ライブ・ア・ライブ(Live A Live)のネタバレ解説まとめ

『ライブ・ア・ライブ(Live A Live)』とは、株式会社スクウェアから発売されたRPGである。原始人の少年が生贄とされる別部族の美少女を救う原始編、要人救出の密命を受けて単身敵地へ侵入する幕末編、心山拳師範の老師が後継者を探す功夫編、放浪のガンマンがギャング集団を迎え撃つ西部編、最強の格闘家を目指す現代編、超能力に目覚めた青年が巨大ロボットで悪に立ち向かう近未来編、宇宙船という閉鎖空間でのサバイバルホラーのSF編の7つのメインシナリオで構成される。

かつて栄えたルクレチア王国の国民は誰も居ない

魔王オディオは各シナリオの主人公を集め、語りかける。助けを請うばかりで自らを危険にさらさない他力本願な人々は救うに値しないという事、自分にとって大切なものを守るためなら他者を傷つけていいのかという事を問いかけるのであった。オディオはそんな主人公達をかつてのルクレチア王国の人々と同じだと言い、戦いを開始するのであった。

魔王となった中世編の主人公オルステッド

オディオアイ、オディオモール、オディオマウスを倒すと真の姿「ピュアオディオ」が現れる

ピュアオディオとの戦いに勝利すると、魔王オディオはかつてのオルステッドの姿に戻る。敗北したオルステッドは主人公達に止めを刺せという。しかし、主人公達はオルステッドに止めを刺さず見逃そうとするのであった。魔王山から帰路につく主人公達に、オルステッドは「まだだ!」といって追いすがってくる。オルステッドは主人公達に今まで戦って来た最後の敵達と再び戦うように仕向ける。

各シナリオの主人公達が戦って来たラスボスと再び決着をつける

主人公達はかつての強敵に打ち勝つと、オルステッドは何故勝てないのかと打ちひしがれる。オルステッドは主人公に諭され、本当は自分が逃げてしまって居たのかもしれないと気付く。オルステッドは自分が消えれば、主人公達は元の世界に帰れると伝えた上で、「憎しみ」がある限りいつの世でも、誰しもが魔王となりえるという事を忠告し、消えていくのであった。こうして主人公達もそれぞれの思いを内に秘め、元の世界に戻っていくのであった。色合いを無くしたルクレチア王国にも徐々に豊かな色彩が戻って行く。主人公達は元の世界に戻った後も、それぞれの世界で信じる道を進むのであった。

フィナーレ

『ライブ・ア・ライブ』の登場人物・キャラクター

原始編

ポゴ

原始編の主人公であり、飛び抜けた嗅覚の持ち主。幼いころに家族を亡くし、長老に拾われて育てられた。ゴリラのゴリとは兄弟のように一緒に育ち、いつも行動を共にする間柄である。能力的に前衛タイプで、ステータスの伸びも全体的に悪くない優秀なキャラクターである。相手を毒、眠り、麻痺状態の状態異常にする技を取得する。雑魚戦よりもボス戦で真価を発揮するキャラクターである。

ゴリ

ポゴの親友で本能のままに生きるゴリラである。助けた大勢のメスゴリラと良い関係になったりと、ゴリラの中ではモテる模様。ポゴが酷い目にあったりすると何故か嬉しそうにしたり、壁を破壊するのにポゴを投げつけたりする。ゴリラであるせいか、ゲーム中装備できるアイテムが非常に限られている。習得する技にはオナラをしたり、噛みついて相手のHPや能力を吸収したりするものがある。

べる

クー族の美少女で、クー族が信仰する「おーでぃーおー」に生贄にされる所を逃亡しポゴの前に現れる。ポゴがべるに恋をし、お互い良い間柄になるもののクー族の戦闘隊長ざきによって連れ去られてしまい、再びおーでぃーおーの生贄にされてしまいそうになる。ステータスが低く直接攻撃に期待はできないが、歌を歌う強力な必殺技「るーるー」を覚えたり、回復技「ふれふれー」を覚えたりする。

ざき

クー族の戦闘隊長で股の間に守り神のトカゲをぶら下げており、結果大事な所が隠されている。事ある毎に髪をかき上げる仕草をする。べるを奪還すべくポゴと幾度となく対決するが、最後のおーでぃーおーとの戦いにおいてはポゴ達と共に共闘する。習得する技には、股間のトカゲを敵にぶつけたりする際どいものがある。

長老

ポゴ達の部族の長老で、厳しい半面ポゴ達に対する愛情は深いようである。クー族の少女べるを匿っていたポゴを部族から追放する際にも、食糧を持たせたりする気遣いを取っていた。長い白髪と白ひげが特徴である。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents