Backstreet Boys(BSB、バックストリート・ボーイズ)の徹底解説まとめ

Backstreet Boysとは、1995年にデビューしたアメリカの男性5人組アーティストである。BSBやバックスとも呼ばれている。アルバム”Millennium”, “Black & Blue” は全米アルバムチャート1位を獲得し、アメリカのボーイバンドブームの立役者のグループの一つとなった。CD総売り上げは1億3000万枚を超え、現在も世界中で愛されている。

出典: en.m.wikipedia.org

1. "Intro"
2. "Everything But Mine"
3. "Inconsolable"
4. "Something That I Already Know"
5. "Helpless When She Smiles"
6. "Any Other Way"
7. "One in a Million"
8. "Panic"
9. "You Can Let Go"
10. "Trouble Is"
11. "Treat Me Right"
12. "Love Will Keep You Up All Night"
13. "Unmistakable"
14. "Unsuspecting Sunday Afternoon"

Kevin脱退後初のアルバム。日本のオリコンアルバムチャートでは、Backstreet Boys初の2週連続首位を記録した。

This Is Us (2009年10月6日)

出典: en.m.wikipedia.org

1. "Straight Through My Heart"
2. "Bigger"
3. "Bye Bye Love"
4. "All of Your Life (You Need Love)"
5. "If I Knew Then"
6. "This Is Us"
7. "PDA"
8. "Masquerade"
9. "She's a Dream"
10. "Shattered"
11. "Undone"

4人体制のアルバムとしては最後のものである。発売前にインターネット上に音源が流出してしまうというハプニングもあったが、各国のチャートで上位を獲得するヒットアルバムとなった。

In A World Like This (2013年7月24日)

出典: www.amazon.co.jp

1 “In A World Like This”
2 “Permanent Stain”
3 “Breathe”
4 “Madeleine”
5 “Show 'Em (What You're Made Of)”
6 “Make Believe”
7 “Trust Me”
8. “Love Somebody”
9 “One Phone Call”
10 “Feels Like Home”
11 “Soldier”
12. “Try”

Kevinの復帰作。8年ぶりに5人体制でリリースされた。

Backstreet Boysの代表曲

I Want It That Way

25カ国でNo.1に輝いたBackstreet Boysの代表曲。MVはロサンゼルス国際空港で撮影された。

Everybody(Backstreet's Back)

MVでは各メンバーが怪物に仮装する。マイケルジャクソン「スリラー」のパロディとして作られた。

As Long As You Love Me

Brianの妻となるWallaceが出演しているMV。

Don’t Go Breaking My Heart

結成25周年の新曲。

Backstreet Boysの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

グループ結成の経緯

ハイスクールの生徒だったA.J., Howie D, ジュニアハイスクールの生徒だったNickの3人はオーディション会場で知り合い意気投合。グループを作った。

JohnJohnJohnny
JohnJohnJohnny
@JohnJohnJohnny

目次 - Contents