初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。
中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。
いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

『初恋限定。』の用語

雪ノ下中学校

主要人物の中学生組が通う中学校で、全員2年2組に在籍している。

3年はクラス替えがなく2年のままクラスが持ち上がりになるとの事で、3年も楠田と同じクラスになれた事を江ノ本は特に喜んでいた。

水仙寺高校

操、連城以外の高校生の登場人物が通う高校。

ヤンキー校でも進学校でもない、普通の共学高校だがプールがない。

胸のコンプレックスによって水泳から離れた渡瀬めぐるはプールがない事を理由に水仙寺高校を選んだが、水泳部は武居源五郎によって立ち上げられ、彼の熱心な勧誘によって加わる事になる。

黒骨高校

操が通う私立高校。

不良が多い、いわゆる「ヤンキー校」のようで、1話であゆみを誘拐した不良グループと操は喧嘩仲間という間柄である。

開帝高校

連城が卒業した有名進学校。

かなりの高偏差値のようで、千倉曰く雪ノ下中学から行ける生徒は滅多にいないらしい。

『初恋限定。』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

楠田悦「俺だって応援係だからな 江ノ本一人頑張ってんの横で見てるだけじゃ男じゃねーだろ」

土橋による推薦と、女子のチア目当てという対照的な理由で応援係となった楠田と江ノ本だが、楠田が真面目にやらないため江ノ本は愛想を尽かして一人で何とかしようと衣装作りに励むが、結局完成したのは一着だけだった。

全員分の衣装を用意出来なかった事に責任を感じながら、これまでの疲れもあって江ノ本はチア衣装を着たまま眠ってしまうが、楠田が使うミシンの音で目を覚ます。

楠田はチアの事しか頭になく、江ノ本の口から出るのは楠田に対する悪態ばかりだったが、これまで酷い事ばかり言って来た自分のために楠田が協力してくれた事に対して、感謝とともに人生で初めてのときめきを覚える。

普段はふざけているように見えて決める時はしっかりと決めてくれるなど、男性視点で見ると最高にかっこいい楠田らしい名言だが、この件がきっかけとなって江ノ本は楠田に惹かれるようになり、江ノ本慧の初期設定にあった「美人が、お世辞にもカッコイイとは言えない少年に恋する話」が作品のメインとして展開される事になる、重要なシーンでもある。

土橋りか「…こないだまでは関東大会があたしの中心だったけどこれからはアンタがアタシの中心だな」

あゆみ達友人の知らぬ間に彼氏を作っていた土橋だが、部員から頼まれてコーチ役を引き受ける時の「…こないだまでは関東大会があたしの中心だったけどこれからはアンタがアタシの中心だな」というセリフと笑顔は、男子を意識させるのに十分な「破壊力」があった。

それから土橋によるマンツーマン練習が始まるが、練習は厳しかったものの上手く出来たら笑顔で褒めてくれたので、寺井は彼女の笑顔のため必死に努力し、土橋からも通常練習に戻っても大丈夫と言われるまで上達する。
だが、土橋から上達を認められた事は二人だけで一緒にいられる時間の終わりを意味しており、寺井はこれまでのように二人で練習出来ないという事実にショックを受ける。

褒めているのに寺井は「それなら頑張らなきゃよかったかも…」と、全く嬉しそうな表情をしておらず「そしたら…ずっとこうやって土橋さんと練習が…」と、後ろ向きな発言をする。
この寺井の発言から「これからも自分と一緒にいたい」という気持ちを感じ取った土橋は寺井からの告白と捉え「このまま本当に付き合ってみる?」と、軽いノリで告白OKの返事を出してしまう。

デートも何もした事がないのにいきなり付き合う事になって驚く寺井だが、付き合う事になってからも特に恋人らしい事はないまま時間が過ぎていた。
体育祭では各種目で1位と大活躍だった土橋に対して寺井は100メートル走で3位と結果が出せずに落ち込むが、土橋は「アンタ去年は100m走ダントツでビリだったじゃん!それが3位ってスゴイことじゃないの?」と、彼の努力を認める言葉を掛け、最後に「努力賞」として土橋りかのハグという最高のご褒美をプレゼントしてくれた。

ちなみに、土橋自身は恋愛に慣れていないため、寺井が手を繋ごうとすると顔を真っ赤にして避けるなど、表情が乏しい彼女にしては珍しくかわいらしい反応を見せてくれた。

武居源五郎「……俺………水着が好きなんだよなあー」

武居が自ら立ち上げた水泳部だが、部員が転校した事によって4人となってしまい、部として必要な人数である5人揃わなくなった事によって同好会に格下げの危機を迎える。

勿論、同好会でも活動出来ない事はないが、これまで無料だった(恐らく部費を利用していた)プールをタダで使えなくなるばかりか、大会にも出られなくなってしまうので、今のメンバーで大会に出場する事を目指していた水泳部にとって格下げは事実上の廃部を意味していた。

水泳部は5人目の部員集めに奔走するが、寒い時期の勧誘に誰も相手にしてくれず、教師から通告された期限の一週間は目の前に迫っていた。

武居から真っ先に勧誘されたものの断っていためぐるは、スイミングスクールという今でも自分の泳ぐ場所がある武居が水泳部にこだわる理由が気になっていた。

それに対する武居の言葉が「水着が好き」で、文章だけ見たら変な人で、その言葉を聞いためぐるも武居に対して「変な人」と呆れるが、武居は「あの水着本当に気にいってたからさー みんなで選んでみんなで決めた あれ着て大会出るんだってみんなで頑張って……それを着る機会がなくなっちまうのは淋しいなあー」と続ける。

武居にとって最も大切なのは自分が立ち上げた水泳部であり、部員勧誘のため水着で校内を駆け回るなどやりすぎな行動が目立つものの、全ては愛する水泳部のためだった。

昔と変わらない、愛すべき水泳馬鹿である武居と水泳部のため、めぐるはマネージャーという但し書きが付くものの水泳部入部を決意し、彼女の巨乳に沸く部員に対してマネージャーとして部員をビシバシ鍛え上げる事を宣言した。

曽我部弘之「じゃあ ま…また明日」

mattyoukilis
mattyoukilis
@mattyoukilis

Related Articles関連記事

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

プラネット・ウィズ(Planet With)のネタバレ解説まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂)のネタバレ解説まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(Flying Witch)のネタバレ解説まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(Detective Opera Milky Holmes)のネタバレ解説まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

アリスと蔵六(Alice & Zouroku)のネタバレ解説まとめ

「アリスと蔵六」とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

殺戮の天使(第1話『Kill me... please.』)のあらすじと感想・考察まとめ

見覚えのないビルの最下層で目を覚ました少女、レイチェル。わけもわからないまま、出口を求めてビルの中をさまよっていると、顔を包帯で覆い、大きな鎌を持った殺人鬼、ザックが現れる。 「3秒数えてやる。だからさぁ、逃げてみろよ!」 今回は「殺戮の天使」第1話『Kill me... please.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。 創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。 『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフまとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフまとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

目次 - Contents