アリス・ギア・アイギス(アリスギア)のネタバレ解説まとめ

『アリス・ギア・アイギス』はコロプラより配信されているスマートフォン用ゲームアプリである。機械生命体ヴァイスの襲撃により地球を捨て宇宙船団による航海を続ける人類は、ヴァイスに対抗し得る高次元兵装「アリスギア」を開発。それから3世紀、若い女性だけが操作できるアリスギアによって宇宙船団の平和は守られてきた。その船団の一つ「東京シャード」のヴァイス対策企業「成子坂製作所」に新たな隊長が赴任したことで物語が始まる。

喪失と獲得

白金エリアとその隣接区域の受注権を喪失した成子坂製作所。しかし、文嘉はそれを良しとしていた。現状の成子坂の人員と設備ではエリアの受注件数を維持できなかったからだ。AEGiSからは、現在の担当エリアを防衛するために5チーム分となる15人のアクトレスの雇用を推奨される。会社を維持するためにも、速やかな増員が必要とされていた。
皆が友人や知人をあたってはみたもののなかなか新人アクトレスが見つからない中、シタラは学校のオタク友達である二子玉舞を連れてくる。しかし、舞はアクトレス免許は持っているものの人見知りが激しく知らない相手とはまともに出撃できない。そこでチームメイトとすべくゲーセン仲間の小芦睦海をスカウトしてきたが、その睦海は幼馴染の愛花に引き抜かれて綾香と3人のチームを結成することになってしまった。再度宙に浮いてしまった舞を何とかするためにアクトレスの更なる増員を隊長に要求する文嘉。文嘉はゆみにも出向先のエンパイア中野に誰か良いアクトレスはいなかったかと尋ねるが、その話題になった途端ゆみはげんなりした顔で立ち去ってしまった。

韻律の帝国

2人の新戦力を迎え意気込む成子坂だったが、そこにいきなり乱入してきたのはエンパイア中野のアクトレスである藤野やよいだった。ヒップホップファッションに身を包みリリックで成子坂の面々をdisするやよいだったが、ラップのことを良く知らない成子坂の面々は困惑するばかり。そんな中、ノリで付き合ってきたリンに好感触を持つやよい。だが、やよいの目的は以前エンパイア中野に出向していた四谷ゆみだった。遅れてやってきたゆみを見て勝負を挑むやよいだが、ゆみは全く取り合わない。
ゆみとやよいの因縁についてあれこれ想像する成子坂の面々だが、古くからの付き合いである文嘉とシタラは「金か男」と辛辣である。他人の詮索を嫌う楓を除いたその他のアクトレスも好き勝手にゆみの私生活や因縁の内容を想像して盛り上がる。しかし、当のゆみは夜露から真相について問い詰められてもノーコメントを通すばかり。文嘉はエンパイア中野についてのデータを調査し、エンパイア中野からゆみへの出向時契約金がちゃんと支払われていることを確認。これは会社が絡むトラブルではなく個人間のものであると推測した文嘉は真相を確かめるべくエンパイア中野へ連絡。そしてやってきたのはもう一人のエンパイア中野のアクトレスであるローカルアイドルの下落合桃歌だった。ラップ修行と称して無断欠勤を繰り返した挙句助っ人のゆみに意味不明なバトルを挑んできたやよいのことは桃歌も持て余しているという。しかし桃歌は桃歌でかなり捻じくれた性格であり、たまたま居合わせた楓に「TVの仕事(アクトレスニュース出演)があるからって調子こくなよ」とドスを利かせて絡む有様。夜露と楓はこのアクの強い2人と仕事をしていたゆみの気苦労を慮るのだった。
再度成子坂に乗り込んできたやよいだったがまたしてもゆみには逃げられ、代わりに直談判に応じた夜露はやよいのリリックに一方的にdisられて言い返せない。やよいは遂に成子坂の戦闘指揮室にまで乗り込んでゆみとのMCバトルを要求するが、ゆみは口喧嘩は趣味じゃないとバッサリ。業を煮やしたやよいはアクトレスとして対ヴァイスの戦闘成績での決着を要求。それを呑んだふりをして新宿から中野に戻って準備するやよいの出撃前にけりをつける騙し討ちを図るゆみだったが、やよいもそれは読んでいてタクシーを利用して素早く中野に戻っていた。共に戦闘はしたもののゆみの卑怯さを非難するやよい。そこに現れたリンはやよいの真意を説明する。これまでのやよいの激しい敵意のように見えた言動はあくまでMCバトルの作法であって本当はゆみのことを敵視していなかった、ゆみにエンパイア中野の一員として会社を愛して欲しかったのだ、と。リンの後押しもあってやよいとのMCバトルを受けるゆみ。ゆみはバトルでやよいの秘密である実家の話に触れると、最大の弱点である「自称路上育ちのワルが本当は老舗家具店の令嬢」という事実を隠したいやよいは真顔になって謝るのだった。そこに文嘉を通して所長から隊長へエンパイア中野と業務提携を結んだという連絡が入る。所属アクトレスが2人で出撃要件を満たさないエンパイア中野に今後は成子坂から増員を出すということになり、あの2人と縁が切れないことに辟易するゆみであった。

成子坂、業務停止!?

所属アクトレスの総数が10人を超えた成子坂製作所は、AEGiSの規定により管理栄養士が常駐する特定給食施設を設置しなければならなくなった。そうでないと法令違反による業務停止措置が下されるという。施設はかつての名門時代の社員食堂が残っているが、アクトレスの栄養指導を行う管理栄養士は専門知識と経験が必要なため適任者不足だという。AEGiSにも適任者で手が空いている者が存在しないため、速やかな求人が必要となった。楓はかつて叢雲工業時代に世話になった大関小結が適任ではないかと思い夜露やリンと共に彼女の立ち回りそうな先を探すがなかなか見つからない。そんな中、夜露はカフェで出会った津軽シャード出身の依城えりを成子坂に連れてきた。職場を解雇されて困っていたのだという。目当ての管理栄養士ではなかったがアクトレスの資格を持ち獣を狩ることに慣れたマタギであるえりはまだ人手の足りない成子坂にとっては貴重な戦力だった。一方、小結を探すことよりも舞とチームを組めるパートナーを探すことを優先しているシタラは睦海を再度引き抜こうとするが睦海は愛花との友情を優先。しかし、そのシタラの悩みは思わぬ形で解消された。シタラのゲーム仲間でペンタゴンシャードからの留学生であるジニーことバージニア・グリンベレーが成子坂に加入したのだ。共通の友人であるジニーが加わったことで安心してチームが組めるようになった舞は安堵する。しかし文嘉は自分の関知しないところで2人もアクトレスを増員した隊長を3時間にわたり説教するのだった。
なかなか管理栄養士を雇用できない成子坂は遂にAEGiSから業務改善勧告を受ける。早急に適任者を探さないと業務停止処分になるのだ。えりやジニーも加えて小結を再度捜索するがなかなか彼女を見つけることができない。そんな中、成子坂の担当地区に大型ヴァイス群が出現。その救援に現れたアクトレスはずっと探していた小結だった。小結は叢雲在籍時に自分の作る食事を褒めてくれた楓たちのために力を貸したかったのだという。戦闘を終えて合流し、すっかり痩せて別人のような美女になっていた小結に驚く楓と夜露。小結はアクトレスとして叢雲に入社したが、食に関わる仕事に就きたかったため在職中に資格を取って管理栄養士に異動していたのだ。現在はフリーのアクトレスになっていた彼女とすぐに管理栄養士兼アクトレスとして雇用契約を結ぶ隊長。こうして要件を満たした成子坂は業務停止の危機を免れたのだった。

策謀!赤坂エリア争奪戦

大関小結の加入により給食施設の問題も解決し、受注エリア防衛の適正人数確保のため再度アクトレスの増員に動き出した成子坂製作所。そこに夜露がアクトレス資格を持つ自校の先輩を勧誘してきたという。双子の姉妹である琴村朱音と琴村天音。しかし彼女たちの目的は成子坂への宣戦布告だった。琴村姉妹は新興企業であるノーブルヒルズ・ホールディングスの刺客として成子坂が所有する全エリアの簒奪を宣言。手始めに赤坂エリアを賭けた係争を要求してきた。AEGiSはノーブルヒルズの請願を受諾、アマルテアとの係争と同様に一定期間内のヴァイス撃退ポイントを競い合うこととなった。
しかし、琴村姉妹はまともな勝負だけでは飽き足らず成子坂の整備部に侵入し破壊工作を試みるが楓に発見され逃走。楓は、その時の天音の頼りなさげな背中にかつて姉に去られた時の自分を重ねてしまい侵入者の正体を報告することを躊躇う。一方、破壊工作に失敗した朱音は天音を叱責、更なる謀略を巡らせる。そんな中、単身出撃したものの敵が多く対処しきれないという救援通信が天音から入る。係争で敵対していてもアクトレス同士は仲間だとして夜露と楓は出撃、大型ヴァイス群を殲滅する。しかしその際の撃退ポイントは全てノーブルヒルズへと加算されてしまった。ノーブルヒルズの不正を疑う二人だが、安藤陽子はAEGiSの審査は厳正で適切であると繰り返すばかり。
実際はこれも朱音の入れ知恵によるポイント奪取作戦だった。AEGiS側に自分たちの味方がいるのをいいことに成子坂の戦闘に乱入してポイントを奪い取っていくのだという。あからさまな不正行為に心を痛める天音だったが、成子坂は自分たちにとって大事な人を奪った憎い仇だと信じる朱音は躊躇わない。単なる係争ではなく、成子坂を倒産に追い込むことを誓う朱音に天音も戸惑いながら付いていくのだった。
成子坂の戦闘に乱入してポイントを横取りする朱音とその裁定を後押しするAEGiSに不満を募らせる成子坂のアクトレスたち。楓は自分の憧れであった姉ならどうするかと考えた後、思い直して自分ならどうあるべきかと熟考する。その結論は、自分たちの戦いはポイントを稼ぐためではなく人を守るための戦いではないのか、ということだった。そんな中で新たな大型ヴァイス群が出現。出撃しようとする楓たちの前に現れたのはAEGiSの鳳加純から派遣されたという正体不明のアクトレスだった。素顔も情報も隠蔽した彼女の声と戦い方に、楓は懐かしい姉の面影を感じるのだった。
正体不明のアクトレスの助力により赤坂エリアの係争に勝利した成子坂。しかしAEGiSの腐敗は想像以上であった。憤りのあまり綱紀粛正を叫ぶ文嘉だが、ゆみは成子坂をもっと大きくして腐敗官僚がすり寄るぐらいの存在にしないと勝てないという。その一方で朱音はAEGiS内に自分たちと敵対する存在がいたことに驚き、そして怒りを露わにしていた。
姉に去られた日のことを再び思い出す楓。しかし、今は自分が夜露や成子坂の仲間に頼られていることを思うと、いつまでも姉の背中を追ってはいられないのだと決意を新たにするのだった。

陰謀編

ノーブルヒルズの陰湿な妨害に苦しむ成子坂だったが、新たな仲間の助力により危機を脱する

ピンクサイクロン

ノーブルヒルズとの係争に勝利したことで浮かれ気味の成子坂アクトレスたち。しかし、人数急増によって予算は相変わらず不足していた。そこで文嘉はスポンサー契約を結んでくれるサポート企業を水面下でずっと探しており、ようやくそれに応じてくれそうな企業が見つかったのだという。そして視察にやってきたのは、何とバリバリの黒ギャルだった。文嘉は飛び込みのアクトレス志望者と間違えて追い返そうとしたが、それがスポンサー候補であるブランド「ピンクサイクロン」社長の萬場盟華だった。真面目一筋でギャル文化の知識が何もない文嘉は度々対応を間違えて盟華を怒らせてしまうが、盟華はそれもまだ自分のブランドが知名度不足だからとスポンサー契約に前向きな姿勢を見せる。しかしその条件として所属アクトレス全員にピンクサイクロン着用を要求するのだった。更に戦闘スーツやアリスギアもピンクサイクロンがプロデュースすると言い出す盟華。成子坂所属メンバーの戦闘を見学した盟華は、戦闘においてもギャル風の決め顔や決めポーズの重要性を指摘。しかし純朴な夜露や武人肌の楓はその要求にうまく応えられない。アリスギアをスポンサーカラーのピンクに塗装し直す提案も整備部長の磐田に一蹴されてしまう。盟華の要求を何とか通そうとした文嘉は胃痛で寝込んでしまい、盟華と根っから考え方の合わない楓は怒りのあまりトレーニングジムに篭もって鬼の形相で稽古に励む。盟華は妥協案として戦闘中にスポンサー名を連呼するよう夜露とシタラに頼むが、これもやはりうまくいかなかった。そこで盟華はせめて自社PR用チームを作るべく夜露、楓、綾香といった自分好みの容姿のメンバーを集めて「チーム・ピンサ」を結成させる。しかしにわか仕込みのチームだったため連携はめちゃくちゃだった。盟華の要求に反発する楓と綾香に業を煮やした盟華はスポンサーを降りると宣言し成子坂から立ち去る。しかし、次の出撃任務で救援に現れたのは何と盟華だった。協力してセルケト級の大型ヴァイスを撃破した盟華は、成子坂が戦っているヴァイスが自分が現役アクトレスだった頃に戦っていたものよりずっと強かったことに感心。これまでの言動を撤回し成子坂のアクトレスたちを支援することを約束する。しかし一週間後、電話連絡してきた盟華は突然スポンサー契約ができなくなったことを謝罪する。申し訳なさそうな盟華の態度に不安なものを感じる夜露たちだった。

成子坂の醜聞

盟華がスポンサー契約を撤回した理由、それは成子坂製作所が叢雲工業の不正問題に関与していたというスキャンダルだった。データ偽装で問題となった叢雲の新型機に成子坂製の部品が使用されていたのがその証拠であるという報道である。整備部長の磐田は成子坂の製造部のことをよく知っているためその報道はでっちあげだとして取り合わない。しかし、当事者内部の証言ではスキャンダルを払拭する材料としては弱過ぎた。一方、文嘉に連絡してきた盟華はこの一件を仕組まれた陰謀ではないかと疑う。ピンクサイクロンがスポンサー就任を公表する前に何者かの圧力があったと言う盟華は、この背後に成子坂へ恨みを抱く何者かがいると示唆する。マスコミへ直談判を訴える夜露だったが、文嘉と楓は今は粛々とアクトレス業務を頑張るしかないと言う。しかしスキャンダル報道が過熱する中、AEGiSから出向していた安藤陽子にも帰任が命ぜられた。AEGiSと成子坂が癒着していると見られたくないAEGiS上層部の判断だった。事務員を欠いては業務に支障をきたすとして悩む文嘉たち。陽子はせめてもの詫びとして旧知の派遣社員である新谷芹菜を代理の事務員として紹介した。芹菜はアクトレス免許保持者のため雇用に際してAEGiSからの補助金が認められ、経費が安くつくのだ。一方、成子坂へのイメージダウン工作は更に苛烈となっていた。その中には、第三者を装い「成子坂の実態は叢雲工業が看板を掛け替えただけの不正企業」と罵る琴村姉妹の姿があった。苦境に陥る成子坂だったが、リンが連れてきたアクトレスである蛙坂来弥は自身をアーバン流忍術の使い手と名乗り、この一件への対処を申し出た。磐田から真相をもう一度聞き出そうとする夜露を宥める楓。しかし、そこで二人が見たのは磐田の元を訪れた神宮寺真理だった。真理が成子坂のアクトレスを辞めてフリーの記者になったのは7年前の新型装備の事故とその当事者であるアクトレスの失踪が原因だった。真理は成子坂が叢雲に部品を納入していたことをマスコミにリーク、その過程で7年前の事故についての詳細な情報が世に出ることを狙っていたのだ。しかし、バッシングを仕掛けたのはまた別の勢力だという。真理はそれを利用して成子坂とアリスギアの違法研究の関係を知ろうとしていた。たとえ磐田が潔白でも、行方をくらました所長はそうではないはずだと。真理は自分がかつてのチームメイトで行方不明になった九品田凪、そして凪の親友で今はニュースキャスターになった宇佐元杏奈、彼女たちのために動いていることを告げる。そのためなら今の成子坂がどうなろうと構わないのだと。そこに割って入った夜露だったが、真理の飄々とした態度に突破口を作れない。真理は矛先を隊長に替えると、直接の取材申し込みをしてきた。それに応じ喫茶店で密談する隊長と真理。成子坂の隊長の前歴については、真理すら調べることができなかった。過去の経歴がまったく不明で登録名すら本名かどうか分からない謎の人物を成子坂に送り込んできた所長の意図を訝しむ真理。彼女は隊長を脅して問い詰めようとするが、そこに夜露や楓、おまけにリンと怜まで乱入してきたためうやむやになってしまった。仲良く戯れる成子坂のアクトレスたちの姿を見て、凪や杏奈とアクトレスをしていた頃を思い出した真理は成子坂のアクトレスたちの味方になろうと決意し夜露たちの前から立ち去るのだった。
成子坂バッシングが続く中でも成子坂のアクトレスが活躍すれば声援を送る杏奈。それは杏奈と親しい真理の尽力によるものではないかと思う夜露たちだったが、杏奈の熱心なファンであるシタラと杏奈の白米好きは所詮芸能人のキャラ作りだと疑う小結はまったく見当違いの方向で激論を繰り広げていた。

ねらわれたアクトレス

突然宇佐元杏奈が東京アクトレスニュースを降板することとなった。世間の風向きが成子坂への非難一色の中で擁護するコメントを出したための懲罰降板であることは見る人が見れば分かるものであった。憤る夜露たちに、芹菜は「本当に成子坂は潔白なのか」と問う。そして杏奈にも更なる受難が降りかかっていた。東京アクトレスニュースを降板させられたのは叢雲工業や成子坂製作所と癒着して特定アクトレスを売り出していたから、という疑惑が報じられたのだ。「突撃アクトレス」コーナーの後釜に座った桃歌はレポーターとして杏奈を問い詰めようとするが、それにはかつて東京アクトレスニュースで楓ばかりが注目され自分にスポットが当たらなかったことへの怨恨も混じっていた。しかし杏奈は逆に桃歌のアクトレスとしての実績が乏しいことを出撃回数と撃破数を引き合いに出して指摘。今期の東京シャード全アクトレスの戦績を記憶している杏奈の前では桃歌は敵ではなく、逆に論破されて泣きながら逃げ出すことになった。その頃成子坂製作所には、再び蛙坂来弥が訪れていた。しかしマスコミ情報以上のものを集めてこない来弥に落胆する夜露。その態度に腹を立てた来弥の目つぶしの術に夜露が感心し弟子入りを志願したことですっかり機嫌を直した来弥は、今度は夜露の頼みを受け杏奈が不正に関与していない証拠を探すべく姿を消す。その背後では、芹菜が不審な動きを見せていた。社内でデータ収集をしている芹菜の態度を怪しむ楓と文嘉。法的に保存義務のない時期のデータを今探していると言った芹菜に文嘉は疑いの目を向けるのだった。一方、隊長は再び真理と密談していた。杏奈へのスキャンダルを仕掛けたのはTV局やマスコミでもなく、AEGiSでもない何者かだという情報を伝える真理。それからしばらく後、TVからすっかり消えた杏奈のことを心配する夜露と楓。その前に現れたのは他ならぬ杏奈だった。自身もスキャンダルに追われる中、成子坂のアクトレスを激励しにやって来たのだ。アクトレスは人々に勇気を与える存在だという杏奈は、白米のことで杏奈に疑念を持っていた小結とも食事を通してお互いを認め合うのだった。杏奈と遭遇できずシタラが悔しがっているちょうどその時、芹菜は作戦司令室の認証を突破し成子坂の経理データを盗み見していた。しかし、そこにあったのは貧乏中小企業としての帳簿だけで不正の痕跡は全く無かった。そこへやってきた怜は芹菜がスパイ行為を働いていたことを見破り追い詰める。芹菜は成子坂が世間で言われてるような悪徳企業かどうか知りたくなっただけだと言い訳するが怜には通じない。遂に観念した芹菜はスパイであることを認め、成子坂には7年前の事故より古い情報が完全に存在しないことを秘密にするのを条件に見逃してもらおうとする。怜はこの件の後始末を隊長に任せるのだった。
連日の成子坂へのスキャンダル報道は過熱するばかりで、所属アクトレスに対してもネガティブキャンペーンが行われるようになっていた。憤る成子坂のアクトレスたちの前にやってきた杏奈は、テレビ局内で入手した情報として全ての黒幕がノーブルヒルズ・ホールディングスであることを告げる。係争で勝てなかったから広告代理店を利用して成子坂の会社そのものを潰して契約を奪おうとしていたのだ。自身もアクトレスだった杏奈は、短い期間しかアクトレスでいられない皆が大人の都合に振り回されないよう願っていた。

ノーブルヒルズの逆襲

ノーブルヒルズは、遂にAEGiSに対して特命随意契約の監査請求書を提出してきた。成子坂が契約している全エリアで業務が不適正であるという告発だった。世論の後押しを受け異例の早さで決まったAEGiSの監査。これをクリアするにはこれまでの係争と同様にヴァイス撃退の総ポイント数でノーブルヒルズに勝利しなければならない。敗北すれば成子坂は全てのエリアで契約を失ってしまうのだ。琴村姉妹のアクトレスとしての力量は恐れるに足りないが、ノーブルヒルズが癒着しているAEGiSの高官を通して卑劣な策を使ってくることが予想されるため、AEGiSに戻っている安藤陽子も可能な限り内部の動きを伝えると約束した。会議を開き結束を誓う成子坂のアクトレスたちだったが、そこに琴村姉妹が乗り込んできて降伏を勧告してきた。今降伏すればノーブルヒルズで雇ってもいいという朱音の提案を拒絶する夜露と楓。しかし、ノーブルヒルズには秘密兵器というべき助っ人がいた。グルカ傭兵のサンティ・ラナである。本物の軍人であるサンティは成子坂のアクトレスを皆無害な民間人と言い切るが、軍務経験者のジニーに対してだけは「本物がいました」とその素性を見抜き宣戦を布告した。シタラや舞の前ではただのゲームオタクでいたかったジニーはサンティの挑発に一瞬怒りを露わにする。
ノーブルヒルズとの初戦、小型ヴァイスばかりでポイントを稼げなかった成子坂に対してノーブルヒルズはその10倍のスコアを叩き出す。それは大型ヴァイス3体を単騎で倒したサンティの活躍だった。それ以降もサンティ一人の稼ぎ出す撃破スコアにどんどん引き離される成子坂。そこへ再びサンティが訪れた。単身乗り込んできたサンティは「表敬訪問」だと言う。成子坂のアクトレスの実力を知りたいというサンティは共同出撃を提案。そうして共にヴァイスと戦ったものの、サンティから見れば成子坂のアクトレスは皆自分にとっては指導者と生徒ぐらいに実力が離れているという。そしてジニーと二人きりになったサンティは、改めてジニーに本気を出して戦うよう告げる。しかし、かつて戦場で心に傷を負ったジニーは成子坂のみんなと楽しくやりたいだけだとそれを拒絶する。そんなジニーを腑抜けたと見たサンティは、だったら仕事として成子坂に勝つだけだと言い残す。それ以降もノーブルヒルズとのスコア差は開く一方だが、受注履歴を調べていた文嘉はAEGiSによる受注操作を疑う。成子坂に対しては意図的に大型ヴァイス案件を回さないようにしていたのだ。陽子もAEGiS内部の動きからそれを肯定。ノーブルヒルズは最初から勝ちを固めた上で勝負を挑んできたのだ。しかし夜露と楓は諦めずに戦い続けることで打開する道を見つけようとする。そんな中、成子坂を訪れた杏奈はようやく憧れの対象と出会えたシタラの異様な喜びぶりにドン引きしていた。楓との会話で不正受注のことを知った杏奈は、取材を装ってAEGiSに圧力をかけることでそれを解消させようと試みる。杏奈の尽力で無事大型ヴァイス案件が成子坂にも回ってくるようになり、そして杏奈も成子坂でアクトレスへ復帰し再デビュー戦を自ら実況する。その一方で、成子坂が悪徳企業でないことを理解した芹菜は目的を達したとして事務員の職を辞して去っていく。しかし、成子坂のアクトレス登録だけは残していくのだった。

猛追! ノーブルヒルズ戦

杏奈の協力でAEGiSの不正受注とポイント操作はなくなったものの、それまでに開いたポイント差は大きく、なおかつサンティは未だ健在で成子坂の逆転勝利は厳しいものがあった。しかし、怜はノーブルヒルズがそこまでしてアクトレス事業に固執する理由に疑問を抱く。元々アリスギアと関係が深い成子坂製作所や叢雲工業、アクトレス養成が主軸の聖アマルテア女学院ならまだしも何故不動産業者のノーブルヒルズが、と。そんな時、ピンクサイクロンの萬場盟華も成子坂の登録アクトレスとして助力することになった。企業としては銀行や取引先のことがあり表立って支援できないが個人として成子坂を応援したいという気持ちの表れだった。ポイント差は徐々に縮まってはいるものの、芹菜が抜けた事務の穴は大きく文嘉は疲弊していた。陽子が探している後任事務員もなかなか見つからない。しかし、AEGiSの鳳加純はせめてもの助力としてアクトレスを紹介するという。加純の推薦だからさぞ凄腕なのではと期待したが、のんびりした性格の新人アクトレスで拍子抜けする一同。その文島明日翔は加純のバードウォッチング友達で、アクトレス志望者だったから成子坂に斡旋したのだ。戦いは続き、遂にポイント差は大型ヴァイス1体分にまで縮まったものの小さいようでひっくり返すには難しい差だった。逆転に向けて意気込む成子坂のアクトレスたちを見たジニーは、大切な仲間のために本気を出すことを決意。ジニーの活躍もあって更にポイント差は小さくなったが逆転には至らなかった。残りの出撃期間での逆転を誓う成子坂のアクトレスたち。一方のノーブルヒルズでは天音が成子坂の猛追に怯えていたが、朱音は成子坂潰しの秘策を用意しているという。

夜の東京埠頭、ジニーは全米連合政府のエージェントから呼び出しを受けていた。ペンタゴンシャードの工作員である身分で目立った動きをするなという警告である。あくまで身分偽装の範囲内だとするジニーは、目的である人工知能アリスの捜索と連合政府への忠誠を誓い疑念を晴らすのだった。

ノーブルヒルズの陰謀

皆がその存在を忘れかけた頃、また来弥が現れた。胡散臭さ丸出しの言動のため冷たくあしらわれる来弥だったが、ノーブルヒルズの秘密を掴んだのだという。ノーブルヒルズは東京シャードを再開発して江戸シャードへと変更、観光地収入を狙っているのだ、と。しかしそれも社内向けのプレゼンでしかなかった。本当の情報を掴んできたらアクトレス契約をするという文嘉からの提案を真に受けた来弥は、今度こそ本当のネタを探してくると言い残し去っていく。
一方、真理と取引した隊長は磐田と真理を引き合わせて会談の機会を作る。しかし磐田は取りつくしまがない。真理は、叢雲工業がデータ偽装として告発された新型装備は本当はデータ偽装ではなく発表スペック通りの性能であったが違法研究の産物であるためデータ偽装を装って葬られたのではないかと指摘する。それは7年前に成子坂が開発していたアリスギア用新型装備の件と類似しているのではと言う真理。彼女は「アリスギアの正体」について磐田を問い詰める。そして磐田もアリスギアのことを「わけのわからないもの」と言い切った。アリスギアの真の力に迫った者は例外なく闇に葬られるのだと。その闇に近づこうとする真理を案じる磐田だったが、7年前に大切なものを失ったという真理はそれに臆することもなかった。取引の報酬として真理から得た情報は、この一件は全てノーブルヒルズが数年がかりでAEGiSと叢雲工業に手先を送り込んで仕組んだことだというものだった。成子坂に叢雲を潰させて、その成子坂をノーブルヒルズが潰して東京シャード防衛の権利をごっそり奪い取るための長い仕込みである。それを阻んだ成子坂の隊長もその命を狙われていると警告した真理は去っていく。たまたま居合わせた楓はそれを聞いていたが、この件は忘れるとだけ言って立ち去っていった。次の出撃で助っ人に現れたのはその真理だった。現役時代と変わらない実力でヴァイスワーカー群を蹴散らした真理は成子坂に登録アクトレスとして復帰するという。真相を明らかにするまで成子坂に倒産されては困るということで隊長と利害が一致したのだ。表向きは成子坂のアクトレスをプロデュースするカメラマンとして協力することになった真理は、早速夜露と楓に女の子同士いちゃつく百合営業を強要し嫌がられていた。それからも戦いは続いていたが、ここのところノーブルヒルズが目立った動きを見せず撃破ポイントも伸びないことを楓は訝しんでいた。その頃、隊長は芹菜と密会していたが、そこに怜が強引に付いてきていた。しかし芹菜がノーブルヒルズで働いていることを聞いた怜は芹菜を裏切り者と思い失望して帰ってしまう。二人きりになったところで芹菜はノーブルヒルズの本当の狙いを隊長に告げる。ノーブルヒルズは観光開発のために東京シャードの市街地を多数の大型ヴァイスに攻撃させることで再開発反対派の住民ごと更地にするつもりだったのだ。
ノーブルヒルズ上層部の指示で大型ヴァイス撃退を見送り続ける琴村姉妹にサンティは事情の説明を要求するが、朱音は命令だからの一点張りで説明を拒否。既に東京シャード外壁周辺には多数の大型ヴァイスが滞留していた。天音もそれを危険視して出撃を要請するが朱音は無視する。それを見たサンティは、もはやノーブルヒルズと琴村姉妹の指示には従えないとして単身出撃する。サンティに去られた朱音は激昂し職務を放棄、後に残された天音はただ泣きじゃくることしかできなかった。
そして遂に変異体を含む危険な大型ヴァイス複数体が東京シャードに侵入してきた。援軍を要請するサンティからの連絡を琴村姉妹同様の罠ではないかと疑う夜露たちだったが、ジニーはそれを否定。ジニーに「戦友を裏切らないか」と問われたサンティは部族の誇りをかけて誓いを立てる。その姿を見てサンティを信じた成子坂のアクトレスたちは協力して大型ヴァイス群を殲滅、東京シャード最大の危機を救ったのだった。
「成子坂は官僚と癒着した悪徳企業でノーブルヒルズはそれに対抗する改革勢力」というノーブルヒルズの契約時説明は虚偽であったと見做したサンティは契約を破棄した。故意によるヴァイス誘引はアウトランドのどのシャードにおいても安全と秩序を損なう行為として違法であり、それを見逃すのはアクトレスとしてあってはならなかったのだ。契約を破棄したことで滞在許可を失い東京シャードから退去しなければならないサンティを成子坂に勧誘する夜露だったが、プロの傭兵であるサンティの給与は他の民間アクトレスとは比較にならない高額であり断念せざるを得なかった。しかし、サンティは夜露の気持ちに感謝し皆の前から去っていった。
ノーブルヒルズの不正が明るみに出た今、杏奈は晴れて東京アクトレスニュースに復帰した。ノーブルヒルズはAEGiSへの贈賄のみならず機械生命体誘致罪という重罪で訴追されることになり、本社はアクトレス部門の解体を発表。これもノーブルヒルズに潜入していた芹菜が情報を各所にリークしたことによるものだった。失職したと嘆いてみせる芹菜に、怜は成子坂への帰還を促す。しかし芹菜はまだ正義の怪盗としてやらなければならないことがあると断るのだった。
一方、真理はノーブルヒルズの裏で糸を引いていた勢力の存在を隊長に告げる。ヴァイスを「神」と崇め人類を「悪」とするヴァイス信奉者集団「SIN」、彼らこそがこれまでの事件の真の黒幕であると。

激動編

ヴァイスコロニー強襲作戦の中で成子坂はより大きな勢力同士の争いに巻き込まれていく

yuku_sakana
yuku_sakana
@yukusa_kana

目次 - Contents