七つの大罪の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『七つの大罪』とは、鈴木央(すずきなかば)による作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2011年52号の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。ハイ・ファンタジー作品であるが、ダーク・ファンタジーの要素も取り入られている。2015年、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞。2016年12月時点で累計発行部数は2000万部を突破した。『七つの大罪』の名言は漫画の枠を飛び出し、人生の名言としても響くモノがあり、高く評価を得ている。

復活した〈十戒〉の前に歯が立たないと踏んだ〈暴食の罪〉(ボア・シン)・マーリンは、その場から退却するために”嘘”で交渉を持ち掛けた。
しかし、〈十戒〉「真実」のガランの前で「偽り」を口にすると石化してしまうのだった。
マーリンが石化し、メリオダスは魔神の力を開放するが、メリオダスもやられてしまう。
エリザベス・ホーク・アーサーは”完璧なる立方体”(パーフェクト・キューブ)で守られていたため、ガランは立ち去るのだった。
そこへ〈色欲の罪〉(ゴート・シン)・ゴウセルが現れ、「奴の記憶を少し操作した ”団長たちにとどめを刺した”――ようにな」と助けたのだった。
ゴウセルは暴走していたのだが、”暴走抑制の腕輪”であるマーリンの魔法具No.174「沈静の護符」試作型を、マーリンが着けていたのだった。
石化したと思われたマーリンだが、完全に石化する寸前に、明星アルダンに魂を移していたのだった。
〈十戒〉対策の作戦を練ろうと提案するメリオダスに対し、マーリンの名セリフが後押しをする。

戦いを求めることが本分であり 戦いの中で死ぬのが本懐であり 戦いの中に生を見出すのが本質

巨人族の里・メガドーザでの話。
巨人族〈大地の牙〉マトローナは、ディアンヌとドロレスと一緒に雇われ蛮族と戦闘していた。
蛮族も西の戦士長〈鳴動する大山〉ダンベルバスを雇っていたのだった。マトローナが勝利し『…見事な最期であったぞ ダンベルバス』と戦士としての最上の礼儀を示した。
人間同士の争いで同じ巨人族と殺し合うことを納得できないディアンヌ、優しく戦いを嫌うドロレスは、マトローナから説教をされる。
『我ら巨人族は誇り高き戦士』と、”戦士としての最上の礼儀”を説くマトローナの名セリフである。

大事なモンは 全部ここにあるぜ!!

力を取り戻す試練を乗り越えたメリオダス

ゴウセルに記憶を操作され、巨人族の里・メガドーザへ帰ろうとするディアンヌ。
その帰途で、〈十戒〉ガランとモンスピートに遭遇し襲われてしまう。〈七つの大罪〉としての記憶のないディアンヌは弱く、ピンチに陥るが死んだはずのマトローナが助けに入る。
〈十戒〉モンスピートはメリオダスたちの気配に気付き、”獄炎鳥”で試そうとする。”全反撃”で対抗しようとするメリオダスだが、ホークママが”獄炎鳥”を食べてしまうのだった。
ディアンヌの気配が消えた事を察し、マーリンは進路変更を提案する。
変更先は、森の賢者ドルイドの聖地・イスタール。
メリオダスの力を奪った張本人マーリンは、あまりに強大かつ危険すぎたから、メリオダスが暴走しかけた一瞬の隙をつき”力”を奪ったと言う。
エリザベスもまた試練を受けていた。
メリオダスの試練は、リズとの平穏な日々と残酷な別れを繰り返していた。そして答えは「感情を 一切捨てること」。
何度も何度も試練を繰り返すメリオダス。
『もう こんな景色は見たくねぇ 耐えられねぇ …繰り返したくねぇ 二度と!!! 絶対に!!!』と涙し、目を開けると、そこには涙を流すエリザベスがいた。
そこでメリオダスは試練を乗り越える。そしてこの名セリフである。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

七つの大罪(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『週刊少年マガジン』にて2012年45号より、鈴木央が連載している漫画及びアニメ作品。 人と人ならざるものの世界が分かれていなかった時代。絶大な魔力を有す〈聖騎士〉に守られた「リオネス王国」の王女エリザベスは、ある者を探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団と恐れられ、国を裏切った〈七つの大罪〉。 エリザベスは一軒の酒場で少年メリオダスと出会う。それは世界の命運を握る戦いへの序章だった。

Read Article

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。マイデザインは服やタイルだけではなく、顔に直接ペイントすることも可能だ。ここではかわいいメイク風のフェイスペイントや、人気漫画・ゲームのキャラクターを模したフェイスペイントを紹介する。

Read Article

【七つの大罪】歴代美女キャラクターまとめ

『七つの大罪』(ななつのたいざい)とは、大罪人の烙印を押されて解散した伝説の騎士団のメンバーが、反逆者や魔人などの脅威から国を守るために戦う姿を描いた鈴木央の漫画作品。 幾度となくアニメ化を果たした人気作で、ゲームや小説、映画などメディアミックスも盛んに行われた。作中には多くの個性的かつ魅力に溢れたキャラクターが登場し、その活躍でファンを喜ばせた。ここでは特に人気の高い女性キャラクターを紹介する。

Read Article

目次 - Contents