七つの大罪の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『七つの大罪』とは、鈴木央(すずきなかば)による作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2011年52号の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。ハイ・ファンタジー作品であるが、ダーク・ファンタジーの要素も取り入られている。2015年、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞。2016年12月時点で累計発行部数は2000万部を突破した。『七つの大罪』の名言は漫画の枠を飛び出し、人生の名言としても響くモノがあり、高く評価を得ている。

キングは”七百年前の約束”を果たし、ヘルブラムを止めた。
一方、ヘンドリクセンと新王・アーサーの交戦に、「エリザベスは返してもらうぜ」、そう言ってメリオダスが割って入る。
ヘンドリクセンとにらみ合うメリオダス。そこへギルサンダーが現れる。
「もうちょっと 手を貸してくれるか?」、メリオダスとアーサーは手を組んだ。
「今は こちらが最優先事項です」、ギルサンダーもヘンドリクセンと共闘するのだった。
『全ては 無駄な努力 王女は救えない』というヘンドリクセンに答えた、メリオダスの名セリフ。

俺の命と引きかえに エイレンを生き返らせてくれ

バンの目的が解る場面

王国の至宝「ケルヌンノスの角笛」を見つけたバン。
バンの優しさあふれる名セリフとなった。

女神はバンに答える。
『お前に「使命」を与えます 使命(それ)を果たした暁には お前の愛しい妖精に命を与えましょう…』
『ある者を殺してほしい その者は現在 こう呼ばれています…』
『<七つの大罪> <憤怒の罪>(ドラゴン・シン) メリオダスという男を 殺しなさい』

『その眼は悪を見抜き その口は真を語り その心は正義に満ち その剣は悪を砕く』

聖騎士・ギルダンサーが幼い頃より知っているメリオダス。
魔神の力も出したメリオダスだが、「ギル坊 本気でオレと殺り合って後悔はないんだな…?」と問う。
ギルサンダーは『騎士の教え』を語り、その教えに背き、国を裏切った<七つの大罪>を許さない思いのようだ。

『僕は<七つの大罪>の誰より強い』だ!!!

男の友情を示した場面

アーサーはヘンドリクセンの前に歯が立たず、聖騎士3人VSメリオダスの構図となった。
一瞬のスキにヘンドリクセンはメリオダスにトドメを刺そうとするが、ギルサンダーがメリオダスをかばうのだった!
「ギルサンダー… 裏切りおったな!!」とヘンドリクセン、ギルサンダーは『裏切ってなどいない… 俺は端から お前たちの仲間ではないのだから』と返す。
メリオダスは”白夢の森で再会した時”に、ギルサンダーが仲間であることに気付いていたという。
マーガレットの事に気付いたのは、”騎士の教え”を忘れてない、と言った時だった。
――10年前
メリオダスと幼いギルサンダーは稽古をしていた。
ネガティブ思考のギルサンダーに、マーガレットは”騎士の教え”を説き、「いつかきっと 誰よりも優しくて強い聖騎士になる」と励ますのだった。
王国誕生祭の日、慌ててメリオダスに「逃げろ!」と言うギルサンダーに、お前のすべきことはなんだ?と問うメリオダス。
「マーガレットを守ること」、ギルサンダーは答えるが、一人では不安とも吐露する。
メリオダスは、ギルサンダーに”まじない”を教える。
そのまじないが名セリフである。

そうやって怒りで我を忘れるクセ あれほど「直せ」と言ったであろう?

ブリタニア1の魔術師<暴食の罪>(ボア・シン)マーリン登場

メリオダスのおかげで、呪縛から解かれたギルサンダーは、ヘンドリクセンの腕を斬り落とし、撃退する。
アーサーの目的は「恩人 リオネス国王陛下の危機を知り 助けに馳せ参じた」とのこと。
その時、もう一人の敵が攻撃を仕掛けてきた。ドレファス曰く「王国最高の魔術師」である。
しかし、アーサーの横にいた頭巾姿の者が、「王国最高の魔術師」を手玉に取っている。
メリオダスは気付いた。『王国一だろうが敵うわけがねえはずだ 相手はブリタニア一の魔術師』。
アーサーの横にいた頭巾姿の正体は、<暴食の罪>(ボア・シン)マーリンであった。
マーリンが倒したのは、弟子のビビアンであった。まだまだ未熟な弟子が、師匠を越えられるはずはない。
自惚れている弟子に対して、師匠の助言ともとれる名セリフである。

自分(てめえ)の命を投げ出してもいいと思える「何か」をがむしゃらに欲しがんだよ♬

番外編より
『どうして 人間て強欲なのかしら』というエイレンに「腹が空いたら飯が欲しい 寒かったら暖かい服が欲しい」と答えるバン。しかし「ちがう 必要以上のものを欲しがるのかが不思議」というエイレン。
「人間はす~ぐ 死んじまう…」というバンは、「エイレンの言う 欲の深ぇ~人間の気持ちもよくわかるぜ♪」と話す。
そこに続いた名セリフである。

だが お前にも譲れねぇもんがあるように オレにも絶対 譲れねぇもんがある

友の想いと自分の想い

魔神の力を手に入れていたため、殺されたと思われたヘンドリクセンが襲ってきた。
マーガレットとエリザベスを人質に取られたスキに、メリオダスとギルサンダーは致命傷を負う。
エリザベスは「…たまには 私にも守らせてください」と、自らヘンドリクセンと行くことを申し出る。
そこへバンが合流するが、バンもまた「ケルヌンノスの角笛」からの”使命”を果たし、エイレンを蘇らせてもらうために、メリオダスへ攻撃を仕掛けるのだった。
事情を知ったメリオダスは「いいぜ 殺せよ オレも お前の立場なら… きっと そうする」と覚悟を決めたように言う。
トドメを刺そうとするバンに、メリオダスは頭突きで応戦。
「エリザベスは 自分が犠牲になることを なんとも思っちゃいねえ」そう言ったメリオダスは続ける。
「何があろうとバンは オレのダチだ そのお前のやることを否定する気はねえ」
しかし、自分もエリザベスとの”約束”を守り、果たす大儀があることを名セリフで語るのだった。

うそだったら お前はダチも失くすんだぞ

エイレン蘇生のため”使命”を果たそうとするバンへ苦言を呈するホーク

「ケルヌンノスの角笛」から与えられた”使命”により、メリオダスを殺そうとするバン。
その想いを汲んで「殺せ」というメリオダスだが、メリオダスもまた「絶対に譲れねぇもんがある」と応戦の構えだった。
そこへ、バンと「ケルヌンノスの角笛」との話を聞いていた、残飯処理騎士団長・ホークの名セリフが響くのだった。

今は<七つの大罪>団員(フォックス・シン)として… 為すべきことを為せ!! 団長命令だ!!!

バンの寂しさが判る場面

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents