七つの大罪の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『七つの大罪』とは、鈴木央(すずきなかば)による作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2011年52号の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。ハイ・ファンタジー作品であるが、ダーク・ファンタジーの要素も取り入られている。2015年、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞。2016年12月時点で累計発行部数は2000万部を突破した。『七つの大罪』の名言は漫画の枠を飛び出し、人生の名言としても響くモノがあり、高く評価を得ている。

「ケルヌンノスの角笛」から与えられた”使命”を果たすために、メリオダスを殺そうとするバン。
その想いを汲み「殺せ」というメリオダスだが、ホークの言葉にハッとするも、「…じゃあ どうすりゃいいか教えてくれよ 残飯あさるしか芸のねえ豚さんよ」と凄むのであった。
孤独感を話すバンに『この件が終わった後 決着をつけようぜ』とメリオダス。
そしてバンにお願いをするのだが、「団長命令」と力強く言うのだった。

『さてと… 悲劇の幕引きといくか』 「いいや… 喜劇の幕開けだろう?」

エリザベス救出に駆け付けた<七つの大罪>の5人

ヘンドリクセンを止めるため、ドレファスは息子・グリアモールと共闘するのだった。
ヘンドリクセンにトドメを刺そうとするドレファスだが、エリザベスを守っていたグリアモールの”防御壁”に穴が開き、エリザベスを傷つけてしまう。
その隙を突かれ、ドレファスはやられてしまう。
メリオダス・ディアンヌ・バン・キング・ゴウセルが駆け付け、エリザベスの救出、ヘンドリクセンとの決着をつけようとするのだった。
メリオダスの”幕引き”に対する、ヘンドリクセンの”幕開け”という名セリフであり、名シーンとなった。

諦めんな <七つの大罪>(オレたち)がいる!!!!!

心強いセリフである

上位種の魔神の血を取り入れたヘンドリクセンの力に歯が立たない<七つの大罪>たち。
”暗黒の環”(ダーク・ネビュラ)からエリザベスをかばったメリオダスも重傷を負う。
そこへ追撃の”黒死”(ブラック・エンド)がエリザベスとメリオダスを襲う。「お前を救う者は誰もいない」とヘンドリクセン。
そこへ残飯処理式団長・ホークが立ちふさがるのだった。
「…死ぬなよ ブタ野郎共」、そう言ってホークは”黒死”を受けるのだった。
ホークは黒焦げになるが、エリザベスの”ドルイドの巫女の血”が目覚めるのだった。
それでも襲い来るヘンドリクセンに、震えが止まらないギルサンダー。
なんとも力強い名セリフが鼓舞するのだった。

それが お前の罪だぜ

渾身の一撃

『諦める必要はなぇぜ 皆… <七つの大罪>がいる限りな!!』
そう言って、聖騎士を鼓舞するメリオダス。
メリオダスは魔力を解き、ヘンドリクセンへと挑む。魔力を解いたメリオダスは歯が立たないが、聖騎士たちも<七つの大罪>もメリオダスごと技を仕掛けるのだった。
「自分を囮に 確実に私の動きを止め 攻撃させる腹か…」とヘンドリクセン。そして「女神の使徒(エリザベス)の力で回復したのはあくまで体力のみ」と、”全反撃”(フルカウンター)を使う魔力がないことを指摘するのだった。
ディアンヌの”千の礫”(ラッシュ・ロック)、キングの霊槍シャスティフォル・第四形態”光華”(サンフラワー)、バンの”バニシング・キル”でメリオダスごと攻撃を続ける。
バンの攻撃だけは、ヘンドリクセンではなく、メリオダスだけにヒットする。「なんの…真似だ?」と不思議そうなヘンドリクセンだが、メリオダスの狙いはまさに”攻撃される”にあった。
”リベンジ・カウンター”それは、『あらゆる魔力に対して無防備となり 受け止めた魔力の全てを蓄積する 加減を一つ間違えば 自滅必至の諸刃の剣にして 団長の究極技』(ゴウセル談)
そしてメリオダスの名セリフである。
『まだ わからねぇか ヘンドリクセン お前は くだらねえ力と引きかえに 大事なもんを全部 捨てちまった…』

もし お前がいなくなれば オレの生きる目的がなくなる ――だから頼む オレのために生きてくれ

愛する人のために言ってみたいセリフである

”リベンジ・カウンター”でヘンドリクセンを退けたメリオダス。
そこへ国王陛下も戻り、「我ら聖騎士に厳しい裁きを!!」と懇願する聖騎士たち。
『今こそ 王国聖騎士として一刻も早い王都の復興と 民の救済に尽力せよ!! 二度と このような過ちが起きぬよう 今後は全力で聖戦の回避に努めるのだ!!』と、沙汰を下した。
『――そして<七つの大罪> 大儀であった』と感謝を示した。
ホークを想う面々だが、ホークは生きていた。なぜか小さくなって。
その後、王都は復興へと向かうが、エリザベスは目を覚まさない。それは「王女の気質の問題だ 他者をいたわる心が強すぎるが故 自身に対する治癒を拒否してしまっている」(マーリン談)とのこと。
「忘れ物をした」とメリオダスはエリザベスの部屋に戻る。
マーリンたちと合流したメリオダスの横には、傷の癒えたエリザベスがいた。
メリオダスは”魔法の言葉”でエリザベスの傷を癒したのだった。

女は男の言葉に 男は女の行動に グッとくるものよ

スレイダーの名セリフである

魔神王直属の精鋭部隊<十戒>が復活した。その不穏な気配を感じたメリオダス。
エリザベスは同行しようとするが、メリオダスも危険を感じてか、エリザベスを「足手まといのお荷物」として遠ざけようとする。
少し落ち込むエリザベスだが、メリオダスの真意も気付いているようだ。
そこへ「私の持論」として、スレイダーがアドバイスをする。

オイラは… 欲ばりな王様だから… 森も… 妖精(なかま)たちも… ディアンヌも―― 全部… 守りたいんだ

三千年前に封印された魔神族の兵器が妖精の森を襲う

バンは<七つの大罪>を抜け、妖精の森へと向かった。
そこに同行した、キング(ハーレクイン)とジェリコ。そこで”妖精王”と呼ばれるバンに驚愕するのだった。
しかしバンは妖精王に興味はなく、エイレンに託された種を植え、そこへ養分として自らの血を与えていた。
そんなとき、妖精王の側近として仕えるゲレーテにバンは捕まり、「新たな生命の泉としてこの森のために生き続けるのだ」と言われるのだった。
三千年前に封印された魔神族の兵器が森を襲う。
森を捨てたキングを嫌っていた妖精たちだが、一人立ち向かうキングを見て「ハーレクイン様 どうか逃げて!」と助けに入る。
亡き親友の言葉で”全てを守る”という欲ばりな一面を見せるキングは、神器を開放し”真・霊槍ジャスティフォル”で兵器を撃退する。

我が意志は 何ものも断ち切る剣にして 国を 民を 子を 友を 守る盾!!

魔神族は乗っ取ろうとするがドレファスの意志が拒んだ場面

10年前――
聖騎士・ドレファスと聖騎士・ヘンドリクセンは亡国ダナドールの調査へと向かった。
互いの夢を語りながら歩を進める二人、人間のものではない禍々しい魔力を感じる。
それは伝承の魔神族のものであった。
禍々しいモノは、ドレファスを乗っ取るつもりであったようだが、ドレファスはこれを受け付けなかった。
そこで言い放った名セリフ。

なら〈十戒〉(やつら)に勝つ方法は唯一つ 〈七つの大罪〉(われら)が強くなればよい

対〈十戒〉を前に作戦を立てようと提案するメリオダス

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents