞こえる笛の音がより一層切なさを際立たせる。

平重盛・びわ「祇園精舎の鐘の声」

出典: fugaofftime.com

阿弥陀仏から伸びる五色の糸を握る徳子。

壇ノ浦の戦いの後に生き残った徳子は、後白河法皇にびわが語り継ぐ物語の始まりを伝える。「祇園精舎の鐘の声」から始まるその物語の冒頭を、敦盛を討って後に僧となった源氏武者、どこかに逃げおおせたかもしれない平家の一族、後白河法皇たちが順に繰り返して声が重なっていく。徳子のいる山寺の仏像からのびる五色の糸を徳子が握り、祈りをつぶやく。そこに重盛の声が重なり、次第にびわと重盛の声だけになって『平家物語』の冒頭が「ひとえに風の前の塵におなじ」で結ばれる。

『平家物語』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

徳子の物語

徳子を演じる早見が、山田尚子監督に初めに言われたのは「徳子の物語でもあります」だったという。その言葉で早見自身はプレッシャーをより強く感じたようで、平家に翻弄されながら成長する徳子を「強い意志をもって生きている」と語った。また、そんな徳子を気になるキャラクターとして、入野や花江もインタビューでは名前を挙げている。徳子の儚げで、凛とした美しさを感じる声にも注目の作品。

びわの歌はプロお墨付き

0zseiryuuruki
0zseiryuuruki
@0zseiryuuruki

Related Articles関連記事

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

けいおん!・けいおん!!・映画けいおん!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「けいおん!」とは、かきふらい作の4コマ漫画作品、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品である。廃部寸前だった軽音楽部を舞台にした学園コメディー。帰宅部、楽器経験ゼロの主人公が仲間と共に成長する、等身大の女子高生の日常を描いた作品である。 アニメ第1期・第2期だけでなく、卒業旅行を描いた映画も公開された。 女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。

Read Article

日本沈没2020(アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

日本沈没2020(アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『日本沈没2020』とは小松左京の小説『日本沈没』を原案としたNetflix配信のオリジナルアニメ作品、全10話。監督は湯浅政明。ジャンルはSFパニックで架空の2020年東京オリンピック終了後が舞台。日本で巨大地震が発生し、都市機能が崩壊する。未来のオリンピック選手として有望視されていた中学生の武藤歩は倒壊した東京を捨て、両親や弟とサバイバルしながら日本を旅する中で様々な人との出会いと別れを繰り返していくが、日本列島沈没はすぐそこまで近付いていた。

Read Article

けいおん!(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

けいおん!!(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!!(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

映画けいおん!のネタバレ解説・考察まとめ

映画けいおん!のネタバレ解説・考察まとめ

『映画けいおん!』とは、かきふらいによる4コマ漫画作品が原作のアニメ映画である。軽音楽部を舞台にした学園コメディー作品。女性キャラが中心であり、友情を感じる名言・名セリフが多く存在し、楽曲とともに高い評価を得ている。本作はTVアニメシリーズでは描かれなかった「卒業旅行」をテーマとした話である。 卒業を控えた軽音部3年生4人は、教室で同級生たちが「卒業旅行」を企画していることを知り、軽音部も行こうとなる。くじの結果「ロンドン」に行くことに。ロンドンで軽音部の繰り広げるゆるやか部活ライフを描く。

Read Article

羊文学(バンド)の徹底解説まとめ

羊文学(バンド)の徹底解説まとめ

羊文学とは2012年に結成されたオルタナティブ・ロックバンド。結成当初は5人組で他のアーティストのコピーバンドとして活動していた。発起人だった塩塚モエカ(しおつかもえか)を含めメンバーが高校生だった事から、受験などのために活動停止や脱退など、幾度かのメンバーチェンジを経験して2017年から3人バンドになる。楽曲には「ありのままの自分を生きる」という前向きなメッセージが込められている。その飾らない姿と繊細な音楽が多くのファンの心に刺さり、共感を呼んでいる。

Read Article

レキシ・セカンドアルバム「レキツ」におけるコラボレーションとレキシネームについてのまとめ

レキシ・セカンドアルバム「レキツ」におけるコラボレーションとレキシネームについてのまとめ

歴史をフィーチャーし、独自の路線を突き進む人気のアーティスト「レキシ」 そんなレキシがコラボレーションしたアーティストはいつも豪華。 そして、コラボレーションする際にアーティストには”レキシネーム”という名前がつけられ話題になっています。 今回は、レキシのセカンドアルバム「レキツ」でコラボレーションしたアーティストとレキシネームについてまとめました。

Read Article

目次 - Contents