アリス・ギア・アイギス(アリスギア)のネタバレ解説まとめ

『アリス・ギア・アイギス』はコロプラより配信されているスマートフォン用ゲームアプリである。機械生命体ヴァイスの襲撃により地球を捨て宇宙船団による航海を続ける人類は、ヴァイスに対抗し得る高次元兵装「アリスギア」を開発。それから3世紀、若い女性だけが操作できるアリスギアによって宇宙船団の平和は守られてきた。その船団の一つ「東京シャード」のヴァイス対策企業「成子坂製作所」に新たな隊長が赴任したことで物語が始まる。

アーバン流忍術.net

蛙坂来弥が利用している忍者用品通販サイト。アーバン流忍術の通信教育も行っている。名前から品揃えまですさまじく胡散臭いが、販売している商品は価格の高さに見合った非常に優秀なものである。来弥はここのプラチナ会員(年間10万円以上の購入額)であり、彼女が常に金欠なのはこの通販サイトでの浪費のせいである。

ファクトリー・アドバンス社

コラボ「フレームアームズ・ガール」に登場。
娯楽用電化製品「フレームアームズ・ガール」の製造メーカー。高度なナノマシン技術を保有するが娯楽用商品以外は製造していない。今コラボでは何を思ったか対ヴァイス戦闘データを取るために源内あおに成子坂製作所でのデータ収集を依頼した。

学校

藍澄中学校(あいずみちゅうがっこう)

相河愛花と小芦睦海が通っている普通の公立中学校。共学。

芦原高等学校(あしはらこうとうがっこう)

比良坂夜露と琴村姉妹が通っている公立高校。以前はひどく荒れていたヤンキー高校として有名だったが今は普通の高校であるとのこと。制服のデザインがお洒落なため人気は高い。

郷湾育英高等学校(きょうわんいくえいこうとうがっこう)

日向リン、蛙坂来弥が通っている。スポーツ推薦枠があるスポーツ名門校であり、多くのアスリートを輩出しているが偏差値的には頭が残念な学校扱いである。
生徒は元気が有り余っているためたびたび珍騒動を起こすらしい。
読みは「きょうわん」だが、生徒のあまりの脳筋ぶりから「ごうわん」と呼ばれることも多い。

星条大学附属第一高等学校(せいじょうだいがくふぞくだいいちこうとうがっこう)

吾妻楓、百科文嘉、御茶ノ水美里江が通っている。文嘉と楓は同校だが面識も交友もなかった(意図的に文嘉が避けていた)。偏差値の高い進学校だが、そのまま星条大学にエスカレーター進学する生徒も多い。

桃蔭学園総合高校(とういんがくえんそうごうこうこう)

兼志谷シタラ、二子玉舞、バージニア・グリンベレー、文島明日翔、須賀乙莉が通っている。生徒数2000を超える私立のマンモス校で芸能科もある。賑やかな校風で文化祭や体育祭が盛り上がることで有名。

聖アマルテア女学院(せいあまるてあじょがくいん)

通称は「アマ女」で中高一貫のお嬢様学校。同校生徒のアクトレスによるヴァイス討伐を行っており、特待生制度で有望なアクトレス候補生を集めている。しかしその実態は経営陣である北条グループによるアクトレス養成機関である。
成子坂製作所とは白金地区の担当を巡り係争する等対立してきたが、生徒会長の紺堂地衛理の決断により条件付きでアライアンスに加盟することとなった。
生徒会メンバーの紺堂地衛理、州天頃椎奈、仁紀藤奏の他に一条綾香と小鳥遊怜も通っているが綾香は北条グループに屈するような気性ではなく、特待生の怜も強靭な意志で北条グループからの勧誘を跳ね除けている。
最近ではアクトレス免許の年齢下限引き下げを見込んだ初等部の設立も噂されている。

女子造形大学(じょしぞうけいだいがく)

金潟すぐみの通う大学。所在地が杉並区であることから見てモデルは女子美術大学であると思われる。

東京水域大学(とうきょうすいいきだいがく)

新居目安里の通う大学。閉鎖環境であるシャード内の水域管理についての研究が行われている。モデルは東京海洋大学。

佐蔵修道院(さくらしゅうどういん)

東京シャードの新宿地区にある修道院。孤児の養育施設を併設している。
九品田凪や琴村朱音・天音の姉妹がここで育ったほか、家を勘当された吾妻京が高校時代をここの寄宿舎で過ごしていた。また、比良坂夜露も小学校時代はここに通っていたという。
高いエミッション能力を持つ少女が多数ここに集まっていたことと籠目財団が機能を停止して以降の籠目香苗がここを隠れ蓑にアクトレス以上の超人を作り出そうと計画していたことは無関係ではないと思われる。

若葉女子高等学校(わかばじょしこうとうがっこう)

yuku_sakana
yuku_sakana
@yukusa_kana

目次 - Contents