アリス・ギア・アイギス(アリスギア)のネタバレ解説まとめ

『アリス・ギア・アイギス』はコロプラより配信されているスマートフォン用ゲームアプリである。機械生命体ヴァイスの襲撃により地球を捨て宇宙船団による航海を続ける人類は、ヴァイスに対抗し得る高次元兵装「アリスギア」を開発。それから3世紀、若い女性だけが操作できるアリスギアによって宇宙船団の平和は守られてきた。その船団の一つ「東京シャード」のヴァイス対策企業「成子坂製作所」に新たな隊長が赴任したことで物語が始まる。

声:花守ゆみり
属性:電撃
得意ギア:両手剣
準得意ギア:ライフル

15歳、傭兵。9月5日生まれ。
ネパールシャード出身のグルカ人戦士。成子坂製作所のシェア奪取のためにノーブルヒルズ・ホールディングスに雇われた刺客として登場、圧倒的な戦闘力で大量のヴァイス撃破スコアを稼ぎ成子坂を危機に陥れた。しかしノーブルヒルズが故意に大型ヴァイスを東京シャード市街地へ誘引したことを見過ごせず成子坂と協力して撃退。その後はノーブルヒルズとの契約を同社の虚偽説明を理由に解除してAEGiSと契約、戦闘インストラクターを務める。年齢は若いが既に歴戦を重ねた一流の傭兵であり、彼女のギャラは成子坂では支払えないほど高額である。そのため彼女が成子坂での戦闘に参加する際はAEGiSからの出向として特別手当だけを成子坂が支払うという形になる。ネパールシャードの旧宗主国であるイングランドシャードのヴァイスコロニー利権を狙った思惑により成子坂への長期出向が決まり、以降は成子坂の増援及び東京シャード居残り組の戦闘教官として活動することになった。
戦闘を離れた彼女は優しく家庭的な少女であり、料理と裁縫を得意とする。特にカレーの腕前は小結も認めるほどで、一時期は成子坂の社員食堂でアルバイトをしていたこともある。代々傭兵を家業にしており、父も傭兵である。戦場で生きる傭兵である自分の在り方に可能な限り寄り添おうとする夜露に強い友情を感じており、生き延びるための心の支えとしている。
モチーフは牛。専用クロスギアを☆4まで強化するとグルカ人の伝統的な武器であるククリ(グルカナイフ)の形状に変化する。

「中華料理的武装少女!」王紅花(わん ほんふぁ)

声:戸田めぐみ
属性:焼夷
得意ギア:ランス
準得意ギア:デュアル

16歳、料理人。10月1日生まれ。
上海シャード出身。料理人一家の出身で、家出した兄・新良を捜すために東京シャードにやって来た。年は若いが料理人としては一流。伯父の経営する高級中華料理店「紅龍苑」で腕を振るっている。賑やかで明るい性格で、空腹の人を放っておけない面倒見の良さを持っている。上海シャード在住時にアクトレス免許を取得しており、紅花曰く軍隊式のAEGiS上海の訓練は厳しかったとのこと。今時珍しいぐらいベタな中華風キャラクターの格好をしているが、これは家出した兄が好きだったアニメ「ストリートクッカー」のキャラクター「パオズちゃん」のコスプレで兄に見つけてもらうための工夫だった。兄と再会した後は上海シャードへ帰った兄の屋台を引き継いだ。
実装以降はイベントシナリオの登場が主でメインストーリーには長らく未登場だったが、ヴァイスコロニー利権に絡む上海シャードの政治的な意向によりAEGiS上海からAEGiS東京への転属という形で成子坂の増援として参加することになった。
大関小結とはTVの料理番組の企画で対決し敗北したことがあるが、当人同士の関係は良好。蛙坂来弥が金欠で困っていた時にラーメンを食べさせたことがあり、現在はよく来弥にアルバイトを頼んでいる。空腹で凶暴化したニーナを肉まんで正気に戻したことがあり、それ以降ニーナとは友人として行動を共にしている。
モチーフは龍。専用クロスギアのランスは槍というよりは関羽の武器でお馴染みの青龍偃月刀である。

「モスクワ産ハラペコバーサーカー」ニーナ・カリーニナ

声:白石晴香
属性:冷撃
得意ギア:ハンマー
得意ギア:バズーカ

16歳、科学アカデミー研究員。12月5日生まれ。
モスクワシャード出身の天才アクトレス。正式実装より前に王紅花のキャラエピソードに登場していた。
普段は大人しく物静かな少女だが非常にお腹を空かせやすい体質で、空腹になると凶暴化し顔つきも変貌する。彼女にとって食事は飢えを満たし凶暴化を抑える手段でしかなかった。しかし紅花から貰った肉まんを食べたことで初めて「美味しい」という感情を得た。この件で意気投合した二人は友人となり、以降ニーナは紅花と行動を共にするようになる。
メインストーリーではモスクワシャードの科学アカデミーからの推薦によりAEGiS東京からの出向という形で成子坂に所属。思わぬ場所で紅花と再会し喜んでいた。サンティは彼女について「特殊な戦闘訓練を受けている」と言う。AEGiS情報本部の愛宕右京は、ニーナのことを「非人道的な実験の被験者」と呼んでいた。科学アカデミーに所属するミラナ・ユリエフの指示に従って行動しており、学術的知識は豊富だが世間知らず。しかし紅花と行動を共にするようになってからは今まで知らなかった一般常識も身に付けつつある。幼少期に科学アカデミーにより家族から引き離されており、家族の顔を覚えていない。
モチーフは熊(シロクマ)。専用ギアや専用スーツはソ連をイメージしたレトロフューチャー色の強いデザインとなっている。
性能面では他のアクトレスと違いショットとクロス双方でマスタースキルを所持しており共に得意ギアとなっている。

「不可視な蜘蛛の未亡人(ステルス・ブラックウィドー)」籠目深沙希(かごめ みさき)

声:ルゥティン
属性:重力
得意ギア:デュアル
準得意ギア:ランス

22歳。AEGiS情報本部所属で愛宕右京の部下。11月7日生まれ。
コードネームは「アラーニェ(黒後家蜘蛛)」。他国シャードから来たアクトレスの身辺調査やアクトレス及びその家族の警護を任務とする特殊工作員。ヴァイス信奉者集団「SIN」の工作員摘発に奔走していたが、ヴァイスコロニー強襲作戦に絡む利権の奪い合いで各国が自国のアクトレスをアライアンスに送り込む動きが活発化しているためそちらの対応に追われることになってしまった。
普段は大人しく物静かであり、他者にはやや卑屈とも取れる態度を取っているが「流されるまま生きていたらこうなった」という彼女の過去に由来するものではないかと思われる。しかし特殊工作員としては優秀であり、自身の存在を消す認識阻害能力(精神干渉の一種)と高い身体能力による潜入破壊工作が得意。認識阻害能力の効果は高く、歴戦の傭兵であるサンティや特殊工作員のジニーですら背後にいることに気付かなかった。
3年前に「旦那様」と呼んでいる養父を亡くし、生活のためにAEGiSに就職した。元々は孤児であり、特殊な戦闘技能を持つアクトレスを養成する秘密組織で育てられた。「籠目」の姓は彼女の養父であり組織の長であった人物のものである。深沙希と同様に育てられた特殊なアクトレスである「姉妹」が他にも数多く存在している。
新谷芹菜とは旧知の仲で、芹菜のもう一つの顔である「シャノワール」にスパイ活動の協力を依頼することもある。趣味はぬか漬け作りで、彼女が手入れしているぬか床は大関小結や吾妻重頼をも驚嘆させるほどのものであった。
モチーフは蜘蛛。

「ツナギをまとった天使」リタ・ヘンシェル

声:木村珠莉
属性:電撃
得意ギア:ライフル
準得意ギア:ハンマー

20歳。ベルクラント・アーゲー東京支社所属の整備士。10月3日生まれ。
メインストーリーでは「グレート・ゲーム」で成子坂製作所整備部への増員として登場。アクトレスとしてはイベント「おいでよ不動通り商店街」で実装された。カッセルシャード出身。
アクトレスの増員と出撃回数の急増により成子坂整備部の業務が限界を迎え、人員不足を嘆いていた磐田宗一郎の元に成子坂と技術提携していたベルクラント社から出向で派遣された腕利きの整備技術者である。アクトレス免許も所持しており、ベルクラント社ではギアのテスト要員としても活躍していた。設計技師としての勉強にも励んでおり、自分でアリスギア製造メーカーを起業するのが目標。真面目さのせいかいつも仏頂面をしているように見えるが人当たりはよく、奇矯な人物の多い成子坂のアクトレスの中ではまともな常識人の部類。ただしセクハラに対しては厳しく臨む。
メカ弄りに関してはオタクめいたところがあり、各メーカーの製品が混在しチューン傾向も個々人まちまちなため普通の整備員なら悲鳴をあげる成子坂整備部の環境を「天国」というぐらいである。
モチーフはジャーマンシェパード。専用ギアのモチーフはドイツ軍戦車のティーガーと思われる。

「モデルメタフィジックス」金潟すぐみ(かながた すぐみ)

声:種崎敦美
属性:電撃
得意ギア:片手剣
準得意ギア:ライフル

19歳。女子造型大学2年。5月15日生まれ。
東京シャードでは有名なプロモデラーで、模型誌の作例連載のみならずフィギュアの原型師や特撮番組のプロップ製作など活動は多岐にわたる。成子坂製作所のアクトレスの大ファンであり、発売済の吾妻楓だけでなく多くのアクトレスをメガミデバイス改造で自作しているほど。大型量販店「ツノハズカメラ新宿西口店」の模型コーナーでシタラたちと偶然出会ったことで成子坂社内でプラモ製作講座を開くことになった。プラモデル製作に関しては楽しさを重視しており、初心者には細かい工程を教えるよりもまず完成品を作る達成感を持たせることが大事だとしている。
名前は「金型(樹脂製品等の成型加工に用いる金属の型)」と「素組み(プラモデル等を加工せずそのまま組み立てること)」から。専用ギアのモチーフはリアル系ロボットアニメの主人公機。

以前からもこっそりとイベントシナリオ等に登場していたが、「メガミデバイス」コラボで本格登場。その時点ではNPCであったがイベント「あぶない原型師 完結編」でアクトレスとして登場した。
兎の仮面を被った謎の紳士「アリスギアP」の素顔がすぐみに瓜二つであったことに関しては未だ詳細が不明であるが、すぐみの自室の作業机にアリスギアPの仮面があったことから何かしらの関係があるのは間違いない。

「バスタードファイル」新居目安里(あらいめ やすり)

声:鬼頭明里
属性:重力
得意ギア:バズーカ
準得意ギア:ランス

19歳。東京水域大学2年生。12月10日生まれ。
金潟すぐみ同様に東京シャードでは有名なプロモデラーで、ペンネームは「バスタードファイル」(「粗い目のヤスリ」の意)。ツノハズカメラ新宿西口店に設置されたメガミデバイス用ジオラマベースやストライクラプターは彼女の作例。これまではプロフィール未公表の謎のモデラーとして活動しており、シタラはバスタードファイルが若い女性であったことに驚いていた。沖縄シャード出身であり、時々ウチナーグチ(方言)が出てしまう。
すぐみ同様シタラたちの買い物にたまたま居合わせたことから成子坂のアクトレスと知り合い、その際にプラモデル初心者への教育方針で対立したことからすぐみと二人で成子坂社内でのプラモ製作講座を開くことになった。プラモデル製作に関しては技術優先主義で、丁寧に細部まで作り込んだ上で完成させることを良しとしている。そのため、初心者教育でも細かい工程をしっかり教えることを重視する。
大学では海洋保全を専攻しており、地球と違い人為的に管理しなければならないシャードの海を守りたいと思っている。
名前は「粗い目のヤスリ(研磨工具)」から。専用ギアのモチーフはウミガメと潜水艦。本人のモチーフは乙姫であり、ギアと合わせて「浦島太郎」の童話がモチーフとなっている。

「メガミデバイス」コラボで初登場、その時点ではNPCであったがイベント「あぶない原型師 完結編」でアクトレスとして登場した。

「放課後座敷童」御蔵座梓希(みくらざ あずき)

声:花守ゆみり
属性:冷撃
得意ギア:デュアル
準得意ギア:ハンマー

10歳。鐘月小学校4年。10月31日生まれ。
アクトレスの年齢制限緩和におけるテストケースとして採用された東京シャード最年少アクトレス。成子坂製作所設立時にアクトレスとして勤務していた曾祖母により幼少期から訓練を受けており、年齢に見合わぬ実力の持ち主。「伝説のアクトレス」であった曾祖母に憧れて、成子坂製作所を訪ねてきた。埼玉シャードの出身であり、東京シャードでは山野薫子が保護者の代わりを務めている。小学生ということもありフィジカル面では他のアクトレスに劣るが、それを補うためにピジョンを用いた多角的な戦闘技術を得意とする。
実家は小江戸(川越市)に所在する老舗の豆専門店「豆いち」であり、曾祖母に育てられたこともあって、口調も古風で和の物に拘りが強い。そのため私服は「豆いち」で使用していた作務衣である。
専用ギアは風車をモチーフにしており、SPスキルで射出するピジョンは狛狗型である。

初登場はイベント「あんなのクイズでぴょんぴょん!」であり、それ以降ホーム画面である成子坂製作所の事務室にこっそり侵入している姿が目撃されていた。メインシナリオでも「覚醒編」より登場する。

「テキサスじゃじゃ馬ガール」シャーリー・オークレイ

yuku_sakana
yuku_sakana
@yukusa_kana

目次 - Contents