ドリームガールズ(映画)のネタバレ解説まとめ

『ドリームガールズ』とは、2006年にアメリカで製作されたミュージカル映画。ソウル/R&B系レコードのモータウン・レーベル所属の黒人女性グループ、ダイアナ・ロスとスプリームスをモデルに、実話を素に描かれたブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品。アメリカにおける60年代から70年代の音楽シーンと華やかなショービジネス界を背景に、デトロイトで結成された黒人女性ボーカル・グループ『ザ・ドリームズ』のサクセス・ストーリーと、その裏にある確執・裏切り・挫折など、様々な人間ドラマを描く。

「Dreamgirls」
歌:ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、 アニカ・ノニ・ローズ
ドリーメッツがディーナをリードシンガーに据えて「ザ・ドリームズ」としての再出発が決まり、大ヒットとなった記念すべきファースト・シングル。

「Heavy」

「Heavy」
歌:ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、 アニカ・ノニ・ローズ
エフィがカーティスとディーナの関係を疑い始めた頃に、ザ・ドリームスの新曲としてレコーディングやプロモーションビデオの収録をするナンバー。

「 It's All Over」+「And I Am Telling You I'm Not Going」

「It's All Over」+「And I Am Telling You I'm Not Going」
歌: ジェニファー・ハドソン、 ビヨンセ・ノウルズ、アニカ・ノニ・ローズ、ジェイミー・フォックス、キース・ロビンソン、 シャロン・リール
大晦日に行われるディナーショー当日、身勝手さやトラブルに愛想が尽きていたカーティスから、メンバー除外を言い渡され感情的になったエフィと他のメンバーが口論をするナンバー「It's All Over」と、続けて1人になったエフィがソロで歌う「And I Am Telling You I'm Not Going」。

「When I First Saw You」

「When I First Saw You」
歌:ジェイミー・フォックス
ディーナと結婚しアメリカ音楽界で名を馳せる存在となったカーティスが、ディーナに向かって永遠の愛を誓うナンバー。

「Patience」

「Patience」
歌:エディ・マーフィ、アニカ・ノニ・ローズ、キース・ロビンソン
なかなかヒットに恵まれないジミーが、C.C.の書いた新曲でローレルと一緒にレコーディングするナンバー。

「I Am Changing」

「I Am Changing」
歌: ジェニファー・ハドソン
デトロイトに帰郷したエフィが、相談を持ち掛けたジミーのマネージャーだったマーティーから、クラブで歌わせてもらう事になったナンバー。

「I Meant You No Harm」+「Jimmy's Rap」

「I Meant You No Harm」+「Jimmy's Rap」
歌:エディ・マーフィ
ヘロインに手を出し始めたジミーが、レインボーレコード10周年のステージで歌うバラード「I Meant You No Harm」。続いて「もう悲しい曲は歌えない」と突然歌い出すファンキーな「Jimmy's Rap」。

「One Night Only」

「One Night Only」
歌: ジェニファー・ハドソン
カーティスと決別したC.Cが、エフィの歌うクラブを訪ね彼女に「お前だけが歌える」と渡したバラード調の新曲。クラブで歌うとたちまち評判となり、彼女の再起をかけたレコードとなる。

「One night only (disco version )」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ベイビー・ドライバー(Baby Driver)のネタバレ解説まとめ

『ベイビー・ドライバー』とは2017年にアメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。主人公ベイビーが音楽を聴く事で驚くべきドライビングテクニックを発揮し、逃がし屋として活躍する姿を描いた作品。更にアクションだけではなく、一目惚れした彼女との初々しい恋愛をも描いている。監督はエドガー・ライト、主演はアンセル・エルゴートが務めた。 映像と音楽が完璧にシンクロするという今までになかった爽快アクション映画。

Read Article

美女と野獣(実写映画)のネタバレ解説まとめ

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。 1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。 魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

目次 - Contents