アリス・ギア・アイギス(アリスギア)のネタバレ解説まとめ

『アリス・ギア・アイギス』はコロプラより配信されているスマートフォン用ゲームアプリである。機械生命体ヴァイスの襲撃により地球を捨て宇宙船団による航海を続ける人類は、ヴァイスに対抗し得る高次元兵装「アリスギア」を開発。それから3世紀、若い女性だけが操作できるアリスギアによって宇宙船団の平和は守られてきた。その船団の一つ「東京シャード」のヴァイス対策企業「成子坂製作所」に新たな隊長が赴任したことで物語が始まる。

室江央典(むろえ なかのり)

エンパイア中野の二代目社長。もっさりした外見の中年男性で異様に馴れ馴れしい口調の人物。普段から事務所を空けがちで、成子坂の隊長と初めて顔を合わせたのはアキ作戦終了後である。
本業であるサブカル関連店舗の経営はともかくアクトレス事業者としてはあまり才能がなく、成子坂との提携までは経営危機であった。アライアンス加入で業績を伸ばすが、成子坂の隊長に「3人で1人分の料金でいいから」と稚拙な売り込みをかけて桃歌たちに呆れられていた。
イベント「蒼天のアルバトロス」ではゴルフ場でのマナーの悪さで顰蹙を買っていることが判明、イベント「年末進行 文芸心中」では家庭がうまくいっていないことが示唆される等、登場するたびに株を落としている感がある。

ラトーヤ・利根川(らとーや とねがわ)

芸能事務所ラスコルの社長で派手な印象を与える中年女性。自分を「ミー」、相手を「ユー」と呼ぶなど英語交じりのフランクな話し方が特徴。
野心家で、ドクソンのメンバーである君影唯と村尾未羅をアクトレスとして売り込むためにアライアンスを事実上仕切っている成子坂の隊長に積極的に営業をかけてきた。
所属タレントには厳しく接しながらも必ずチャンスを与え、成功のためのアドバイスも欠かさない。そのため、唯たち所属タレントからは尊敬されている。

吾妻重頼(あがつま しげより)

吾妻楓の父で剣術道場の道場主。非常に厳格な人物であり、剣士としての腕は楓より数段上。
遮那仮面を名乗り街の犯罪者を退治していた楓を打ち倒しアクトレス廃業を命じるが、それは楓が正義に溺れて自身を見失うことを懸念してのことだった。最終的には楓を勘当し成子坂の隊長に預けるが、それも楓が正しい剣の道を進むことを願ってのことであった。楓の姉・京を勘当したのも、奔放な京が道場を継ぎたくないと思っていることを察したからである。
白米が大好きで米に対する造詣が深く、宇佐元杏奈や大関小結とも米人(こめびと)としての親交がある。出番のたびに剣聖としての側面より美食家としての側面が強調されるようになり、イベントシナリオやキャラエピソードにおいても娘の楓より小結と会話しているシーンの方が多い。

日向リキ(ひむかい りき)

日向リンの上の兄で有名なプロ野球選手。小倉スキップジャックス所属。何だかんだ言いつつ妹には甘く、リンが作ったツチノコの情報を求めるチラシを配っていたが弟のリュウ共々ファンに気付かれてチラシの裏にサインをしていたためリンに怒られた。
成子坂の隊長に「リンに言うことを聞かせたいなら食べ物をおあずけすればいい」とのアドバイスを送ってまたリンに怒られていた。

日向リュウ(ひむかい りゅう)

日向リンの下の兄で有名なプロサッカー選手。リキと共にリンの作ったチラシを配っていた。兄よりも軟派な性格で、以前から面識のある小鳥遊怜からは「プロ選手になってからチャラくなった」と苦言を呈されていた。それでもプロ意識は高く、選手としての生き方はリンから尊敬の対象となっている。

藤野五月(ふじの さつき)

藤野やよいの母。19歳の娘がいるにしては若々しい容姿で性格も極めて無鉄砲。家出をしたやよいを連れ戻すために「サツキ・ザ・マム」を名乗り動画サイトを通してMCバトルで宣戦布告をしてきた。昔は内気だったやよいにとっては天敵とも言える存在で、面識のある桃歌もできれば関わりたくないと思うぐらいに行動が荒っぽい。
最終的には親と子の本音をMCバトルでぶつけ合ったことでやよいと和解、娘の行く末への祈りを込めて高級ヘッドホンを贈った。
イベント「蒼天のアルバトロス」では、ゴルフ場でのマナーの悪さが近所で問題視されていたエンパイア中野の二代目・室江央典を制裁すべく覆面を被り「シスターX」を名乗りゴルフ勝負を挑んできた。

櫻木隆(さくらぎ たかし)

小芦睦海の父で「対戦ゲームのレジェンド」と称される人気プロゲーマー。幼い頃の睦海に格闘ゲームを教えた師でもあるが、多忙のため長らく家に帰っておらず、睦海からは家族を捨ててゲームを選んだものと思われている。しかし「櫻木」は本名ではなく妻(睦海の母)から付けてもらった名字であり、その妻から贈られたゲーム用ヘッドホンを長らく愛用している等決して妻子への愛情を失ってはいない。後述の行動を見ても娘と同様に感情表現が不器用なだけだと思われる。
世界大会決勝で敗れた睦海の前に現れて「アクトレスとの二足の草鞋を履いていては自分には勝てない」と挑発、その挑戦を受けるが世界大会での敗北を糧に一皮剥けた彼女に僅差で敗北。睦海の成長を認め愛用のヘッドホンを託して去っていった。

依城兵蔵(よりしろ へいぞう)

依城えりの祖父でマタギ。都会に出たえりのことを心配している。
津軽シャードは20世紀初頭の文化を再現しているため、当初はTVに馴染みがなく中継放送されることに困惑していたが、現在はかなり慣れた模様。TVの視聴もするようになり、成子坂のアクトレスでは吾妻楓がお気に入り。
宿敵である凶暴な巨熊「荒魂鬼」により危機に陥ったが、津軽シャードに戻ったえりが代わりに荒魂鬼を討ち果たした。

依城のり(よりしろ のり)

依城えりの祖母でイタコ。夫の兵蔵よりは東京シャード由来のテクノロジーに順応している。
イタコとしての実力は高く、武田信玄と上杉謙信の霊を同時に降ろすことができるという。

陸奥(むつ)

兵蔵の愛犬でマタギ犬(猟犬)。
狼と見間違えるような巨躯であり、並みの獣であれば一吠えしただけで退散させるほどの迫力の持ち主。
犬でありながら単身津軽シャードから東京シャードにやってきて兵蔵の危機を告げる等、人知を超えた能力の持ち主でもある。

荒魂鬼(あらばき)

津軽シャードのイワキ山に棲む凶暴な人喰いの巨熊。兵蔵の宿敵でえりの両親の仇でもある。
全長10メートル体重6トンとその巨体はもはや熊というより怪獣の域に至っており、それに加えて人間以上に知恵も働くことから大型ヴァイスより危険な存在と言われている。兵蔵を危機に陥れたが、陸奥の導きで帰郷したえりと対決。慈悲を以て獲物を射抜くマタギの奥義「菩堤薩婆訶」によって眉間を撃ち抜かれて絶命した。兵蔵曰く、自然界のバランスが崩れたことで人間を裁くため山の神が遣わした存在だという。

ジーヤ

一条家に仕える執事で気品ある初老の男性。多忙な綾香の両親に代わって綾香のサポートを務めており、彼女に人生のアドバイスを送る。フルネームは「セバスチャン・ジーヤ」らしい。

yuku_sakana
yuku_sakana
@yukusa_kana

目次 - Contents