ISLAND(第8話『またあえたらあいしてね』)のあらすじと感想・考察まとめ

切那と凛音が辿り着いたのは、凛音が5年前に漂流した暴龍島だった。凛音はそこで真の切那が迎えた結末と想いを知り、過去に決着を着ける。浦島に戻ろうとした2人には、明るい未来が待っているはずだった。しかし浦島に戻った切那が直面したのは、凛音の死という現実だった。
今回は「ISLAND」第8話『またあえたらあいしてね』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ISLAND」第8話『またあえたらあいしてね』のあらすじ・ストーリー

暴龍島で見つけた真実

切那は自分も一緒に真の切那を探しに行くと凛音に告げる

残されたボートの1つに乗り込み、切那は凛音を追って嵐の海を進む。凛音が乗ったボートに切那が近づいた時、凛音はボートから放り出されていた。
切那に助けられた凛音は「何で来たの!?」と切那に言う。切那は「お前を死なせないためだ!」と答えるが、凛音は「私は帰らない!5年前に戻れるなら…私は切那を助けるんだから!」と譲らない。そんな凛音に切那は言い聞かせる。
切那「分かった!それでお前の笑顔が戻るなら、俺も手伝う!行くも帰るも地獄だ。嵐の中のワームホールの存在に、賭けてみようぜ!」
2人は嵐の海に飲み込まれていった。

凛音は真の切那と過ごした洞窟へ行くが、彼の姿は見当たらなかった

切那が目を覚ますと、暴龍島の浜辺に居た。先に目を覚ました凛音は、浜辺の景色をじっと見つめていた。
凛音「…同じだ。5年前もこんな風に空が澄んでた…この風も、潮の香りも。」
凛音が急に走りだし、切那はどこに行くのかと言いながら追いかける。凛音は熱に浮かされたように、「切那のとこ…切那と一緒に居たとこ。もうすぐ会える、本物の切那に!きっと待ってる!切那が…。」と言いながら夢中で駆けていく。
2人は洞窟に着いたが、他に人の姿は見当たらない。凛音はその場に座り込んでしまった。
落ち込む凛音に、切那は「お前はここで休んでろ。俺が探して連れてきてやる。」と凛音に言い聞かせて洞窟を出た。

外を歩いていた切那が切り立った崖を登ると、そこには『立ち入り禁止』のマークが付けられた洞窟の入り口があった。切那は洞窟に入り、中の階段を降りた。そこには放置されたような部屋があり、見たことがない機械がいくつかあった。
切那は「嘘だろ…こんな所に…。」と驚く。その時、光が部屋の上の方から差しているのに気づいた。切那が部屋の上の隙間に通じている階段を上ると、そこには白骨化した1体の遺体があった。切那は遺体に手を合わせた。遺体の傍にノートが落ちていることに気づいた切那は、ノートを拾い上げて読んでみた。

遺体は真の切那だった。ノートによると真の切那もこの部屋に辿り着き、そこで棺桶のような箱を見つけていた。
当時、真の切那は凛音だけでも暴龍島から脱出させられないかと頭を悩ませていた。木と紐を組み合わせてボートを作ろうとしたこともあるが、上手くいかない。そんな中見つけた謎の箱は、真の切那にとって希望だった。真の切那は、あの箱はもしかしたら『神の使いの船』『天の鳥船』かもしれないと考えたのだ。
真の切那は、凛音に眠り薬が入ったスープを飲ませると、船の中に凛音を寝かせた。
真の切那「目が覚めたら、君はきっと浦島に帰ってる。いい夢を見るんだよ。」
真の切那は命が尽きるまでその部屋に留まった。凛音の笑顔だけを願いながら。

切那「あんた…切那か?」
切那は真の切那の横に座り、話しかけた。
切那「隣、失礼するぜ。あんたそんなスゲーもんを、砂浜までどうやって運んだんだ?」
もちろん答えは返ってはこない。

凛音と切那は真の切那の遺体と対面する

切那は凛音を、真の切那が居る洞窟に連れて行った。凛音は真の切那の遺体と対面し、切那から真実を告げられる。
切那「凛音…君だけは生きて。僕はいいから。この手帳の最後の言葉だ。」
凛音は涙を流し、遺体の前で膝まづいた。
凛音「切那…思い出してた。その言葉…僕はいいからって。切那はいつもそうだった、この島でも。あの小屋の中を見た時から、思い出し始めてたの。でも、認めるのが怖くて…。ごめんなさい…。結局戻れなかった、5年前のあの時には。切那のこと助けに来られなかった。私…!切那のこと見殺しにしたんだ!一緒じゃなきゃ助かりたくないなんて言って、私嘘つきだ!」
自分を責める凛音に、切那は優しく「よく見てやれよ凛音。そいつの顔。」と声をかけた。
切那「泣いてるか?怒ってるか?俺には笑ってるように見えるぞ。願いどおり、お前が生きてそこに居てくれるんだから。笑顔をみせてやれよ。」
凛音「そう…なのかな?」
切那「命を懸けてお前を浦島に帰したんだ。それに報いなきゃ、死んだ意味がなくなっちまうだろ。こいつは、お前の笑顔だけを待ってるんだよ。」
凛音の涙は止まっていた。

凛音と切那は、海が見える高い場所に真の切那のお墓を作った。
その後、ボートを作り直して帰るかと尋ねる切那に、凛音はもう少し島に居てもいいかと言う。凛音はまだ気持ちの整理がついていないのだ。「大変だぞ?」と言いながら、切那は凛音に付きあうことになった。
2人は数日間島で過ごした。食料を見つけ、火を使って料理をする以外にも、切那が見つけた滝で遊んだりもした。
そうしてすごしたある日の夜、洞窟の中で切那と凛音は話し合った。
切那「俺は…なんで切那なんだろうな。」
凛音「生まれ変わって、未来から来た、なんて思うのはイヤ?」
切那「お前が笑顔になるならそれでいいよ。」
凛音「…ありがとう。」
切那「よし。明日になったら帰るか。」
凛音「うん。」
切那「これから目一杯、お前を幸せにするからな。」

凛音は自分の過去に決着をつけ、2人は浦島に戻ることにした

残酷な結末

浦島に戻る途中で嵐に遭った凛音と切那。切那が目を覚ますと自分の部屋だった。

切那はハッと目を覚ました。そこは使用人用の部屋だった。切那は浦島に戻ってきたのだが、何が起こったのか思い出せない。
その時、玄関からブザーが鳴った。切那がドアを開けると、そこに居たのは喪服姿の夏蓮と沙羅だった。
沙羅「この度は、誠に…。」
夏蓮「バカ野郎…、お前はバカ野郎だよ!」
訳が分からない切那がふと横を見ると、外を向いていた方のドアの面には『忌中 於 御原家』という文字が書かれていた。
切那は「何なんだよ、これ?」と戸惑いながら屋敷の奥に入ると、凛音の葬式の準備がされていた。棺の前で座り込む切那。
切那「嘘…だろ?なんで…。」
玖音「それは私のセリフです。どうしてこんなことに…。」
切那「待ってくれ。そもそも俺は何でここに…。」
玖音「あなたはまた海岸に打ち上げられていたところを助けられたんです。その5日後の昨日、変わり果てた凛音が発見されました。」
切那「俺たちは直したボートで、浦島に帰ろうとした…。だけど途中で大波にのまれて…。俺の手は、確かに凛音の手の感触を覚えている。確かに掴んでいたはずだ!」
玖音は突然、切那の頬を叩いた。
玖音「じゃあ、どうして凛音はここに居るの?どうして喋らないの?どうして…ずっと掴んでいてくれなかったんですか?凛音の手を!」
切那は絶望しながら、最後に凛音と交わした会話を思い出した。
凛音はボートから落ちてしまい、切那は凛音の手を掴んで必死に引き上げようとした。しかし、力が足りずに凛音をボートの上に引き上げることができない。凛音は「あなただけは生きて…私は良いから。」と言って、自分から切那の手を放したのだ。海に沈みながら、凛音は「生まれ変わって、待ってるから…。」という想いを胸の中で呟いた。
「あいつは…俺を…?」と呟く切那に、玖音は涙をにじませながら「守ってほしかったです…命に代えても、凛音を。」と告げた。

凛音は切那と別の場所で変わり果てた姿で見つかった

その日を境に、切那はまるで廃人のようになっていた。
崖に座り込み、「俺はあいつの中の切那を、ちゃんと殺してやらなきゃいけなかった。」と後悔する切那。そこへ浦島に来ていた桃香が「切那さん、切那さん!」と声をかけた。切那は振り返りもせずに、「その名前の男は死んだよ。」と返した。
桃香「じゃあそこに存在しているあなたは何者なんですか?」
切那「俺は…名もなき浮浪者だ。」
そこに「あなたは切那です。」と強く響く玖音の声。木陰に立った玖音は、切那に語りかける。
玖音「凛音にそう言ったんですよね?『俺の名前は切那』だって。だったら、ちゃんと切那として責任を取ってください。」
切那は返事をしない。

凛音を失い生きる気力を失くした切那に、玖音は切那として責任を取るように迫る

未来へ託された希望

玖音は時を超える機械で凛音を助けることを切那に提案し、切那は迷うことなく引き受ける

桃香と玖音は、切那を本土にある夏蓮の母親の研究所・宮浦大学西山研究所に連れて行った。
途中の車の中で、3人は伝承のことを話す。
玖音「これから行く所にあるのは、浦島伝説の真実。愛し合いながらも結ばれてはいけない2人…。魔女の呪いを受けて浦島を追放され、呪いを解くために長い長い旅に出ました。」
切那「そして2人は魔女の元に辿り着き、呪いを解くために契約を交わす、だよな?」
玖音「えぇ。その代償としてリンネは命を捧げ、切那は自らの命を捧げて永遠の眠りにつきました。」
桃香「でも、魔女が予言したんですよね?2人がもう一度巡り会えた時にこそ呪いは解けるって…。」
研究所についた桃香と玖音は、切那にある機械を見せる。それは、島で見たカプセルのような形をした機械だった。
桃香は切那に「世界中の科学者を黙らせた装置です。」と説明を始める。

夏未が生きていた頃、桃香と夏未は世界中に散らばる謎の遺跡を研究していた。
夏未「浦島に何かある!オーパーツの周辺にことごとく存在する伝説、それらが示す始まりの地の方角。それらを集約すると、交点はほぼ日本に生まれるんだ。」
桃香「そして日本に同じ伝説があるのは…。」
夏未「あたしが捨てた故郷、浦島だよ。」
しかし浦島に調査に行く予定日の前日、夏未は交通事故で帰らぬ人になった。
突然の別れに動揺しながらも、桃香は夏未の研究を引き継ぎ、浦島の周辺を調査していたのだ。そして、暴龍島で玖音が不思議な物を見つけたという情報を耳にし、玖音を訪ねた。玖音は夏未の意志を継ぐ桃香にならと思い、2人で暴龍島に向かった。そこにあった機械がカプセルのような形をした機械で、玖音はその中で眠る凛音を見つけたのだと桃香に告げた。

切那「凛音は海岸に打ち上げられたんじゃなかったのかよ。」
玖音「それは表向きです。捜査が打ち切られても諦めきれず、5年探し続けた私は、海流を調べて行きついたあの島で…あの子を見つけました。私にとって、これは神のギフトです。」
切那「何なんだよ、これは。」
桃香「時を超える装置、玖音さんはそう推測していました。真実が分かったのは偶然でした。ランダムな捜査の中で突然作動し、装置の中だけ時が止まったんです。これは浦島伝説の切那が永遠の眠りにつくための装置…と、私は仮定しています。この中に入って眠れば、恐らく歳を取らないまま、何十年、何百年先の未来で目覚めることができるでしょう。」
切那「コールドスリープみたいなもんか…。」
桃香「それよりも遥かに肉体への影響が少なく、実用的な装置です。」
切那「どうしてこんなものが存在するんだ?」
桃香「オーバーテクノロジー。推定された結論は2つ。太古に、我々より遥かに進歩した人類が存在したか、遥か未来の何者かが時を越えて届けたか。しかし、前者を裏付ける証拠は皆無でした。となると…。」
玖音「未来の人間が過去に介入している。夏未によれば、オーパーツが発見された場所の周辺には必ずと言っていいほど、浦島と酷似した伝説があったそうです。」
桃香「時を超え、時を捧げさせる魔女が、愛し合う男女と契約を交わす伝説。魔女になぞらえられた未来人は、未来のどこかのタイミングで、時を遡る技術を発明しているはず。」
玖音「それを使えばあの子を、凛音を救える。」
目を見開き、必死な表情になる切那。
切那「伝説の切那は自らの時を捧げた…俺は何年捧げればいい?」
玖音「分かりません…。でも、10年や20年じゃ効かないでしょう。100年か、1000年か、10000年か…。」
切那「くれてやるぜ!俺の時間を、どれだけでも!そんで、凛音を助けられるなら!」
玖音「成功の確率は高くないと思います。」
切那「それでも良い…。」
すると、玖音は複雑な表情を浮かべて、意味深な言葉を発した。
玖音「それは…あの凛音と結ばれたいからですか?」

複雑な表情で意味深な発言をする玖音

その言葉が引っかかり、一瞬戸惑う切那だが、決意は変わらない。
切那「俺の数少ない記憶は1人の少女を救うってことだ。その少女ってのは、凛音以外考えられねえ。だから…。」
玖音「あなたの想いは正しいです。必ず助けて下さい。娘の…凛音を。」

切那は「長い旅に出る。」と島の人々に向けた手紙を残し、時を越える装置に乗り込む。
切那「俺はもう忘れない…。お前ともう一度やり直すために、時を越える!」
装置が作動し、切那は深い眠りについた。

「凛音を助ける」という決意を持って機械に乗り込んだ切那

「ISLAND」第8話『またあえたらあいしてね』の感想・考察

sakurasnowdrop
sakurasnowdrop
@sakurasnowdrop

Related Articles関連記事

ヨスガノソラ(ゲーム・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ヨスガノソラ(ゲーム・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヨスガノソラ』とは、2008年12月5日にCUFFSの姉妹ブランド、Sphereより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム、およびそれを元にした漫画・アニメ作品であり、Sphereのデビュー作である。本作の企画がCUFFSでは制作が難しかったため、企画と共に新ブランドを立ち上げた。 不慮の事故で両親を亡くした双子の兄妹である春日野悠(かすがの はるか)と春日野穹(かすがの そら)は、それまで住んでいた都会から離れた山奥の田舎町にある父親の実家であり、亡き祖父の家で兄妹二人が生活を始める。

Read Article

月がきれい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

月がきれい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『月がきれい』は、2017年4月から7月にかけて、全12話(6話と7話の間には6.5話として、前半を振り返る総集編が放送された)で放送されたオリジナルアニメ作品。製作はfeel.である。埼玉県の川越市を舞台に、主人公の中学3年生、安曇小太郎と同じクラスの水野茜が繰り広げる恋愛模様を中心とした、リアルな人間ドラマが描かれている。

Read Article

ヒナまつり(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ヒナまつり(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヒナまつり』とは、有限会社feel.が手がけるアニメーション作品。原作者は大武政夫。 暴力団『芦川組』に属するインテリヤクザ・新田のもとに、楕円形のマシンにくるまれた超能力少女・ヒナが突如現れた。マシンの拘束を解くや否や、素性も目的も明かさないまま謎の念動力で部屋の骨董品を次々破壊していくヒナに対し、身と家財の危険を感じた新田はしぶしぶ彼女を寝泊りさせることになった。 本作はこの2人をはじめとしたちょっぴり可笑しなキャラクター達が繰り広げる、笑いあり涙ありの非日常コメディーである。

Read Article

月がきれい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

月がきれい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『月がきれい』とは、2017年4月から完全新作オリジナルアニメとしてTOKYO MXなどで放送されたアニメ作品。原作を持たないオリジナルアニメでありながら、アニメ製作には『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』などで有名なfeel.、監督には『暗殺教室』で知られる岸誠二にを据え、シリーズ構成は『デジモンアドベンチャーtri』を手掛けた柿原優子など、多くの実力者たちが今作品の製作に携わった。

Read Article

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ひぐらしのなく頃に業(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に業』とは、竜騎士07原作のアニメ作品。2006年から断続的にアニメ化されてきた同シリーズ7年ぶりの新作である。序盤の展開は過去作と同じものだが、リメイクではなくリブートだと公式から発表されている。 雛見沢村に引っ越してきた少年前原圭一は、同じ学校に通う部活仲間の竜宮レナや園崎魅音らと共に平和に暮らしていた。しかしある時フリーカメラマンの富竹ジロウという人物から、過去に村で起きた殺人事件の話を聞く。事件のことを調べ始めた圭一に、レナら村人たちは不穏な一面をさらけ出していく。

Read Article

ひぐらしのなく頃に卒(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

ひぐらしのなく頃に卒(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ひぐらしのなく頃に卒』とは、竜騎士07原作のアニメ作品で、2020年放送の『ひぐらしのなく頃に業』の続編。同シリーズは2006年から断続的にアニメ化されてきた人気作である。 繰り返される昭和58年6月の中、日本の田舎町・雛見沢村で次々に起きる怪事件。その全ては、村を出て行こうとする古手梨花を引き留めるために、北条沙都子が裏で糸を引いたものだった。果たして沙都子は事件の裏でどのように暗躍していたのか、無数の惨劇を重ねた彼女たちの行く先に何が待ち受けるのか。物語は真の結末に向けて動き出していく。

Read Article

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)のネタバレ解説・考察まとめ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)のネタバレ解説・考察まとめ

「ガガガ文庫」より刊行されている渡航によるライトノベル(2011年~)、及びそれを原作としたアニメ(第一期2013年4月~6月 第二期2015年4月~6月)。自身の書いたひねくれた作文をきっかけに「奉仕部」なる部活に入部させられたぼっちな男子高校生比企谷八幡。彼と、そこで出会った雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣たちがともに数々の経験を積み重ね、三者三様に変化していく様子がシニカルにコミカルに描かれている。

Read Article

この美術部には問題がある!(この美)のネタバレ解説・考察まとめ

この美術部には問題がある!(この美)のネタバレ解説・考察まとめ

『この美術部には問題がある!』とは、いみぎむるによる日本の漫画作品が原作となるアニメ作品。 漫画は『電撃マオウ』にて2012年12月号より連載中、アニメは2016年7月より9月までTBS系列にて全12話構成で放送された。 月杜中学校の美術部を舞台に、その部員を中心とする個性的なキャラクターが展開する日常ドタバタラブコメディ。

Read Article

だがしかし(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

だがしかし(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「だがしかし」とは漫画家コトヤマによる少年漫画、及び2016年にfeel.で製作されたアニメーション作品。実際にある駄菓子を扱ったギャグコメディ。実家が駄菓子屋の主人公「鹿田ココノツ」は、父「鹿田ヨウ」に駄菓子屋を継ぐように言われるが、ココノツには漫画家になるという夢があった。そんなココノツの元へ、大手お菓子製造会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢で美少女の「枝垂ほたる」が現れた。

Read Article

中間管理録トネガワ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

中間管理録トネガワ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『中間管理録トネガワ』とは福本伸行の人気作品である『賭博黙示録カイジ』の作中に登場する利根川幸雄を主人公にしたスピンオフ作品である。兵藤会長の機嫌を伺いつつも部下である黒服をまとめる立場、いわゆる中間管理職である利根川幸雄の苦悩と葛藤を題材にした作品で、月間ヤングマガジンで2015年7月号から2018年2月号まで連載されていた。 2018年7月から12月まで日本テレビの深夜アニメ枠、AnichUで放送されていた。単行本は全10巻発売で完結している。

Read Article

竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

竜宮レナ(りゅうぐう れな)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、「かぁいいもの」を偏愛する女子中学生。元々雛見沢の出身だが、幼い頃に親の仕事の都合で茨城県に引っ越し、昭和56年までをここで過ごし、その後昭和57年に故郷へ戻った。転校してきたばかりの前原圭一の面倒を見たりと、優しく献身的な性格で、無自覚な善意の塊。本名は「竜宮礼奈(れいな)」だが、幼少期に実母が不倫相手との子供を妊娠したことで、両親が離婚したことをきっかけに、「レナ」と自称するようになり、周りにもそう呼ばせるようになった。

Read Article

北条沙都子(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条沙都子(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条沙都子(ほうじょう さとこ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物でトラップの名手であり、様々なトラップを自在かつ効果的に駆使する女子小学生である。生意気な性格で年上である前原圭一に、事あるごとにちょっかいをかけたり、憎まれ口を叩いたりしている。古手家の一人娘である古手梨花と親友で、互いに両親を亡くした者同士、寝食を共にする仲である。沙都子の兄である北条悟史を強く慕っており、兄のやっていた野球では、圭一が事前交渉で投げさせたスローボールを見事に打ち取った。活発で運動神経は大変良好である。

Read Article

園崎魅音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎魅音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎魅音(そのざきみおん)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、姐御肌のムードメーカーであり、通っている学校では委員長を務めている。勝気かつ男勝りでやや強引な性格で、一人称に「おじさん」を使うことが多い。趣味で集めているゲームを、皆で遊ぶ事を主旨とする「部活」の部長をつとめる。毎日放課後に部活を開き、持ち前の明るさでメンバー達を盛り上げている。転校してきた前原圭一に好意を抱いており、親友である竜宮レナとは親友であり良きライバルでもある。雛見沢村で権力を誇る御三家の園崎家の次期頭首の顔も持つ。

Read Article

古手梨花(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

古手梨花(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

古手梨花(ふるで りか)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、古手神社の一人娘。同学年の北条沙都子と同じ家で生活をしている。毎年6月に行われる「綿流し祭」では、巫女役を務めている。周囲をいつも和ませるが、時に年齢に似合わぬ冷静さも見せる不思議な雰囲気の女の子。自分のことを「ボク」と呼び、「み〜」「にぱ〜」などの口癖を持つ。村人からオヤシロ様の生まれ変わりであると崇められているが、実はオヤシロ様の正体は羽入という少女の見た目をした存在であり、梨花は羽入の姿を唯一目にする事のできる存在である。

Read Article

前原圭一(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

前原圭一(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

前原圭一(まえばら けいいち)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、シリーズ通しての主人公であり、昭和58年5月に東京から雛見沢に引っ越してきた中学2年生の少年である。直情的な熱血漢である反面、デリカシーがなく無神経だったり女心に鈍感なところがある。明るく気さくな性格であり、転校して来てすぐに同じクラスの竜宮レナ(りゅうぐう れな)や園崎魅音(そのざき みおん)といった複数の友人を作った。 都会にいた頃から学業に優れ、優秀な知力を持ち「口先の魔術師」と呼ばれる程非常に口が達者。

Read Article

園崎詩音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎詩音(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

園崎詩音(そのざき しおん)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、同作ヒロインの一人園崎魅音の双子の妹。物語の舞台である雛見沢村に隣接する興宮で両親と暮らし、全寮制の学校に通っているがサボりがちで、「エンジェルモート」という店でウェイトレスのアルバイトをしている。魅音とは瓜二つで、服や髪型をそろえると見分けがつかないほど。勝気かつ男勝りでやや強引な性格の魅音とは正反対に、女の子らしさを前面に出している。北条悟史に想いを寄せているが、魅音が好意を抱く前原圭一の事も気になっている。

Read Article

鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

鷹野三四(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

鷹野三四(たかの みよ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、雛見沢村にある入江診療所に勤務する看護婦。普段は知的で物腰柔らかいが、時に他人を見下したような態度をとり、ヒステリックな面も見せる。 筋金入りのオカルトマニアで、フリーのカメラマンである富竹ジロウとは親しい間柄。劣悪な環境の孤児院で育ち、ここを脱走して雛見沢村で医者をしていた鷹野一二三の養女となる。養父の生涯を賭した研究が闇に葬られようとしているのを知り、これを阻止するために軍隊による雛見沢住民の虐殺・雛見沢大災害を画策した。

Read Article

羽入(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

羽入(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

羽入(はにゅう)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、本作の「皆殺し編」から姿を現し、「祭囃し編」では主人公を務める、雛見沢の守り神であるオヤシロ様そのもの。オヤシロ様の生まれ変わりといわれている古手梨花以外の人間には、羽入の姿は認識できない。「祭囃し編」にて、古手家最後の生き残りとして、部活メンバー達の前に現れる。性格は内気で頼りなく子供っぽく、困ったり興奮したりすると「あうあう」としゃべる癖があるが、時折神のように非常に厳粛な喋り方をすることもある。

Read Article

大石蔵人(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

大石蔵人(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

大石蔵人(おおいし くらうど)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、定年退職を間近に控えた興宮署の刑事。雛見沢で毎年起きている連続怪死事件を追いかけており、綿流しの祭りが近づくと頻繁に雛見沢を訪れるようになる。最初の連続怪死殺人事件の犠牲者となったのが、ダムの現場監督であり、大石が「おやっさん」と呼んで慕っていた男であるため、捜査に執着する要因となっている。強い正義感の持ち主だが、定年退職を間近に控えており、刑事でいられる内に真相を突き止めようと強引な捜査手法を用いることがある。​​

Read Article

北条悟史(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条悟史(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

北条悟史(ほうじょう さとし)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、北条沙都子の兄である。園崎魅音と園崎詩音と同学年であり、魅音が立ち上げた当初の部活メンバーの一員である。大人しい性格をしており、よく読書をしており、人の頭をよく撫でる癖がある。困ったときにはよく「むぅ…」と口にしてしまう。入江京介が監督を務める少年野球チーム「雛見沢ファイターズ」に参加していたが、本番に弱いため目立った活躍はなかった。前原圭一が雛見沢に来る前の昭和57年6月の綿流しの日に失踪し、現在行方不明となっている。

Read Article

富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

富竹ジロウ(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

​​富竹ジロウ(とみたけ じろう)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、野鳥や風景を撮るフリーのカメラマンである。物腰柔らかく、真面目で大らかな男性。雛見沢村の住人ではないが、村で起きたダム戦争の少し前から季節毎に雛見沢を訪れ、一週間ほど滞在していく。村人とも面識があり、温厚な性格ゆえ評判も悪くない。村の診療所の看護婦である鷹野三四と交際中で、よく一緒に散策する姿を目撃されているが、普段は彼女の尻に敷かれている。実は自衛隊の人間で、雛見沢村への来訪も独立組織を有する鷹野の監視が目的である。

Read Article

入江京介(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

入江京介(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

入江京介(いりえ きょうすけ)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、雛見沢村唯一の医療機関、入江診療所の所長である。 その口調や仕種から落ち着いた大人の印象を与え、基本的に真面目な性格。本業の医師のほか、少年野球チーム「雛見沢ファイターズ」の監督も務める。東京から雛見沢に引っ越してきた前原圭一たちからは親しみを込めて「監督」と呼ばれている。村のイベントにも積極的に関わり、村民からも年代問わず厚く信頼されているが、雛見沢の風土病である雛見沢症候群の研究者という裏の顔を持つ。

Read Article

赤坂衛(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

赤坂衛(ひぐらしのなく頃に)の徹底解説・考察まとめ

赤坂衛(あかさか まもる)とは、『ひぐらしのなく頃に』の登場人物で、警視庁公安部に所属する刑事であり、階級は警部。真面目で正義感が強い性格であり、曲がったことが嫌いな熱血漢。入庁試験、警察学校では優秀で将来有望だが、捜査官としては新米で未熟。建設大臣の孫が誘拐された事件の極秘捜査をする為に雛見沢を訪れ、そこで大石蔵人と古手梨花に出会う。愛妻家であり、同僚達の間では熱愛夫婦として知られており、妻の雪絵は出産を目前にしている。学生時代は麻雀に熱中しており、「馬場の衛」の異名を持つプロ級雀士だった。

Read Article

ISLAND(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

ISLAND(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ISLAND』とは、フロントウイング原作のノベルゲーム『ISLAND』のTVアニメ版である。 離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働きながら、自身の記憶と世界の謎を解き明かしていく。古の伝承や風土病、本土との確執などの伏線が散りばめられたSFファンタジー。

Read Article

ISLAND(第12話『てをつないでアシタへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第12話『てをつないでアシタへ』)のあらすじと感想・考察まとめ

「玖音はリンネなのか?」と切那は疑問を抱き、玖音が指輪をしていたかどうか、そして、玖音の過去を調べる。そして先代の御原家当主・典正の日記を読んだ切那は、衝撃的な真実を知ってしまう。時を超えた伝承のリンネとセツナの物語。伝承の本当のエンディングが今明かされる。 今回は「ISLAND」第12話『てをつないでアシタへ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第11話『またあえたけどアナタは』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第11話『またあえたけどアナタは』)のあらすじと感想・考察まとめ

切那は浦島に戻ってきて凛音や夏蓮、沙羅と改めて出会い、3人を次々と良い方向に変えていく。そして凛音の死という未来を変えるために突き進むが、切那は更なる衝撃の真実に気づく。それは、玖音が切那が愛したリンネではないか、という事実だった。 今回は「ISLAND」第11話『またあえたけどアナタは』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEVER ISLAND(第10話『モウクヤミタクナイカラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

NEVER ISLAND(第10話『モウクヤミタクナイカラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

札なしの子どもたちの救出に向かった切那とカレン、サラ。しかし子どもたちは既に殺されおり、大司教の陰謀で3人は枢機卿を殺害したテロリストに仕立て上げられる。リンネの機転で命からがら街から逃げ出したが、運命は容赦なく4人を襲う。 今回は「NEVER ISLAND」第10話『モウクヤミタクナイカラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第1話『またあえたねあなたと』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第1話『またあえたねあなたと』)のあらすじと感想・考察まとめ

離島の浦島に流れ着いた青年・切那は、「世界を救う」という使命以外の記憶を失っていた。彼は浦島御三家の一つである御原家の跡取り娘・凛音の家で使用人として働くことになる。凛音と切那は昔会ったことがあるようだが、凛音も5年前以前の記憶を失くしていた。二人の出会いにより、失くした記憶の謎が深まる。 今回は「ISLAND」第1話『またあえたねあなたと』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第7話『ずっとすきでいたいのに』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第7話『ずっとすきでいたいのに』)のあらすじと感想・考察まとめ

凛音は廃屋での記憶を思い出し、切那と共に過去を断ち切った。しかしそれは凛音の失った記憶の一部に過ぎず、凛音は新たな忌まわしい記憶を思い出す。一方、切那も衝撃の事実を知った。凛音は、真実を求めるために1人で嵐の海へ消えてしまう。 今回は「ISLAND」第7話『ずっとすきでいたいのに』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第6話『そこにあなたがいればいい』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第6話『そこにあなたがいればいい』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏蓮と沙羅が良い方向に変わり、今度は凛音が変わることを決意する。自分の気持ちに正直になって昼間に積極的に外に出て切那とデートをしたり、ペアグッズを身に付けたりする凛音。そして凛音は、5年前の神隠しに関係する廃屋での記憶を思い出し、過去に向き合い始めた。 今回は「ISLAND」第6話『そこにあなたがいればいい』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第2話『くやまないでほしいから』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第2話『くやまないでほしいから』)のあらすじと感想・考察まとめ

凛音がかかっているという風土病・媒紋病(ばいもんびょう)。病気のことを調べる切那は、浦島に伝わる伝説と媒紋病の関係を知る。そして自分の失われた記憶は、伝説に関わるものではないかと考え始める。一方、凛音や沙羅、夏蓮も自らの運命に苦悩していた。 今回は「ISLAND」第2話『くやまないでほしいから』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEVER ISLAND(第9話『マタアエタナオマエト』)のあらすじと感想・考察まとめ

NEVER ISLAND(第9話『マタアエタナオマエト』)のあらすじと感想・考察まとめ

2万年後の世界で目覚めた切那が出会ったのは、地下シェルター『アイランド』に住む少女・リンネだった。再び記憶を失った切那は、リンネに助けられて生活していた。そんなある日、枢機卿の娘・サラと札なし(無戸籍)の子どもたちのリーダー・カレンと偶然知り合ったことで、アイランドを取り囲む真実を2人は知る。 今回は「NEVER ISLAND」第9話『マタアエタナオマエト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第5話『だからあなたをしんじてる』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第5話『だからあなたをしんじてる』)のあらすじと感想・考察まとめ

「私には時間がないんです!」と焦る沙羅。彼女は過去に戻って火事を防ぎ、自分の「神の子」としての力を取り戻すために行動する。しかし、御原家の地下室に残されていた古文書から伽藍堂家の暗黒の歴史を知ってしまい、本殿に火をつけて心中しようとする。 今回は「ISLAND」第5話『だからあなたをしんじてる』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第3話『ただしいゆめのつむぎかた』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第3話『ただしいゆめのつむぎかた』)のあらすじと感想・考察まとめ

凛音を昼の海に連れ出す作戦を実行し、成功した切那たち。楽しい時間を過ごす4人だが、ある廃墟を見つけた時に凛音の様子がおかしくなり気を失ってしまう。媒紋病や島の伝説、失われた記憶など様々な事柄が絡まり、謎は深まるばかりだ。一方、過去から目を逸らす凛音に対して、夏蓮は自分を変えるための行動を起こす。 今回は「ISLAND」第3話『ただしいゆめのつむぎかた』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ISLAND(第4話『このせかいはひみつだらけ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ISLAND(第4話『このせかいはひみつだらけ』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏蓮に頼まれて夏蓮の結婚式を滅茶苦茶にすることにした切那。許婚の播守や凛音、沙羅もその計画に協力して成功し、夏蓮と切那は本土の夏蓮の母親の元に向かう。しかし見つけたのは夏蓮の母親のお墓だった。夏蓮の母親の元教え子と話をした夏蓮は、自分の決めた人生を生きる決意をする。 今回は「ISLAND」第4話『このせかいはひみつだらけ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

目次 - Contents